「ワンピース」ティーチ(黒ひげ)の名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」マーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)の名言・台詞をまとめていきます。

ワンピース 空島編

147話

「空島はあるぜ」

 

「何を悔しがるんだ、姉ちゃん。今の戦いはそいつらの勝ちだぜ」

 

「あいつらの言う新時代ってのはクソだ。海賊が夢を見る時代が終わるって?」
「人の夢は…終わらねえ!」

 

「笑われていこうじゃねえか。高みを目指せば出す拳の見つからねえケンカもあるもんだ」

 

151話

「小者にゃあ用はねえ! 探してたのは1億を超える首だ」
「成り上がってやるぜ、ここから」

 

153話

「(逃げられた?) わめくな、バージェス。この世から消えちまったわけでもねえ」
「すぐにまた鉢合うさ。このグランドラインにいる限りな」

 

さよならメリー号編

325話

「なあエース。お前、俺の仲間にならねえか?」
「俺と一緒に世界を取ろう! 俺が成り上がる手段は全て計画してある」
「白ひげの時代はもう終わりだ。海賊王には俺がなる!」

「まず手始めにこの先のウォーターセブンにいる麦わらのルフィをぶち殺して、政府への手土産にする」

 

「オーガー、バージェス。勝手に手ぇ出すんじゃねえよ!」
「おめえらじゃまだあの男には敵わねえ、引っ込んでろ!」

 

「分かってるよ、エース。俺を殺してえんだよな?」
「そりゃそうだ、仲間殺しは大罪だ。4番隊隊長サッチは確かに俺がぶっ殺した!」

「仕方がなかったんだよ! あいつが俺の意中の悪魔の実を手に入れやがったんだ」
「船の掟じゃ見つけた奴が口にしていいルールだっただろ」

「俺は図鑑に載ってる実の形は全て覚えてたから、それが俺の求め続けたものだとすぐに分かった」

「そもそも俺が何十年も白ひげの船にいたのは、その実が転がり込んでくる確率が一番高えと思ったからだ」

「運がなけりゃ諦めもしたが、その実は俺の友達の手に入った」

「まあ、はずみさ。この能力は俺を選んだんだよ、エース」
「俺はこれで最強になれたんだよ、エース」
「見ろ。ロギア系の中でも、また異質」
「エース、お前の体は火だろ。俺は…闇だ!」

 

「そうさ、エース隊長。俺はおめえにゃ殺されねえ」
「悪魔の実の歴史上、最も凶悪とされるのがこの能力(ちから)。ロギア系ヤミヤミの実!」

「俺は闇人間になったんだ。その実力のほどは、今すぐ見せてやる!」

 

「闇とは引力、全てを引きずり込む力。一切の光も逃さねえ、無限の引力だ!」

 

「闇の引力は…物体を無限の力で凝縮させ押し潰す」

 

「言ったはずだぞ。闇は全てを引きずり込む。銃弾も刃も打撃も火も雷(いかずち)も」
「お前らと違って攻撃を受け流すことなど出来ず、俺の体はあらゆる痛みまで常人以上に引き込んじまう」

「だがそのリスクと引き換えにもう1つ、引きずり込めるものがあるのさ」

 

「殴られるなんてのは随分久しぶりなんじゃねえのか? エース」
「俺がお前をつかんだ瞬間、分かったはずだ」
「俺の闇が引きずり込むもう1つのものは…悪魔の力だ!」

 

「ロギア、ゾオン、パラミシア」
「己の能力に過信するこの世の全ての能力者達に対し、俺は防御不能の攻撃力を得た」

 

「闇の引力からは逃れられねえと証明したはずだ」

 

「闇の前では全て無力。お前の強さをもってしてもな」

 

「生きてナンボのこの世界…全く残念だ、エース」
「闇に死ね!」

 

「太陽か闇か、勝者は1人だ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました