「トニカクカワイイ」由崎司の名言・台詞まとめ

アニメ「トニカクカワイイ」由崎司の名言・台詞をまとめていきます。

トニカクカワイイ

1話

「大丈夫。人はこの程度では死なないよ。それに、君はまだ死ぬ気も無いのだろ?」
「だから、がんばれ」

 

「礼はいらない。寝て起きたら、私のことは忘れてくれ」

 

「では、さようなら。命は、大切にな」

 

「いいだろう。私と結婚してくれるなら、付き合ってあげる」

 

「お互い不安はあるだろうし、大変なこともあるだろう。でも、人を見る目はあるつもりだし、何も嘘は言っていない。何より、私が信じた人だから」

「ふつつかものですが、よろしくお願いします」

 

「私達、夫婦になったのよね」
「これからはずっと(手を)握り放題、その通りだね」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「いや、むしろずっと泊まってく気だったけど」
「うん。だって結婚したし」

 

「そんな顔しないで。私、あなたのお嫁さんだよ。だから、どこにも行かないわ」

 

「私は、好きでもない人と結婚したりしないわ」
「そんな当たり前のことが分からないなんて、随分と間抜けな旦那様」

 

3話

「残念だが、それは料理ではなく科学だよ」
「10分待ってて。料理の本質を教えてあげる」

 

「路上でそういうのを叫ばれるのはちょっと……」
「人前でああいうの叫ばれると、私は、とても恥ずかしい。でも、恥ずかしいだけだから。嬉しいのも、確かだから」

 

「私はただ……私も、カワイイって……私も、カワイイって言われたいなーって」

 

4話

「私からこぼれ落ちた命が、真っ白な雪に覆われていく。まるで何事も無かったかのように、刻みつけた足跡ごと、元通り白く、白く……」

「後どれくらい経てば、この寒い夜は終わってくれるだろう? 後どれくらい歩けば、私は誰かの待つ暖かな家に帰り着くのだろう?」

 

「しょうがない。ここは一つ妻として、部屋をピカピカにして、旦那様を驚かせてやろう!」
「ここも既にピカピカ……やるな、旦那様」

 

「凄い。旦那様がコミュ力で千歳を圧倒している」

 

「大丈夫。勇気を出して君が手を伸ばしてくれたら、私がその手をつかむから。だから頑張れ」

 

「旦那様はこんな写真くらいで、本当に私が怒ると思っているの?」
「それに、本当に怒ったらあんなものでは……無いよ」

 

「まるでプロポーズみたいだな」

5話

「だから過去作チェックを決して侮っちゃダメ! そこには真実を探求するかのごとく、永遠の知識の地平が広がっているんだから、分かる!?」

 

「旦那様。いい映画は、どんな画質で見てもいいのよ!」

 

「そう思うなら、早く帰ってきてね」

 

「まあ落ち着け、旦那様。あの値段を見たら怯むと思ったのに、突撃してどうする?」

 

「ああ、そうか。私のために、手に入れようとしてくれていたのか?」
「ありがとう、大好き」

 

「もちろん。だって、この指輪を見たら、今日という日のことを、きっと思い出すから」

 

6話

「だけど、狭い方が星空くんを近くに感じられるし」

 

「でも、やっぱり、ご両親への挨拶は、しておいた方がいいと思う」

 

「大丈夫。怒られても星空くんのご両親だから、大丈夫」

 

「カメラが欲しかったのは、観光名所を撮りたかったからじゃないわよ」
「私が撮りたいのは、星空くんとの日々」

 

「日々の生活の中で、人は忘れがちになるの。愛する人と過ごすこの一日一日が、何より貴重だってこと。だから、こうやって少しずつ思い出を積み重ねていきたいの」

「夫婦ふたりだけの、秘密の日記を」

 

「人に見せられないような恥ずかしい写真も、二人の思い出よ」

 

7話

「おいしいかもしれないけど、お腹には限界があるのよ! 何でチャレンジしないのよ!? 諦めたらそこで試合終了よ!!」

 

「驚くほど驚きの無い味。ここまで想定内の味だと、ある意味感動的よ!」

 

「旦那様が意地悪をして、深く傷つきました。これはあれよ、ご機嫌を取らなきゃいけないやつよ! どうするの?」

 

「買いかぶりすぎだ。お前(千歳)と始めて会った時から、ずっと私は、16歳の普通の女の子だよ」

 

「言葉の端に人格は宿ると思うんだ。どんな言葉で人を説明するのか、それを聞けば、生き方がポジティブかネガティブかは分かると思うんだよ」

8話

「ここ、春日大社の側か」
「まあ1000年経っても、山の形というのは案外変わらないものだよ」

 

「だけど、京都では千歳たちがいて、あんまりデートっぽくならなかったし」

 

「でも、楽しかったけど、2人で暮らすあの部屋が一番落ち着くかな」

 

9話

「旦那様のどこが好きかと問われたら、結構答えられると思う。燃えてしまった自分の家よりも先に、人の心配が出来る所」
「2人の小さな思い出を、大切にしてくれる所」

 

「我が身に突然降り掛かった、自分に全く非が無い不幸。それなのにこの人の口からは、一言も、何かを呪ったり嘆いたりする言葉が出てこない」

「星空くん、大好き!」

 

「それはきっと正直で、素直だから出来るのだと思う。人からの親切を、ちゃんと真っ直ぐ受け止められるのは」

「少なくとも私は、そういう場面で物怖じしたり、恐縮しすぎたりする人よりも、人からの好意をしっかりと受け止めることが出来る、度量の大きい人の方が好きだ」

 

「ラッキーでは無いわ。困っている時に、すぐに誰かが救いの手を差し伸べてくれるのは、その人の人望よ。旦那様には、人望があるのよ」

 

10話

「そうねえ? だったら、お腹すかせて、待ってて」

 

「いろんなものを手作りにして、旦那様の舌を、私専用にしてやろうかと思って」

 

「でも、正直なことを言えば、どんな家でもいいと思っている」

「広い家に住めば誇らしい気持ちになるだろうし、狭ければいつも君の体温を感じられる。古ければ不便さを共有できるし、新しければ思い出が傷となって刻まれていく」

「どんな家に住んだってきっと、何か問題は起こって、きっと気にいる所もある。住めば都だからね。でも、だからこそ何でもいいの。きっとあなたのいる場所が、私の帰る場所だから」

 

「こちらこそ、助けられてよかった」
「考えるより体か先に動いてた」「最愛の人となる人を、助けられて」

 

「(要ちゃんと)仲良くなるのは当然だよ」
「大切に思ってるものが、同じなんだから」

 

「(結婚は)知らないことをいっぱい知る、そんな毎日、かな?」

 

「きっと私は、これからも星空くんを通じて、いろいろな気持ちを知っていく」

 

「たくさんの初めてを、君が教えてくれている。私の初めては、全部、君のものなんだ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

11話

「千歳も決して弱くはなかったが、綾が強すぎる。だが私も、使い込んだキャラなら勝機があるはず!?」

 

「久しぶりにやったから……久しぶりにやったから、ボタンを押すタイミング忘れただけだけだから!」

 

「いや、さすが私。レトロゲームまでマスターしている私は天才だなぁ!」

 

12話

「でも気をつけてね」
「旦那様は基本的にブレーキがぶっ壊れている系の人なので」

 

「見事に夏風邪だったわね」
「まあいいわ。治るまでこのかわいい新妻ちゃんが、しっかり看病してあげる」

 

「そんなこと心配しないで。私の体は、ケガも病気もしないから」

 

「看病、あんまりやることが無い説。かわいい新妻ちゃんとしては、早く治るようにあれこれしてあげたいけど……これ以上、何をしてあげたらいいのかしら?」

 

「ブレーキって大事なのよ。踏まないと死ぬから、分かる!?」

 

「だけどね、私は止める、絶対に。あなたの命が何より大切だから」
「それを面白がれるのは、本質的にあなたの命を大切に思っていないから。だけど、私には大切なの、あなたのことが何よりも」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
トニカクカワイイ 1巻 (Kindle)

 

→トニカクカワイイ
→トニカクカワイイ(由崎星空)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました