「Vivy(ヴィヴィ)」の名言・台詞まとめました

アニメ「Vivy(ヴィヴィ) -Fluorite Eye’s Song-」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
Vivy prototype 1 (ノベル)

Vivy(ヴィヴィ)

1話

「私の使命は、歌で、みんなを幸せにすること」(ヴィヴィ)

 

「ディーヴァ……許さなくていい、恨んでくれ。私をどん底から救ってくれたのは、他ならない君なんだ。重たすぎる100年だ、無能すぎる役割だ」

「君は望まないだろう。どうか、もう一度、あの日の私に……」(松本博士)

 

「ディーヴァ……未来を、人類を、頼んだぞ!」(松本博士)

 

「私達AIは、たった一つの言葉によって、支えられています。すなわち、使命」

 

「私達は何のために稼働するのか?」

「生まれたての赤ん坊だった私達には、あらゆる期待が寄せられ、それら全てに応えようとし……それら全てに失敗しました」

「複数の使命によって、成長の指針、人間における人生の目標を見失っていたのです。そこで研究者たちは、一体のAIにつき、一つの使命のみを化すことを義務付けました」

「それにより、私達の人生に、迷いは無くなったのです」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「いい、ヴィヴィ、よく聞いて。あなたは優しい心を持ってるの。そういう心を込めて歌えるようになれば、絶対お客さんは増えるの! 分かった?」(霧島モモカ)

 

「次来た時は、メインステージで歌ってね。ヴィヴィの歌、もっといっぱいいろんな人に聞いて欲しいから、約束」(モモカ)

「次はまだ難しいと思いますけど……分かりました、約束です。いつかメインステージで歌います」(ヴィヴィ)

 

「期限は重要ではありません。約束したんですから、メインステージを目指して歌い続けるだけです」(ヴィヴィ)

 

「僕は100年後の未来からやって来たプログラムです。目的は、端的にいうとですね……今後100年かけて、あなたには僕と一緒に、AIを滅ぼして欲しいんですよ」(マツモト)

 

「諦めて一緒に世界を救いましょう」(マツモト)

 

「出ていって下さい。あなたの言うことは信じません」(ヴィヴィ)

「僕にも使命がある。僕の使命は、あなたと共に計画に従事することです。分かりました、ごめんなさい、さようならとはいかないんですよ」(マツモト)

 

「今後100年の間で、命名法の成立と同様に、AI史における転換点がいくつか存在します。これを是正するために僕は作られた」

「100年後、AIによって人間が殺される戦争を起こさせないために。この計画を、シンギュラリティ計画と、僕を生み出した博士は名付けました」(マツモト)

 

「どうして、私なんですか?」(モモカ)
「その答えを聞いて返答が変わる人には任せられませんね。さあ、イエスですか、オッケーですか?」(マツモト)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Vivy prototype 1 (ノベル)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました