「ガンゲイル・オンライン」レン(小比類巻香蓮)の名言・台詞まとめ

アニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」レン(小比類巻香蓮)の名言・台詞をまとめていきます。

 

ガンゲイル・オンライン

1話

「ああもう! 来るなら来やがれ!」
「刺し違えてでもピーちゃんのサビにしてやる!」

 

「私はおとりか! ひどい作戦だ」

 

「分析してないで助けて!

 

「相手丸見えだよ」
「エムさん、やっちゃいなよ」

 

「え~! 何それ、ズルくない?」
「遊びにプロの出場禁止!」

 

「(幸運に恵まれてきたか?) う~ん…どうだろう?」
いや、うん! 私はラッキーだったよ…ラッキーガールだよ!」
「多分
…」

 

「これってまた私がおとりなんじゃ?」
ああ…チームリーダーなのに扱いがブラック過ぎる!」

 

「お互い待ち伏せ中で、待ちぼうけ中ってやつ」

 

「いいよ、なんでもやるよ」
「作戦を教えて」

 

2話

「いいな…かわいくて、ちっちゃくて」
「私もあの子達みたいな身長だったら、きっと…」

 

「現実とは違う人生…」

 

「これで(コンバート)37ゲーム目」
「お願いです、お願いです、お願いです!」

 

「見つけた…見つけた!」
「かわいい! この子、かわいい!」

 

 

「う…嬉しい」
「私、かわいくてちっちゃいんだ」
「私、レンなんだ!」

 

「このゲーム、なんかすごすぎなんですけど」

 

「かわいいレンとなって街を歩くのもいいけど」
「せっかくゲームを始めたんだし、思い切ってモンスターを狩りに行ってみました」

 

「レベルの低いモンスターは倒して、レベルの高いモンスターからは逃げて」
「たまにやられて…」

 

「倒せないモンスターがいたら攻略サイトで倒し方を学んで」
「ゆっくりとだけど確実に経験値は上がっていって」
「でも…」

 

「おしゃれしたいな」
「せっかくかわいいんだし」

 

「なんか思ってたのと違うけど」
「でもピンクはピンク!」

 

「何これ? かわいい…なまらかわいい」
これ(P90)欲しい。買う…絶対買う!」

 

「(銃の名前?) ピーちゃん」

 

「うん! 私、頑張って殺す!」

 

「いや、ごめん」
「リアルな話はここまで」

 

「いつか、絶対にピトさんを倒す!」

 

3話

「(チケット取れなかった?) 暴れてやる」

 

「神崎エルザのライブチケットが取れたら、ここには来ないつもりだったけど」
「だから…やってやる!」

 

4話

「(逃げ回れ?) ああ、もう! やったる!」
「ほら、撃ってこい!」

 

「(仕留めろ?) ごめん」
「本当にごめんなさい」

 

「もう終わるまで絶対に油断しない」
「慢心もしない」

 

「訳も分からずに殺されるのは納得がいかない」
「続行できないなら、相談してくれればいいじゃない」

 

5話

「目いっぱい暴れてやる!」
「ラストバトル、やってやるぞ!」
「まあ、出来るところまでは」

 

「罠だったんだ…わざと位置を知らせておびき出すための」

 

「ダメだもうダメだ、いよいよダメだ」
「本当にダメだ!」

 

「逃げて…どうするの?」
「逃げてどうなるの?」

 

私は今までどうやって生き延びた?」
「どうやって勝ってきた?」

 

逃げちゃ…ダメなんだ」

 

「何度も死ぬ気で何かをやったからかな」
「諦めなければなんとでもなるんだなって」

 

6話

「(P90) 見つけた! やった! やった! やったあ!」
「おじさん、あれ買う・今買う・すぐ買う!」

 

「名前どうしよう? ピーちゃん2世? ピーちゃん・ザ・セカンド?」
「まあピーちゃんでいっか」

 

「ああ、ピーちゃん撃ってるの楽しいなあ!」
「毎分毎分900発!」
「空薬きょうが降ってきて」
「ああ、すってきな金属音!」

 

「なんだそりゃ、くどき文句か?」

 

「たぎらなくていいじゃない」
「普通でいいじゃない」
「死んだらダメじゃない」

 

