「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」ベアトリスの名言・台詞まとめ

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」ベアトリスの名言・台詞をまとめていきます。

Re:ゼロから始める異世界生活

4話

「なんて心の底から腹立たしい奴なのかしら」
「お前に見せる笑顔なんて嘲笑で十分なのよ」

 

「気高く尊き存在をお前の尺度で測るんじゃないのよ、人間」

 

「上から見てた感じ、あれなのよ。お前相当に頭が残念みたいかしら」

 

「何かしら、その単語? 聞いたこと無いのに不快な感覚だけはするのよ」

 

「頭幸せなのはそこの奴だけで十分かしら」

 

「ベティーに触れていいのは、にーちゃだけかしら」
「もういいから消えるのよ。ベティーには関係の無いことかしら」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

5話

「ブツブツつぶやいてると思ったら、死ぬだの生きるだの、人間の尺度でつまらない下らないかしら。あげくに出るのが妄言・虚言のたぐい」

 

「罵倒されて落ち着くなんて変態の極みかしら」

 

6話

「死ぬほどうっとうしいから、とっとと止めるか吹き飛ばされるか選ぶといいのよ」

 

「隠そうとしてたのかしら。そうそう都合よく扱われるのも心外なのよ」

 

「残念だけど、ベティーは忙しいから、お前を殺してやってる手間も惜しいのよ」

 

7話

「どうしてベティーは謝らなくちゃならないのかしら。まずそこを訂正しないと帰るに帰れないのよ」

 

「揉め事を持ち込まれるのはごめんなのかしら。ベティーにとってこの屋敷はなくてはならない場所なのよ」
「それさえ他人任せなくせに随分立派な志なのかしら」

 

「汝の願いを聞き届ける。ベアトリスの名において、契約はここに結ばれる。たとえ仮でも契約は契約。お前の訳の分からない頼み聞いてやるかしら」

 

「約束は守る主義なのよ。屋敷にいる間は、この男の身の安全はベティーが守る契約かしら」

 

「冗談は化粧と性癖だけにするかしら」

 

「淡い期待を抱くのは、都合が良すぎるかしら。失われたものは戻らない。あの姉に弁明する機会なんてもう無い。お前はそれを投げ捨てたのよ」

 

8話

「何にせよ命知らずなことかしら。魔女の名前を語るなんて頭がおかしいとしか言いようがないのよ」

 

「何かしらその押し付けがましい善意。気持ち悪いというより胸糞悪いのよ、ふん!」

 

9話

「お前、死ぬの怖いと思っていないみたいに見えるのよ」

 

「今回は口車に乗ってやるかしら。ただし、これ以降はベティーは金輪際関わらないのよ」

 

10話

「お前、怖くないのかしら。ベティーのこれはお前にとっての余命宣告なのよ」

 

「お前が同じ立場ならどうするかしら?」

 

17話

「ベティーにお前を殺せだなんて、そんなの残酷すぎるかしら」
「何も分かってない、お前は何も分かってないのよ」

 

「お前の願い事なんか何一つ聞いてやらないかしら。死にたいなら死にたいで勝手に死ねばいいのよ。ベティーは願いさげかしら」

 

「どうせ何もかもダメだけど、お前にここにいられたら困るのよ。せめてこの屋敷だけは守らせてもらうかしら」

 

「ベティーはロズワールとは違うのよ。たとえ未来を得るためでも、痛いのも苦しいのも恐ろしいのも、全て嫌になったかしら」

 

「せめてベティーの見えない所で死んでしまえばいいかしら」

Re:ゼロから始める異世界生活(2期)

27話

「ベティーは話さない。話さない権利はベティーにあるはずなの」
「答えに到る道は話した。これ以上、ベティーに甘えるのは止めるかしら」

 

「ベティーは、お前の都合のいい道具じゃないのよ!」

 

32話

「あんまりお前が無様で見てられないからなのよ」

 

「お前なんか、ベティーの心を動かせるはずなんてないかしら。思い上がるんじゃないのよ、人間。ベティーの全てはお母様のために。お前なんかお前なんか……人間、人間、人間!」

 

36話

「いずれ書庫にその人が現れる。それを待つのがベティーの役割。ベティーはそれをずっと待ち続けてきたのよ」

「だけどその人は来ない。本もその人を教えてくれない。そんな時間がずっと過ぎて、それで……」

「だから、お前がその人でなくても構わない。ベティーを終わらせる相手、契約の終わりをもたらし、この命を奪うのは、お前で我慢してやるかしら」

 

「続きが記されないのは、所有者の未来はそこで終わっているから」

 

「お前がベティーのその人になってくれるの。それが出来ないなら、お前の手で、ベティーを殺して欲しいかしら」

 

「年期の差なのよ。そのまま砕け散るがいいかしら」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

43話(18話)

「何なのかしら? そんな目で見ても、何もくれてやらないのよ」

 

「ようなものじゃなくて娘そのものかしら」

 

「別に、ベティーは1人でも全然大丈夫なのよ」

 

「お前、あんまり調子に乗るんじゃないのよ」
「ちょっとだけかしら」

 

45話(20話)

「図々しい男かしら。感謝を強要なんて女々しいものなのよ」

 

「お前、その妙に生暖かい目つき気に入らないのよ。いいたいことがあるなら受けて立つかしら」

 

「いたずらなんて言い方は止めるかしら。あれはもっとこう、高尚なあれなのよ」

 

「なんて言い方しやがるのよ。お前なんかちょっと才能と家柄に恵まれて、世界最高の師を得た幸運なだけの奴かしら。調子に乗るんじゃないのよ!」

 

「当然かしら。ベティーにとってお母様は絶対。お前やここの住人達は恵まれているのよ。無事にこれが片付いた後、せいぜい働きで報いるかしら」

 

47話(22話)

「何も書かれてなんか無いかしら。これまで通りベティーの運命は白紙なのよ」

 

「ベティーがただ一冊の本ならよかったのに。だって……ベティーには心があるもの」

 

49話(24話)

「お前がその人だったら……嘘でもそうだと言ってくれたら、きっとベティーはそれを信じてしまった。嘘だと分かっていても、信じるしか無かったのよ……」

 

50話(25話)

「丁度いい、ハンデってやつなのよ」

 

「勘違いしているようかしら?」
「ベティーはスバルの一番になったから禁書庫を出たわけじゃないのよ。スバルをベティーの一番にしたいから、禁書庫を出てきたかしら」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 1巻 (Kindle)

 

→リゼロ
→リゼロ(2期)
→リゼロ(スバル)
→リゼロ(レム)
→リゼロ(ラム)
→リゼロ(エミリア)
→リゼロ(ロズワール)
→リゼロ(クルシュ)
→リゼロ(ヴィルヘルム)
→リゼロ(エキドナ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました