「呪術廻戦」真人(まひと)の名言・台詞まとめました

アニメ「呪術廻戦」真人(まひと)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
呪術廻戦 全13冊セット (コミック)

呪術廻戦

7話

「狡猾に行こう。呪いらしく、人間らしく」

 

9話

「人々は、大地を、森を、海を恐れてきた」
「それらに向けられて呪力は、大き過ぎるがゆえに、形を得る前に知恵を付け、今まで息をひそめていたんだ。みんな、誇らしい俺の仲間さ」

 

「俺は、人が人を憎み、恐れた腹から、生まれた呪いだよ」

 

10話

「みんな言葉遊びが好きなのさ。なぜなら人間は、言い訳をしないと生きていけないからね」

 

「人は目に見えないものを特別に考えすぎる。見える俺にとって、魂は肉体と同じで、何も特別じゃない。ただそこにあるだけだ」

 

「無関心という理想にとらわれてはいけないよ。生き様に一貫性なんて必要ない。お腹が減ったら食べるように、憎いなら殺せばいい。俺は順平の全てを肯定するよ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

11話

「術式の開示、本気だね」

 

「相打ち覚悟の広域攻撃。これはさすがに、避けた方がいいかな?」

 

「面白い奴だった。いろいろ勉強になったよ」

「バラバラにすり潰されても、魂の形さえ保てば死にはしない。呪力の消費も、自己保管の範疇だ。それと自分の魂の形は、どれだけいじってもノーリスクのようだね」

「次は思い切っていろいろやってみるよ」

 

12話

「順平はさ、まあ頭いいんだろうね。でも、熟慮は時に短慮以上の愚行を招くものさ。君ってその典型。順平って、君がバカにしている人間の、その次ぐらいにはバカだから」

「だから、死ぬんだよ」

 

「変わった打撃だ、面白い。けど残念、効かないよ。魂の形を保って……どういうことだ? 魂の形ごと叩かれた」

「そうか、虎杖悠仁は、器。常に肉体の中に自分以外の魂がある状態。だから自然に、知覚しているのか、魂の輪郭を!?」

 

「虎杖悠仁は、自らの命を顧みない。人質による外的な縛りを、夏油に止められている。ならば、殺したいほど憎い相手を殺せない時、彼は宿儺に頼るだろうか?」

「順平で足りなければ、生徒を1人ずつ目の前で変えてやればいい。利害を超えた憎しみで宿儺との交渉を促し、虎杖悠仁に縛りを課す」

「それで宿儺をこちらに引き入れる確率が上がれば万々歳。だが、これは俺が彼より強いことが大前提。中々どうして、天敵」

 

「より洗練された殺すための形、殺すためのインスピレーションを、体現しろ!」

 

「君じゃ俺に勝てないよ。さっさと変わんなよ、宿儺にさ」

 

13話

「やっぱりあいつ、人間殺せないだろ」

 

「次はあんたを襲わせようと思うんだ、今度は泣いちゃうかな? 現実と理想のすり合わせが出来ていないバカなガキは」

 

「身代わりを作る隙が無い。ああ、なんて……なんて新鮮なインスピレーション! これが、死か!?」

 

「今はただ、君に感謝を」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
呪術廻戦 全13冊セット (コミック)

 

→呪術廻戦
→呪術廻戦(虎杖悠仁&両面宿儺)
→呪術廻戦(伏黒恵&釘崎野薔薇)
→呪術廻戦(五条悟)
→呪術廻戦(七海建人)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました