「僕のヒーローアカデミア」エンデヴァーの名言・台詞まとめ

アニメ「僕のヒーローアカデミア」エンデヴァーの名言・台詞をまとめていきます。

僕のヒーローアカデミア(2期)

19話

「これだけは覚えておけ」
「あれは、いずれ貴様をも超えるヒーローにする」

 

「そうするべく作った子だ」
「今はくだらん反抗期だが、必ず超えるぞ…超えさせる!」

 

20話

「今は通用したとしても、すぐ限界が来るぞ」

 

23話

「やっと己を受け入れたか!」
「そうだ、いいぞ!」

 

「ここからがお前の始まり」
「俺の血をもって俺を超えていき、俺の野望をお前が果たせ!」

 

24話

「子供じみた駄々を捨てて、ようやくお前は完璧な俺の上位互換となった」

 

「卒業後は俺の元へ来い」
「俺が覇道を歩ませてやる」

 

27話

「お前も準備しろ、出かけるぞ」
「ヒーローというものを見せてやる」

 

29話

「(なぜ?) 決まっている、ヒーローだからさ」

 

30話

「こいつ”再生”か」
「炭化した細胞では再生できまい」

 

僕のヒーローアカデミア(3期)

49話

「オールマイト…貴様を超えようと研鑽を重ねてきた」

 

「重ねるほどに痛感する、貴様との差が…」
「遠くなっていく貴様の背中が…」
「絶望が俺を…」

 

「なんだその情けない背中は!」

 

僕のヒーローアカデミア(4期)

79話

「知っているか?」
「ここ1ヶ月の犯罪発生率、例年に比べ3%もの増加だそうだ」

 

「俺は、誰よりも多く事件を解決へ導いてきた」
「今も今まで以上に」

 

「だが、聞こえてくる」
「貴様が築き上げてきた、目には映らぬ何かが崩れていく音が」

 

「元ナンバー1ヒーローよ、”平和の象徴”とは…なんだ?」

 

「俺は…二十歳の頃には既にナンバー2へと上り詰めた」
「上ってきたからこそ理解してしてしまった」

 

「俺は…頂(いただき)にはたどりつけないと」

 

80話

「焦凍…お前は自慢の息子だ」
「ならば俺も…お前が胸を張れるようなヒーローになろう」

 

「父はナンバー1ヒーロー、もっとも偉大な男であると」

 

87話

「若輩にこうもあおられた以上、多くは語らん」
「俺を、見ていてくれ」

 

「来い…俺を見せてやる」

 

88話

「逃げも再生も間に合わぬ煉獄、焼けて静まれ!」
「プロミネンスバーン!」

 

「ここで情けない姿は…見せられん!」

 

「(再生?) 一緒にするな、こちとら既に体が動かん」
「動かん体を、火力で押し出せ!」

 

「かすむこの目で勝機を見据えろ」
「火力を上げろ! もっと! 更に!」

 

「もはや生け捕りは考えぬ」
「超えろ! こいつの反応速度を!」

 

「超えてそのツラ炭にするまで…倒れてなるものか!」

 

「誰より強くなりたかった」

 

「”改人・脳無”、複数の”個性”を持つよう作られし者よ」
「強さに執着する者よ!」

 

「上だ、もっと上へ!」
「人も建物も気にする必要のない上空へ!」

 

「怪人よ…貴様は、俺だ」
「過去の…あるいは別の未来の」
「焼けて、眠るがいい」

 

「昔から、この校訓が大嫌いだったよ!」
「”Plus ultra(プルス・ウルトラ)”、プロミネンスバーン!」

 

僕のヒーローアカデミア(5期)

89話

「0点だ…随分とひどいスタートを切った」

 

90話

「(一件落着?) いや、これは…始まりだ」

 

「思い上がるな」
「俺のケガは俺の責任だ」

 

102話

「申し訳ないが、焦凍以外に構うつもりはない」
「学びたいなら後ろで見ていろ!」

 

103話

「難儀な”個性”を抱えたな」
「君(デク)もこちら側の人間だったか」

 

「並列に思考し、迅速に動く」
「それを常態化させる」

 

「何を積み重ねるかだ」
「雄英で努力を、そしてここでは経験を、山のごとく積み上げろ」

 

「貴様ら3人の課題は経験で克服できる」

 

「本来ヒーローとは、1人でなんでも出来る存在でなければならないのだ」

 

「ここは授業の場ではない」
「間に合わなければ落ちるのは成績じゃない…人の命だ!」

 

「どれほど強く激しい力であろうと、礎となるのは地道な積み重ねだ」

 

「同じ反復でも、学校と現場とでは経験値がまったく違ったものになる」
「学校でつちかったものを、この最高の環境で体になじませろ」

 

「な~に、安心して失敗しろ」
「貴様ら3人ごときの成否、このエンデヴァーの仕事になんら影響することはない!」

 

105話

「集中すれば出来ることを、寝ながらでも出来るようにしろ!」
「やると決めた時には、既に行動し終わっていろ!」

 

「まだだ! まだ足りない!」
「思考・行動・力のコントロール、全ての時間を縮めろ!」

 

「1分1秒を惜しめ、事件が起きる前に防ぐ」
「そのために必要なものは観察眼」

 

「日常の中に潜む悪を見つけ出せ」
「人だけでなく、全ての事象に対応しろ」

 

「一朝一夕に身についたりはしない」
「しかし、経験を積むことで確度は上がる」

 

「走れ! 走れ! 走れ!」
「昨日の自分を追い越してみせろ!」

 

「現状維持は、後退と同義語」
「ヒーローとは、絶えず加速する者のことだ!」

 

106話

「俺を許さなくていい」
「許してほしいんじゃない、償いたいんだ」

 

僕のヒーローアカデミア(6期)

114話

「何が機密だ…俺は備えたぞ、お前の言った通りに」
「行くぞ、ホークスよ!」

 

「貴様か!」
「”脳無”の製造者、オール・フォー・ワンの片腕」
「観念しろ、悪魔の手先よ!」

 

117話

「複数のしゃべる”脳無”を1人で相手していたのか?」
「九州に続き借りが出来たな、死ぬなよ」

 

119話

「死柄木弔、お前は殺しすぎた!」

 

120話

「デク、爆豪、来てしまったものはしょうがない」
「なぜかは今問わぬ」

 

「イレイザーをサポートしろ!」
「爆豪、デクを守れ!」

 

「俺だけの力では勝てなくとも」

 

121話

「終わりだ、死柄木弔」
「いくら力を得ようとも、信念なき破壊に我等が屈することはない!」

 

122話

「情けない」
「今あそこにいるべきは、俺だろうナンバー1」

 

「俺の最高火力をもって、一撃で仕留めろということか」
「任せろ!」

 

124話

「ホークス、すまない」
「こいつが動いたのは俺の責任、倒さなくては…」

 

「どういう”個性”だ?」
「探ってうがつんだ」

 

「肺が片方潰れてる」
「呼吸すら激痛のこの体で、どこまでやれるか?」

 

「いや、やらねば」
「俺はこの国のトップヒーローだろうが!」

 

「捜したんだ、俺は…」
「お前が生きていると信じて」

 

129話

「貴様の敗因は、この俺と相対したことだ」

 

「息が、出来る…頭が、かすみがかっている…麻酔が、まだ効いている…」
「俺は、生きている…」

 

「返ってきただけだ」
「俺が、かつてしてきたことが、全部…」

 

「俺自身が生き延びても…」
「ヒーローとしての、エンデヴァーは死んだ」

 

「息子とは戦えない…」

 

130話

「俺はヒーローの世界しか…見せられない」

 

131話

「先を見るためです」
「非難も不安も、私だけに向けてほしい」

 

「これから命を張る者達にではなく」
「みんなで俺を見ていてくれ!」

 

133話

「(全て俺のせい?) その通りだ」
「だからここにいる」

 

僕のヒーローアカデミア(7期)

144話

「全てお前のうぬぼれと自業自得の結果だ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

僕のヒーローアカデミア 全5巻セット [Blu-ray]
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→僕のヒーローアカデミアのインデックス