「かぐや様は告らせたい」石上優の名言まとめました

アニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」石上優の名言をまとめていきます。

かぐや様は告らせたい

6話

「はい、生徒会を辞めたいんです」

 

「けれども、どうしようもない理由があって」
「僕、多分殺されると思うんです。四宮先輩に、殺されると思うんです」

 

「僕、目を見ればその人の本性が5、6%分かるんです」

 

「何があったかは、脅されているので言えません。多分あの人、既に2、3人はやってますよ」

 

「四宮先輩って、会長のこと好きなんですか?」
「恋愛対象として見てないんですか?」
「本当に?(そうなのか。2人はお似合いだと思ってたんだけど……)」
「じゃあそれとなく会長に伝えておきますよ、脈なしだって」

 

「多分、暗殺術極めてます。ソファの角使って締めにくるとか、プロですよ」
「彼女はおそらく根っからのシリアルキラーです。目を見れば分かります」

 

「藤原先輩なんて僕よりも危ないです。時々、人として見てない目で見られています。あれはもって2ヶ月といった所ですね」

 

「白銀先輩、これは罠です。かわいい風を装い、油断させた所をザクです」

 

「藤原先輩、リンス、変えましたね」

 

「あっ、死のう」

7話

「部活って、ちょ~くだらないですよね」

 

「いえ、部活の大事さは分かりますよ。部活が無かったら暇を持て余した若者たちは非行三昧。補導、停学、家庭崩壊。最終的に妊娠してみんなでカンパですよ。精神的に未熟な子供から隔離するのに、部活はもっともらしい理由になりますからね、部活は」

 

「本気でやってる分にはいいんですよ。ただ大半は、俺達マジだぜって顔で仲良しごっこしてるだけじゃ無いですか。そういうの本当に薄ら寒いというか、何楽しんでんだよっていうか、もっと必死こいてやれよっていうか。ああホント、全員死なねえかな~」

 

「サッカー部の予算を大幅に削るべきでしょう」「あそこ彼女持ち多いんですよ」
「幸福こそ一番の課税対象じゃないですか、幸せ税です」

 

「私怨ですよ。ですが果たしてそれは悪でしょうか?」

 

「会長。僕、遺書残したいので帰ります」

 

「大きいのも小さいのも、好きな人生でした」

 

9話

「藤原先輩、せこっ! 姑息! しかも一応かけておいた保険でバレるとか、一番恥ずかしいやつ! あ~恥ずかしい、僕ならもう帰ってますよ!」

 

10話

「マジっすか? 僕に恋愛相談って」
「なるほど、そういうことでしたら僕にまかせて下さい。僕、恋愛マスターなんで」
「嘘です」「でも、ラブコメはめっちゃ読んでますよ」

 

「はぁー!? なんすか、その女? クソオブクソじゃないですか」

 

「うるせぇ、バーカ!! お互い謝ったんですよね? だったらその話そこでお終い。何ひきずっとんねんって話ですよ!」

 

「そこ!? みたいな所で怒ったりするじゃないですか、女って。男が女の全てを理解しようとするのは、そもそも傲慢なのかもしれません」
「結局、ほとぼりが冷めるのを待った方がいいんですよ。男側にやましいことが無いなら、別に謝る必要も無いですって」

 

「でも、一度くらいは何か思い出づくりしたいですよね」
「僕は一年ですけど、会長は二年。来年は受験勉強でそれどころじゃ無いのかもしれない。会長とゆっくり遊べるのは、今年だけかもしれませんから」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~1 [Blu-ray]

 

→かぐや様は告らせたい
→かぐや様は告らせたい(四宮かぐや)
→かぐや様は告らせたい(白銀御行)
→かぐや様は告らせたい(藤原千花)
→かぐや様は告らせたい(早坂愛)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました