「ゆるキャン△」志摩リン(しまりん)の名言・台詞まとめ

アニメ「ゆるキャン△」志摩リン(しまりん)の名言・台詞をまとめていきます。

ゆるキャン△

1話

「貸し切り状態」
「シーズンオフ最高!」

 

「(気温5℃、カイロ)思ったより効かん、でも焚き火はな」
「火起こし面倒くさいし、煙くさくなるし、火の粉飛んで服に穴空くし」

 

「貴様ら全員、刀の錆にしてやるぜ(薪割り)」

 

「たとえ顔が乾燥すると分かってても、煙くさくなると分かってても」
「この(焚き火の)暖かさには勝てない」

 

「あいつ、あんな所(冬の外)でよく寝られるよな」
「私なら寒くて死ねる」

 

「焚き火で沸かすと、鍋がすすで真っ黒になるから」

 

「そういえば…ソロ以外でキャンプしたことないな、私」
「誰かとキャンプするって、こんな感じなのかな」

 

「しかし…(カレーめん)美味そうに食うな」

 

「(口の中やけどした?) なぜ嬉しそうなんだ?」

 

「やっぱ変な奴」
「まあ、登録だけしといてやるか」

 

2話

「あいつ、まさか同じ学校だったとは」
「見つかったら面倒くさそうだから気をつけよ」

 

「開放感すげえ…」
「こんな時期でも意外といるんだ、さすが有名キャンプ場」

 

「バーナー、コッヘルもよし」
「今日はインスタントじゃない、アウトドアご飯…作るぞ!」

 

 

「と思っていたが、来る途中1件もスーパーなくて…結局これですわ」
「今度から本気だす」

 

「(熊と虎とチワワ100匹?) うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp」

 

「富士山、ピンク色になってきた」
「もう4時半か」

 

「1人キャンプの時間、脅かされるのがなんか嫌で、つい顔に出てしまった」
「ちょっと悪いことしたな」

 

3話

「なでしこの恩返し」

 

「田舎のお婆ちゃんか?」

 

「あのさ…この間はごめん」
「サークル誘ってくれたのに、なんていうか…すごい嫌そうな顔したから」

 

「(冬キャンプ?) 虫がいない、汗かかない、ほかのキャンパーがいなくて静か」
「焚き火と温泉が気持ちいい、景色が遠くまで綺麗に見える」
「汁物が美味い…ってところかな」

 

4話

「ボルシチ(ドリンクセット)1300円」
「麓キャンプ場では2000円の利用料にひるみ、薪代をケチった私だけど…」
「今はバイト代が入ったばかり…金はあるんや!」

 

5話

温泉…私も向こうに着いたら、絶対温泉入る!」
「温泉、温泉、おんせ~ん!」

 

「(閉店?) おい、マジか…」
「温…泉…温泉…」

 

「(展望台) 曇っててなんも見えねえ」
「踏んだり蹴ったり…」

 

「せっかく来たし、一応登っとくか」
「ぼっちでボッチ山登り」

 

6話

「コンパクト焚き火グリル…買っちった」

 

「これで直火禁止のキャンプ場で焚き火とか、炭火を使って美味しい料理とか」
「肉…キャンプで焼き肉」

 

「(図書室で焼き肉?) 大惨事だわ」

 

「車…めっちゃ快適」

 

「しかし、なでしこのお姉さんて美人だよな」
「こっち(なでしこ)はなんかムニャムニャしてるけど」

 

「今回の焼き肉は、備長炭で直火焼き」
「外ごはん効果で3倍おいしいとすれば、絶対ヤバイぞこれは!」

 

「(冬場で肉が少ない?) マイノリティー殺し…」

 

7話

「ココア飲む?」
「この1杯がたまらない」

 

「着火剤全部使ったのに全然つかん」
「動画だとすぐついてるのになぜ?」

 

「出たな、怪人ブランケット」

 

「豚串のせご飯…」
「うますぎる」

 

「焚き火で顔乾燥してるから、(化粧水)つけといた方がいいよ」

 

「なでしこ」
「キャンプ、誘ってくれてありがとう」
「今度は私から誘うよ」

 

「麓も高ボッチもよかったけど、やっぱり湖畔のキャンプが好きだな」

 

9話

「”行き当たりばったりも旅の楽しみ方”っておじいちゃんも言ってたし」
「もう寝よう」

 

「通行止めなう。山間部の冬季通行止め」
「うわあ…来た道また戻るのかあ…」

 

「わざわざ寒い日に出かけて、温かい飲み物で温まる」
「これもマッチポンプの一種なんだろうか」

 

「大垣千明…苦手なんだよな、こいつ」

 

「(早太郎おみくじ) か…かわええ」
「でも、500円もするのか君達」

 

「負けたぜ、この犬共め」

 

「凍えてた身体が一気にふやける感じ」
「寒い日にわざわざ出かけて温泉で温まる」
マッチポンプ、マッチポンプ」

 

「ああ、ヤバい…」
「本格的に動きたくなくなってきた~」

 

10話

「でも、今日はあまり回れなかったな」
「キャンプ場着くのこんな時間になっちゃったし」

「旅下手だなあ、私」

 

「(クリスマスキャンプ?) それは遠慮しとく」

 

11話

「(なでしこ) 腹に猛獣を飼ってやがる」

 

「(いい所?) 私じゃないよ」
「知ってたのはうちのおじいちゃん」

 

12話

「いや…変わってないよ、なでしこは」
「ただ誰よりも、キャンプが好きってだけでさ」

 

「小学生みたいなお礼やめろ」

ゆるキャン△(2期)

1話

「(初めてのデイキャン) 少し寒いかも? 焚き火してみようかな」
「(枯れ木)結構いっぱい落ちてる、燃やし放題だぜ」

 

「このままキャンプ飯の定番、カレーを作るぞ」
「出来上がったルーはこちらになります」

 

「(焚き火でついた鍋の煤) 落ちねえ!」

 

「もう夕方か? 全然うまくいかないし、本読む時間なかった」
「おしり痛い」

 

「(カレーめん) こんなに美味しかったっけ?」

 

「いろいろ調べてきたつもりだったけど、やってみると全然違ったな」
「本も読めなかったし」

 

2話

「うお~、海だあ!…と、なりそうになるのをグッとこらえて」
「いいな…海。いい眺めだ」

 

「ここ来るまでの海の写真、50枚近く撮ってるし」
「これが海なし県民のさがか」

 

「今回はバッチリ予定組んだから、前回のような失態はない…多分」

 

「海沿い走るの気持ちいい」
「けど、風超強くてさみい!」

 

「(秘蔵(ひめくら)? 熟成茶?) よく分からないけど美味しい」

 

「このお茶セット、異常に落ち着く」
「駒ヶ根の温泉を思い出すな」
「これはあれだ、飲む入浴だ」

 

「ああダメだ、もう動きたくない」
「ここにテント張りたい…」

 

「富士山…小さいけど、本当にこっち(磐田)からでも見えるんだ」

 

「(フェザースティック) こんなに火がつきやすいなら、もう着火剤はいらないな」
「さらば松ぼっくり」

 

「やはり辛めの汁物は、冬のキャンプ飯から外せないな」

 

「今年の後半は、あいつのおかげで騒がしかった」
「いつもキャンプは1月までだけど、来年は暖かくなっても続きそうな気がする」
「免許も取ったし」

 

「今日は残りの薪燃やして、チェックアウトまでまったり本読むか」
「で、お昼になったら名物の豚足カレー食べてのんびり帰ろう」

 

「いかんいかん! ここで腹を満たしてどうする」
「ピザに負けるな私」
「お腹をすかせただけ、おもろカレーは何倍も美味しくいただけるんやあ!」

 

3話

「(420円?) 安! 有料キャンプ場でここまで安いのは初めてだ」
「けど非常に助かる」

 

「(砂)浜で1日本読んで、温泉つかって…贅沢な時間の使い方だ」

 

「初日の出見て、日の入り(夕日)見て…本当にのんびりした元日だったな」

 

「舘山寺(温泉)到着。う…うなぎの圧力が」
「けどそんなの食べたらお財布が即死してしまう」

 

「(ゆりかもめ) 人馴れしてるな」
「犬もいいけど、鳥もかわええ」

 

「(うなぎ屋?) ん? 待てよ」
「もしやお手頃価格だったりするのか?」

 

「そうか、産地だから輸送費がかからない分、ほかよりきっと安いんだ」
「そうだ、そうに違いない! うなぎが食える!」

 

「匂いだけですでに美味い」

 

「(血がダメ?) なんでカウンター座ったんだよ」

 

「ダメだ…」
「こんな味(特上)を覚えたら…また浜名湖まで来なきゃいけなくなる」

 

「いや、3日ぶりの布団だったから快適すぎて」

 

「クリスマスのあと、ソロでキャンプして改めて思ったよ」
「私はやっぱり、1人のキャンプも好きなんだって」

 

「同じキャンプでも1人だとまったく別のアウトドアで」
「見たものとか食べたもののこととか、1人でゆっくり物思いにふけったり」

 

「なんていうか、ソロキャンは寂しさも楽しむものなんだって」

 

4話

「(犬用テント?) すげえ…その辺の安テントより全然クオリティー高いぞ、これ」

 

「(1億あったら?) とりあえず上に寝袋敷いて寝てみる」

 

6話

「先生。千明たち今、山中湖でキャンプしてるらしいんですが」
「夜中マイナス15℃行くときもありますし、かなり心配で…」
「なぜか電話も繋がらなくて」

7話

「知らないうちに(ソロキャンを)焚きつけてたのか」

 

「キャンパーさんのブログ見るのもいいよ」
「実際に行かないと分からないことまで書いてあるし」

 

「(なでしこが免許?) すぐこけそう、ガス欠で立ち往生しそう」
「道間違えて遭難しそう」

 

「(電波が通じないと)何か困ったことが起きた時、助けも呼べないし」
「知りたいことがあってもネットで調べられないから」

 

「(じっくり下調べ) 冬に水道が止まっているとか」
「トイレがひどかったりとかあるから」

 

「気温グラフも見て、いつ何℃になるか調べるとかさ」
「千明たちそれでちょっと危ない目に遭ったんだし」

 

「ソロキャンは目的がないと時間を持て余す」

 

「なでしこは週末ソロキャンか」
「やれやれ…私も週末、バイト休みだったんだけどな」

 

「(古民家カフェ) いい所だな…」
「ていうかなんだろう? この妙な自宅感は」
「こたつのせいか?」

 

「な…なでしこがいないとなんとなく気まずい(桜と2人っきり)」
「何かうまい話題は?」

 

8話

「知らずに来たらがっかり以外の何物でもないけど、こうして見ると趣深い気がする」
「これも”わびさび”って言うのかな」

 

「やっぱり好きだな、静かな湖」

 

「やっぱり温泉は、少し熱いくらいが最高だな」

 

「なでしこは電波通じないだけ」
なでしこは電波通じないだけ」
「なでしこは電波通じないだけ…本当に?」

 

「やっぱり電波が届かなかっただけか」
「もう誰かと仲良くなってるし」
「すご
いよな、なでしこは」

 

9話

「あの、先生」
「私、原付で行ってもいいですか?」

 

「実はお正月に原付で伊豆へ行く計画を立ててたんですけど、行けなくて」
「それからずっと、伊豆の道を走ってみたかったんです」

 

「そういえば、今はもう暦の上では春なんだよな」
「これからだんだん暖かくなって…もうすぐここにも春が来るんだ」

 

10話

「海辺の鳥居ってなんかいいよな」

 

「登山か…すごい荷物背負って頂上目指すガチなやつはあんまりだけど」
「登山者用のキャンプ場は一度泊まってみたいかな」

 

11話

「分かってはいたけど、伊豆広すぎだ」

 

「(今からキャンプご飯?) 分かってる分かってる…分かってるから、まあ落ち着け」
「疲れたからこうやって、ちょっと目を休めてるだけだよ…」

 

「(早朝の)抜け駆け温泉…気持ちよすぎ」

 

12話

「(西伊豆スカイライン) 去年走った、長野のビーナスラインに似てる」
「空の上を走ってるみたいだ」

 

「お父さん達も、ここをバイクで走ったんだろうな」
「めっちゃ寒いけど、来てよかった」

 

「富士山見ると地元に帰ってきたって感じがして、なんかホッとするんだよね」

 

13話

「家を出てから400キロも走ったのか。帰ったら450キロ超えて、記録更新するな」
「おじいちゃんの言ったとおり、伊豆は広かったずら」

 

「1人で走るからなのか、それとも夜の景色がそう思わせるのか」
「少し寂しい」

 

「でも…ほどよい疲れと、家に近づく安心感」
「この感じ、すごく好きだな」

 

「(富士山…) 戻ってきた」

 

「(旅が終わっちゃうのって寂しい?) でも、私はそういうのも嫌いじゃないよ」
「また行けばいいんだよ、どこかに」

映画 ゆるキャン△

「私は…大きなバイク買って、海外とかでキャンプしたいかな」

 

「東京からも(富士山)結構見えるんだな」

 

「久しぶりの土日休み…最高」

 

「(前に会ったの?) 3年前のキャンプだって言ったじゃん」
「その話さっきもしたろ?」
「ホント面倒くさい酔い方するよな、千明」

 

「今出てるアイデアをまとめるために、キャンプ場のコンセプトが必要かも」

 

「ただ処分するだけじゃなくて、あるものを活かすのはどうかな」
「この鳥かごとか、そのまんまの方が自然の景色と馴染む気がして」

 

「コンセプトは”再生”」

 

「あのさ、あっち(鳥かご)行ってみない?」
「思ったとおり…プラネタリウムみたいだ」

 

「温泉っていうか、山登りじゃねえか」

 

「(登山後の温泉) 体中の疲れが溶け出していく…」

 

「温泉ってさ」
「年を取れば取るほど…しみる」

 

「私も、大人になったらなんでも出来るって思ってたよ」
「でも実際は責任っていうか、やらなきゃいけないことも増えていって…」

 

「結局、大人になってもずっと周りに支えてもらってるんだなって」
「自分1人じゃないんだよなって分かったんだ」

 

「まだ方法あるかな?」
「じゃあ…動いてみますか」

 

ゆるキャン△(3期)

1話

「お爺ちゃんからもらったテント」
「少しくたびれてきたなあ…」

 

「あの時まで、お爺ちゃんて怖くて、ちょっと苦手だったんだよな」

 

「私は…お爺ちゃんに…とんでもない無茶なことを…させてた…かも?」

 

「煙は出てるのに…全然つかねえ!」

 

「”寂しさがあるからこそ、次のキャンプが楽しみになる”…か」
「なでしこ、次どこ行こうか」

 

3話

「最近あんま(母さん)心配しなくなったよな」
「慣れたのか?」

 

「けど、慣れた頃が1番危ないってお爺ちゃんが言ってたし」
「ほどよく緊張感を持って」

 

「空が明るくなり始めた」
「寒いけど、この段々あけてく感じ…いいんだよな」

 

「電車でのんびり移動するのも、ゆったりしてていいよな」
「疲れないし」

 

4話

「(畑薙湖) もう、お腹いっぱい」
「軽い気持ちで来ていい所じゃない」

 

「(往復5キロ歩く?) いやいや…ここまで来たんだから、行かないともったいないじゃん」
「逆に!」

 

「ス…スマホよりも、命をおっことさないように気をつけないと」

 

「私はもうこのままお湯に溶けてもいいずら…」

 

5話

「去年焚き火グリル買ったばっかの頃、焼き肉キャンプに行ったんだけどさあ」
「豚串とかカルビとか調子に乗って焼いてたら」

 

「グリルが油でべっとりで、えらいことになったんだよ」

 

「棒を骨にしたら完全にマンガ肉だな」

 

「直火で肉汁が焦げる匂いが…たまらん」

 

「はあ…口が幸せ~」

 

6話

「なでしこってホント、誰とでも仲良くなれるよなあ」

 

「(怖い?) 下が地面か水面かにもよるんじゃない」
「橋から落ちた時、水面の方が助かりそうな気がするし」

 

「私も年末に浜松行くとき走ったから、すごく分かるわあ」
「平地ばかりで大して景色も変わらないから、あの辺をずっと走るのは禅の修行だ」

 

9話

「あっちの人達は車中泊キャンパーなのか」
「ああいうのもいつかやってみたいよな、片付け楽そうだし」

 

「この道、上の温泉まで続いてるのか…」
「大変そうだから行かないけど」

 

「そういえば私も、キャンプ始めたばかりの頃に」
「”家から持ってきたものは全部持ち帰れ”って、お爺ちゃんに教えられたっけ」

 

「そう考えるキャンパーが増えてくれたら…いいよな」

 

「キャンプはいろいろ行ったけど、結局誘えてないんだよな」
「なでしこは気にしてないと思うけど…」

 

「こういうのは一度タイミングを逃すと困るよな」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ゆるキャン△ [Blu-ray]
ゆるキャン△ SEASON2 [Blu-ray]
ゆるキャン△ SEASON3 1巻 [Blu-ray]
映画 ゆるキャン△ [Blu-ray]
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ゆるキャン△のインデックス