「あおのたつき」の名言・台詞まとめ

マンガ「あおのたつき」の名言・台詞をまとめていきます。

 

あおのたつき

1巻

「高級遊女から蕎麦一杯と同価で廻される鉄砲女郎まで」
「様々な遊女が幕府公認で売られている花街が吉原遊廓です」
(楽丸)

 

「わだかまりが恨みになると、悪霊になって悪さをします」(楽丸)

 

「ここは遊郭という人の情念が渦巻く場所」
「悪霊がいると冥土の者は安らかに暮らせない」(楽丸)

 

「浮世の者にも化けて出たりと迷惑をかける」
「だから私はこの鎮守の杜で魂を守り、導くことを生業としているのです」(楽丸)

 

「そういうことなら早く言っておくんなんし!!」
「話を聞く? お安い御用! 餅は餅屋におまかせだよ!」(濃紫、あお)

 

「いやあ(醜い顔?)、わからねえ、わからねえ」
「何せわっちは三浦屋で『末は松の位』と言われていたんでねえ」
「いやあー、困った困ったー」(あお)

 

「富岡という女のなんと醜いことか」
「しかし醜いのは、その心。ドス黒い嫉妬が長い年月をかけて鬼となった!」
「その穢れ、祓って差しあげましょう」(楽丸)

 

「禍事にわだかまり有り!」(楽丸)

 

「いずれにせよ、奉公して頂けるなら私も助かります」
「きっと生計(たつき)の手立てになるでしょう」(楽丸)

 

 

「わっちがたつきを立てるのか…誰に奪われるでもなく…」
「コレサ! しかと稼ぎんすえ!」(あお)

 

「やめろ!! やめてくれ!!」
「こいつ(妹)を…こいつを○○ぐれえなら…おらを女衒に売ってくれ!!」(あお)

 

「怨恨の元を引き出すまでは手出し無用」
「憐れむだけでは、わだかまりがもつれ大きくなるだけです」(楽丸)

 

「悪い思い出は、忘れてしまったほうが良いこともあります」
「その穢れ、祓ってさしあげましょう」(楽丸)

 

「憐れみは禁忌と思っていましたが…あおさんは霊の心に寄り添う」
「そういう救い方もあるんですね。あおさんにしかできないことです」(楽丸)

 

「ほ…っ褒めたってお代は負けないよ!」(あお)

 

「逆さ屏風はこの世とあの世を別つもの」
「我々の領分に帰りましょう」(楽丸)

 

「知った風によく言えたもんだね!」
「そんならおまはんもやってみなんし!!」
「わっちらのような人生を!」
「おまはんもやってみなんし!!」(あお)

 

「わかるものか!! 女郎の痛みなど!!」
「わかるものか!!」(あお)

 

「救いたいと思うこともいけないのでしょうか」
「このように目の前で苦しんでいる人を救ってあげたいと思うこともいけませんか」(楽丸)

 

2巻

「ここは私の社。領内の禍事は、私のやり方で導く」
「それにこの方は私の奉公人──…いえ、ともに魂を導いてくれる相棒です」(楽丸)

 

「顔に傷を付けるんじゃないよ!!」
「商売道具だろう!?」(あお)

 

「ととさん(楼主)は、わっちに生きるための嘘を教えた」(七里)

 

 

「わっちはそれを磨いてととさんに返す…商売女であることが、それが絆だと」
「何も持たないわっちの、唯一の絆だと」(七里)

 

「愚かにも、そう信じておざんした」(七里)

 

「いねえ人間をいつまでも恨むなんて馬鹿らしいモンはねえ」
「ととさんからもらった、その打掛にいつまでも隠れてる道理もねえ」(あお)

 

「七里。わっちらが大事にした張りは、形のない心だよ」(あお)

 

「手を差しのべ思いとどまる者もいる」
「自らと向き合い、自然に傷を癒そうとする者もいる」
「混濁としていながらも、私は共存したい」(楽丸)

 

「慕っていたからこそ、恨む気持ちが強くなる」
「愛があるから憎もある」(あお)

 

「遊女にとって心中立ては、金回りの良い客を繋ぎ止めるための単なる手段」
「手練手管ってヤツさ。ほんに夢を見られる男はいいよ」(あお)

 

「悔いというのは何者かと絆のある者の代物さ」
「わっちはきれいさっぱりどうでもいいんだよ」(そめき)

 

「人の命運が何者かに決められているなど…!」
「定めというものは巡り合わせ」
「あなた自身が引き合わせるものだ!!」(楽丸)

 

3巻

「…綺麗な手段なんかあるもんか。百姓の子供に、女のわっちに…金を稼ぐ手段なんて…」
「──ただ、あいつを助けたくて…がむしゃらだったんだ…」(あお)

 

「…これでわかっただろう?」
「おまはんはもう死んでんだ」
「かかさんのところには戻れないんだよ…!」(あお)

 

「遊女(わっち)らは子を産めない」
「遊女が孕むと鬼灯の根を煎じて飲む…鬼追いだ」
「そうするとやや子は流れて出ていく」(玉鶴)

 

「殺すのさ。やや子は鬼。遊女屋では子は、かかを苦しめる鬼だ…」
「生まれてきてはいけないんだよ…!」(玉鶴)

 

「何が鬼追いか…!! どっちが鬼だ!!」
「それじゃあ遊女屋が…遊女屋が鬼じゃねえか」(こうめ)

 

「おまはん、あんこ猫は縁起モンだ」
「しっかり見守ってやんな!!」(あお)

 

「生者が相談に来たかと思ったら、遣手(やりて)婆かえ」
「遣手婆にはろくな思い出がねえ」(あお)

 

「大体惚れた腫れただのは茶飯事じゃないか」
「痛い目に遭うとしても、それもまた経験だろう」
「わっちもそうやって躾けられたモンだよ」(あお)

 

「浮世に戻るということは、苦界に戻るということ」(おかね)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
あおのたつき 1巻 (Kindle)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※