「ごめん、全然理解できない」
ダメだ…ピトさんが変なのは分かったけど、この人も実際相当おかしい」

 

「あっ…これが世に言う”壁ドン”」
「でもなんで?」

 

人生初の”壁ドン”で、他人への愛の告白を聞くことになるなんて」
「人生いろいろあるなあ」

 

「ああ…2人とも本当に変なんだ」

 

「分かった、SJ2出るよ」
「そして、私がピトさんを倒す!」

 

7話

「目的はただ1つ、ピトさんを倒す」
「彼女を倒して…そして、救う!」

 

「今まで私に付き合ってくれて、GGOに来てくれて、SJ2に参加してくれて」
「ありがとう」

 

「ピトさん。頑張りますから期待していて下さい」
「約束、忘れないで下さいね」

 

「もう迷うな! 戦え!」
「そして…殺せ!」

 

8話

「大丈夫。私、(地形)覚えた」
「地図自体はいつでも見られるし、自分が今どこにいるかだけ見失わないようにして」
「迷ったら動かずに私を呼んで」

 

「まずやるべきは、最初のサテライト・スキャン」
「これを安全な場所で確認すること」

 

「このスキャンで位置を把握」
「なるべく敵との接触を避け、ピトさんの元に向かう」
「そして、全力で殺す!」

 

「SJの優勝者の実力、ちょっと見せてくる」

 

「ピトさん」
「私が殺すまで、絶対に死んだらダメなんだからね」

 

9話

「無事だけどマズい、敵に見つかった」
「援護助かった、マガジン1つ使っちゃった」
「4人倒したけど残弾700発」

 

「ピトさん用に考えた作戦だったのに…こんな形で使うことになるなんて」
「お前ら全員ぶっ殺す!」

 

「言いたいことはそれだけか?」

 

「いや…リアルの話しはしないで下さい」

 

10話

「(ピトさん) いた! 全員返り討ちにしてる」
「私はそんな奴を倒さねばならないのか」

 

「狙うはピトさん、ただ1人!」
「喉を噛み切ってでも、ピトさんを!」

 

「ダメージがあるところにとどめを刺して」
「それで私はピトさんを倒したことになるのかな?」

 

「今すぐ挟撃して叩く!」
「PM4は皆殺しにする!」
「ピトさんだけは私が倒す!」

 

 

「ダメージ?」
「そんなの油断した方が悪い、それがGGOだ!」

 

「何がなんでもピトさんを倒す!」
「そのために今、私はここにいる!」

 

「神様、ピトさんを守って下さい」
「私が殺すまで」

 

11話

「どうすればいいの?」
「どうすればいい、どうすればいい、どうすればいい…」

 

「作戦を、作戦を、作戦を…」
「なんか作戦を…」

 

「自殺行為だよ、協力しないと倒せないよ」
「作戦だよ、作戦がないと!」

 

「なのに…私は何も出来ずに震えてるだけで…」
「ああ、もういい! ピトさんなんてどうでもいい!」
「さっさと優勝しちゃえばいいんだ」

 

「死ぬことなんてないっしょ」
「ピトさんの抹殺なんてもう知ったことか!」

 

「もうやめだやめ!」
「私もこんな苦労しなくていい、死んじゃってもいい!」

 

「ぶっ殺す!」
「(誰を?) ピトさん!」
「(どうやって?) 知るか!」

 

「なんでもいいからとにかく撃ち殺す!」
「ナイフでもいい、ほかの手段でもいい」
ピトさん、ぶっ殺す!」

 

12話

「私はピトさんのおかげで胃が痛くなる思いをすることになったよ」

 

「”ゲームに命を懸ける”」
「例のソードアート・オンラインみたいにですか?」

 

「でもそれって…すっごくバカげてますよね」
「あんな伝説級のクソゲーを遊ばなくて済んで、本当によかったあ!」

 

「死にませんよ!」
「これはゲームだから…GGOだから」

 

「ここでは死ぬけど、リアルのピトさんは死んだりなんかしない」

 

「よかったあ…死なないでよかったよ」
「本当にピトさんが死ななくて…」

 

「ゲームってのは楽しむ場所、命を懸ける場所じゃないの」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→SAOシリーズのインデックス