「PSYCHO-PASS サイコパス」狡噛慎也の名言・台詞まとめ

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」狡噛慎也の名言・台詞をまとめていきます。

PSYCHO-PASS サイコパス

1話

「俺たちが獲物を狩り、あんたが見届ける。それだけのことだ」

 

「俺達には俺達の流儀がある。だがその責任を負うのは、監視官であるあんただ。だから俺のやり口が気に入らない時は、そいつで俺を撃て」

「俺達も対象と同じ潜在犯だ、ドミネーターは作動する」

 

2話

「執行官に謝る監視官は珍しい」
「あれがあんたの判断だった、俺が文句を言える筋合いじゃない」

 

「もう長いこと執行官をやっている。迷うことなく、疑うことなく、命じられたままに獲物を仕留める猟犬の習性が、俺の手には染み付いちまってる」

「あの銃の言いなりになって、何人もの潜在犯を撃ってきた。それがこの社会のためになると、小綺麗な理屈を鵜呑みにして、いつの間にか考えることさえ無くなった」

「自分がやってることが何なんか、顧みることさえ忘れていた。バカな話だ、デカってのは誰かを狩りとる仕事じゃなくて、誰かを守る仕事だったはずなのにな」

 

「あんたは、何が正しいかを自分で判断した。役目より正義を優先できた。そういう上司の下なら、俺はただの犬では無く、デカとして働けるかもしれない」

 

「どうだかな。あの時、俺は迷わなかった。迷えば死ぬと思っていた。こんな所で終わりたくない。絶対に死ぬわけにはいかない。それだけで頭がいっぱいだった」

「俺にはやり残したことがある。どうあっても始末を付けなきゃならない役目が!」

 

「常守監視官は義務を果たした、それだけだ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「それ(いじめ)を笑って見過ごせるあんたも、ここの責任者がお似合いって訳だ。シビュラシステム様様だな」

 

「人の生き死ににまつわる真相なんだ。それを暴こうと思ったら、こっちも命がけになるのは当然だ!」

 

4話

「度胸と根性はあるが、素人の殺しだな」
「征陸のとっつぁんならこの程度、部屋に踏み込んだ途端に嗅ぎ当てるぜ。宜野、猟犬の嗅覚をなめるなよ」

 

「誰が誰だか分からない状況で、こんな狭い場所に押し込められて、こいつら不安じゃないのか?」

「これはバーチャルじゃない。殴れば血が出るし、ナイフ一つで命を奪えるリアルな空間だ。なのに隣にいる奴の正体すら分からない。正気の沙汰とは思えんな」

 

5話

「宜野、犯罪者の真理を理解しようとするな。飲み込まれるぞ」

 

「昨夜の時点で犯人を捕まえていたら、菅原昭子は死なずに済んだ。俺達、全員の落ち度だ。今はただ責任を果たすことだけを考えろ。犯人を追うぞ」

 

「本物も偽物を無いからさ。こいつらはネットのアイドル、偶像だ。偶像ってのは、本人の意思だけでは成立しない」

 

「アイドルの本音や正体と、そのキャラクターとしての理想像とはイコールじゃない」
「本人よりむしろファンの方が、アイドルに期待されるロールプレイをより上手く実演できたとしても、不思議じゃない」

 

6話

「動機は金原と御堂にあった。奴はきっと、それだけで十分だったんだ」
「殺意と手段、本来そろうはずの無かった二つを組み合わせ、新たに犯罪を創造する。それが奴の目的だ」

 

「人を殺したがっている者と、そのための道具を作れる者とを引き合わせている奴がいる。そいつが本当の黒幕だ」

 

「佐々山は突き止める寸前まで行った。あいつの無念を晴らす、そのための3年間だった」

7話

「(格闘訓練は)必要だ。強くて優れた武器を扱うからこそ、その使い手はより強くタフでなきゃいけない。相手を殺すのはドミネーターじゃなく、この俺だと」

「それを肝に命じておくためにも、ここにちゃんと痛みを感じておかないとな」

 

「怒らないさ。俺が怒るとすれば、その対象は自分自身以外あり得ない。あの事件、藤間幸三郎の背後で糸を引いていた黒幕に、俺はかすることすら出来なかった」

 

「別にいいさ、あんまり宜野を困らせてもな。やり方はあるってことだよ。上手い口実を見つけて、俺達が戻らざるをえない状況を作り出せばいい」

 

「女好きで凶暴で、実に楽しいクソ野郎だと。少なくとも、(佐々山は)あんな死に方をするような男じゃなかった」

 

「自分の行動に後悔は無い。問題は、未解決なこと。この一点に尽きる」

 

8話

「今回の2件からは、歪んだユーモアやメッセージ性も感じない。美しく悪魔的で芸術作品のようだが、何かが致命的に欠けている」

「オリジナリティ。こんな手間を掛けた殺しなのに、犯人の主張が薄い。少なくとも俺には感じられない」

 

9話

「獲物の尻尾が鼻先をかすめたみたいな感じだ。俺は今、久しぶりにとてもいい気分だよ、宜野」

 

「(サイボーグ化に)興味ないな。潜在犯の人生は、末長く続けたくなるようなもんじゃない」

 

「底が見えない黒い沼がある。沼を調べるためには、飛び込むしか無い」

「先生は何度も調査のために潜ったことがあって慣れている。でも全ての生徒が沼に潜って無事に戻ってこれる訳じゃない。能力差や、単純に向き不向きもある」

 

10話

「だからだよ。2人そろってやられたら、誰が助けを呼ぶ?」

 

「あいつは、信念を持ってる。デカっていうのはどういう仕事なのか、直感的に理解してる。世の中に本当に必要なのは、ああいうタイプだと思う」

 

「慌てるな、怖がるな。落ち着いて慎重に逃げ道を探すんだ。焦れば焦るほど、敵の思う壺だ!」

 

「この狐狩り、ただのワンサイドゲームじゃない。奴らは俺にも勝ち目があるとちらつかせてる」

「つまり、俺は試されてる。途中であんたを見捨てるか否か、きっとそいつも、勝敗を握る鍵の一つなんだ」

12話

「いろいろいるが、ほとんどの潜在犯が慣れるんだ。あの場所で、奪われ続ける生活にな」

 

13話

「常守は……あいつは、もう一端のデカだ」

 

14話

「何を考えてるのかは何となく分かる。だが今は、眼の前の事件に集中しろ」

 

「実際の傷害も窃盗も、それを犯罪行為と断定できる機能は、ドローンのAIには備わっていない。みんな対象のサイコパスだけを判断基準にしているからな」

 

「槙島の犯罪、賭けてもいい。いや、そもそもこの世界に置ける犯罪とは何だ?」

 

「何でって、それは……」

間抜けだったぜ。犯行があまりにも異常で、何となく通り魔的な犯罪に見えていたが、2件目の被害者、あれだけ憎しみを込めた手口なら、むしろ動機が無きゃおかしい」

 

15話

「こいつらも被害者だ」
「違う、ヘルメットの方だ。今やったように、時間は掛かるがいずれヘルメット着用者は、全員狩り殺される。俺達がやらなくても、市民がリンチに掛ける」

 

「今、投降してヘルメットを脱いだ連中の顔を見てみろよ。ヘルメットが無けりゃ、何の犯罪も出来ないクズ共だ。ある意味、槙島の掌の上で踊っていただけさ」

 

「全てが奴の筋書き通りだったと仮定する。今、俺たちがやってることさえ、奴の思う壺だとしたら?」

 

16話

「槙島の目的を阻止することよりも、槙島本人を追い詰める方が優先だ!」

 

「知ったことか、この場で殺してやる」
お前に黒幕はいない。他の雑魚はお前に操られているだけだ。事件の真相は、お前を殺した後でゆっくり調べればいい」

 

17話

「デカの仕事は、基本的に対処療法だ。被害者が出てから捜査が始まる。そういう意味じゃ、はなから負けている」

だが負け試合をせめて引き分けで終わらせることは出来た。それだけで良しとするしかない」

 

「安全完璧な社会なんて、ただの幻想だ。俺たちが暮らしているのは、今でも危険社会なんだ」

 

「誰もが目をそらしていたのかもしれない。危険がそこに確かに存在するが故に、逆に存在しないものとして扱わないと正気が保てなかった」

 

「人間は器用なものだと思う。自分の責任を回避する努力を、無意識に行うことが出来る。余計な話だったな、俺も浮足だっているのかもしれない」

 

「槙島聖護をどう裁くか、問題はこれからだ。こいつはドミネーターをぶっ放すよりはるかに難しくてやっかいな仕事だ」

「だが、逃がす訳にはいかない。奴が罪を犯したことは厳然たる事実だ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

18話

「あっただろ。もっと手っ取り早く、誰の迷惑にもならない方法が。あの時、槙島を殺しておけばよかった」

 

「今ここで諦めても、いずれ俺は槙島聖護を見逃した自分を許せなくなる。そんなのはまっぴらだ」

 

「なのに法律では奴を裁けない。俺は刑事でいる限り、あの男に手出しが出来ない。今度の一件で思い知った。法律で人は守れない。なら、法の外に出るしか無い」

 

「許してくれ、とは言わない。次に会う時はおそらく、あんたは俺を裁く立場にいるだろう。その時は容赦なく務めを果たせ、信念に背を向けてはいけない」

 

「ほんの一時だったが、あんたの元で働けて幸いだった、礼を言う」

 

19話

「自分のサイコパスを自在にコントロール出来る体質、それを特権だと思う人間もいるでしょう。でも、槙島は違った。奴が覚えたのは、おそらく、疎外感です」

 

「それこそ、気にしないで下さい。なぜだか、俺以外の誰かがあいつを殺すってのが、想像もつかないんですよ」

 

22話

「驚いたね。タフになると思っちゃいたが。まだもう少し可愛げがあっても良かったと思うぜ」

 

「これは、俺とあいつだけの問題なんだ」

 

PSYCHO-PASS サイコパス2

7話

「あり得ない自体が起こったなら、疑うべきは二つだけだ」
「前提条件が間違っているか、それともあんたの頭がイカれちまったか。それは、案外近い所に、ころがっているのかもしれない」

 

10話

「違うな。もう手段が無いんじゃない、今は手段が無いだけだ。可能性のピースは、もうそろってるはずだ。あんたがためらっているだけで」

 

PSYCHO-PASS サイコパス3

2話

「狐は他にもいる。猟犬から逃れ続ける存在が」

 

8話

「安全に暮らす連中がリスクを取るのは、その安全が揺らぐ時だけだからな」

 

「あんたの信念は正しかった。胸を張ってそう言える日が必ず来る」
「ああ、長い旅の土産話がある」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray BOX

 

→PSYCHO-PASS サイコパス
→PSYCHO-PASS サイコパス2
→PSYCHO-PASS サイコパス3
→PSYCHO-PASS サイコパス(常守朱)
→PSYCHO-PASS サイコパス(宜野座伸元)
→PSYCHO-PASS サイコパス(征陸智己)
→PSYCHO-PASS サイコパス(槙島聖護)
→PSYCHO-PASS サイコパス(雑賀譲二)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました