「BLACK LAGOON(ブラックラグーン)」の名言・台詞まとめ

アニメ「BLACK LAGOON(ブラックラグーン)」の名言・台詞をまとめていきます。

BLACK LAGOON

1話

「ダッチ、面倒くせえ。膝の辺り撃っちまえ。小鳥みたいに喋りだす」(レヴィ)

 

「オーケー、レヴィ。クールに行こうぜ」(ダッチ)

 

「俺達は単なる運び屋だよ。食うためにはたまに法に振れることもやるが、それが稼業さ」(ダッチ)

 

「もう、分かんないよ。なぜどのテーブルにも拳銃が出てるんだ。ここは、西部劇に出てくる地の果ての酒場か!?」(岡島緑郎、通称:ロック)

 

「変わり者なんだよ、彼は。2年付き合って分かったことは、タフで知的で変人だってことぐらいだ。理解するのは諦めたよ」(ベニー)

 

「昔話するほど年はくってねえ。あなたに一杯、私に一杯。せっかく酒をやりに来てるんだ。もうちょっとクールな話をしようや、なあ日本人」(レヴィ)

 

「喚くな、バカ。人生は楽しまなきゃ、損だぜ」(レヴィ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「騒いだって何もよくならねえぞ。生き残りたきゃ頭を使え、頭を!」(ダッチ)

 

「だが面白え。面白えってのは大事なことだぜ、ロック。やったろうじゃねえか!」(ダッチ)

 

「俺はね、もう死んでるんですよ、あんたがそう言った。俺の名は……俺の名は、ロックだ」(ロック)

 

3話

「この街は国際級の悪党が角突き合わせて、上から下まで騙し合って生きてんだぞ。てめえの目だけを信じられねえ奴には、生きる資格も与えられねえ」(レヴィ)

 

「やってることは今も昔も変わんねえな」
「本当の話さ。盗んで、殺して、悪いことは、何でもやった……面白くもねえ話だ」(レヴィ)

 

「臭うぜ」「ここまでプンプン匂ってきやがるぜ。こいつら水上警察なんかじゃねえ。なんつったってこいつはよ、嗅ぎなれた血と硝煙の匂いだ」(レヴィ)

 

「そっちの世界の呑気なお喋りはしばらくの間なしだ。これはこっちの世界のコンセントレーションなんだよ」(レヴィ)

 

「デッドエンドだ。ホットな鉛でちゃちゃ踊るのは、お前の方だったらしいぜ、ルアク」(ダッチ)

 

「お前に聞くことなど何も無い。知りたいことは全て知っている」
「祈れ! 生きてる間にお前が出来るのはそれだけだ」(バラライカ)

 

5話

「ここはな、ロック。地上に生きる人間達に置き忘れられた墓地だ。望みもしねえ死神に襲われ、くたばっちまった成れの果てさ」(レヴィ)

 

「息が詰まって死んだってことは、息が詰まって死ぬような気持ち以外の何でもねえ。他人の死に方は他人の死に方だ」(レヴィ)

 

「絶望ってのは末期がんと同じだ。失うもんなんか何もねえ」(レヴィ)

 

「役立たずがてめえの無能を棚上げして愉快に生きようとしたら、あっという間にマーチ好きのバカが一匹できあがる。どこに行っても変わらない法則だ」(ダッチ)

 

「その価値は万人が認める共通のテーマだ。金だよ。それ以外の価値なんぞ、感傷だらけの戯言だ」
「力さ。神よりよっぽど役に立つ」(レヴィ)

 

「力もねえ、神もいねえ。中国人のメスガキに頼れるものは一体なんだ?」
「そいつは金だ。そして、銃だ。この二つがありゃ天下泰平だ」(レヴィ)

 

「同情が欲しくて言ってんなら、もっと色つけて話すよ。ようするに人生の刃の上じゃ、大切なのはそれくらいしかねえって話だ」(レヴィ)

 

「こんな所のドアを叩くのは、亡霊か悪党さ。亡霊なんざこの世にはいねえ。となると、残ってんのはトラブルだけだ」(レヴィ)

 

「どうする? 決まってんだろ、皆殺しだ!」(レヴィ)

6話

「オーライ。殺れる奴を殺って、盗れるもん盗れりゃ文句はねえよ」(レヴィ)

 

「だから? だから何なんだよ? 無関係も無抵抗も関係ねえんだよ」(レヴィ)

 

「ガンマンは稼業、気分で撃つのは乱射魔だ」(ダッチ)

 

「お前が何に突っかかってんのかは何となく分かるがな。ホントのところは、お前の根本的な部分にだよ。何をやっても、スッキリなんてしやしねえってことさ」(ダッチ)

 

7話

「レヴィ。俺、もう謝らないよ」(ロック)

 

「俺は、俺が立ってる所にいる。それ以外のどこでもない」(ロック)

 

8話

「俺らは運送屋だ。荷物を受け取って指定の場所まで運ぶ。それで責任終了なのさ」(ダッチ)

 

「正義なんてもんは無くても、地球は回るんだぜ」(レヴィ)

 

「手加減の方は出来かねますので、一つご容赦を。では、ご堪能くださいまし」(ロベルタ)

 

9話

「いかようにでも。お出来になるのならば」(ロベルタ)

 

「嫌な情報というものは、探す労力も無くたやすく集まってしまう」(バラライカ)

 

10話

「始まりあるものには必ず終わりがある。いずれ決着もつくだろう」(ダッチ)

 

「勘違いしないでね。お願いしてるんじゃないの、命令」(バラライカ)

 

12話

「なんていうかもう。そうやって逃げてるとダメになってくんだよな」(ロック)

BLACK LAGOON The Second Barrage(2期)

13話

「いずれにせよ、花火をぶちかまそうとしてる奴がいるのさ、ロック。いろんな勢力のバランスが、綱渡りのロープで逆立ちしてるこの街でな。血を見ねえでは済まなくなるかもな」(レヴィ)

 

「魂にも脂肪がつくものだ、我々の魂にもな」(バラライカ)

 

14話

「私達に正義はいらないわ。いるのは利益と信頼だけ」(バラライカ)

 

「殺すか殺されるかしかないんだ、この世界はそれだけだもの」(ヘンゼル)

 

15話

「そうしたいからよ、他にはなんにもないの。そうしたいからそうするの」(グレーテル)

 

「違うよ。世界は本当は、君を幸せにするためにあるんだよ。いいかい、血と闇なんか世界のほんの欠片でしかないんだ。全てなんかじゃないんだ」(ロック)

 

「ロック、ああいうものを真っ直ぐ見るな」
「ここはそういう場所でそれが一番だ」(ベニー)

 

16話

「教会にブリット撃ち込んで、五体満足で帰ろうなんざ、虫がよすぎんだ!」(エダ)

 

17話

「ロアナプラこそ悪党の中の悪党が集う場所だ。あんたも俺もいい加減いい色に染まってる。その連中にも、本物の悪による洗練が必要だな」(ダッチ)

 

「関係あるかよ、命は一つだぜ!」(エダ)

 

18話

「あらゆる暴力的な冗談が本当になる場所なのさ、ロアナプラは」(ベニー)

 

19話

「我々の力はこの国のそれとは比べ物になりません。我々は軍隊なのですよ」(バラライカ)

 

「我々は立ち塞がるすべてを殲滅する、そのためにここに来たのですよ」(バラライカ)

 

「でもよ、親生きてんだろ、連絡くらい入れてやれ。おめえはまだ手が後ろに回ってねえんだ、今しかねえぜ。こんなことやってたらいずれ会えなくなっちまう」(レヴィ)

 

「弾に当たらんよう頭は低く生きていけ」(バラライカ)

 

20話

「私が望んでいるのは破壊と制圧、他の一切に興味は無い。どこまで地獄の底で踊れるのか、それ以外に興味が無いんだよ」(バラライカ)

 

「嵐が来るぜ、ロック。鉄と血の嵐だ」(レヴィ)

 

21話

「曽我の助六が遊びに来やしたよ。さあて、髭の意休はどちらにおいでで?」(松崎銀次)

 

「どこが違う……どこが違うんだ、ロック。あいつはもうこっち側の人間で、そして姉御はロアナプラの流儀でここを片付ける。違いなんてどこにもねえ」(レヴィ)

 

「大事なことを忘れてたよ、ここじゃあたしはあんたの銃だ。あたしの役目はあんたの命を守ることで、あんたの生き方を邪魔することじゃねえもんな。だから着いてくよ、マスター」(レヴィ)

 

「賄賂を取らん警官は必ず優秀だ」(バラライカ)

 

「彼女はここにいていい人間じゃない、そう思った。普通に生きるべき子が生きられないのは嫌なんだ」(ロック)

 

「(連携は)ノープロブレム。戦いがおっ始まりゃ、お互い体は勝手に動く。そういう風に出来てんだ、あたし達は」(レヴィ)

 

22話

「貧乏クジだな、同情するぜお前らは。誰も生きてここから出られねえ、誰一人としてだ。ここは地獄のモーテルさ、出来る限り逃げてみな。でねえと、ブギーマンに食われるぞ!」(レヴィ)

 

「おめえさんのような小狡っかしい犬ころが、黄金(こがね)の入った巾着をてめえで落とすわきゃねえよ」(銀次)

 

「誰かの命が、名誉が、明日が私にかかっているのなら、そのために戦うこと以外に私に何が出来るんですか」(鷲峰雪緒)

 

23話

「死に急ぐだって? 大変な勘違いさ、ロック。あたしらはとっくに歩く死人なんだぜ」(レヴィ)

 

「生きるのに執着すればおびえが出る、目が曇る。そんなものが端からなけりゃあな、地の果てまでも戦えるんだ」(レヴィ)

 

「この渡世の人間達も、しょせん欲に支配された存在。どちらを立てるのが利のあることか、それは明らか。仁義、地に落ちたり」(雪緒)

 

「ロックが銃を手にせずに済んでることは、俺達には最大級の幸せなんだぜい」
「あいつが撃てばそれはこっちにまで跳ね返ってくる弾なのさ」(ダッチ)

 

「正義か……これほど万人に愛される言葉も無いな、素晴らしい言葉だ。しかしな、自分の力を行使するでもなく、他力本願で誰かの死を願う」

「お前のいう正義だって随分と生臭いぞ、血溜まりの臭いが鼻につく」(バラライカ)

 

「あんたは勘違いをしてる」
「義理などではなく、正義という言葉も方便だ。理由なんてたった一つだ。そいつは、俺の趣味だ」(ロック)

 

「ああ、ここじゃあたしはあんたの銃だ。タラワだろうがアラモだろうが守ってやる自信はある」

「でもな、くたばりたくてたまらねえ奴はどんなにしたって守りようがねえんだよ、このアンポンタン!」(レヴィ)

 

「レヴィ、忘れたのか? 俺はもう死んでるのさ、お前と出会ったあの日にな。ロアナプラが歩く死人の街なら、ここは生者の住む場所だ」

「あまりにも見知った光景だから、俺もそいつを忘れかけていた。死人にとっちゃ、幻みたいなものだったのにな」(ロック)

 

「俺はここへ戻るために来たんじゃない、忘れるためにここへ来た。起こることの全てを見続けるために、ここへ来たんだ」(ロック)

 

「後悔なら一年前に済ませたさ、足りないのは覚悟だけだった」(ロック)

 

24話

「ピョートルは私に『戦争をやれ、焼け野原にしろ』と言った。それを忠実に守っただけだ」(バラライカ)

 

「遅い……遅かったぜ。あたしらの行き着く果てなんて、泥の棺桶だけだってのによ。お前、生きようとしたな」(レヴィ)

 

「君のいびつさは、こうあればと願う自分の嘘で、自分をだましきれないほど、頭が良すぎたことだ」(ロック)

 

「あたしら悪党は、そう簡単には死なねえんだよ」(レヴィ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

BLACK LAGOON Roberta’s Blood Trail(3期)

25話

「人を殺めるのはいつだって、人間です」(ロベルタ)

 

「彼等は何をもって殺したのか? 思うことなど何もございません。感情を殺して冷徹である必要すらない、なぜなら……そこには感情などそもそも存在しない」

「殺されるのはどうでもよい人間だから、死んでいる方が都合がよい」(ロベルタ)

 

「仇討ちなどと綺麗事は申しません、これは穢れた犬同士の共食い。サンタマリアの名に誓い、全ての不義に鉄槌を!」(ロベルタ)

 

「無こそこの街のキーワードだ」(レヴィ)

 

「ロアナプラを最後に墓に入る人間が多すぎるってか? だからこそ楽しいんじゃねえか」(レヴィ)

 

「強大すぎる力に、あらがおうとしてあらがいきれなかった者達は皆、この街を目指し、そして滅んでいく」(ロック)

 

26話

「必要な時にはためらわず引き金を引くべきだ、相手の最大の弱点めがけてね」(ベニー)

 

「他人の死を乗り越えるために、一体いくつ鋼鉄の魂を持てばいい? だから僕は深入りしないんだよ」(ベニー)

 

「俺の国で、お前は自分のことを銃と呼んだ。もしお前が銃なら俺は弾丸だ。だが、今はひとかけらの鉛にしか過ぎない。俺はこの街へ来なかったら、ただの鉛で一生を終えただろう」

「だが俺は来た。炸薬はずっと、爆発するのを待ってる。その火を付けられるのは……銃だけだ」(ロック)

 

27話

「コツを教えてやる。連中を看板と思うことだ、ただの腐って錆びた看板だとな。そうして生き延びてりゃ、いつか一人前のガンスリンガーだ」(レヴィ)

 

「とどめを刺すまでが勝負だ」(レヴィ)

 

「俺がこの世で一等嫌いなことはな、偽善だ。そいつは悪事よりもタチが悪い。相手だけじゃない、己自身すら欺く毒だ」(張維新)

 

「矛盾に満ちた人生など、ここじゃ珍しくもない。お前も自分がただの駒でしかないことを見つめ直し、後ろへ下がれ。それがお前自身の魂のためだ」(張)

 

「私の首輪に縄をつけるのはこの世に唯一人だけ、ガルシア・フェルナンド・ラブレス。私の定めた飼い主。泥をすすり命を賭して守るにかなう唯一人の存在」

「彼のためだけに私は仇を追い、そして殺す! 骨肉相食むがごとく噛み潰す!」(ロベルタ)

 

28話

「正しく物事を見ようとするなら、あらゆる方向から考えてみなければならないんだよ」(ディエゴ・ホセ・サン・フェルナンド・ラブレス)

 

29話

「もしかしてなんてねえ。起きたことしか起こらねえのさ」(レヴィ)

 

「僕は一人になっても、ロベルタを助け出して必ず戻る。僕は彼女の杖になる、そしてずっと一緒に歩くんだ」(ガルシア・フェルナンド・ラブレス)

 

「運以外の全てのものを塗りつぶす、これが賭け事の定石だ。最後の最後に小さな運試しだけが残った時、賭けは最高のものになるのさ」(ロック)

 

「僕はこれに全てを賭ける。いいかい、ロベルタ。君が信じるなら、僕がこれから撃つ弾は君を殺さない。君は死なないんだ、絶対に」(ガルシア)

 

「ここにはもう勝者はいない、残るのは罪だけだ」(ガルシア)

 

「物事の価値は金と銃で決まる、そんなことは早々変わりはしねえ」(ダッチ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
BLACK LAGOON Blu-ray BOX

 

→BLACK LAGOON(レヴィ)
→BLACK LAGOON(ロック)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました