「ハイキュー!!」影山飛雄(かげやまとびお)の名言・台詞まとめ

アニメ「ハイキュー!!」影山飛雄(かげやまとびお)の名言・台詞をまとめていきます。

ハイキュー!!

1話

「お前ら…ベンチにも入れないくせに、対戦相手見下せるほど強いつもりなのか?」
「学校の名前に乗っかってんじゃねえよ」

 

「体調管理も出来てない奴が、偉そうなこと言うな」
「だからナメられるんだ」

 

「諦めないって、口で言うほど簡単じゃねえよ!」

 

「1回戦も、2回戦も、決勝も、全国も…勝ってコートに立つのはこの俺だ!」

 

「じゃあお前らが本気でやるのは一体いつだよ!」

 

「そうだ、単純なことだ」
「どんな難しいボールだろうが、追う理由は1つ(まだコートにボールは落ちていないから)」

 

「どんな劣勢だろうが、戦い続ける理由は1つ」
「まだ、負けていないから!!」

 

「今の1点は奇跡じゃない」
「取られたんだ…あいつに、点を取られたんだよ!」

 

「レフトにいたはずなのに…マークしてたはずなのに…」
「なんで…なんでそこにいる!」

 

「目で追うだけで精一杯だった」
「今のは完全にセッターのミス、バックトスなんか予測してたわけがない」

 

 

「にも関わらず打てたのか?」
「あいつはあのトスに反応できるのか?」

 

「高い運動能力、反射、自分の体を操るセンス」
「そして…勝利への執着」

 

「それらを持っていながら…お前は3年間、何やってたんだ!」

 

「コートに残るのは勝った奴…強い奴だけだ」
「勝ち残りたかったら、強くなってみろよ」

 

2話

「県内一の強豪校には…落ちた」

 

「(王様?) その呼び方…やめろ!」

 

「お前…エースになるなんて言うからには、ちゃんと上手くなってんだろうな」
「ちんたらしてたら、また3年間棒に振るぞ」

 

「俺だって去年とは違うぞ!」

 

「俺は戦力になる」
「部に入る理由なんて、それだけで十分だ」

 

「俺達2人で、2対2の勝負を挑んで勝ったら入れてもらう」
「一緒に戦えば嫌でも仲間っぽく見えるだろ、てっとり早い」

 

「負けねえよ、俺がいる」
「お前は出来る限り、全力で、俺の足を引っ張らない努力をしろ」

 

「(ほかのポジション?) 俺はセッターです!」

 

「セッターは、チームの司令塔だぞ!」
「試合中、一番多くボールに触れるのがセッターだぞ!」

 

「支配者っぽくて、一番かっこいいだろうが!」

 

「確かにスパイカーはかっこいい」
「けど…敵のブロックを欺いて、スパイカーの前の壁を切り開く」

 

難しくて、かっこよくて面白いのがセッターだ!」

 

3話

「レシーブあってのトスと攻撃だ」
「それがグズグズのくせに偉そうに言うな」

 

「勝ちに必要な奴になら、誰にだってトスを上げる」
「でも俺は、今のお前が勝ちに必要だとは思わない」

 

「どんな奴だろうと関係ねえよ」
「勝つ以外の選択肢なんかない」

 

「てめえが手ぇ抜こうが全力出そうが、俺が勝つのに変わりねえんだよ」

 

「恵まれた体格、優れた身体能力、そういうのとは別の武器」
「苦しい、もう止まってしまいたい、そう思った瞬間からの…一歩」

 

「おい」
「明日、勝つぞ」

 

4話

「速い攻撃なんか使わなくても…勝ってやるよ」

 

「トスを上げた先に、誰もいないっつうのは…心底怖えよ」

 

「スパイカーの前の壁を切り開く」
そのためのセッターだ!」

 

「俺は! お前の運動神経がうらやましい」
「だから、宝の持ち腐れのお前が腹立たしい」

 

「それならお前の能力、俺が全部使ってみせる!」

 

「お前の一番のスピード、一番のジャンプで跳べ!」
「ボールは俺が持っていく」

 

「見ろ…見ろ」
「ブロックの位置は? ボールの位置は? スパイカーの位置は?」

 

「次にどう動く? どこに跳ぶ? こいつのジャンプのてっぺんはどこだ?」
「今! この位置! このタイミング! この角度で!」

 

「こいつのあのバネも機動力も、俺のトスなら生かせる」

 

「俺達には信頼関係なんて微塵もないが…」
「次もボールは俺が持っていく、信じて跳べ!」

5話

「菅原さん!」
「今回は俺、自動的にスタメンですけど、次はちゃんと実力でレギュラー取ります!」

 

「経験の差は、そう簡単に埋まるもんじゃないです。それと…」
「ほ…ほかのメンバーからの…し…し…信頼とか…」

 

「なので…俺、負けません!」

 

「(やりずらい?) 同じチームだったら考えるかもしれないけど」
「戦うなら、ただ全力でやるだけです」

 

「いいか、日向」
「お前は最強のおとりだ!」

 

「月島みたいなデカい奴が、何人もお前の動きにアホみたいに引っ掛かったら…」
「気持ちいいだろ」

 

「余計な一言?」
「そんなこと俺言ったことあるか?」
「全然心当たりがない」

 

6話

「お前さ…一体何にビビってそんなに緊張してんの?」
「相手がデカいこと?」
「初めての練習試合だから?」

 

「俺の後頭部にサーブ打ち込む以上に怖いことって…何?」

 

「じゃあもう緊張する理由はないよなあ」
「もうやっちまったもんな、一番怖いこと」

 

「日向!」
「悪い、今のトス少し高かった」

 

「よ~し、ビビったか? ビビったな」
日向を存分に警戒しろよ」

 

「日向が動き出したところで…反撃いきましょう」

 

「いいんだよ、それで」
「お前が本気で跳ぶから、相手もつられて跳ぶんだろ」

 

「てめえこそ、(ブロックで)ふっ飛ばされんじゃねえぞ、ヒョロヒョロしやがって」

 

7話

「及川さん」
「超攻撃的セッターで、攻撃もチームでトップクラスだと思います」

 

「あとすごく性格が悪い」
「月島以上かも」

 

「一歩、一瞬…ほんの少しでも遅れれば、もうこいつには追いつけない」
「追いつけるのは…ボールだけだ!」

 

「金田一、次戦う時も勝つのは俺達だ!」

 

「けど別にどの学校に入ったって、戦う相手は同じ高校生」
「勝てない理由なんてない」

 

8話

「どっちも自分に責任感じてんだろ」
「1人で勝てるわけないのにな」

 

「あの…1人で勝てないの当たり前です」
「コートには6人いるんだから」

 

「俺もそれ分かったのついこの間なんで偉そうに言えないっすけど…」

 

10話

「今のお前は…ただの、ちょっとジャンプ力があって素早いだけの下手くそだ」
「大黒柱のエースになんかなれねえ」

 

「でも! 俺がいればお前は最強だ!」

 

「お前はエースじゃないけど、そのスピードとバネと俺のトスがあれば」
「どんなブロックとだって勝負できる!」

 

「エースが打ち抜いた1点も、お前がかわして決めた1点も…同じ1点だ」

 

「エースって冠が付いてなくても、お前は誰よりもたくさんの得点を叩き出して」

 

「だからこそ敵はお前をマークして、ほかのスパイカーは」
「お前のおとりのおかげで自由になる! エースもだ!」

 

14話

「てことは…この先お前は、俺と同じ舞台にいるってことだな?」
「それが日本のてっぺんでも、世界でも?」

 

「行くぞ、今日はそのための第一歩だ」

 

16話

「お前が注目されんのはいいことじゃねえか」
「相手がお前に注目して警戒すればするほど、お前は本領を発揮する」

 

17話

「気にすんな、次だ次」
「次は、絶対に決まる」

 

「お前の一番のジャンプ、一番のスピードで跳べ」
「ボールは俺が…持っていく」

 

「どんなに神経とがらしても、リードブロックじゃ…追いつけねえよ!」

 

「エースの前の道を…切り開く!」

 

「最強のおとりも、エースに劣らずかっこいいだろ」

19話

「試合には勝つ」
「勝たなきゃ先に進めねえ」

 

「次も…同じのやるんで、ちゃんと警戒してくださいね」

 

20話

「たとえ総合力県ナンバーワンの人だろうと、セッターとしては負けねえ」

 

21話

「試合終わってねえんだから…まだ負けてねえし」

 

「自分がベンチに下げられるってことは、自分が用済みだと言われた証拠だと思っていた」
「実際、あん時はそうだったんだと思う」

 

「でも…俺と菅原さんの出来ることは違えけど、多分目的は同じだ」

 

22話

「おい! 今のトスはどうでしたか、こら」

 

25話

「俺は、もう謝んねえ」
「謝んなきゃいけないようなトスは…上げねえ」

 

「(コートに残るのは)強い奴だけ」

 

セカンドシーズン(2期)

1話

「(偵察に)行くだろ?」
「春高で倒す相手だ、見て損はねえ」

 

「あの…及川さんが県内で最強のセッターなら、それを超えるの俺なんで」

 

「まあ実際には、”白鳥沢に勝てない青城に勝てない俺達”だけどな」

 

5話

「クソ…俺の言ってることの方が正しいはずなのに」
「なんで…なんでこいつは食い下がる!?」

 

6話

「(出来るか?) やってみせます」

 

9話

「手を…抜く? 俺が…バレーで?」
「俺は今、無意識に妥協したのか?」

 

10話

「またこいつに引っ張られた、クソ…」

 

「日向、またあの速攻使ってくぞ」
「お前の欲しいトスを上げてやる、信じて跳べ!」

 

14話

「俺は…俺は一生及川さんに勝てないかもしれない」

 

「誰からも…どんな奴からも100%を引き出すなんて」
「たとえ時間をかけたって出来るとは限らない」

 

「でも及川さんは、たとえあの人を嫌ってる奴とか、すげえ癖のある選手とかでさえ」
「きっと…自在に使いこなす」

 

「(ビビった?) ああ、すげえビビった」

 

「その及川さんの3年間、全部詰め込んでんのが今の青城で」
「春高はそれと戦える唯一のチャンスだ」

 

「チームとして、絶対勝つ!」

 

18話

「(人の心を折る?) 親切なアドバイスだろうが!」

 

「”追い詰められても、そこをぶち抜く火力があるのがうちの武器です”」
「って感じのこと、前に縁下さんに言われたな~っと」

 

19話

「”6人で強い方が強い”」
「昔、岩泉さんが及川さんに言ったのを聞いた」

 

「あの時は、何を当然のことを言ってんだって思った」
「強いメンバーが6人そろってりゃ、強いに決まってんのにって」

 

「でも今になって分かる。岩泉さんが言ったのは」
「メンバーの力を足し算じゃなく、いかに掛け算できるかってことだったんだ」

 

20話

「簡単に越えられるなんて思ってねえ、張り合って力むな」
「6人で強い方が…強いんだ」

 

24話

「こいつ(日向)の終盤で見せる集中力はどっから来てんだ?」
「集中力だけだけどな!」

 

25話

「(調子乗んじゃねえ?) 乗れません」

烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(3期)

2話

「(余裕?) 俺、今んとこ及川さんより怖いもんないんで」

 

3話

「自分がスパイク止められるより」
「自分のセットアップからのスパイク止められる方が、100万倍腹立つ!」

 

6話

「俺が何かに絶望するとしたら…バレーが出来なくなった時だけだ」

 

「俺にとって最高にやっかいな相手は、どんな敵ブロッカーより…」
「こいつ(日向)だな」

 

「俺は下手くそじゃねえ」

 

9話

「(遠慮?) ”ない”と思うなら言うんじゃねえ…ねえよ」

 

TO THE TOP(4期)

1話

「おい…先に行くぜ」

 

4話

「(プレーに)ビビッてます」
「けど…参考になります」

 

5話

「おい!」
「お前、もっと跳べるぞ」

 

6話

「お前のジャンプは、”ピョピョーン”なんだよ」
「でもすげえジャンプは…”ドン!”だ」

 

「高く安定したジャンプは、空中での余裕に直結する」
「そんで、そういうジャンプは床を蹴る音がすんだよ」

 

「今俺は、ライトからの攻撃を最善と思ったか?」
「選択が正しかったかどうかは別問題だ」

 

「今、確かにプレッシャーに押された」
「ほんの少しだとしても…俺は今、伊達工のブロックに”真ん中以外”を選ばされた」

 

「いいな…強さは心地いい」

 

7話

「俺は、他人の気持ちとかよく分かんねえし、言葉選びも間違うみたいです」
「でも…最高のセッターになるよう努力します」

 

8話

「対応されたら対応する」
「それをサボった方が先へ進めなくなる!」

 

「テーピングすると違和感があるから出来るだけしない」
「特に指先は、ボールとの間に0.1ミリでも何かあると、ボールが分かんなくなる」

 

10話

「(緊張?) します、今はしてません」
「ここは通過点すから」

 

「お待たせして…すみません」

 

11話

「さっき食べたゼリーがエネルギーになった感じがする」
「今の腹具合…完璧」

 

13話

「弱くはないので、大丈夫だと思います」

 

21話

「俺も…ここに来れてよかった」

 

22話

「お前に、これを言う日が来るとは…」
「ナイスレシーブ」

 

23話

「うるせえ、俺が見誤った」
「俺のミスだ!」

 

「(本数を減らしてくれ?) いいえ。田中さんの攻撃が必要です」

 

24話

「勝った…」
「俺のおかげの…ナイスキー!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ハイキュー!! 全45巻セット (コミック)
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ハイキュー!!のインデックス