「五等分の花嫁」上杉風太郎の名言・台詞まとめ

アニメ「五等分の花嫁」上杉風太郎の名言・台詞をまとめていきます。

五等分の花嫁

1話

「昼食に1000円以上とかセレブかよ!」

 

「俺だって嫌だ、俺の方が嫌だね。だが、諦める訳にもいかない。昨日のことは、全面的に俺が悪かった。謝る、今日から、俺がお前の、パートナーだ!」

 

2話

「採点終わったぞ。凄え、100点だ! 全員合わせてな」

 

「分かったことがある。この5人は、極度の勉強嫌い。そして、俺のことも嫌い」

 

「恋!! あれは学業からもっともかけ離れた愚かな行為。したい奴はすればいい。だがそいつの人生のピークは学生時代となるだろう」

 

「あいつらは逃げ続けている。俺からも、勉強からも。もう逃さねえ!」

 

「お前達には、5人そろって笑顔で卒業してもらう」

 

「五つ子だから、三玖に出来ることは他の4人にも出来る。言い換えれば、他の4人に出来ることは、三玖にも出来るということだ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「嫌いって、姉妹のことか? それは嘘だ」

 

「また厳しくなりそうだな。これだから過度な干渉は嫌なんだ」

 

4話

「らいはには、家の事情でいつも不便かけてる。本当は、やりたいことがもっとあるはずだ。あいつの望みは、全て叶えてやりたい」

 

5話

「この関係を友達とは言えないが、あの時、とっさに出た言葉が一番しっくり来る」
「俺はこいつの、こいつらの、パートナーだ。返してもらいたい!」

 

「俺が、そんなに敏感な男に見えるか?」
「お前の些細な違いなんて気づくはずもない。ただ、あいつらと違う笑顔だと思っただけだ」

 

「まあ、あいつらに謝る時は、付き合ってやるよ。パートナーだからな」

 

6話

「お前は姉妹の中で一番まじめだ」
「ただ、馬鹿なだけなんだ!」

 

7話

「嘘だけど、おそらく知らない方がいいだろう」
「それに俺は、これからもう一つ、嘘をつかなければいけないんだ」

 

「早く行け。俺がいなくても大丈夫だ。努力した自分の力を信じろ!」

 

8話

「そんなことないだろ。お前が最初に変わってくれたんだ。真っ直ぐ素直な奴が1人でもいて、助かったんだぜ」

 

「5年前か、少し色あせてきたな」
「また会えるといいな」

9話

「下手な嘘を付くと痛い目に遭う。まぁ、自業自得だな」

 

「そうだっけ? どうでもよすぎて忘れたぜ。これで3日間、思う存分勉強できるな」

 

「お前達の家を除けば、外泊なんて小学生以来だ。もう誰も俺を止められないぜ!」

 

11話

「選択肢のあるお前がうらやましいよ」
「まぁ、9割9分失敗するだろうがな」
「それもまた糧になるさ。上手く行けば、もうけもの。何事も、挑戦だ!」

 

「だが俺はあまり好きじゃないな」
「お前達5人は、おそらく元は同じ身体能力だったろ、五つ子だし。だったらあの運動能力は、四葉が後天的に身につけたものだ」

「遊びで何言ってんだって話だけどさ、その努力を否定したくない」
「全員平等もいいが、そこに至るまでを否定しちゃいけない。平等じゃなく、公平にいこうぜ」

 

12話

「いくら俺だって、それくらいは、お前達のことを知ってる」

 

「馬鹿不器用め。詰めが、甘いんだ、よ……」

 

「今なら言えるかもしれない。あの時、言えなかった一言」
「そばにいてくれて、ありがとう」

 

五等分の花嫁∬(2期)

1話

「夢を見ていた。君と初めて出会った、あの日の夢を」

 

「そうですね、俺はいいんです。俺が教えてやらないといけないバカ達がいるんです」

 

「俺はお前達の顔を見分けられるほど知らないが、お前達の文字は嫌というほど見ているからな」

 

2話

「お前達だけやらせてもフェアじゃない。俺がお手本にならなきゃな」

 

「二乃、どうしたんだ? お前は誰よりあいつらが好きで、あの家が好きだったはずだ!?」

 

「母親の代わりか? だったら……俺は父親の代わりになろう」
「これも家庭教師の仕事として割り切るさ」

 

「あの日、京都であの子と出会い、いつか誰かに必要とされる人間になると決めた。俺はそのために、勉強してきた」

 

「そうだ……最初から間違ってた。ただ勉強してただけの俺は、何の役にも立てない。あいつらに、俺は不要だ」

3話

「あれ? いつのまにか、二乃と普通に話せてる」
「こいつともサシでなら、スムーズに話せるな。俺はまだ二乃を理解しきれてないのかもしれない」

 

「好きとかじゃ……感謝と憧れがあっただけだ」

 

「昨日のことは正直ショックだった。このタイミングで、レナがなぜ俺の前に現れたのか分からないが、一つ、あいつに教えられたことがある」

「人が変わっていくのは避けられない。過去を忘れて、受け入れていかないとな。だからお前も仲直りして帰ろう」

 

「残念だが、それも今となっては叶わない。信じて待つ、俺に出来ることはそれだけだ」

 

4話

「お前らに配慮するのもバカらしくなってきた。俺もやりたいようにやらせてもらう。俺の身勝手に付き合えよ、最後までな!」

 

5話

「それだけですか? なぜケンカしたのか、気になりませんか? あいつらが何を考え、何に悩んでるのか、知ろうとしないんですか?」

「少しは父親らしいことしろよ! バカ野郎が!!」

 

「何だよ、そういうことは早く言え」
「俺がやりたくてやってるんだ、給料のことは気にすんな」
「出世払いで結構だ」

 

「あっぶねー! 俺としたことが、思わずいいこと言う所だったぜ!?」

 

「しかし、あんな大勢の前でよく恥ずかしげもなく出来るもんだ。本当に、あいつらに見せてやりたいぜ。おつかれ、一花」

 

6話

「だが、どうでもいい。お前らの事情も、家の事情も、前の学校も、転校の条件もどうでもいいね ! 俺は俺のやりたいようにやる! お前らも進級させる!」

「この手で全員そろって笑顔で卒業! それだけしか眼中にねえ!!」

 

「いつか来るだろうとは思っていたが……教師としてのノウハウの無い俺の限界。何が分からないのか分からない。どう教えたらいいのか分からない。IQの差とは何と残酷!」

 

「例の5人でいることが重要という教えか?」
「しかしそれは、救いでもあり、同時に大きな枷となっているに違いない」

 

「巧妙が見えて来たぞ。お前らの親父は正しい。2人態勢なら何とかなるかもしれない!?」

「国語はお前も教えるんだ」
「無理じゃねえ。今までの試験結果から、姉妹でも得意科目があるのは気づいてた。三玖なら社会、五月なら理科、そして四葉、お前は国語が得意なんだ」

「何も特別なことはしなくていい、感じたまま言えば伝わるはずだ。お前が出来るなら、他の4人も出来るはず。五つ子なんだから!」

 

「至らぬ教師ですまない。これからは全員生徒で全員教師だ」

 

「そうだ。お前にしか出来ない仕事だ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

7話

「面倒くさいことに、人間関係ってのは片側の意見だけじゃ進まないってことだ」

 

「何だよ、ずっと寝かせてくれ。このまま寝続けて、未来に飛ぶんだ」

 

8話

「三玖か?」
「いや、すまん。なぜか自分でも分からんが、気のせいかもしれんが、一瞬……お前が三玖に見えたんだ」

 

「間違えてると分かった今となっては恥ずかしい話だが、笑わないで聞いてくれ。バレンタイン、返してないことに腹立ててんのかと思った」

 

9話

「さあな。だがきっと、(バラバラになるのは)悪いことでは無いんだろう」

 

「そんな感じでさまざまなアルバイトを経験してきた俺だが、ことあるごとに痛感する訳だ。俺は勉強しか出来ない男だ」

「ただ頭が良くて、学年1位で、同級生5人の家庭教師くらいならこなせてしまう男だ」

 

「オーディション受けてよかったな。もう立派な嘘つきだ」

 

10話

「(お前なんか)知らん。今まで満点しか取ってなかったから、2位以下は気にしたことがない」

 

「その通りだな。だが去年の夏までは、あるいはこの仕事を受けていなかったら、俺は凡人にもなれていなかっただろうよ」

「教科書を最初から最後まで覚えただけで、俺は知った気になっていた。知らなかったんだ、世の中にこんなバカ共がいるってことを。俺がこんなバカだったことも」

「こいつらが望む限り、俺は付き合う」

 

「2桁? 何言ってんだ。1桁だ! こいつらの家庭教師を続けた上で、全国模試、1桁取ってやるよ! そしてこいつらが、足かせ何かじゃ無いってことを証明してやる!」

 

「五羽、鶴……」
「1人じゃない、か。あいつらも、頑張ってる。負けられねえ」

 

11話

「まあ、いろいろあったからな。だから、あの三玖から応援と言われた時は、頭が混乱した。あの三玖はあいつじゃねえ、間違ってなかったんだな」

 

「あるぞ。人と比較なんてせず、個人ごとに幸せを感じられる。もしそんなことが出来たら、それはお前の望む世界だ」

「だが、現実的には誰かの幸せによって、別の誰かが不幸になるなんて珍しくもない話だ。競い合い、奪い合い、そうやって勝ち取る幸せってのもあるだろ」

 

「おこがましいことなんじゃねえの、全てを得ようなんてな。何かを選ぶ時は、何かを選ばない時。いつかは、決めなくちゃいけない日が来る、いつかはな」

 

12話

「6年前、俺とここで買ったお守りを覚えているか?」
「嘘、なんだな……すまん、今のお前を信じられない」

 

「美味い」
「俺は味オンチらしくてな、正直自信は無いし、ロクな感想も言えないんだが……お前の努力、それだけは味わえた。頑張ったな」

 

「お袋が昔、焼いてくれたんだ。6歳の頃、死ぬまでパンを毎日。何故か今、それを思い出した」

「小さな個人喫茶でも出す、人気の手作りパンでな。俺も親父も大好きな……なんて、今は俺の話なんてどうでもいいか?」

 

「あの日から……きっと、あの日からだ。彼女を、特別に感じたのは。あの瞬間から」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 全14巻セット (コミック)

 

→五等分の花嫁
→五等分の花嫁∬(2期)
→五等分の花嫁(一花)
→五等分の花嫁(二乃)
→五等分の花嫁(三玖)
→五等分の花嫁(四葉)
→五等分の花嫁(五月)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました