「劇場版 名探偵コナン」灰原哀(はいばらあい)の名言・台詞まとめ

アニメ「劇場版 名探偵コナン」灰原哀(はいばらあい)の名言・台詞をまとめていきます。

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者

「私だって…私だって、出来るなら記憶をなくしたいわよ!」

 

天国へのカウントダウン

「10年後は、2人共この世にいないってことかもね」

 

「私の気持ちなんて、誰にも分かんないわ!」

 

「でも…このごろ私誰なんだろうって思うの?」
「私は誰で、私の居場所はどこにあるんだろうって…」

 

「私には、席がないのよ…」

 

「いずれにしても、一度組織に入った以上、抜け出そうとしたり、裏切ろうとした者には」
「容赦なく死の制裁が待っているわ」

 

「私を殺そうとしているようにね」

 

「吉田さんを泣かせたら、私許さないわよ」

 

ベイカー街(ストリート)の亡霊

「まるで、悪しき日本の世襲制が凝縮された光景ね」
「こうした世襲制と共に、人間の過ちの歴史が繰り返されるわけよ」

 

「その逆よ。自由どころか、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚…」
「全てコンピューターに支配されているのよ」

 

「阿笠博士の発明も、ゲームの世界では使えないってことね」

 

「世紀末のロンドンは、大英帝国最後のもっとも良き時代だったと言われているけど」
実際は貧富の差が激しくて、犯罪は悪質化し、人々の心はすさんでいった時代よ」

 

「ダメよ工藤君、諦めちゃ」
「お助けキャラがいないなら、あたし達にとってのホームズはあなた」
「あなたにはそれだけの力がある」

 

「ホームズに解けない事件はないんでしょ?」

 

銀翼の奇術師(マジシャン)

「やっぱり(歩美ちゃんは)女の子ね」
「鼻をつまんで息をつめるなんて、あんまり素敵な顔じゃないでしょ?」

 

「異性…特に好きな人には見せたくないものよ」

 

「工藤君。どうやらあなたの辞書にもなかったようね」
「不可能という文字」

 

水平線上の陰謀(ストラテジー)

「でも、たまには探す側に回るのもいいかもね」

 

「(仲良くは)無理ね。人には感情があるもの」
「目には見えない上に、とても変わりやすい厄介な代物がね」

 

「それが友情や愛情ならいいけど、何かのキッカケで嫉妬や恨みに変われば」
「殺意が芽生えることだってあるんだから」

 

「事件? ホントにそれだけ…工藤君」

 

探偵たちの鎮魂歌

「ええ、分かったわ」
「今夜10時までにその事件を解かないと、あなたもあたしも木端微塵になるってわけね」
「面白いじゃない」

 

「じゃあ預けたわよ、私達の命…名探偵さん」

 

「ずっとそばにいてね…」
「疲れるわ、この演技…」

 

紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

「まあ、なんとかなるんじゃない?」
「ここは言葉が通じない外国じゃないんだから」

 

戦慄の楽譜(フルスコア)

「ところがこの小さな名探偵さんはついつい自分の立場も忘れて」
「持ち前の推理力と阿笠博士の発明品を使って、次々と難事件を解決してしまうのよね」

 

「おかげで私はいつもヒヤヒヤ」
「まぁ音楽の授業じゃ、別の意味でヒヤヒヤさせられるけど…」

 

「私、子供じゃないから」

 

「それに、私も彼を信じてるから…相棒としてね」

 

漆黒の追跡者(チェイサー)

「消されるわよ! 高木刑事」
「その人物を突き止めようとした、その時点でね」

 

「そしてその矛先は、そのメールアドレスを提供した工藤君に向くでしょうね」

 

「分かったら、さっさと諦めて忘れることね」
「なぜなら…そのメールアドレスは、決して開けてはならない、パンドラの箱なんだから」

 

「(博士) 唐揚げ?」
「またこっそりメタボってるのね!」

 

「やめなさいって言ったところで、やめるわけないわよね」
「でも、慎重にやることね」

 

「分かってるでしょうけど、あなたの正体が奴等にバレたら…」

 

「分からないの!?」
「あなたが事件を解けば解くほど、あなたが工藤新一だってこと」
「証明することになるのよ!」

 

「まだ早いわ」
「帰るのは、そのメッセージに応えてあげてからでもいいんじゃない」

 

天空の難破船(ロストシップ)

「でも…十分女の子らしらはアピールしてるわよ」
「あたしだって…この空飛ぶ魔法の船に乗って、雲の上の夢の国に飛んでいきたいもの…」

 

「冗談よ!」

 

沈黙の15分(クォーター)

「博士が行くなら、私も行くわ」
「ちょっと目を離すと、すぐメタボになっちゃうから」

 

「ガキが生意気なんじゃない!」

 

「相変わらずしぶといわね」

11人目のストライカー

「やっぱり、中身はただのサッカー小僧ね」

 

「ダメよ! 江戸川君が戻って来るまで、大人しくここでじっとしていなさい」
「彼がなんとかしてくれるから」

 

「まあ…戻って来られたらいいんだけど」

 

「ええ、全スタジアムのサポーターの命運が懸かっている」
「彼等、10人のストライカーにね」

 

「全く…最後まで面倒かけるんだから」
「工藤君…みんなの思い、あなたに預けるわよ!」
「受け取りなさい!」

 

業火の向日葵

「忠告ありがとう。悔いが残らないようにするわ」

 

「あなたを見つめていると後悔するらしいから」
「ある人からアドバイスもらったのよ」

 

純黒の悪夢(ナイトメア)

「まさかあなた、あの女の記憶が戻ったら、組織の情報が手に入る」
「そんなこと考えてるんじゃないでしょうね!?」

 

「そんなことしたら、私やあなただけじゃなくて」
「あの子達まで消されてしまうかもしれないのよ!」

 

「後でちゃんと説明するから、今は大人しくしてて!」

 

ゼロの執行人

「あのね博士! ドローンを操縦しながらのクイズなんて、危ないでしょ!」
「それに、今みんながしてる撮影は、博士のクイズと違って遊びじゃないのよ」

 

「どこで爆発させればいいか計算しろって言われてもね!?」
「たく…人使い荒いんだから!」

 

「工藤君…無茶しないでよ」

 

「(私達は)小さな探偵さんの、協力者ってところかしら」

 

「あの子達、自分達がカプセルの回収に貢献したとは、少しも思ってないようね」

 

紺青の拳(フィスト)

「どうせ言っても無駄なんでしょうけど…無茶しないように」

 

「おだてるってことは、まだ何か調べて欲しいことがあるのかしら?」

 

緋色の不在証明

「家に明かりがつかないぐらいで様子を見に来るなんて」
「まるでずーっと見張っていたみたいだわ」

 

緋色の弾丸

「(切り替えが早い?) そうね、私達より若いもの」

 

「私、”仮面ヤイバー”に興味ないし」

 

「(東京に)帰れないわ。だって…子供だもん」

 

「江戸川君、これは爆発なんかじゃない」
「クエンチよ!」

 

「江戸川君、早く逃げ…て」
「早く、逃げて…このままだと、全員確実に…死んじゃう」

 

「(蘭さんだけ?) たく…こっちにも連絡よこせっつーの」

 

「たく…人使いが荒いわね」

 

「リニアには、手動運転室があるのよね?」
「制御室とつないで、指示をもらって」

 

「あの2人なら、何か出来るかもしれない」

 

「科学が大好きな、ただの小学生よ」

 

灰原哀物語 黒鉄のミステリートレイン

「小さくなっても頭脳は同じ」
「ミラクルキュートなサイエンティスト」
「真実は、いつも1つ」

 

「APTX(アポトキシン)4869」
「これ、なんだか分かる?」
「あなたが飲まされた薬の名称よ」

 

「あら…薬品名は間違ってないはずよ」
「組織に命じられて…私が作った薬だもの」

 

「”シェリー”…これが私のコードネームよ」

 

「どうして…どうしてお姉ちゃんを、助けてくれなかったの?」

 

「あなたほどの推理力があれば、お姉ちゃんのことぐらい簡単に見抜けたはずじゃない!」
「なのに…なのに、どうしてよ…」

 

「私本当は、あなたとお似合いの18歳よ」
「な~んてね」

 

「大丈夫」
「江戸川君は、あなたが心配するようなヤワな男じゃないわ」

 

「噂だと、乗客の中からランダムで犯人役と被害者役が選ばれ、事件が起きて」
「他の乗客全員が探偵となって、終着駅に着くまでに犯人を割り出すって趣向らしいけど」

 

「この列車、妙な気配しない? 殺気立ってるっていうか」

 

「その気配…1人や2人じゃないんだけどね」

 

「嫌な感じ…さっきからずっと続いてる」

 

「まさか…この胸のざわめきの原因は…」
「まさか…まさか彼等が!」

 

「どうしよう…」
「もしも…もしも本当に組織が私を狙って、この列車に乗り込んでいるのなら」
「私はもう、この場所には…」

 

「ごめん、お母さん…私分かってなかった」
「こんな薬、作っちゃいけなかったって」

 

「でも…みんなを巻き添えにしないためにも、今はこの薬に頼るしかない」

 

「ダメ! 今は!」
「この姿で殺されるわけにはいかない!」

 

「いつも身を挺して私を守ってくれる、彼のためにも」

 

「分かってたのにね…」
「組織を抜けた時から、私の居場所なんてどこにもないことは…」
「分かってたのに」

 

「バカだよね、私」
「バカだよね…お姉ちゃん」

 

黒鉄の魚影(サブマリン)

「(巻き込まれた?) いいえ、巻き込んだのは私の方」

 

「人種を越えた世界平和」
「それがあなたとお父さんの夢なんでしょ」

 

「あなたには生きる義務があるの」

 

「子供だから何?」
「あなた、世代間の差別もなくしたいんじゃなかったの?」

 

「子供の言葉や行動で、人生が変わることもある」
「私は…それを体験して変われた」
「だから私を信じて、直美!」

 

「ったく…待たせるの好きよね、新一君」

 

「ねえ、工藤君…分かってる?」
「組織に私がシェリーだとバレた以上、このまま帰ったらみんなを巻き込むことになる」
「そう…私にはもう帰る場所はどこにもないの」

 

「だからあなたといられるのはこれが最後」
「バイバイだね…江戸川コナン君」

 

「どうして…どうしてあなたはいつも…いつも、そんな顔が出来るのよ」

 

「工藤君。あなたは知らないでしょうけど」
「私達さっき…キスしちゃったのよ」

 

「ちゃんと返したわよ…あなたの唇」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

名探偵コナン 1-105巻セット (コミック)
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→名探偵コナンのインデックス