「かぐや様は告らせたい」早坂愛の名言まとめました

アニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」早坂愛の名言をまとめていきます。

かぐや様は告らせたい

4話

「まどろっこしいですね」
「かぐや様。白金会長のこと、好きなんでしょ?」

 

「じゃあ、書紀ちゃんと白金会長が付き合ったら?」「どっちなんすか?」

 

「メールで無く電話なら?」
「向こうはメールが来ると思ってます。その油断をついた、攻めの一手です」

 

「と、言うことは、裸ですね」「かぐや様。今○○出しの人と会話してるんですね」
(風呂に入ってる白金と電話で話してるかぐやの耳元で)

6話

「ちゃんと校則の範囲内ですよ。まあ、多少校則の穴を付いてはいますが」

 

「私たちにとって、美貌は力です。社交界で自分を飾れない者に、居場所はありません。美しいだけの女にチャンスを奪われたく無いでしょう?」

 

「よくそのボロの出し方で、今までやってこれましたよね」

 

「会長ってかわいいですね。ハズいくらい」
「かぐや様もだけど……」

 

9話

「あの、かぐや様。おかわいい企みではあるんですが。その場合、私はどうやって帰るんですか?」
「鬼ですか? もっと私を大切にしないと、そのうち天罰が下りますからね」

 

「普段からこれくらい可愛ければいいのに?」
(風邪をひき甘えるかぐやを見て)

 

「ここまで来てビビるなよ」
(見舞いに来た白金だがすぐ帰ろうとする)

 

「エゴ(理性)の源である思考力が、何らかの理由によって失われたとすれば、人はイド(欲望)によって動く獣。すなわちアホになると言うことです」

 

「いいですか。この部屋には3時間ほど、誰も絶対に入りませんが、変なことをしては絶対にいけませんよ」
「その上、この部屋は防音完璧ですし、かぐや様の記憶は残りませんので、何したってバレっこ無いですから、絶対に絶対に、変なことしちゃダメですよ~!」

 

「あ~らら、やっぱりこうなりましたか。まあでも、それはもうぐっすり眠れたようですね」

11話

「それはため息ですか?」
「そんなため息をついたら、幸せが蜘蛛の子ちらして逃げて行きますよ」

 

「ああ、本当に疲れる仕事。たまにこうして疲れを洗い流さないとやってられない。かぐや様は分かってない。もっと私を大事に……」

 

「あら手のバカですか?」

 

「いい加減、気づいて下さい。そのパターンで成功したこと、一度も無いんです」

 

「結局、申請は出来ず。かぐや様は本当に頑固でどうしようもないですね。本当にどうしようもない人達。どっちかが素直になれば、幸せになれるのに」

「でもうらやましい。一度くらい、私もあれくらい誰かを好きに……な~んて」

 

「それはですね、かぐや様。全ての予定を会長から誘って来るという前提で立ててるからです。甘すぎましたね」

 

「ぐうの音も出ないほど、その通りじゃないですか」

 

「こんな場所まで呼び出して、それだけですか? くたばれクソジジイ」

 

12話

「弱り目にたたり目。弱る時はとことん弱る人ですね」

 

「確かに、かぐや様はつらい夏休みをお過ごしになられました」
ですが、この夏休み。白金会長に一度も会えなかったのは、長期的に考えれば、むしろ、最善の選択であったといえます」

「会えない時間が愛を育てる。会長だって、今のかぐや様と同じ気持ちでしょう」

 

「いいですよ。いつもの顔になって来ましたね」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~1 [Blu-ray]

 

→かぐや様は告らせたい
→かぐや様は告らせたい(藤原千花)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました