「ちひろさん」の名言まとめました

マンガ「ちひろさん」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

ちひろさん

1巻

「『風俗嬢でした』というあいさつに、人はうっかりその素顔を見せてしまうものだ」
「面白いよね」(古澤綾、源氏名:ちひろ)

 

「どうして私は泣いているのだろう。何も知らないこの人のために──」
「トモダチが自殺した時も、涙なんか流れなかったのに」(ちひろ)

 

「私はこんな大人の人を見たことがない」(オカジ)

 

「人のデータなんて、あてにしたことないからなあ。本当かどうかわからないしね」
「目を見れば、そこに全部書いてあるわ」(ちひろ)

 

「どういう人生をどう歩いたら、こんな人になれるんだろう」
「でも、なりたい大人の姿がはっきり見えた今の私は、どうしようもなくワクワクしてるのだ」(オカジ)

 

「飲んだ帰りは、なぜかここのやる気のないラーメンが食べたくなるのよねぇ」(ちひろ)

 

「サービスってね、何でもやってあげることじゃないからね。欲しがるもの何でもあげたらナメられる。いったんナメられたら、食い尽くされて飽きられる」(ちひろ)

 

「結婚できず、風俗にいられず、弁当売りでもやるしかなく。あんたの見ているちひろさんって、ずいぶんとかわいそうな女なのね」(ちひろ)

 

「はぐれて泳ぐことさえ怖くなければ、海はきっと何百倍も広くなるんだろうな。たとえそれが、身の危険と引き換えなのだとしても」(オカジ)

 

「言い訳ときれいごとを全部引き算していくと、最後に着色されてない裸の感覚が残るでしょ。答えはもう出てるのよ。あとはそれを飲みこむ覚悟ができるかどうかだけ」(ちひろ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

1~2巻は「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年10月17日現在)

アマゾンリンク
ちひろさん 1

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました