「暗殺教室」の名言まとめました

アニメ「暗殺教室」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

暗殺教室

1話 暗殺の時間

「発砲したままで結構ですので、出欠を取ります」(殺せんせー)

 

「数に頼る戦術は、個々の思考を疎かにする」
「一人ひとりが単純すぎます。もっと工夫しましょう」(殺せんせー)

 

「殺せるといいですね~、卒業までに」(殺せんせー)

 

「この進学校で落ちこぼれた僕らは思う。どこかで見返さなきゃ、やれば出来ると、親や友達や先生達を。やれば出来ると」(潮田渚)

 

「ただし、寺坂くん達は渚くんを、渚くんは自分を大切にしなかった。そんな生徒に暗殺する資格はありません」(殺せんせー)

2話 野球の時間

「才能の種類は一つじゃない。君の才能に合った暗殺を探して下さい」(殺せんせー)

 

「私は地球を滅ぼしますが、その前に君達の先生です。君達と真剣に向き合うことは、地球の終わりより重要なのです」(殺せんせー)

 

「でもね、笑顔が少々わざとらしい。油断させるには足りませんね」(殺せんせー)

 

「ごく少数の生徒を激しく差別することで、大半の生徒が、緊張感と優越感を持ち、頑張るわけか」(烏間惟臣、先生)

 

「殺すよ。殺す気じゃないと、あの先生とは付き合えない」(渚)

 

3話 カルマの時間

「勉強も暗殺も同じことだ。基礎は身につけるほど役立つ」(烏間先生)

 

「殺せないから殺せんせーって聞いてたけど。あれ? 先生ひょっとしてちょろい人?」(赤羽業)

 

「俺さ、嬉しいんだ。あいつが、ただのモンスターならどうしようかと思ってたけど、案外ちゃんとした先生で」
「ちゃんとした先生を殺せるなんてさ。前の先生は、自分で勝手に死んじゃったから」(業)

 

「業くん。先生はね、手入れをするのです。錆びてしまった暗殺者の刃を」(殺せんせー)

 

「無理だ。殺せんせーは結構、弱点が多い。ちょいちょいドジを踏むし、慌てた時は反応速度も人並みに落ちる。けど、どんなに業くんが不意打ちに長けていても……」
「ガチで警戒してる先生の前では、この暗殺は、無理ゲーだ」(渚)

 

「そいつに絶望したら、俺にとって、そいつは死んだと同じだ」(業)

 

「ちなみに、見捨てるという選択肢は先生には無い。いつでも信じて飛び降りて下さい」(殺せんせー)

 

「殺意が湧いてくる。けど、さっきまでとはなんか違う。殺すよ、明日にでも」(業)
「健康的で爽やかな殺意。もう手入れの必要は無さそうですね」(殺せんせー)

 

4話 大人の時間

「私はプロよ。授業なんてやる間もなく仕事は終わるわ」(イリーナ・イェラビッチ、先生)

 

「強引でもいい。私に注意を向けさせて、大事なことに気づかせない」(イリーナ先生)

 

「罠にかかったふりをすれば簡単に暗殺者をあぶり出せます」
「ようするにあなたは、プロとして暗殺の常識にとらわれすぎだ。私の生徒達の方が、よほど柔軟で手強い暗殺をしますよ」(殺せんせー)

5話 集会の時間

「学校側にも、改善を要求しているのだがな。受諾されない」
「ここは、そういう場所だ」(烏間先生)

 

「特に国語が。言葉の良し悪しとか、人間の複雑な感情表現とか、何が正解か分からなくて」(奥田愛美)

 

「君の理科の才能は、将来みんなの役に立てられます。それを多くの人に分かりやすく伝えるために、毒を渡す国語力も鍛えて下さい」(殺せんせー)

 

「あの程度の生徒に屈しはしませんよ。私を暗殺しようとする生徒達はね」(殺せんせー)

 

「殺すか……殺そうとしたことなんて、ないくせに」(渚)

 

6話 テストの時間

「自信を持てる次の手があるから、自信に満ちた暗殺者になれる。対して君達はどうでしょう。俺達には暗殺があるからいいやと考えて、勉強の目標を低くしている」
「それは、劣等感の原因から目をそむけているだけです」(殺せんせー)

 

「第二の刃を持たざる者は……暗殺者の資格なし!!」(殺せんせー)

 

7話 修学旅行の時間・1時間目

「このわずか1キロくらいの範囲の中でも、もの凄いビッグネームが暗殺されてる。ずっと日本の中心だったこの街は、暗殺の聖地でもあるんだ」(渚)

 

「いや、それで正しいよ」
「犯罪慣れしてやがるよ、あいつら。通報しても、すぐには解決しないだろうね。ていうか、俺に直接処刑させて欲しいんだけど」(業)

 

「こんだけのことしてくれたんだ。あんたらの修学旅行はこの後全部、入院だよ」(業)

 

「蝿が止まるようなスピードと汚い手でうちの生徒に触るなど、ふざけるんじゃない!」(殺せんせー)

 

「学校や肩書など関係ない。清流に住もうが、ドブ川に住もうが、前に泳げば、魚は美しく育つのです」(殺せんせー)

 

8話 修学旅行の時間・2時間目

「人を知り、地を知り、空気を知る。暗殺を通して得たものは、生徒を豊かに彩るでしょう」(殺せんせー)

 

9話 転校生の時間

「そう上手くいくかしら。この教室がそんなに単純な仕事場なら、私はここで教師なんてやってないわ」(イリーナ先生)

 

「暗殺における協調の大切さが理解できたと思います」(殺せんせー)

 

「素敵じゃないか、二次元。Dを一つ失うところから女は始まる」(竹林孝太郎)

 

10話 LRの時間

「熟練とはいえ、年老いて引退した殺し屋が、先日まで精鋭部隊にいた人間を、随分簡単に殺せると思ったもんだな」(烏間先生)

 

「経験が有ろうが無かろうが、結局は殺せた者が優れた殺し屋なんですから」(殺せんせー)

 

11話 転校生の時間・2時間目

「お前は多分このクラスで一番強い。けど、安心しろ、俺より弱いから、俺はお前を殺さない。俺が殺したいと思うのは、俺より強いかもしれない奴だけ」(堀部糸成)

 

「殺せんせーが追い詰められている。殺せば、世界が救えるんだ。なのに、何で僕はくやしいんだろう?」(渚)

 

「でもね、先生の方がちょっとだけ老獪です」(殺せんせー)

 

「性能計算では簡単に測れないもの、それは経験の差です。君より少しだけ長く生き、少しだけ知識が多い。先生が先生になったのはね、それを君達に伝えたいからです」(殺せんせー)

 

「先生の中の大事な答えを探すなら、君達は、暗殺で聞くしかないのです」(殺せんせー)

スポンサーリンク

12話 球技大会の時間

「みなにも繰り返すが。これは野球ではない、一方的な制圧作業だよ」(浅野學峯、理事長)

 

「ちょっと自慢したかったんだ。昔の仲間に、今の俺の仲間のこと」(杉野友人)

 

13話 才能の時間

「いいや。あなたの家族じゃない、私の生徒です!」(殺せんせー)

 

「僕は、本物のナイフを手にどう動けばいいのか少し迷って、烏間先生のアドバイスを思いだした。そうだ、戦って勝たなくたっていい。殺せば勝ちなんだ」(渚)

 

「教育に恐怖は必要です。が、暴力でしか恐怖を与えることが出来ないなら、その教師は三流以下だ」(浅野理事長)

 

「迷わぬ教師などいない。本当に自分はベストの答えを教えているのか、内心はさんざん迷いながら、生徒の前では毅然として教えなくてはいけない。決して迷いを悟られぬよう、堂々とね」
「だからこそ格好いいんです、先生って職業は」(殺せんせー)

 

14話 ビジョンの時間

「目の前の草を漠然と食ってるノロマな牛は、牛を殺すビジョンを持った狼には勝てない」(糸成)

 

「寺坂くんは、計画に自信を持ってる様子だった。けど、自分に自信を持ってるようには見えなくて、しゃべる言葉も、何だか借り物のようで、ちぐはぐさに、胸騒ぎがした」(渚)

 

「流されたのはみんなじゃ無くて自分じゃん。人のせいにする暇あったら、自分の頭で何したいか考えたら」(業)

 

15話 期末の時間

「必要なのは結果だよ。結果の伴わない報告は意味が無い」(浅野理事長)

 

「命は簡単に賭けない方がいいと思うよ」(渚)

 

「暗殺者なら、狙ってトップを取るのです」(殺せんせー)

 

16話 終業の時間・1学期

「大きな才能は、負ける悔しさを早めに知れば大きく伸びます」(殺せんせー)

 

「テストとは、勝敗の意味を、強弱の意味を正しく教えるチャンスなのです」(殺せんせー)

17話 島の時間

「大人はズルいのよ。あんた達の作戦に乗じて、おいしいとこだけもってくわ」(イリーナ先生)

 

「君達の、知恵と工夫と本気の努力。それを見るのが先生の何よりの楽しみです。全力の暗殺を期待しています」(殺せんせー)

 

18話 決行の時間

「ですが、君達は誇ってよい。世界中の軍隊でも、先生をここまで追い込めなかった。ひとえに、皆さんの計画の素晴らしさです」(殺せんせー)

 

「こんなにも練習と違うとはね」(速水凛香)

 

19話 伏魔の時間

「見ての通り、彼らはただの生徒では無い。あなたの元には、15人の特殊部隊がいるのですよ」(殺せんせー)

 

「普段の彼女から甘く見ないことだ。優れた殺し屋ほどよろずに通じる。君等に会話術を教えているのは、世界でも一二を争う、ハニートラップの達人なのだ」(烏間先生)

 

「普段から少年マンガ読んでるとね、普通じゃない状況が来ても、素早く適応できるのよ」(不破優月)

 

「先生と生徒は馴れ合いではありません」(殺せんせー)

 

20話 カルマの時間・2時間目

「あんたのプロ意識を信じたんだよ。信じたから警戒してた」(業)

 

「敗者だって自分と同じ、いろいろ考えて生きている人間なんだと。それに気づいた者は必然的に、勝負の場で相手のことを見くびらないようになる」(殺せんせー)

 

「敵に対し、敬意をもって警戒できる人。戦場ではそういう人を、隙がないと言うのです」(殺せんせー)

 

「色仕掛けがしたい訳じゃないけど、殺せんせーも言ってたじゃない。第二の刃を持てってさ」(矢田桃花)

 

21話 ××の時間

「君達の横には、同じ経験を持つ仲間がいる。安心して引き金を引きなさい」(殺せんせー)

 

22話 渚の時間

「○○○○、実験台になって下さい」(渚)

 

「殺意を教わった。いだいちゃいけない種類の殺意あるってこと」
「ひどいことをした人だけど、それとは別に、授業への感謝はちゃんと言わなきゃいけないと思った。感謝を伝えるなら、そういう顔をすべきだと思ったから」

「○○○○、ありがとうございました」(渚)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
暗殺教室1 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました