「機動戦士ガンダム 水星の魔女」シャディクの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」シャディク・ゼネリの名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダム 水星の魔女

6話

「でも君が来てから、グエルもエランもおかしくなってる」
「僕も君のこと知りたくなってきたよ、水星ちゃん」

 

7話

「ミオリネ…変わったね」
「人のために動くなんて、昔のミオリネなら絶対やらなかった」
「これも水星ちゃんの魔力かな?」

 

「変わったよ、君は…残念だ」

 

「こちらこそ、こないだはありがとう。ニカ・ナナウラ」

 

8話

「その会社、俺が引き取ろうか?」
「(条件?) 君との結婚」

 

「避けてたのはお前(グエル)になら任せられると思ったからだよ」

 

「気が変わったら連絡してくれ」
俺はお前のこと、結構気に入ってるんだ」

 

「狭すぎる。視野も、思想も」

 

「(信頼)されるように頑張ったんだよ」

 

「君の機嫌を取りに来た」

 

「ガンダムは硬直した軍需産業を盛り返す、ゲームチェンジャーだ」
「これを逃してグループの発展はあり得ない」

 

「(父親?) どうとでもしてみせるよ。それが親孝行になるはずさ」

 

「昔さ…事業コンペに2人で企画出したことあったろ? みんなに内緒で」
「企画は通ったけどさ、父さん達にバレて叱られたよな」

 

「けど、俺はあの日のこと忘れてない」
「俺は君となら、父さん達よりもいい未来を描けると思ってるよ、ミオリネ」

 

「破棄はさせないさ」
「ガンダムはグループにも俺にも、いずれ必要になる存在だ」
「ミオリネの会社は俺が引き取らせてもらう」

 

9話

「(ミオリネ) 俺は違うよ」

 

「それで、他に何かいい案は?」
「俺以外に誰が君を救えるだ?」

 

「連絡係の君には関係ない」

 

「花嫁の暴走を止めてやれ」
「今ミオリネを守れるのは、花婿の君だけだ」
「勝ち目のない決闘なんてさせるな」

 

「なら、俺ももう躊躇はしない」
「スレッタ・マーキュリー。君からガンダムと花嫁を…奪い取る」

 

「まずは露払いだ」

 

「最後のチャンスだ、負けを認めろ」
「ミオリネの暴走に大事な家族を巻き込んで、壊してもいいのか?」

 

「ミオリネ…君は間違えた」
「水星ちゃんは素直でいい子だ。真っ直ぐで嘘をつかない」

 

「だが…君を守る力も、助ける視野も持ち合わせていない」
「君にすがるだけの、ただの子供だ」

 

「ガンダムなのか? お前は…」

 

「ここまでだ、スレッタ・マーキュリー」
「ミオリネの隣に立つのは、俺だ!」

 

「最初から決闘で奪えばよかった」
「(会社?) いや、君をだよ」

 

「『ホルダーになって君を守る』」
「その一言が言えれば、俺も中に入れたのかな?」

 

10話

「施設育ちの僕を引き上げてくれた恩、忘れてはいません」
「勝ちますよ、今度は」

 

「(ニカ) 手配ありがとう。お父さん役の人がよろしくって」

 

「ああ…ベネリットグループを解体する」
「俺はもう、ためらわない」

 

11話

「(ミオリネ?) 標的はあくまでデリングだ」
「運がよければ生き残れるさ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
機動戦士ガンダム 水星の魔女vol.1 [Blu-ray]

 

→ガンダム 水星の魔女のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました