「劇場版 呪術廻戦0(ゼロ)」五条悟の名言・台詞まとめ

劇場版「呪術廻戦0」五条悟の名言・台詞をまとめていきます。

 

劇場版 呪術廻戦0

「完全秘匿での死刑執行…あり得ないでしょ」

 

「未成年…16歳の子供ですよ。逆に何人呪い殺されるか分かりません」
「現に2級呪術師が3人、1級呪術師が1人、返り討ちに遭ってるんです」
「だから僕にお鉢を回した。それをお忘れですか?」

 

「ええ、乙骨憂太は…呪術高専で預かります」

 

「でも…1人は寂しいよ」

 

「君にかかった呪いは、使い方次第で、人を助けることも出来る」
「力の使い方を学びなさい」
「全てを投げ出すのは、それからでも遅くはないだろう」

 

「日本国内での怪死者・行方不明者は、年平均1万人を超える」
「そのほとんどが人の肉体から抜け出した負の感情、呪いの被害だ」
「中には呪詛師による、悪質な事案(もの)もある」

 

「呪いに対抗できるのは、同じ呪いだけ」
「ここは呪いを祓うために呪いを学ぶ、都立呪術高等専門学校だ」

 

「ってな感じで、彼のことがだ~い好きな里香ちゃんに呪われてる」
「乙骨憂太君で~す! みんな、よろしく~!」

 

「そんじゃ、くれぐれも…死なないように」

 

 

「これは持論だけどね」
「愛ほど歪んだ呪いはないよ」

 

「(暴走していたら?) そうなりゃ命懸けで止めましたよ」

 

「あのね、私等があの呪いについて言えることは1つだけ」
「”出自不明(わからない)”」

 

「呪術師の家系でもない女児の呪いが、どうしてあそこまで莫大なものになったのか」
「理解できないものをコントロールすることは出来ません」
「まっ、トライ&エラーってね。しばらく放っておいて下さいよ」

 

「そうなれば、私が乙骨側につくことも…忘れずに」

 

「大体さぁ、若人から青春を取り上げるなんて、許されていないんだよ」
「何人たりともね」

 

「祈本里香ほどの大きな呪いを祓うのは、ほぼ不可能」
「だが、”解く”となれば話は別だ」
「何千何万もの呪力の結び目を読み、1つずつほどいていく」
「呪われている君本人にしか出来ないやり方だ」

 

「まっ、見た方が早いよ」
「呪いを解くなら、まずは呪いを知らなきゃね」

 

「(処分?) いや、いい。相手が悪すぎた」
「夏油傑。4人の特級呪術師が1人」
「百を超える一般人を呪殺し、呪術高専を追放された…最悪の呪詛師(じゅそし)だよ」

 

「(杞憂?) 学長、残念ながらそれはあり得ないです。直接現場を確認しました」
「僕が傑の呪力の残穢を間違えるわけないでしょ」

 

「僕の生徒に、イカれた思想を吹き込まないでもらおうか」

 

「このまま行かせるとでも?」

 

「それ正論? 俺、正論嫌いなんだよね」

 

「(雑魚ばかり?) そこが逆に怖いところですね」
「あいつが素直に負け戦を仕掛けるとは思えない」

 

「夏油は今、高専にいる。絶対、多分、間違いない!」
「勘が当たれば、最悪憂太と真希、2人死ぬ」
「僕もあの異人を片付けたらすぐ行く、2人を守れ」
「悪いが死守だ!」

 

「悪いけど…今忙しいんだ」

 

「知るか、僕の1秒の方が勝ってる。それだけだろ」

 

「そこは信用した」
「お前のような主義の人間は、若い術師を理由もなく殺さないと」

 

「それから、これ(学生証)」
「いや、(拾ったのは)僕じゃない。僕の親友だよ」
「たった1人のね」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
劇場版 呪術廻戦0 [Blu-ray]

 

→呪術廻戦のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました