「文豪ストレイドッグス」福沢諭吉の名言・台詞まとめ

アニメ「文豪ストレイドッグス」福沢諭吉の名言・台詞をまとめていきます。

 

文豪ストレイドッグス

2話

「そこの太宰めが、有能なる若者がいる、というゆえ、その魂の真贋を試させてもらった」

 

7話

「もし発見叶わず人命が失われたなら、我らに探偵社を名乗る資格はない」
これは武装探偵社の存続と、プライドを賭けた戦いであると認識せよ」

 

9話

「仲間が窮地、助けねばならん」
それ以上に重い理屈がこの世にあるのか?」
「国木田、3時間で連れ戻せ!」

 

「乱歩。もしつつがなく新人を連れ戻せたら」
「褒めてやる」

 

12話

「命が金で買えぬように、許可証と代えれるものなど存在せぬ」
「あれは社の魂だ」

「頭に札束の詰まった成金が、やすやすと触れてよい代物ではない」

 

文豪ストレイドッグス 2nd SEASON

17話

「戻って主に告げよ。良き心がけだと」
狙うならば、今後も私のみ狙え!」

 

「三組織の内、生き残るのは一組織だけだ」
戦う意外に活路はない!」

 

21話

「構成員同士で血を流し合うよりはよい」

 

「単刀直入に言おう」
「探偵社のある新人が、貴君らポートマフィアとの同盟を具申した」

 

「私は反対した」
「非合法組織との共同戦線など、社の指針に反する」

 

「だがそれはポートマフィアに何度も撃たれ、斬られ、かどわかされた者からの提案だ」
「言葉の重みが違う」

 

「故に組織の長として、耳を傾けざろうえなかった」

 

「今夜探偵社は久の奪還に動く」
「今夜だけは邪魔をするな、お互いのために」

 

「それが我々唯一の共通点だからだ」
「この街を愛している」

 

「この街に生き、この街を守る組織として、異国の異能力者に街を焼かせる訳にはいかぬ」

 

文豪ストレイドッグス 3rd SEASON

34話

「ポートマフィアと戦っては、ならぬ」
「私の命より、街の均衡と、平穏を守れ」

 

35話

「古き友に会いに」

 

「組織戦の死者を生まぬ方法は1つ」
「我等が1対1で決闘し、敗者の死をもって共食いを止める」

 

36話

「どうせ俺が来るまでの時間稼ぎ、だろ?」
「俺の嫌いな、俺と同じ匂いだ」

 

文豪ストレイドッグス(4期)

38話

「俺はもう、何者とも組まない」

 

「あなたの内心がどうであろうと俺は気にしない」
「事件を防ぐため最善を尽くすだけだ」

 

「殺人は起こさせん」
「そのために俺が呼ばれたんだ」

 

「この少年には、真実が見えているのか?」

 

「お前はもしかしたら、自分が気付いていることを当然のように他者も気付いていると」
「そう思っているのか?」

 

「この少年は、自分以外の者が”何も分かってない”ことを”分かってない”」

 

「誰もが自分と同様に真理を見抜いた上で」
「その見抜いた真理をただ隠していると思い込んでいる」

 

「やはりこいつの力は本物だ」

 

「少年、この仕事を手伝え」
「上手くやりきれたら、次の仕事先も紹介してやる。どうだ?」

 

「俺は何をしている?」
「もう何者とも組まないと、決めたはずなのに…」

 

39話

「来い」
「お前が納得する答えを教えてやる」

 

「我が剣は国家安寧のためにあり、本気でそう思っていた。だから人を斬った」
「暗殺はあまりに容易だった」

 

「怖くなったのは、次に人を斬る任務を心待ちにしている自分に気付いた時だ」

 

「国のために斬るのか斬る瞬間のために斬るのか、自分の内心がのぞけなくなった」
「その時から、二度と剣を持たぬと決めた」

 

「いいか、よく覚えておけ」
「お前は特別で、他の人間は愚かなのだ。俺を含めてな」

 

「お前が独りなのは、お前に特別な才能があるからだ」

 

「力は制御されねばならない」
「お前が自分の才能を見て見ぬふりをするなら」
「それは流血を求めて力を振るうかつての俺と同じだ」

 

「それはお前が、異能力者だからだ」
「お前が特別なのは、お前が異能力者だからだ」

 

「お前の目に他人が怪物のように映るのは、お前の異能力のせいだ」
「お前はその力を制御しなければならない」

 

「”あるもの”の助けを借りれば、お前は自在に異能力を発動できるようになる」

 

「これ(眼鏡)は京の都にて、さる高貴な血筋の方より下賜された装飾品だ」
「これを身につけるとお前の異能力は発動し」
「たちどころに真実を見抜くことが出来るようになる」

 

「逆にかけていない時は、他人の愚かさも気にならなくなる」
「これをお前に与えよう」

 

「その(安物の)眼鏡で異能力を制御せよ」
「異能力で真実を切り裂き、闇に隠れた悪を薙ぎ払う異能力探偵」
「今日よりお前は世界一の名探偵だ」

 

「(周りは)何も分からぬ幼子なのだ」
「首の据わらぬ幼子が、誰かを憎悪するか?」

 

「乱歩は護身の術を持たぬただの子供だ」
「どれほど頭脳明晰な名探偵であろうと、犯人に逆上され襲われては…」
「勝ち目などない」

 

「単独では力を発揮できないのだ」
「乱歩の盾となって悪をはじき、安全に推理を行える環境が必要だ」

 

「探偵は武装される必要があるのだ」

 

40話

「力を誇示するのも構わん」
「頭脳で難敵に挑むのもいいだろう」
「だが、勝負の掛け金に自分の命を乗せるのはやめろ!」

 

「お前はまだ、子供なのだぞ」

 

「(昨日までの景色と違う?) 理解したからだ」
「そうじゃない。大切なことを…だ」

 

「異能特務課から許可証を得るには」
「この地の全てを知るといわれる貴殿の助力がどうしても必要なのです」
「夏目漱石殿」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
文豪ストレイドッグス 1-22巻セット (コミック)

 

→文豪ストレイドッグスのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました