「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の名言・台詞まとめ

マンガ「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の名言・台詞をまとめていきます。

 

転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます

1巻

「地位も名誉もどうでもいい」
「前世から俺のスタンスは変わらない…」(ロイド=ディ=サルーム)

 

「即ち…この王宮にどれだけ俺をワクワクさせる『魔術』が有るか否か…」
「俺の興味はそれだけだ…!!」(ロイド)

 

「王位が全てでは御座いません…王族たるもの剣術程度は嗜んで然るべき」
「ロイド様の教育係を担い早3年…これは最早私の生き甲斐でもあるのです」(シルファ)

 

「技術はマネできても、この誤差のシワ寄せでいつもグダって負ける!!」
「だから今日は実験…!! その『誤差』を…更なる魔術(ズル)で埋める…!!」(ロイド)

 

「許せシルファ…!! 俺は早く本が読みたいんだ…」(ロイド)
「ロイド様…魔術(ズル)…してますね…」(シルファ)

 

「よもやこの私がロイド様の間合いを見紛う筈も御座いません…」(シルファ)

 

「私と肩を並べるために…」
「あぁ…なんと愛らしい…そしてなんという才能…!!」(シルファ)

 

 

「(同時に二つ?) 制御魔術と身体強化はバレなかった…」
「ホントは4つ同時に発動させていたのは黙っておこう…」(ロイド)

 

「(才に恵まれてる?) そうだな、魔術の質が血や才に比例するというのなら…」
「間違いなく…『庶民(凡夫)』よりかは恵まれた体だろうな」(ロイド)

 

「(黒閃砲?) いいね…変わった術式だ…構成も成型も発動方法すら独特だ…」
「ねぇ…もぅ少し見せてくれるかな」(ロイド)

 

「あぁ…しかしその効果の程は我が身でもって知っておきたい…」
「ふふふ…悪いクセだ、また死ぬかもな」(ロイド)

 

「あぁ『それ(魔法攻撃)』はもぅいいよ」
「だから…次は防御魔術を見せてくれ!!」(ロイド)

 

「何で防御しなかったの…?」(ロイド)

 

「『魔神』は『魔術』では死なないんだなぁ!」
「どのくらい死なないのかなぁ…気になる」(ロイド)

 

「なんっだ、この魔力密度…指一本入れる気がしねぇ…」
「魔力の化け物…人類(人間)じゃねぇ!!」(グリモワール、愛称:グリモ)

 

「王位だなんだに興味はない、変に目立てば王位継承に巻き込まれてしまう」
「俺は目立たず魔術を研究できればそれでいい」(ロイド)

 

「何って『呪文束』だけど」
「1節(一呼吸)に呪文100個くらい突っ込んで詠唱したんだ」(ロイド)

 

「コレが二重詠唱…」
「とてもじゃないが…地上には撃てないな…!!」(ロイド)

 

「そうだ!! ダンジョンに行こう!」(ロイド)

 

「ロイド様、背が伸びましたね」
「はい…0.7mm程…」(シルファ)

 

「ふふ…オーク如きが! 百年早いある!!」(タオ)

 

「修行一筋18年…!! 出会いを求め道場を飛び出し冒険者になったあるが…」
「男共はか弱い僧侶系女子ばかりに寄って行って…」(タオ)

 

「全然モテなかったこの私にも、とうとう春到来!!」
「絶対このイケメンを私の彼氏に…」(タオ)

 

「体内の『気』を感じ取るだけでもかなりの呼吸鍛錬が必要あるよ」
「それより♥、私の『♥(気)』を惹く方が簡単…」(タオ)

 

「ごめん、外まで吹っ飛ぶある…」
「骨の何本か折れてるかもあるが…死ぬよりましね」(タオ)

 

「こちとら5歳の頃から毎日毎日、気の鍛錬続けてきたね!!」
「雨の日も雪の日も彼氏も造らず馬鹿みてぇにぃ!!」(タオ)

 

「『だから』ぁ!!」
「舐めんな…言ってるあるよ…」(タオ)

 

「遊ぼうか…」(ロイド)

 

「さぁ!! まだまだ楽しま(試さ)せろ!!」(ロイド)

 

「もっともっと修行して…私も…『面白い』女になってやるある!!」(タオ)

 

「しかしこの魔術と剣術の腕…僅か10歳で!」
「成長したロイド様には騎士団長も剣聖の称号すら不釣り合いかも…」(シルファ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます 1巻 (Kindle)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※