「かぐや様は告らせたい」石上優の名言まとめました

アニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」石上優の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

かぐや様は告らせたい

→2期へ(同ページ)

6話

「はい、生徒会を辞めたいんです」

 

「けれども、どうしようもない理由があって」
「僕、多分殺されると思うんです。四宮先輩に、殺されると思うんです」

 

「僕、目を見ればその人の本性が5、6%分かるんです」

 

「何があったかは、脅されているので言えません。多分あの人、既に2、3人はやってますよ」

 

「四宮先輩って、会長のこと好きなんですか?」
「恋愛対象として見てないんですか?」
「本当に?(そうなのか。2人はお似合いだと思ってたんだけど……)」
「じゃあそれとなく会長に伝えておきますよ、脈なしだって」

 

「多分、暗殺術極めてます。ソファの角使って締めにくるとか、プロですよ」
「彼女はおそらく根っからのシリアルキラーです。目を見れば分かります」

 

「藤原先輩なんて僕よりも危ないです。時々、人として見てない目で見られています。あれはもって2ヶ月といった所ですね」

 

「白銀先輩、これは罠です。かわいい風を装い、油断させた所をザクです」

 

「藤原先輩、リンス、変えましたね」

 

「あっ、死のう」

7話

「部活って、ちょ~くだらないですよね」

 

「いえ、部活の大事さは分かりますよ。部活が無かったら暇を持て余した若者たちは非行三昧。補導、停学、家庭崩壊。最終的に妊娠してみんなでカンパですよ。精神的に未熟な子供から隔離するのに、部活はもっともらしい理由になりますからね、部活は」

 

「本気でやってる分にはいいんですよ。ただ大半は、俺達マジだぜって顔で仲良しごっこしてるだけじゃ無いですか。そういうの本当に薄ら寒いというか、何楽しんでんだよっていうか、もっと必死こいてやれよっていうか。ああホント、全員死なねえかな~」

 

「サッカー部の予算を大幅に削るべきでしょう」「あそこ彼女持ち多いんですよ」
「幸福こそ一番の課税対象じゃないですか、幸せ税です」

 

「私怨ですよ。ですが果たしてそれは悪でしょうか?」

 

「会長。僕、遺書残したいので帰ります」

 

「大きいのも小さいのも、好きな人生でした」

 

9話

「藤原先輩、せこっ! 姑息! しかも一応かけておいた保険でバレるとか、一番恥ずかしいやつ! あ~恥ずかしい、僕ならもう帰ってますよ!」

 

10話

「マジっすか? 僕に恋愛相談って」
「なるほど、そういうことでしたら僕にまかせて下さい。僕、恋愛マスターなんで」
「嘘です」「でも、ラブコメはめっちゃ読んでますよ」

 

「はぁー!? なんすか、その女? クソオブクソじゃないですか」

 

「うるせぇ、バーカ!! お互い謝ったんですよね? だったらその話そこでお終い。何ひきずっとんねんって話ですよ!」

 

「そこ!? みたいな所で怒ったりするじゃないですか、女って。男が女の全てを理解しようとするのは、そもそも傲慢なのかもしれません」
「結局、ほとぼりが冷めるのを待った方がいいんですよ。男側にやましいことが無いなら、別に謝る必要も無いですって」

 

「でも、一度くらいは何か思い出づくりしたいですよね」
「僕は一年ですけど、会長は二年。来年は受験勉強でそれどころじゃ無いのかもしれない。会長とゆっくり遊べるのは、今年だけかもしれませんから」

かぐや様は告らせたい?

1話

「会長~。全然まあまあな顔してませんよ。こんなに順調でいいのって顔ですよ、これ!」
「まさかとは思いますが、この人相談風自慢しにきてるんじゃないですか?」

 

「会長~。もうこいつ行くとこまで行ってるんじゃないです!?」
「いやもう神ってる。神っちゃってますよ、この感じ!」

 

「いいですか。神ってるカップルってのはですね、2人きりで密室に放り込めば、それなりにアホな行動をとるんです」

 

3話

「僕が票を取れると思いますか? 僕と目が合っただけで、クラスの女の子は泣き出すんですよ」

 

4話

「クラスメイトの名前も覚えてない僕に聞きます?」

 

5話

「うぉ! どうしたんですか? なんかの呪いが解けたんですか?」

 

「本物の愛? もう少し現実を見ましょうよ。この現代社会、誰も打算なしに人を愛することなんて出来ないでしょう」
「全くバカみたいですよ。おのおのが胸に抱いた等身大の愛。それこそが本物の愛だって、なぜ気づかないんですか?」

 

6話

「みなさんにお願いがあるんです。今日の選挙、伊井野ミコに徹底的に勝ちたいんです」

 

「今日の選挙は僕らが確実に勝つでしょう。それでもみなさんなら、それ以上の勝ち方が出来るはずです」

 

「会長の成果をそれっぽく演出してみせただけですよ。大事なのは、積み重ねと伝え方です」
「僕が言い出したことですし。伊井野ミコに徹底的に勝つって」

 

「いつものパターンですよ。これが伊井野ミコが勝てない理由。もともと人前が苦手な奴でしたけど、選挙に負けるたびひどくなってる。そりゃ笑いますよ」

「学年1位の融通がきかないクソ真面目ちゃん。普段は偉そうに指図してくる目の上のたんこぶが、こうも見事に生き恥さらしてくれる訳ですから」

「普段からムカついている奴等からしたら、笑うなってのが無理な話しですよ。僕だって、あいつには怨みも多い」

 

「でも……でもイラつくんすよ。頑張ってる奴が笑われるのは! だから僕は」

 

「選ばれないかもって結構不安になるもんですね。性格に難ありますから、僕は」

 

7話

「泣けちゃう~!」「キラキラな恋、したくなっちゃったぁぁぁーーー!!!」
「ああ、どっかに出会いないかな?」

 

8話

「伊井野さ、そういうのが敵作るんだって分かってる? 別にルールに厳しのは構わないよ。だけど取り締まられる側にも感情があるの理解してないだろ」

 

9話

「論理展開が間違っていた。応援団に入ればリア充になるのではなく、リア充しか応援団に入らないのだ」

 

「お前らフォトジェニックに貪欲すぎだろ。何でもかんでもパンケーキ感覚」

 

「地獄か? 地獄に住まう鬼たちか?」

 

11話

「すげぇ。何か心配したのがバカみてえ」
「何か、今までで……一番楽しい体育祭かも」

 

「やっぱり応援団に入ってみてよかった……かもしれない。いい加減、僕は前を向きたい。失敗を悔やんで後悔を積み重ねるより、もう少し心踊る生き方を……」

 

「うるせえ、バーカ」

「悪いけど大友、もう後ろだけ見るのは止める、振り払っていく。ここで勝って、証明してみせる。僕はこれでいいんだと。僕はおかしくないと」

 

「見ようとしてなかったのは僕だ。ちゃんと見るだけで、こんなに風景は変わるのか」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
かぐや様は告らせたい 1 [Blu-ray]
かぐや様は告らせたい? 1 [Blu-ray]

 

→かぐや様は告らせたい
→かぐや様は告らせたい?(2期)
→かぐや様は告らせたい(四宮かぐや)
→かぐや様は告らせたい(白銀御行)
→かぐや様は告らせたい(藤原千花)
→かぐや様は告らせたい(早坂愛)
→かぐや様は告らせたい(柏木渚)
→かぐや様は告らせたい(白銀圭)
→かぐや様は告らせたい(伊井野ミコ)
→かぐや様は告らせたい(大仏こばち)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました