「呪術廻戦」虎杖悠仁&両面宿儺の名言・台詞まとめました

アニメ「呪術廻戦」虎杖悠仁(黒色)&両面宿儺(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
呪術廻戦 0-16巻セット (コミック)

呪術廻戦

1話

「泣いたのは怖かったからじゃない、少し淋しかったんだ。爺ちゃんの死と、今目の前の死、何が違う?」

 

「爺ちゃんは、正しく死ねたと思うよ」
「こっちのは、間違った死だ!」

 

2話

「宿儺(すくな)は全部食ってやる、後は知らん。てめえの死に様は、もう決まってんだ」

 

「自分が死ぬ時のことは分からんけど、生き様で後悔はしたくない」

 

4話

「おい、宿儺。俺が死んだらお前も死ぬんだ。それが嫌なら協力しろよ!?」

「断る。お前の中の俺が終わろうと、切り分けた魂はまだ18もある」
「とはいえ、腹立たしいことにこの体の支配者は俺では無い。変わりたいのなら変わるがいい。だがその時は、呪霊より先にそこのガキを殺す」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「死にたく無い。ここで死んで、死んだとして、それは正しい死か!?」
「考えるなぁぁぁーーー!!!」

 

「うぬぼれてた、俺は強いと思ってた。死に時を選べるくらいには、強いと思ってたんだ。でも違った。俺は……弱い!」

 

「それでも、この死が正しかったと言えるように」
「ならば憎悪も、恐怖も、後悔も、全て出しきれ! 拳に、乗せろ!!」

 

「つくづく忌々しい小僧だ。この俺を完全になめてやがる」

 

「お前も、この小僧も、呪いの何たるかを、まるで分かっていないな。いい機会だ、教えてやる。本物の呪術というものを」

 

5話

「さてと、晴れて自由の身だ。もう怯えていいぞ、殺す。特に理由は無い」

 

6話

「なんて言う訳ねえだろ。無条件で生き返らせろ。そもそもてめえのせいで死んでんだよ」

 

「強くなりたい。最強を教えてくれ」

 

9話

「俺が弱くて使えないことなんて、ここ最近嫌というほど思い知らされてる。でも俺は強くなるよ。強くなきゃ、死に方さえ選べねえからな」

 

「どっちもさ、俺にとっては同じ重さの他人の死だ。それでもこれは、趣味が悪すぎだろ」

 

11話

「それでも、殺したくは無いな」

「なんつうか、一度人を殺したら、殺すって選択肢が俺の生活に入り込むと思うんだ。命の価値があいまいになって、大切な人の価値まで分からなくなるのが、俺は怖い」

 

「俺は足手まといかよ、七海。ケガしてんだろ? 次はちゃんと連れてってくれ。仲間が死にました、でも僕はそこにいませんでした。なぜなら僕は子供だからです、なんて」

「そんなの、俺はゴメンだ!」

12話

「誰に言い訳してんだよ」

 

「順平が何言ってんだか、ひとっつも分からねえ」
「それらしい理屈をこねたって、お前はただ、自分が正しいって思いたいだけだろ」

 

「ごめん。何も知らないのに、えらそうなこと言った。何があったか話してくれ。俺はもう、絶対に順平を呪ったりしない。だから……」

 

「順平、高専に来いよ。バカみてえに強い先生とか、頼りになる仲間がいっぱいいるんだ」
「みんなで協力すれば、順平の母ちゃんを呪った奴も、きっと見つかる。必ず報いを受けさせてやる。一緒に戦おう!」

 

「バカか俺は!? 継ぎ接ぎ顔の人型呪霊。 ナナミンが言ってたまんまじゃねえか!」

 

「逃げろ順平! こいつとどんな関係かは知らん。けど、今は逃げてくれ、頼む!」

 

「宿儺ぁぁぁ!!!」「何でもする! 俺のことは好きにしていい! だから、俺の心臓を治した時みたいに、順平を治してくれ!!」

「断る!」

 

「いいぞ、あの縛りはすっかり忘れているな。愉快愉快、矜持も未来も、お前の全てを捧げて俺に寄りすがろうと!? 何も救えないとは?」

 

「惨めだなぁ、この上なく惨めだぞ小僧」

 

「ああ、そうか……こいつらは、どこまで行っても、呪いなんだ」

 

「今まで俺の口から出た言葉は、全て嘘だったんじゃないかと思えるくらい、腹の底から出た本音。ぶっ殺してやる」

 

「何百回でも何千回でも、ぐちゃぐちゃになるまで、叩き潰す!」

 

「俺の魂に触れるか? 共に腹の底から小僧を笑った仲だ、一度は許す。二度は無い」
「分をわきまえろ、痴れ者が」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

13話

「言ったはずだぞ。二度は無いと」

 

「お前が死のうと、お前が死のうと、どうでもいい。奴以外は、心底どうでもいい」

 

「駆け引きはもういらない」

 

「正しい死に様なんて分かりゃしない。ならせめて、分かるまで、あいつを殺すまで」
「もう俺は、負けない」

 

14話

「生きてること、黙っててすんませんでした」

 

「(何か)あった……けど、大丈夫なのは本当だよ。むしろそのおかげで、誰にも負けたくねえんだわ」

 

15話

「でも先輩、やるからには……勝つよ、俺」

 

「人の頭バカスカ殴りやがって! これ以上バカになったらどうすんだよ!?」

 

「(弱いままは)よくねえよ!」

 

16話

「俺の全力に、ドンピシャで呪力を乗せる」

 

「ありがとう、東堂。何となく、分かった」

 

19話

「そんじゃ、死ぬ訳にはいかねえな」

 

「ああ、(雑念の)雲一つねえ! サンキューソーマッチ、ベストフレンド!」

 

21話

「感謝はしてる! でも勘弁してくれ! あの時、俺は正気じゃ無かった!」

 

「キッカケは成り行きっす。寂しがりなんでね。いっぱい人を助けて、俺が死ぬ時、大勢に看取って欲しいんすよ」

 

「東堂、お前……無茶苦茶嫌われてるな……」

 

22話

「俺よりバカって、意外といるよな」

 

「別に何でも話してくれとは言わねえけどさ、せめて頼れよ、友達だろ?」

 

「伏黒、こいつ別件だよな」
「じゃあ、お前らはそっち集中しろ。こいつは俺が祓う!」

 

23話

「ヤバくなったら、伏黒も出てこいよ」

 

「いい。それで、いい」

 

24話

「ごめん」
「いってぇ……」

 

「初めて何じゃねえかと思って……祓ったんじゃなくて、殺したの?」
「俺は前に一度、いや……あれを一度って言うのはズルか、3人だ」

 

「でも、あいつ泣いたんだよ。目の前で弟が死んで……」
「俺は自分が、釘崎が助かって生きてて嬉しい、ホッっとしてる。それでも、俺が殺した命の中に、涙は合ったんだなって……それだけ」

 

「お前のせいだ。お前が俺を取り込んだ、目覚めたんだよ、切り分けた俺の魂たちが」
「大勢の人間を助けるか……小僧、お前がいるから人が死ぬんだよ!」

「おい、それ伏黒に言うなよ」

 

「いいじゃん。五条先生が極秘ってんだから、よっぽどだろ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
呪術廻戦 0-16巻セット (コミック)

 

→呪術廻戦
→呪術廻戦(伏黒恵)
→呪術廻戦(釘崎野薔薇)
→呪術廻戦(五条悟)
→呪術廻戦(七海建人)
→呪術廻戦(真人)
→呪術廻戦(禪院真希&パンダ)
→呪術廻戦(東堂葵)
→呪術廻戦(禪院真依&西宮桃)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました