「ワンピース シャボンディ諸島編」の名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース シャボンディ諸島編」の名言・台詞をまとめていきます。

ワンピース シャボンディ諸島編

385話

「安心せい、センゴク」
「ルフィは、モリアを倒したぐらいのこと、触れ回るような小せえ男じゃないわい!」(モンキー・D・ガープ)

 

「一曲、いきますか?」
「こんな時は、景気づけにパーッと! どんな嵐も海流も、いつか治まります」
「気長にいきましょう!」(ブルック)

 

「サンジ君、あの波に乗って!」
「任せて! 空島に行った時、もっとすごいのを経験してるから!」(ナミ)

 

「とにかくこれで半分だ。ラブーンに会った双子岬は、海の反対でこの壁とつながってる」
「誰1人欠けずに、ここまで来れてよかった!」(モンキー・D・ルフィ)

 

「世界をもう半周した場所で、この壁をもう一度見ることになる」
「そん時は…俺は海賊王だ!」(ルフィ)

 

「俺は甘い…」
「もっと強くなるんだ。まだまだ、俺は弱い。まだまだ!」(ロロノア・ゾロ)

 

「(海獣) 海の上で俺に勝てると思うなよ!」(ルフィ)

 

386話

「捕まった友達の救出なら、私達も協力するから」
「ああ、間違えた! こいつらが協力するから」(ナミ)

 

387話

「いいわ、ハチも解放しましょう」
「ハチは大丈夫。実は無害な奴だから」
「だってこれじゃ、ケイミーとの約束が違うもんね」(ナミ)

 

「海からでも空からでもかかってこい! 暴れてやるぞ。野郎共!」
「戦闘だあ!」(ルフィ)

 

388話

「(爆弾を)レディー達に当てやがったら、生かしちゃおかねえぞ」(サンジ)

 

「あん時はホントに悪かったよ」
「俺の六刀流で、随分お前を痛めつけた」(ハチ)
「一太刀も食らった覚えはねえよ!」(ゾロ)

 

「音楽は、力です」(ブルック)

 

「殺せるかしら?」
「残念、ミラージュテンポ。 前方の雷雲に注意してね!」(ナミ)

 

389話

「(責任?) うるせえ! あの手配書に頭来てんのは俺の方なんだよ!」(サンジ)

 

「この船を…信じろ」(フランキー)

 

「よけただけで終わると思うな」
「この船の力はまだまだこんなもんじゃねえぜ!」
「ガオン砲…発射!」(フランキー)

 

「俺にとっても見たくもねえ、あの手配書の落書き」
「そいつが実在してんじゃねえよ!」(サンジ)

 

「至高の技が織り成す上質な味わいを堪能しやがれよ、クソ野郎」(サンジ)

 

390話

「これ(たこ焼き)で、何かが許されるってわけじゃないわよね」
「(味は)すっごく美味しい!」(ナミ)

 

「1つだけ約束を守ってほしいんだ」
「町へ入ると、世界貴族が歩いてることがある」
「たとえ町でどんなことが起きようとも、世界貴族にゃ楯つかねえと約束しろ!」(ハチ)

 

「いいか。たとえ目の前で人が、殺されたとしても…」
「見て見ぬフリをするんだ」(ハチ)

 

391話

「恋の奴隷なんだ俺は!」(サンジ)

 

「もしかしてこの島には、悪い歴史が残っているのかも」(ニコ・ロビン)

 

「奴隷はいつも鎖で首をつながれてて、外して逃げると首輪が爆発する仕組みだ」(ハチ)

 

392話

「情報は武器よ。ライバル達の名前くらい知っておいたら?」(シャクヤク、愛称:シャッキー)

 

「まあ、俺はとりあえず…楽しきゃいいや」(ルフィ)

 

「(心配?) うちの人なら大丈夫よ」
「坊や達の、100倍強いから」(シャッキー)

 

393話

「邪魔とか言ってんじゃねえよ、バカ助! てめえ一体どういうつもりだよ!」
「この島に大将呼び寄せる気か?」
「海賊なら海賊同士の暗黙の了解って部分があんだろ?」
「うちらにまで迷惑かけんな!」(ジュエリー・ボニー)

 

394話

「我々は何をすべきかサンジさんが的確な指示をくれました」
「どんな気持ちですごしても、同じ待ち時間ですよ」
「焦ったからといって、どうなるものでもありません」
「同じ待つのなら、穏やかな気持ちで待とうじゃないですか?」(ブルック)

 

「(奴隷? 買い替え?) こいつはただのケガ人だ。見るのか見ねえのか!」(ゾロ)

 

「そう、たった200年前まで、実際にあった悪い歴史」
「魚人族と人魚族は魚類と分類されて、世界中の人間達から迫害を受けていたの」
「みんなが彼等を蔑んでいた」

「多勢という力には何者も及ばないわ」
「迫害は、世界政府が魚人島への交友を発表するまで、ずっと続いていた」

「もう1つ昔の人間の悪い歴史、人買いや奴隷の文化」
「それがこの諸島では、まだ黙認されている」
「だからもしかしたら魚人や人魚に対する差別も、残ってるのではと思って」(ロビン)

395話

「な~に言ってんだ、おめえら」
「おめえらが悪いと思うことなんて、1つもねえじゃねえか」
「お前ら3人共、もう俺の友達なんだ」
「たとえどんなことしたって、ケイミーは必ず助け出すから、もう泣くな!」(ルフィ)

 

「天竜人、奴隷、ヒューマンショップ…」
「欲をかいた権力者の純心に比べりゃ、世の悪党の方がいくらか人道的だ」
「クズが世界を支配するからクズが生まれる。こんなことも分からねえか」
「俺達は悪気がある分かわいいもんだな」(ユースタス・キッド)

 

「コーティング屋をやっているじじいだよ」
「わしは、若い娘さんが…大好きでねえ」(シルバーズ・レイリー)

 

「老兵とはいえ、下手にレイリーを相手にすれば軍はおもわぬ数の兵力を失うことになるぞ」
「今は特にいかん。おめえ、海軍に2つの伝説を一度に相手にしろというのか!」(ガープ)

 

「手が出せないんなら、ここ(オークション)のルールでケイミーを取り戻してやるわ!」(ナミ)

 

「私達の友達を奪い返せるなら、いくらかかろうと構わない!」
「みんな文句ないでしょ!」(ナミ)

 

「ふざけやがって…全くどいつもこいつもレディーをなんだと思ってやがるんだ」(サンジ)

 

396話

「人に飼われて悲惨な人生を歩むより、今ここで死ぬことを選んだんだ」
「場合によっちゃ利口かもな」(サンジ)

 

「(天竜人が大金で落札) まるでこの世の縮図だな。とんだ茶番だ」(キッド)

 

「(天竜人?) 関係あるか!」(ルフィ)

 

「お前ら! ケイミーは売りもんじゃねえぞ!」(ルフィ)

 

397話

「わりい、お前ら。こいつ殴ったら、海軍の大将が軍艦引っ張ってくんだって」(ルフィ)
「お前がぶっ飛ばしたせいで…斬り損ねた」(ゾロ)

 

「(大変なこと?) まっ、ルフィだから仕方ないわ」(ナミ)

 

「(金を)人買いなどに使うのはもったいない」
「私が、もっと有意義に使ってやるとしよう」(レイリー)

 

「誰を捕まえたかったのかは知らねえが」
「まさか天竜人がぶっ飛ばされる事態になるとは思わなかったろうな」
「面白えもん見せてもらったよ、麦わら屋一味」(トラファルガー・ロー)

 

「ほら見ろ、巨人君。会場はえらい騒ぎだ。オークションは終わりだな」
「金も盗んだし…さあ、ギャンブル場へ戻るとするか」(レイリー)

 

「その麦わら帽子は、精悍な男によく似合う」
「会いたかったぞ、モンキー・D・ルフィ」(レイリー)

398話

「あんのバカ助の一味の船長は、大バカ助だったか」
「新世界でもし会ったら…ぶっ潰してやる、あいつら!」(ボニー)

 

「またあの小僧か…次から次へと、あの一族の血はどうなっとるんだ」(センゴク)

 

「何がどうであれ世界貴族に手を出されて、我々が動かんわけにはいかんでしょう、センゴクさん」

「わっしが出ましょう、すぐ戻ります。ご安心なすって」(黄猿、ボルサリーノ)

 

「この島じゃ”コーティング屋のレイさん”で通っている。下手にその名を呼んでくれるな」
「もはや老兵、平穏に暮らしたいのだよ」(レイリー)

 

「年寄りの世話になるつもりはねえよ。長引くだけ兵が増える、先に行かせてもらうぞ」
「もののついでだ、お前ら助けてやるよ。表の掃除はしておいてやるから安心しな」(キッド)

 

399話

「それじゃあな、麦わら」
「お前にひと目会えてよかった。だが、次に会った時は容赦しねえ」(キッド)
「でも、ワンピースは俺が見つけるぞ」(ルフィ)

 

「俺達の通ってきた航路じゃ、ワンピースを手にするなんてこと口にすると、大口開けて笑われたもんだ」

「その度に俺は、笑った奴等を皆殺しにしてきたがな」
「だがこの先は、それを口にする度胸がねえ奴が死ぬ海だ」
「新世界で会おうぜ」(キッド)

 

「消されたいのか? 命令するなと言ったはずだ。今日は思わぬ大物に出くわす日だ」
「更に大将になんて会いたくねえんで…そこを通してもらうぞ」(ロー)

 

400話

「捕まったのではない」
「ロジャーは自首したのだ」(レイリー)

 

「我々の旅に、限界が見えたからだ」
「あの公開処刑の日から4年ほど前か、ロジャーは不治の病にかかった」

「誰も治せない、手の打ちようのない病に、さすがのロジャーも苦しんだが、当時海で一番評判の高かった灯台守でもある医師、双子岬のクロッカスという男だけが、その苦しみを和らげる腕を持っていた」

「我々は彼に頼み込み、最後の航海に船医として付き添ってもらい、ついにその3年後、ロジャーの命を取り留めつつ、不可能と言われたグランドライン制覇を成し遂げたのだ」(レイリー)

 

「あいつ(クロッカス)はたった3年のクルーだったが、紛れもなく我々の仲間だ」
「この年になると、また会いたいもんだな」(レイリー)

 

「そこからだ、ロジャーは世間から”海賊王”と呼ばれるようになった」
「何もずっと海賊王だったわけじゃない」(レイリー)

 

「死にゆく男に称号などなんの意味もない。だが、ロジャーは喜んでいたな」
「何事も、派手にやらかすことが大好きな男でね。宴(うたげ)もそう、戦いもそう」
「己の先のない未来にも一計を案じ、楽しんでいるようにも見えた」(レイリー)

 

「やがて船長命令により、ロジャー海賊団は人知れず解散し、全員バラバラに」
「1人…また1人姿を消した」
「共に命を懸けた仲間達は、今やどこで何をしているか、ほとんど分からない」(レイリー)

 

「そして解散から1年が過ぎた頃、ロジャーは自首し、逮捕され、あいつの生まれた町、イーストブルーのローグタウンで公開処刑が発表された」(レイリー)

 

「あの日広場には、今海で名を上げている海賊達の、若き日のそうそうたる顔ぶれが並んでいたと聞く」

「海賊王の処刑に、世界が注目していた」(レイリー)

 

「私は行かなかったよ。あいつの言った、最後の言葉はこうだ」(レイリー)
「俺は死なねえぜ、相棒」(ゴールド・ロジャー)

 

「世界政府も海軍も驚いたろう」
「他の海賊達への見せしめのため行った公開処刑の場が、ロジャーの死に際のたったひと言で、大海賊時代の幕開けの式典へと、一変したのだからな」(レイリー)

 

「残り数秒、僅かに灯った命の火を、奴は世界へ広がる業火に変えた」
「あの日ほど笑った夜はない。あの日ほど泣いた夜も、酒を飲んだ夜もない」
「我が船長ながら、見事な人生だった」(レイリー)

 

「なんかすごい話聞いちゃったみたい。当事者から聞くと、また別の話みたい」(ナミ)

 

「ロジャーは死んだのだ。今の時代を作れるのは、今を生きてる人間だけだよ」(レイリー)

 

「あの日広場で、ロジャーから何かを受け取った者達が、確かにいるとは思うがね」
「君のよく知るシャンクスもその1人だろう」
「イーストブルーなら、バギーという海賊も知らんか?」
「あれらは2人とも、うちの船で見習いをやっていた」(レイリー)

 

「10年ほど前か、この島でばったりあいつと会ってな」
「トレードマークの麦わら帽子と左腕がなくなってた」
「訳を聞くと嬉しそうに、君のことを話すんだ」(レイリー)

「レイリーさん、俺は本当に驚いたよ」
「イーストブルーに、ロジャー船長と同じことを言うガキがいたんだ」
「船長のあの言葉を」(シャンクス)

「それ以来、いつかモンキー・D・ルフィ…君に会いたいと思っていた」(レイリー)

 

「(空白の100年?) ああ、知っている。我々は、歴史の全てを知った」(レイリー)

 

「だがお嬢さん、慌ててはいけない。君達の船で、一歩ずつ進みなさい」
「我々もまた、オハラもまた、少々急ぎ過ぎたのかもしれん」

「君達に今ここで歴史の全てを私が話しても、今の君等には何も出来やしない」
「ゆっくりと世界を見渡したその後に導き出す答えが、我々と同じとも限らない」
「それでも聞きたいと言うならば、この世界の全てを、今話そう」(レイリー)

「いいえ、やめておくわ。旅を続ける」(ロビン)
「いずれ全てが見えてくる」(レイリー)

 

「ロジャーはあの文字を解読できたわけじゃない」
「我々は海賊。天才クローバーや、オハラの学者の頭脳に敵うはずがない」
「あいつはな、万物の声を聞けた。それだけのこと」(レイリー)

 

「宝がどこにあるかなんて聞きたくねえ!」
「宝があるかないかなんて聞きたくねえ!」
「何も分かんねえけど、みんなそうやって命懸けで海へ出てんだよ!」

「ここでおっさんから何か教えてもらうんなら、俺は海賊をやめる!」
「つまんねえ冒険なら、俺はしねえ!」(ルフィ)

 

「やれるか? 君に?」
「グランドラインは、まだまだ君等の想像を遥かに凌ぐぞ。敵も強い」
「君にこの強固な海を支配できるか?」(レイリー)
「支配なんかしねえよ。この海で一番自由な奴が海賊王だ」(ルフィ)

 

401話

「こりゃあ…ちょっとやりすぎたね」(ボルサリーノ)

 

「バカだなあ」
「コソコソ逃げて何が楽しい? 敵は怒らせて逃げるに限るぜ」(スクラッチメン・アプー)

 

「お前は(子供と老人)どっちがいいんだ?」(ボニー)

 

「お前らの負けだ。兵力差でな」(カポネ・ベッジ)

 

「急ぐ必要はない。運命は既に決められている」(バジル・ホーキンス)

 

「お~、ちょっとものを尋ねたいんだけど」(ボルサリーノ)

 

「慌てるな。今日、俺は死なない」(ホーキンス)

 

「ちょっといいかね?」
「戦桃丸という男を捜しているんだけども?」(ボルサリーノ)

 

「いやあ、それが見つからないと、お~暇だからね」
「そんな時にまさかこんな首を放っておくわけにもいかんでしょう」
「懸賞金2億4900万”魔術師”バジル・ホーキンス」
「速度は重さ。光の速度で蹴られたことはあるかい?」(ボルサリーノ)

 

「随分やられたが、さて本当に希望はあるのかどうか…確かめさせてもらおうか」(ウルージ)

 

「強えと分かってんだから、初めから全開だ!」(ルフィ)

 

402話

「ドレーク少将…あ~、元少将。それ(パシフィスタ)の偵察に来たんじゃねえのかい?」
「戦ってみるといいよ。内情を知っている分、絶望もデカいと思うがね」(ボルサリーノ)

 

「せいぜいお気をつけなすって、ヒヨッコの諸君」
「今はわっしもいるのでねえ」(ボルサリーノ)

 

「どいつもこいつも、億を超えるような輩は、化け物じみていて怖いねえ」(ボルサリーノ)

 

「なんの能力か知らねえけども実体はあるな。自然(ロギア)系じゃなさそうだ」
「まずは1人目」
「ここまでの長い航海、ご苦労だったねえ」(ボルサリーノ)

 

「決まった! まぁ、海軍の大将がこんなんでやられるわきゃあねえけど」
「いやぁ、面白えもんいっぱい見れた。ほんじゃ、トンズラこくぜ、あばよ!」(アプー)

 

「いや~、ひどいねえ」
「お~、びっくりしたねえ」
「八咫鏡」(ボルサリーノ)

 

403話

「お兄さん。休憩中悪いんだけど、そこ、雷注意報ね!」(ナミ)

 

「ヤケになったら勝負は終わりだ」(サンジ)

 

「(逃げた方がいい?) いえ、倒せるものは倒しておいた方がいいわ」
「どのみち、追われるんですもの」(ロビン)

 

「こいつ(パシフィスタ)が改造人間である以上、元はあのバーソロミュー・くまと同じ姿をした人間だってことだ」

「双子の兄弟か、もしくはスーパーそっくり人間を改造したと考えるのが一番自然だな」
「いくらなんでも、人間そのものは造れやしねえ」(フランキー)

 

「おいおい、なんて無様な姿だ、PX-4」
「てめえらパシフィスタを1人造るために、軍艦1隻分の費用を投入してんだぜ」(戦桃丸)

 

「わいに質問しても無駄だ。お前達に教えることはなんもねえよ」
「わいは世界一ガードの堅い男。従って口も堅いんだ」

「(名前?) なんも答える筋合いはねえな。言ったはずだ」
「わいは世界一ガードの堅い男、戦桃丸だ」(戦桃丸)

 

「ここは、逃げよう。一緒じゃダメだ、バラバラに逃げるぞ!」(ルフィ)

 

「みんなぁ! 3日後にサニー号で!」(ルフィ)

 

「もう手遅れだよお。懸賞金1億2000万”海賊狩りのゾロ”」
「そこそこやれる剣士だと聞いてたんだけどねえ」
「一発KOとは…随分疲れが溜まってたんだねえ」
「ゆっくり休むといいよお」(ボルサリーノ)

 

404話

「無駄だねえ。わっしはピカピカの実の光人間。ロギアだからねえ」(ボルサリーノ)

 

「移動もさせない、無駄だよお。今…死ぬよお」(ボルサリーノ)

 

「あんたの出る幕かい? 冥王レイリー」(ボルサリーノ)
「若い芽を摘むんじゃない。これから始まるのだよ、彼等の時代は」(レイリー)

 

「あんたがこの島にいることは度々耳にしてたけどねえ、本当だったんだねえ」
「こんなヒヨッコの肩を持つなんて、腐っても海賊ってわけなのかい?」
「レイリーさん」(ボルサリーノ)

「君達が手配書を破棄してくれるのなら、私も伸びやかに隠居できるんだがな」(レイリー)

「海賊の罪は消えんでしょう。ましてロジャー海賊団」
「ただあんたを捕らえるとなると、こちらとしてもいろんな覚悟を決めにゃいかんので」(ボルサリーノ)

 

「彼等を見逃すわけにはいかんかね? 黄猿君」(レイリー)
「勘弁して下さいよ」
「この子らをとっ捕まえねえと、我々海軍本部はマリージョアの天竜人達に顔が立たんのですよ。邪魔はせんでくれませんか」(ボルサリーノ)

 

「全員、逃げることだけ考えろ!」
「今の俺達じゃ…こいつらには、勝てねえ!」(ルフィ)
「潔し、腹が立つねえ」(ボルサリーノ)

 

「君は行かせん! 剣など久しぶりだ」(レイリー)

 

「困ったねえ。軽い気持ちでこの島に来たのにねえ」(ボルサリーノ)
「戸惑いこそが人生だよ、黄猿君」(レイリー)

 

「どうやら本物の冥王らしいな。オジキが止められるとこなんて初めて見たぜ」(戦桃丸)

 

「降ろせ…」
「お前らを…逃がす」(ゾロ)
「バカ言うな! 今のお前なんか俺より役に立たねえよ。一緒に逃げるんだ!」
「ルフィがそう判断したんだ!」(ウソップ)

 

「オールフォーワン、ワンフォーオール。男には、やらねばならない時がある!」(ブルック)

 

「わっしの部下達も十分強力でしょうが」(ボルサリーノ)

 

「クソッ! みんなやられる!」
「やめろよお前ら! ランブル!」(トニートニー・チョッパー)

 

「こいつ…(くまの)本物だ!」(ゾロ)

 

「生きていたのか? ロロノア」
「旅行するなら、どこへ行きたい?」(バーソロミュー・くま)

 

「ゾロが…消えちまった」(ウソップ)

 

405話

「バーソロミュー・くま…これだから海賊は信用ならねえよ」(ボルサリーノ)

 

「(どこに?) 答える義理はねえな。わいは世界一口の堅い男」
「あいつの肉球ではじかれた人間は、ウソか本当か三日三晩空を飛ぶというぜ」

「どこへってのは飛ばした本人しか分からねえ」
「少なくともこの島にも、すぐに会いに行けるような場所にもいねえさ」
「遥か海の裏側かもな」(戦桃丸)

 

「邪魔をするな」(くま)

 

「走れ! 3人共!」
「とにかく、全員逃げろ! 後は、助かってから考えろ。行けぇ!」(ルフィ)

 

「向こうの事態が尋常ではないな」
「なんとか力を貸したいが…年は取りたくないものだ」(レイリー)
「海軍大将1人止めといてまだ欲張られちゃあ、わっしの立つ瀬がない」
「いいかげんにしなさいよ!」(ボルサリーノ)

 

「冥王レイリーだな?」
「○○○○○○○○○」(くま)
「お前の言うことを私に、信じろと?」(レイリー)
「貴様の自由だ。俺も立場を危ぶめている」(くま)

 

「政府の息のかからない事例では、我々が海軍と仲良くする義務はない」
「質問には答えない」(くま)

 

「ルフィ、助け…」(ナミ)

 

「やめろ…やめろ、やめろ…やめろ、やめろ…」
「もうやめてくれえ!」(ルフィ)

 

「なんだ…なんだ…俺は!」(ルフィ)

 

「仲間1人も…救えない!」(ルフィ)

 

「で、そいつも飛ばして終わりかい?」
「ちゃ~んと説明はあんだろうなあ? これは大問題だよ」(ボルサリーノ)

 

「もう二度と、会うことはない」
「さらばだ」(くま)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました