「メイドインアビス」ナナチの名言・台詞まとめ

アニメ「メイドインアビス」ナナチの名言・台詞をまとめていきます。

メイドインアビス

10話

「うるさいな」
「そいつ、まだ心臓は動いてるよ。今にも止まりそうだけどな」

 

「んなぁ~、ふわふわのぬいぐるみだよ。お前たちをなぐさめに来たんだ」

 

「丁寧に教えてもいいけどさ。先に、そいつ助ける方法を聞いた方がよくね?」

 

「お前やっぱり、見えてねえのな」
「安心しなよ。今は呪いは無いから」

 

「オイラはナナチだ。お前ら探窟家が言う所の、『成れ果て』だよ」

 

11話

「探窟家の間じゃこうするのが常識らしいけど、それは正しい方法を知らないからだ」

 

「それにしてもえげつねえ切り方。気を失っててよかったな」

 

「肘から先が残っていれば、探窟で出来ることの幅が大きく違うんだよ。まだ進む気だったのさ。こいつはあの状況になってもまだ、冒険を諦めてはいなかったんだよ」

 

「何で助けてくれなかった、って顔してるな。お前らが何なのか興味があっただけさ。姿を現す気なんて、端っから無かったんだぜ」

 

「かわいそうになったから」
「リコーーー、置いてかないでーーー、迷子のちびっ子みたいに泣いてんだもん。見てらんねえよ」

 

「この子も成れ果てだよ。六層の上昇負荷は聞いたことある」

「そう、深界六層の呪いで生き残るとこうなるんだ。人格も知性も消え失せる。文字通り人だったものの成れ果てさ。もうどうやったって元には戻れない」

 

「お前が今回やった腕伸ばすやつさ。六層だとどうなるか、考えるだけでワクワクしない」

 

「オイラは訳ありでね、例外中の例外さ。期待はしないことだな」

 

「探窟家は仲間が成れ果てになったら、始末して遺品だけを回収していくんだ。死んだってことにした方が、よっぽどマシなんだろうな」

 

「姿をさらすことが、もう大きなリスクなんだ。助ける理由がかわいそうってだけでも上等だろ」

 

「ちょろいな~」

 

「いいか。今はあくまで死を緩やかにしただけだ」
「12時間は何とかもたせる。それ以上かかりそうなら、気の効いたお別れを考えとけよ」

 

「オイラ付きっきりだし、メシ調達できねえだろ?」
「腹減って倒れたら誰がこいつの治療すんのさ?」

 

「お前、マジでポンコツになっちゃった?」

 

12話

「それ聞いちゃう。止めときなよ。聞いたらオイラのこと、助けたくなっちゃうぜ」

 

「(アビスの呪いは)入ったら出られない逆トゲのような流れがあるんだ」
「まるで獲物を捕らえる罠さ」

 

「奈落の底に挑むってのは、この先、死の呪いが充満する中で、未来を読む捕食者を相手にしてくってことだ。なかなか愉快だろ」

 

「ただな、これだけは分かるぜ。そんなもんじゃ、憧れは止められねえんだ!」

 

「いいか、忘れんなよ。何があってもオイラの指示通りだ。そうすりゃタマちゃんも退治できて、あいつも助かる」
「なら見せてやるぜ。オイラの見てる世界をな」

 

「そいつの未来は封じたぜ。ぶちかましてやれ!」

 

「あのな、お前に頼みたいことが出来た」
「さすがに言いずれえんだけどな……じゃあ、頼む。ミーティを、殺してくれ」

 

13話

「神様、助けて下さい。オイラ、ようやく見つけたんです。宝物を見つけたんです。どうか……どうか奪わないで」

 

「ミーティ……ミーティ逃げてごめんよ。もうあいつの好きになんか、させたりしないから。オイラが……オイラが何とかするんだ」

 

「ダメだ……何を使っても苦しむだけ……」
「探すんだ。ミーティを苦しませずに殺せる方法を。どこかにあるはずだ……どこかに!?」

 

「ただの反応だ。どんな手段でも、意思の疎通は出来なかったぜ」
「なのに、あの目だ。お前も見たろ。未だにミーティは、ミーティの魂は、あの体に囚われてる気がするんだ」

 

「おい、何かこれやべえ匂いしないか?」
「オイラの作ったのより美味しくねえ」

 

「オイラもそのうち、どうにかなって死ぬ。そしたら、ミーティは、永遠に一人ぼっちだ」

「レグ、これは最後のチャンスなんだ。ミーティを解放出来る、最後の。お願いだ、こんなに都合のいいことは、二度と起こらねえ」

 

「残酷だな……分かったよ、約束する」

 

「オイラの……オイラの、宝を!!!」

 

「(一緒に行っても)いいぜ」

メイドインアビス 深き魂の黎明

「探窟家の地図って、何でこうアバウトなんだよ!?」

 

「うかつなことは言うな。オイラじゃリコを守れねえ。戻ってこい!」

 

「気にすんな。こんなの予想できっこねえ」

 

「オイラ勤勉だからな。お前と同レベルじゃ満足できねえのさ」

 

「ミーティはさ、アビスで食ったの、味のねえ固形食だけなんだよ」

「だからよ、オイラがうめえもん作れるようになっときゃ、もしもミーティに次会えた時にさ、食わせてやれるかもしれねえだろ」

「こんなうめえもん一緒に食えないなんて、申し訳なくてよ……」

 

「たく……心の持ちようの話だよ。実際(ミーティに)会えるなんて思っちゃいないさ」

 

「奈落の底なんて、どんなとこかも分からねえのに、すげえ自信だな、お前」

 

「ちくしょー……オイラがずっとずっと望んでた、地の底の冒険だ。ちくしょー……本当に楽しいなぁ。ちくしょー……」

 

「奴等が何をつかんでるか分からねえ。うかつに口を開かず焦らして、向こうから喋らせろ。情報は力だ。奴等からどんな言葉が出てもビビるな、聞き逃すな」

 

「ボンドルド、今はとやかく言う気はねえ。オイラ達は先に進みてえんだ、通しちゃくれねえか?」

 

「言っただろ、オイラじゃリコは守れねえ。お前が鉄くずに戻るのは、そのまま冒険の終わりを意味してるんだよ」

 

「愛だと!? よくもその狭い隙間から、でけえもん吐けたもんだぜ!」

 

「リコ、一度外に退避するぞ。奴らははなっからこうするつもりだったんだ!」
「必ず取り戻す、必ずだ!」

 

「オイラもう我慢ならねえ! ミーティを、レグまでもこんな目に合わせた奴をのさばらせちゃおけねえ! 奴は必ずオイラ達を追ってくる。出来るかは分からねえが!?」

 

「そいつは無理だ。てめえらは帰さねえ」

 

「おめえさ、穴ばかり覗いてねえで、もう少し足元も見た方がいいぜ!」

 

「あいつは、怪物だ」

 

「水のすぐ下は六層。ならば奴にも食らわせてやれるはずだ」

 

「んなぁ〜、このゲス外道が!」

 

「そうだな……そうだよな」
「お前らが諦めねえうちに、オイラが折れちまったら、ミーティにあわせるツラがねえ」

 

「こんなところで終わらせたりしねえ。冒険を取り戻すんだ」

 

「オイラ、奴が心底おっかなくてよ……恐怖に負けて、こいつを作るの手伝ってたんだ……」
「ちくしょー……オイラが何したってんだよ……」

 

「レグ、どうしちまったんだ?」
「記憶を無くしたというより、別モンじゃねえか!?」

 

「おめえバカか!? てめえの宝物忘れてんじゃねえ! 止まれぇぇぇーーー!!!」

 

「てめえは増え過ぎて殺しても殺しきれねえ。だが、てめえの憧れはここで終わりだ! ざまあみろ!」

 

「何言っても無駄かよ……クソが! 情けねえったらありゃしねえ! お前と、刺し違える日をずっと夢見て来たのによ……」

 

「(呪いと祝福?)うるせえよ……」

 

「皮肉なもんだぜ。てめえの口車に乗ってなきゃ、オイラはよ……」

 

「ほれ。むき出しじゃその……あんまりだろ」
「複雑な気分だろうけどよ。こいつがリコに託されたのは、間違いなくプルシュカの意思だ。お前にしか使えないんだ。ひどく不格好だけどよ……お前の白笛だ」

 

「それなりに話はついた。それに……オイラは隊長の意思を尊重するぜ」

 

「決して戻れない最後の旅の始まりだ。行っちまおうぜ!」

 

メイドインアビス 烈日の黄金郷(2期)

1話

「そんなことより次だ次! 毒はもういいだろ!」
「オイラ、もうちょっとだけ、お前らと先に進めることを素直に喜んでいてえんだよ」
「見せつけてやろうぜ、オイラ達の冒険をよ!」

 

「(これは)骨…それに冷えて固まった死体か?」
「ああ…魂は奈落の底に帰るというが、体はここに置いてけと言わんばかりだな。正直、ここまで来れるとは思ってなかったがな」

 

2話

「(白笛に聞く?) 冗談じゃねえ。どうせろくでもねえ奴だろ」

 

「おめえ、なんで(危険なのに)ちょっと楽しそうなんだよ?」

 

「(地上のみんなを)心配しても、二度と会うことは叶わねえんだけどよ」
「まぁ、アビスにいる限り探窟家ってのはつながっている」

 

「アビスはよ、精神が露骨に形に現れる場所なんだ」
「恐怖が形として体に出るならよ、願いが形として宿ることだってあるんじゃねえの」

「信じようぜ。前の(伝報船)は届いた、あれも必ず届くって」

 

3話

「あいつ(リコ)素で楽しんでねえか?」

 

「ひでえもん見ちまったけどよ、へこんでられる状況でもねえってのは、あいつが一番分かってんのかもな」

 

6話

「ダメだリコ、お前までこうなっちまったらお終いだ。頼む、ほっといてくて」
「すまねえ、すまねえ…オイラはここがいい」

 

10話

「このミーティはさ…まだボンやオイラがさんざん、傷つける前のミーティなんだ」
「かわいい壺に入ってて、きれいになって、オイラ嬉しくてよ…勘違いしちまったんだ。ずっとここで、一緒にいられるって…」

「オイラこの体をもらったのは、寝てるためじゃねえはずなのに…」

 

「オイラ行くよ。約束したんだ、ミーティと。こうなっちまったら、オイラの所に魂が帰るように。これ以上ミーティに嫌われることはしたくねえ」

「今度は、オイラの手で送ってやれるんだ」

 

「じゃあな、ベラフ。ミーティを好きでいてくれて、ありがとな」

 

「今度はさ、一緒に行こうな。うまいもん食べような」
「オイラ、必ず見つけにいくから。か…必ず会いにいくから」
「だから…だからミーティ…待ってて…」

 

11話

「姫様よ、ちょっとおてんばがすぎるんじゃねえの」

 

「んなぁ〜、オイラもそう思うぜ。けどな、寝てるわけにもいかねえのよ」

 

「行こうぜ、ベラフ。たった一度きりの、最後の謁見だ!」

 

12話

「みんな消えちまったけどよ…」
「永遠のゆりかごから、アビスへ帰っていったんだ。オイラ達と同じ道に、帰ってきたんだ。だからよ…」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
メイドインアビス 1-10巻セット (コミック)

 

→メイドインアビス
→メイドインアビス 深き魂の黎明
→メイドインアビス(2期)
→メイドインアビス(リコ)
→メイドインアビス(レグ)
→メイドインアビス(オーゼン)
→メイドインアビス(ライザ)
→メイドインアビス(ボンドルド&プルシュカ)
→メイドインアビス(ヴエコ&ファプタ)
→メイドインアビス(ベラフ&ワズキャン)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました