「デッドマウント・デスプレイ」の名言・台詞まとめ

マンガ「デッドマウント・デスプレイ」の名言・台詞をまとめていきます。

 

デッドマウント・デスプレイ

1巻

「全ての命は玩具に過ぎぬ」(屍神殿)

 

「従(いたずら)に命を奪い合う我と貴様は、共に死神の皮を被り、死体の山を積み上げ」
「『ままごと』をしているに過ぎぬ」(屍神殿)

 

「ここは…どこだ?」
「何だ…この街は…ッ!?」(四乃山ポルカ)

 

「何であいつ──喉を掻っ捌かれて普通に歩いてやがるんだ?」(繰屋匠)

 

「いやいや、そんな御礼を言われる事じゃないよー」
「だって、これからまたキミを殺すわけだし?」(崎宮ミサキ)

 

「は──い、鬼ごっこの時間はおしまいですよ」(ミサキ)

 

「冗談じゃない…望み焦がれた世界への手がかりが…目の前にあるんだ!」
「ここまで来て…手放すわけにはいかない…!!」(ポルカ)

 

「ここを使ってた人達は…他人の命を粗末にし過ぎじゃないかな?」(ポルカ)

 

「君も…命をもっと大切に扱うべきだ」(ポルカ)
「同感だよー! 人の命は地球より重いんだよね!」
「21グラムだっけ?」(ミサキ)

 

「だから今度は1グラムも残さないよ…?」
「丁寧に丁寧に…殺してあげる!」(ミサキ)

 

 

「軽々しく、命に触れるな」
「命は全部…僕の玩具だ」(ポルカ)

 

「ありがとう、こんなにも魔力(死霊)に満ちた場所に連れてきてくれて」
「ここでなら手に入れられるかもしれない…平穏な生活が」(ポルカ)

 

「…鬼ごっこの時間は、確かに終わりだね」
「僕はもう逃げない」
「ここから先は…僕と君とで『死神ごっこ(殺し合い)』だ」(ポルカ)

 

「さぁ…続きといこう、可憐な暗殺者よ…!」(ポルカ)

 

「し…死んでる!?」
「こんなにあっさり…!?」
「腹を一度貫いただけだぞ!?」(ポルカ)

 

「(仇討ち?) 違う違う! そうじゃないよ!」
「私が殺し屋を殺すのは…面白そうだから」
「それだけだよー?」(ミサキ)

 

「…もう人生の目標も終わっちゃったし、確かめておきたいの」
「私がどこまでまともじゃないのかって」(ミサキ)

 

「うーん、やっぱり私みたいなのって生きてちゃまずいよね──」
「だぁれも幸せにならないや」(ミサキ)

 

「あと試してないのは、自分で自分を殺すことだけだねー」(ミサキ)

 

「いや…生き返ってはいないっていうか」
「この言語で言うと…ええと…」
「そう! 君は…ゾンビ?」(ポルカ)

 

「…こっちには分からないんですよ?」
「あなた達の死にやすさ(脆さ)がどれぐらいなのか」(ポルカ)

 

「…焼かれた事は何度かある」
「あれは──とても苦しい」
「子供が受けるべき痛みじゃあない」(ポルカ)

 

「それにしても…これだけ発展した国でも厄災や境遇に惑う子供達はいるのか…」
「この国では、どうすれば平穏が得られる…?」(ポルカ)

 

 

「貴方の言う『平穏』って、一体何を指しているのかしらね」(倉木リサ、通称:クラリッサ)

 

「そうね…私がおすすめする『平穏』に必要なもの」
「それは、お金よ」(クラリッサ)

 

「平穏を邪魔されない力と居場所が、僕は欲しい」(ポルカ)

 

「なら…私が手を貸してあげましょうか?」
「どこかの彼方から来た貴方と、この街を仲介してあげるわ」(クラリッサ)

 

「うん! 私、殺されたのって初めて!」
「すっごくドキドキしたよ! だから大丈夫!」(ミサキ)

 

「ようやく追う追われるの生活が終わるかもしれないんです」
「後は…このポルカの身体を殺すように依頼した人を『説得』するだけですが…」(ポルカ)

 

「否定はしませんよ」
「人の命は玩具や人形と同じですから」(ポルカ)

 

「罠かどうかとかどうでもよかったです」
「僕は最初からこいつらの話なんて聞いてませんでしたから」(ポルカ)

 

「…僕はただ、依頼を受けただけです」
「『パパやママをいじめた怖い人達をやっつけて』」
「こいつに憑いてる、その子供たちの依頼を」(ポルカ)

 

「…ごめん、これは救いじゃない」
「半分は僕の腹いせだ」
「だから報酬はなくていいや」(ポルカ)

 

「人の命なんて、結局は誰かの玩具だよ」
「でも、僕は玩具は好きだ」
「…子供を笑わせる事が出来るからね」(ポルカ)

 

「大事にするに決まってるじゃないか」
「だから『理不尽な運命』なんて奴に、絶対にくれてやるもんか」(ポルカ)

 

 

「…ああそうか、こいつが俺達と一番違う価値観は『命』じゃねぇ」
「『玩具』の方だったのか」(繰屋)

 

「久し振りに…この街で蕩(とろ)けられそう」
「踊る相手は気を付けて選びなさいね?」(クラリッサ)

 

「黙れ三次元!」
「俺はそういう『自分のキスは全ての男にとってご褒美になるはず』」
「とか考えてる自意識過剰な女には断固NOと言い続ける所存だ!」(繰屋)

 

「大丈夫。ちゃんと二度と人殺しとかが出来ないようにしてあるから」(ポルカ)

 

「とにかく! 表沙汰にしがたい…いや」
「『公表しても信じちゃもらえないような連中に対処する』」
「それが俺達『三纂』…『第三資料編纂係』の仕事だよ」(岩野目ツバキ)

 

「俺達が生きてるのは何処だ?」
「そう、いつも通りの新宿だ」(岩野目)

 

「俺達の案件に本物の怨霊だの、龍を呼ぶ魔法使いだのは一人もいなかった」
「これからもそうだ、必ず人間の犯人がいる」(岩野目)

 

「俺達なら対処出来る、人間が相手ならな」(岩野目)

 

「クズとかゴミとか…穢れてるとか…それを決めるのは社会なんだと思います」
「それは否定しません」(ポルカ)

 

「でも、誰と友達でいるかは、僕が決める」(ポルカ)

 

「今の貴方よりはましでしょう?」(ポルカ)

 

「友達の命より大事な秘密なんて、僕には無い」(ポルカ)

 

「…ビンゴ」
「久々に喰いがいのある事件(ヤマ)です」
「面白く(忙しく)なりそうだ」(荒瀬耿三郎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
デッドマウント・デスプレイ [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※