「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」ロイド(黄昏)の名言・台詞まとめ

アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」ロイド・フォージャー(黄昏)の名言・台詞をまとめていきます。

SPY×FAMILY

1話

「結婚? 人並みの幸せ?」
「そんなものへの執着は、スパイとなった日、身分証と共に処分した」

 

「7日で子供を作れと!?」
「いいだろう……名も顔も捨てたこの『誰そ彼』。子持ちの父だろうと演じてみせる。全てはよりよき世界のために」

 

「ロイド・フォージャー、職業・精神科医。それが俺の新しい人生。愛する家族、幸せな家庭……」

「スパイにとっては全くのお荷物だ」

 

「この任務は子供さえいればなんとかなる。本当なら全て1人でこなしたいが、ウェスタリス一のスパイとうたわれたこの俺も、子供にまでは化けられんからな」

 

「子作り任務達成。順調すぎて逆に不安だ」

 

「目立つことなくただただ普通を演じることこそスパイの真髄。どこからどう見ても平凡な親子であるべし」

「なぜ(アーニャは)目立つ……」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「知らなくては、この(小さな)生き物について。外交しかり、相手を知ることが和平への第一歩」

 

「ダメだ、理解できん。この非合理的ふるまいを……解読するためにはマニュアルが必要だ」
「世の親たちは、こんな高難度ミッションをこなしているのか?

 

「失態だ! (アーニャのために)こんなリスクを冒してまでノコノコと敵地に……スパイ失格だ……」

 

「そうか……子供が泣いていると腹が立つ理由がなんとなく分かったぞ。小さかった頃の自分を思い出すからだ」

「誰も救いの手を差しのべてくれない、孤独や絶望とただ泣くことしか出来ない無力感……捨て去ったと思った過去の自分と無意識に重ねていたのだな」

 

「スパイ失格? 違う、失態なのはあの子を危険に巻き込んだことだ。そうだった……子供が泣かない世界。それを作りたくて俺は、スパイになったんだ」

 

「振り向いたら殺す」
「知ってるさ、それがスパイの仕事だ」

「お前が娘思いなのもよく知っている。いいか、彼女がささやかな日常を送れることを願うなら、二度と俺に関わるな」

 

「気が抜けてたまった疲労がどっときた」
「気を抜いただと? この俺が……どうかしてしまったな……」

 

2話

「いい子にしてたら売らない。たく……どこでそんな言葉覚えてくるんだか?」

 

「たやすく俺の背後を……何者だ?」

 

「まずは小さな要求をのませ、最終的に正式な婚姻を承諾させてやる」

 

「(相手は)38人か……1人あたり10秒もかけてられん!」

 

「素敵です!」
「ヨルは両親を早くに亡くし、幼い弟を養うために必死で頑張ってきました。自分を犠牲にしてまでも」

「誰かのために、何かのために過酷な仕事に耐え続けることは、並の覚悟では務まりません。それは……誇るべきことです」

 

「ヨルさん。病める時も、悲しみの時も、どんな困難が訪れようとも……共に助け合おう」
「任務が……」
「続く限り……」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「スパイ歴十数年……数々のミッションをこなしてきたこの俺は、再度くじけかけている」

 

「そもそも他人を当てにすることに無理があったのだ。他人の、それも素人の価値判断などに成功の可否を委ねるべきではなかった」

 

「あいつ……服装は違うが、歩き方の癖というのはそうそう変えられんものだ。俺を欺けると思うなよ」

「貴様には、臭い飯が妥当だ」

 

「たまにはまあ、感謝されるのも悪くないか……」

 

4話

「不安しかないが、やれることは全てやった。いざ、イーデン校面接試験へ!」

 

「つまり、(試験前から)試験は既に始まっている」
「2人とも気を引き締めろ。試験官たちに見られている」
「練習通りに振る舞うぞ」

 

「千の顔を使い分けるこの黄昏。相手の望む理想の人物として振る舞うことなど造作もない!」

 

「そこまでするか、イーデン校!?」

 

「スパイ歴十数年……俺は今初めて、緊張している」
「他人へ成否を委ねることの恐怖」

 

「子供の気持ちを軽んじるのが貴校の教育理念なのでしたら、選ぶ学校を間違えました」

 

「またもスパイ失格だ……任務にいらん感情を持ち込んでしまった」

 

「スパイは己以外の何者も信じない。常に最悪のケースを想定して備えるもの」
「だけど、少しだけ……」

 

5話

「全諜報員の前で、こんな恥ずかしい小芝居をしろというのか? だがしかし、任務のため!」

 

6話

「(一式そろえるの)金かかるな」

 

「いえ、最近わりと(オペレーションは)成り行き任せですので」

 

「あの子を優等生に……フッ、不安以外の要素が見当たらん」

 

「この子をエリートに…というのは半ば諦めている」
「ただでさえ優秀な生徒が集まるこの学校で、一番を取り続けるのは少々無理がある。それよりも……」

「特待生を目指すプランAが難渋した場合の代案プランB、その名も”ナカヨシ作戦”」
「あいつのコミュニケーション能力を信じよう」

 

「クラスメイトはお宝情報の山か。全員と仲良くするんだぞ、アーニャ!」

 

7話

「過ぎたことは仕方ない。これからはケンカしないよう気をつければいいさ」
「ミスを引きずるよりも、今後の対策に思考を費やす方が建設的だからな」

 

「謝罪の受け入れ、完全拒否だと!? プランB、詰んだ……(勘違い)」

 

「そうだ…まず俺が理想の父たるべきであった。そう演じなければいけなかった。それこそがこの任務の基本であったはずだ」

「だがどうだ? これまで理想とは程遠い醜態ばかりで、父親として俺は……」

 

「いえ、ヨルさん。他人でもよその家族でもないですよ。あなたは今、フォージャー家の母親ですから。僕の及ばない分、頼りにしています」

 

「そうだ、焦るな黄昏。デズモンド1人を暗殺して、それで済むようならいくらでも手はあろうが…それでは真の解決には至らない」

「何事も一朝一夕では上手く回らないものだ。相手が何を考え、何を望んでいるか。信頼を得て、懐に入りそれを観察する。その地味で忍耐強い務めをこなしてこそのスパイ」

「まずはあいつ、アーニャを知ることからだ」

 

「立派な父親、か……」
「本当の家族がいたら、どんな気持ちなんだろうな?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
SPY×FAMILY 1-9巻セット (コミック)

 

→SPY×FAMILY
→SPY×FAMILY(ヨル)
→SPY×FAMILY(アーニャ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました