「進撃の巨人(1,2期)」エレン・イェーガーの名言・台詞まとめました

アニメ「進撃の巨人(1,2期)」エレン・イェーガーの名言・台詞をまとめていきます。

進撃の巨人

→進撃の巨人(エレン)(3,4期)

1話

「いや……何か、すっげえ長い夢を見てた気がするんだけど。何だったっけ? 思い出せねえな」

 

「でも、そうやって安心してる時が一番危ないって、父さんが言ってたんだ」

 

「一生、壁の中から出られなくても、飯食って寝てりゃ生きていけるよ。でも、それじゃまるで……まるで家畜じゃないか」

 

「知りたいんだ、外の世界がどうなっているのか。何も知らずに、一生壁の中で過ごすなんて嫌だ!」
「それに、ここで誰も続く人がいなかったら、今までに死んだ人達の命が無駄になる!」

 

「自分の命を賭けるんだ。俺等の勝手だろ!」

 

2話

「終わり……もう、あの家には、二度と帰れない。どうして……最後までろくでもない口喧嘩しか出来なかったんだ!? もう母さんはいない……どこにもいない! どうして!?」

「俺が、人間が弱いから、弱い奴は泣くしかないのか!? あいつら、この世から……」
「駆逐してやる! この世から、一匹残らず!!」

 

「知らない、くせに! お前なんか見たこともないくせに! 巨人が、どうやって人を!?」

 

「戻ってやる、ウォール・マリアに。巨人なんか全部ぶっ潰して」
「本気だ! 俺は壁の中で強がってるだけのあいつらとは違う!」

 

「全部巨人のせいだ。あいつらさえ叩き潰せば、俺達の居場所だって取り戻せる。アルミン、俺は来年訓練兵に志願する」

「巨人と戦う力をつける」

 

「ああ、俺はなる。巨人を一匹残らず駆逐してやる!」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「仕方ないさ。力の無い者は去るしかない」
「また石拾いや草むしりをやりたいなんてな」

 

「殺さなきゃならねえと思った……この手で巨人共を皆殺しにしなきゃならねえって、そう思ったんだ!」

 

「やる! 俺はやる! 俺には素質がねえかもしれねえけど、根性だけは誰にも負けねえ!」
理屈なんか知らん! 根拠も無い! でも、俺にはそれしかねえ! これが、俺の武器だ!」

 

4話

「どうなんだ、この訓練は? 兵士が人なんか相手にしてどうする? 獲物に素手で対応しようなんて、バカのやることだ」

 

「すげえ怒ってる。いつも怖い顔してると思ってたけど、本当に怒った顔は比じゃねえな」

 

「強くなることに夢中で気づけなかった、こんな簡単な矛盾。やつらは、巨人から離れるために巨人殺しの技術を高めてやがる」

 

「内地が快適? ここだって、5年前までは内地だったんだぞ」
「ジャン。内地に行かなくても、お前の脳内は快適だと思うぞ」

 

「そうだ……こいつは、ただ感情を発散してるだけの、今までの俺だ。今は違う。技術を行使して、この場を収める」

 

「お前がチンタラやってる間に痛い目にあって学んだ格闘術だ。楽して感情任せに生きるのが現実だって? お前それでも、兵士かよ!?」

 

「やっとここまでたどり着いた。今度は俺達が、巨人を食い尽くしてやる!」

 

「確かに、ここまで人類は敗北してきた。それは巨人に対して無知だったからだ。巨人に対して物量戦は意味が無い。負けはしたが、戦いで得た情報は、確実に次の希望につながる」

「俺達は、何十万の犠牲で得た戦術の発達を放棄して、大人しく巨人のエサになるのか!? 冗談だろ!!」

「俺は、巨人を一匹残らず駆逐して、狭い壁の中から出る! それが俺の夢だ! 人類は、まだ本当に敗北した訳じゃ無い!」

 

「ハンネスさんのせいじゃない。俺達はもう無知じゃない。もうあんな悲しいことは起こさせない。必ず巨人に勝つ!」

 

「あれから5年経った。人類は、ようやく尊厳を取り戻しつつある。勝てる……人類の反撃は、これからだ!」

 

5話

「こいつ、固定砲を狙いやがった!? 開閉扉を狙ったのも偶然じゃない。やはり、こいつには、知性が!?」

 

「しかしチャンスだ。壁を破壊できるのはこいつだけ。こいつさえ仕留めれば!」

 

「アルミン! 落ち着け、あの時とは違う。人類はもう、巨人なんかに負けない!!」

 

「違う! 思い出せ! 俺達が、血反吐を吐いた3年間を!?」

「3年間、俺達は何度も死にかけた、実際に死んだ奴もいる。逃げ出した奴や、追い出された奴も。でも俺達は生き残った! そうだろ!?」

「今日だって、きっと生き残れる! 今日生き残って、明日内地に行くんだろ!」

 

「おい!? いい加減にしろ、ミカサ。お前までおたついてんじゃねえ! 人類滅亡の危機だぞ! 何てめえの勝手な都合を押し付けてんだ!?」

 

「死なないさ、俺は。こんな所で死んでられないんだ。俺はまだ、この世界の実態を何も知らないんだから」

 

「決して楽観視していた訳じゃ無かったが、これはあまりにも!?」

 

「こんな所で、死ねるか? なあ、アルミン。お前が、教えてくれたから……俺は、外の、世界に……」

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

6話

「戦え! 戦うんだよ! 勝てなきゃ、死ぬ。勝てば、生きる!」
「戦わなければ、勝てない!」

 

「有害な獣を駆除した! たまたま人と格好が似ていただけの獣だ!」

 

「やるよ、これ(マフラー)。暖かいだろ?」

 

「何だよ……ほら、早く帰ろうぜ。俺達の家に」

 

9話

「どうしてこうなる? どうして……俺達は奪われる? 命も……夢も……どうして!?」

 

「何言ってんだ、みんなは? あの剣は、俺達に向けられてるのか? そいつは巨人を倒すための武器だろうが? 何でそんな目で俺を見る? これは、何なんだ!?」

 

「とにかく、答えを間違えるな。死ぬのは、俺だけじゃない。そうだ、俺は昔から、お前らと同じ……人間です!!!」

 

10話

「こんなもん見せた後で会話できる自信は俺には無い。ただ、一つだけ思い出した。地下室だ、俺ん家の地下室。そこに行けば全て分かるって親父が言ってた」

「俺がこうなっちまった原因も親父だ。地下室に行けば恐らく、巨人の正体も分かるんだ!」

 

「無茶をいうが、アルミンがもしここで、俺は驚異じゃないってことを駐屯兵団に説得できると言うなら、俺はお前を信じてそれに従う」

「これが二つ目の考えだ。お前が出来ないと言えば、さっきの最終手段に出る」

 

「お前ってヤバイ時ほど、どの行動が正解か当てることが出来ただろ。それに頼りたいと思ったからだ」

 

「やります……やります。穴を塞げるかどうかは分かりません。でも、やります!」

 

11話

「ピクシス司令は、今の俺達に見えないものを見ようとしているんだろう」
「敵は、巨人だけじゃない」

 

「そんな言い伝えがあるんですか? それは、随分と呑気ですね、あくびが出ます」

 

「その強大な敵に、ここまで追い詰められた今でも、一つになったとは言い難い状況だとは思いますので」

 

「あの巨人の力で、岩を持ち上げられるかどうかは分からない。でも、俺の役割は理解している。偽物かもしれないけど、それでも……成功させなければならない」

「俺は、ならなきゃいけないんだ。みんなの、希望に」

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

12話

「どうしてだって? そんなの、決まってんだろ。俺が、この世に生まれたからだ!」

 

13話

「俺達はみんな、生まれた時から、自由だ。それを拒む者が、どれだけ強くても関係ない」

 

「調査兵団に入って、とにかく巨人をぶっ殺したいです!」

 

14話

「力を持ってる人が戦わなくてどうするんですか? 生きるために戦うのが怖いっていうなら、力を貸して下さいよ? この、腰抜け共め」

「いいから黙って、全部俺に投資しろ!!」

 

15話

「調査兵団に入ってから、驚かされてばかりだ。ハンジさんだけじゃない、変わり者だらけ。これじゃまるで、変人の巣窟。でも、変革を求める人間の集団、それこそが調査兵団なんだ」

 

18話

「そうか。俺が新兵だから今の状況を飲み込めてないだけで、簡単に答えを教えてもらえないのも、自分で学ぶ必要があるからか? きっと先輩達も、そうやって戦いを学んできたんだ」

「まさか……まさか誰も、この状況を理解できていないのか!? もしかしたら、リヴァイ兵長でさえも?」

 

19話

「実際に敵意を向けられるまで、気づきませんでした。あそこまで自分は信用されてなかったとは?」

 

「仲間を見殺しにしても、みんな前に進むことを選んだ。リヴァイ兵長は、前を見続けている。先輩達も、兵長を信じて全てを託してる」

「俺も、彼等を信じるんだ。彼等が俺を、信じてくれたように」

 

20話

「これが成功すれば、この世界の真相に迫れることになる。でも、そのためだとしても……人が、死にすぎた」

 

21話

「我が班の勝利を信じてます! ご武運を!」

 

「進もう。振り返らずに、みんなを信じて進めばきっと、それが正解なんだ。俺にもやっと分かった」

 

「俺が、選択を間違えたから? 俺が、仲間を信じたいと思ったから? みんな死んだ!」
「俺が最初から、自分を信じて戦っていれば!? 最初から、こいつをぶっ殺しておけば!?」

 

「俺が……俺が選んだ。俺がした選択で、みんな、死んだ。俺のせいで、みんなが? だけど、やっぱり、お前が悪い!」

 

「引きちぎってやる! この手が治ったら、バラバラに、グチャグチャに、細かくしてから、食ってやる!」

 

24話

「何で……何でお前らは戦えるんだよ? 何で!?」

 

「分かってる。俺はそこに、仲間や、その絆にすがって失敗した。思い出せ」

 

「正しいかどうかなんて考えてる暇は無い。とにかく動け、きれいごとで終わろうとすんな! そう、世界は残酷なんだ!」

 

25話

「お前はいつも、周りがバカに見えて仕方ないって顔してたな。いつもつまんなそうにしてた。そんなお前が生き生きしてる時がある、その格闘術を披露する時だ」

「そんなものに意味は無いと言ってたけど、俺には、お前がそう思ってるようには見えなかった。お前は、嘘をつくのが下手な奴だと、俺はそう思っていた」

「なあアニ、お前、何のために戦ってんだ? どんな大義があって、人を殺せた!?」

 

「俺は、この世の全てを、破壊する!」
「俺は、自由だ!」

 

「ああ、アルミンの言う通りだ。俺はやり損なった。アニを見たら、動けなくなっちまった」

 

「あの時……気持ちいいと思った。体が壊れんのなんかせいせいするくらいだった。何ならこのまま、死んでもいいってくらい……」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

進撃の巨人 Season2

31話(6話)

「参ったな……昨日からとっくに頭が限界なんだが……」

 

32話(7話)

「なあ、ライナー。今、お前がどんな顔してんのか知らねえが……お前ら本当にクソ野郎だよ。たぶん人類史上、こんなに悪いことした奴はいねえよ」

 

「消さなきゃ、てめえはこの世にいちゃいけない奴だ! 一体なに考えてたんだ? 本当に気持ち悪いよ!」

「お前の正義感にあふれたあの面構えを思い出すだけで、吐き気がしてくんだよ。この、でけえ害虫がぁ! 俺が今から、駆除してやる!」

 

「まさか、これが走馬灯ってやつか? まあ、どうでもいいや。何にせよ、最低の気分だ!」

 

「お前らが、一体なんのためにこんなことやってんのか知らねえけど、よく考えりゃお前ら、いろいろとお粗末な点が目立つようだ。その一つはこれだ!」

「俺に戦い方を教えてしまったこと!!」

 

「今は……今だけは逃げるが勝ちだ。正体がバレて追い詰められてんのはお前らだぜ。もう後が無いのはお前らだ!」

 

「勝てる! ライナーに、勝てる!!」

 

34話(9話)

「そうか……俺は、負けたのか……」

 

「(ユミルは)味方なのか? こいつの目的がよく分からない。元々よく分からない奴ではあったが?」

 

「決めたぞ。とにかくだ、情報を集める。まず出来るだけこいつらから情報を引き出して、この状況を切り抜ける。そのためにも今は……感情を噛み殺せ! 身体を修復しろ!」

 

「お前らは、兵士でも戦士でもねえよ。ただの人殺しだ。何の罪も無い人達を大勢殺した大量殺人鬼だ」

 

「じゃあいっちょ前に人らしく悩んだりしてんじゃねえよ! もう人間じゃねえんだぞ、お前ら! この世界を地獄に変えたのはお前らなんだぞ! 分かってんのか、人殺しが!?」

 

「そうだな。俺がまだ、甘かったんだ。俺は、頑張るしかねえ。頑張って、お前らが、出来るだけ苦しんで死ぬように、努力するよ」

 

37話(12話)

「俺の腕を解いてくれ!」
「早く! 俺がやんなくちゃなんねえんだ!!」

 

「今、巨人になれなきゃ、意味ねえだろ!?」

 

「何にも! 何にも変わってねえな、お前は! 何にも出来ねえじゃねえかよ! 何にもぉぉぉーーー!!!」
「母さん……俺は、何も……何にも出来ないままだったよ……」

 

「そんなもん、何度でも巻いてやる! これからもずっと、俺が何度でも!!」

 

「ああ、お前の言う通りだ。やるしかねえ、巨人を操ってやる。ウォール・マリアも塞ぐ、ライナーの奴も捕まえて償わせる。それが俺の、なすべき償いだ!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→進撃の巨人
→進撃の巨人(2期)
→進撃の巨人(3期)
→進撃の巨人(4期)
→進撃の巨人(エレン)(3,4期)
→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ライナー)
→進撃の巨人(ベルトルト)
→進撃の巨人(アニ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(コニー)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(クリスタ)
→進撃の巨人(ユミル)
→進撃の巨人(ピクシス)
→進撃の巨人(ハンネス)
→進撃の巨人(リコ)
→進撃の巨人(ペトラ)
→進撃の巨人(ガビ&ファルコ)
→進撃の巨人(ジーク&ピーク)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました