「魔女の旅々」イレイナの名言・台詞まとめ

アニメ「魔女の旅々」イレイナの名言・台詞をまとめていきます。

魔女の旅々

1話

「平和国ロベッタにおいて、史上最年少14歳で魔術試験に合格し、魔女見習いになった少女がいます。そう、私です」

 

「他の受験生があまりにも弱かったので。これじゃ、魔女になれてしまうのも時間の問題ですね」

 

「その気なら……ぶっ飛ばしますよ」

 

「ふざけないでください。私をいじめて楽しんでいたくせに」
「私を魔女にする気なんて、最初から無いくせに。もう嫌いです、みんな大嫌いです」

「信じて、ずっと我慢したのに。きっと大丈夫だって。なのにロベッタの魔女達もあなたも、結局同じじゃないですか。信用したのに、私がどれだけ頑張っているか知らないくせに」

「私はただ、認めて欲しいだけなのに」

 

「ならばもらっておきましょう。灰の魔女の旅物語を、楽しみに待っていて下さいね」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「この魔女の証であるブローチを付け、灰色の髪をなびかせて、その美しさと才能の輝きに、太陽さえも思わず目を細めてしまうほどの美女は、誰でしょうか? そう、私です」

 

「魔女ならこれぐらい普通です」

 

「先生。案外いい響きですね」

 

「はっきり言いましょう、サヤさん。今のあなたの実力では、魔術試験に合格できる確率はゼロに近いです」
「しかし、ゼロに近いということは、ゼロではありません」

 

「出来るじゃないですか。子供に飛び方を教える母親って、こんな気分なのかもしれませんね」

 

「そんなの理由になりません。本当に本気で何かを成し遂げる時、人はいつだって孤独です。1人じゃなければダメなんですよ。馴れ合ったら終わりなんです」

 

「それは予備なので。これでおそろいです」
「あなたはこれから1人になります。でも、孤独ではありません。私やあなたの妹さんは、あなたのこと、見守っているんですよ」

 

「サヤさんの姿は、あまりに儚くて、か弱くて。まるで、昔の私を見ているようでした」

 

3話

「美しい花には棘がある、と言います。美しさは時として、触れる者に牙をむくこともあるのです」

 

「話は変わりますが、色とりどりの花々に負けず劣らず、美しく咲いている彼女は誰でしょう? そう、私です」

 

「気にしていませんよ。嘘ですけどね」

 

「私はその時、思い出したのです。昔読んだ本の結末を。夫が見せてくれたキレイな景色は、身動きが出来ない妻を、返って絶望させてしまったのです」

「人のためにと思ってしたことが正しいとは限らないという、大変に説教臭い話だったのです、あれは。優しさや美しさは、時には残酷にもなるのです」

4話

「どうでもいいですが、なぜ恋は落ちると言うのでしょうね? 落とし穴のように、予期せず突然はまってしまうからなのでしょうか? 知りませんけど」

 

「留守みたいですね」
「非常に不本意ではありますが、背に腹は変えられません。お邪魔します」

 

「頑張って下さい。私は安全な所から、応援していますから」
「手伝って私に何か得がありますか?」

 

「大仕事の後にお料理を作るのは大変でしょうから、私が作ります。だから、死なないで下さいね」

 

5話

「魔法使いがみんなを楽しませて、素敵ですね」

 

「入っちゃって大丈夫でしょうか? まずいですよね? でも、入っちゃえ」

 

「しぶといですね、根性だけはあるみたいです。分かりました、こうなったらとことんやってあげましょう」

 

「あなた達が束になっても私を捕まえられないことは、これで十分に分かったはずです。諦めて下さい、では」

 

「草原を飛んでいる魔女がいます。魔女はどこかワクワク楽しそうにしています」

「次に行く国はどんな国でしょう? 次に出会う人はどんな人でしょう? と期待に胸を膨らませているのです。その旅人は一体誰か? そう、私なのでした」

 

6話

「うさん臭い話ですねぇ?」

 

「おお、口が勝手に動いて真実を!? 嘘がつけないというのは本当のことだったのですねぇ」

 

「正直者しかいない国というから、どこか清らかな人々の姿を想像していたのですが、どうも違うみたいですね。むしろよそよそしいというか、殺伐としているというか?」

 

「どうして何かしようとする人は、自分の声やら記憶やらを代償にするのでしょうね?」

 

「嘘を消し去って、この国はよくなりましたか?」「本当にそうでしょうか?」
「悪意ある人間は、嘘をつかなくても悪事を働くことが出来ます。正直者の国になったからといって、この国の人々が必ずしも善人であるとは限らないのです」

 

「嘘つきが全員悪とも限りません。いい嘘は時には潤滑油のように、人々の関係をまろやかにもします。それがなければ、人と人はギスギスときしんで殺伐とするだけ」

 

7話

「きっと、これでよかったのですね。国は旅人や観光客のためにあるものでは無く、そこに住む人達のものなのですから」

 

8話

「灰色の髪を風になびかせ、箒で空を飛んでいる魔女がいます。このお人形のように綺麗でかわいらしく、夏の太陽だってもっと熱く燃えてしまいそうな美女は、いったい誰でしょう?」

「そう、私です。さすがに今の季節、この格好は暑いですね」

 

「もちろん行きます。卑怯な犯人を捕まえ、その首をはねて、地獄で後悔させましょう!」

 

「なめてやがりますね。これもう万死に値しますよ!」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

9話

「時計郷ロストルフという国の広場にいる、金欠でお腹をすかして、今には泣いてしまいそうな、儚くも美しい女性は誰でしょう? そう、私です。悲しいことに私です……」

 

「お金儲けをする気はあります」
「出来れば、働かずに金儲けしたいなと思ってます」

 

「私、旅人なものですから、10年前のこの国というものに、少しだけ興味があります」

 

「私はただの旅人、ただの魔女……未熟で、何も出来ないで……」

 

11話

「魔法使いの命が危ない。あの骨董堂が20年ぶりに帰って来たのかって。ニケの冒険譚で描かれた骨董堂が!?」
「喜んでいる場合じゃなさそうですね。面倒は避けたいですし……」

 

「よし! どこからどう見ても魔法使いには見えません。ただの綺麗な女の人です!」

 

「これはクレイジーですね。多分、いえ間違いなく、私が箱を開けたせいでしょうけど」

 

「治さなくても別に困りませんからね」

 

「私はまだまだ旅を続けたいですし、まだまだ国を回りたいんです。のんびりと、好きなことをしていたいと思っています」
「私が、何かに気づいてしまったら、私の自由な旅が終わってしまうような気がするんです」

 

「私も、大好きですよ。フラン先生のことも、みなさんのことも」

 

「ニケの冒険譚は全5巻。私は私の物語を、5巻では終わらないようにしたいと思っています」

「だから、フラン先生とシーラさんが、互いに素直になった国から、私は新たな一歩を踏み出したのでした。私はこれからも、ただの灰の魔女で、ただの旅人でありたいと思います」

 

12話

「私は魔女であり旅人です。旅は出会いと別れの連続で、同時に、選択の連続でもあります。いくつもの、後戻り出来ない選択をして、私は、今ここにいるのです」

 

「さては、私を利用するために主人公の私と呼ぶように仕向けましたね。何という策士、さすが私」

 

「何ですか、勝手に主人公に祭り上げたくせに? 全く私はわがままですね」

 

「ひどい八つ当たりですね。さすがは私」

 

「その前に、私が心の底で、何となく願っていたことを教えてあげます。私は、他の私に出会うために、ここに来たんです。きっと、別の可能性を見たくて仕方がなかったのでしょう」

 

「はい、それでは問題です。澄み渡った青空をゆく、そこに人がいたのなら間違いなく誰もが振り返り、ため息をこぼしてしまうほどの美貌の魔女は、いったい誰でしょう?」

「それは、旅をして、私の、私達の物語、『魔女の旅々』を綴り続ける、そう、私です!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
魔女の旅々 1巻 (Kindle)

 

→魔女の旅々

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました