「五等分の花嫁」中野三玖の名言まとめました

アニメ「五等分の花嫁」中野三玖の名言をまとめていきます。

五等分の花嫁

1話 五等分の花嫁

「分かった。でも、あの子は友達じゃない」

 

「風太郎、だっけ? 聞きたいことがあるの」
「私の体操服が無くなったの、赤のジャージ」「さっきまであったの、風太郎が来る前はね」

 

2話 屋上の告白

「油断させて勉強教えてくるかも」

 

「いじわるする風太郎には、飲ませてあげない」

 

「食堂で言えたらよかったんだけど、誰にも聞かれたくなかったから……」

 

「よし、言えた。スッキリ!」

 

「見た!?」「誰にも言わないで。戦国武将、好きなの」

 

「それって、私より詳しいってこと?」

 

「そこまで言うなら、いいよ」

 

「待って。これ、友好の印。飲んでみて」
「気になるって言ってたじゃん、大丈夫だって。鼻水なんて入ってないよ、なんちゃって」
「あれ、もしかして……この逸話知らないの?」
「そっか。頭いいって言ってたけど、こんなもんなんだ。やっぱ教わることなさそう、バイバイ!」

 

「なんで、そんなに、必死、なの?」

 

「姉妹だから言えないんだよ。5人の中で、私が一番落ちこぼれだから」
「でも、なんとなく分かるんだよ。私程度に出来ること、他の4人も出来るに決まってる」
「五つ子だもん!」

 

「なにそれ、へりくつ、本当に。五つ子を過信しすぎ」

 

「風太郎のせいで考えちゃった、ほんのちょっとだけ。私にも出来るんじゃないかって」
「だから、責任、取ってよね!」

3話 問題は山積み

「何してるの?」「家庭教師、するんでしょ」

 

「風太郎、現実を見て。もう、みんないない」

 

「そんなことない、と思う」
「誠実に向き合えば、分かってくれるよ」

 

「私に言われても分かんない。それを考えるのが、風太郎の仕事でしょ」

 

4話 今日はお休み

「複雑な五つ子心」

 

「花火は、お母さんとの思い出なんだ。お母さんが花火が好きだったから、毎年そろって見に行ってた。お母さんがいなくなってからも、毎年そろって」
「私達にとって花火って、そういうもの」

 

「勉強関係ないのに協力的。風太郎のくせに」

 

5話 全員で五等分

「私はもう大丈夫だから」

 

6話 積み上げたもの

「平気。少し頑張ろうと思っただけ」

 

8話 始まりの写真

「待って! 完璧に美味しくなるまで作るから、食べて」

9話 結びの伝説1日目

「何で好きな人と付き合うんだろう」

 

「相手を独り占めしたい。そんなことしない、私たちは五等分だから」
「それに、一花なら心配ない」

 

10話 結びの伝説2日目

「私、変かも……」
「風太郎はみんなの家庭教師なのに。一花は風太郎のこと、どう思ってる?」

 

「平等。一花が相手になってあげて」

 

11話 結びの伝説3日目

「私たちは平等。だとしたら……私はどうしたら?」

 

「風太郎。狭いから、あんまり動いちゃダメ」「出るのもダメ。……よく分かんない」

 

「公平に行こうぜ」

 

12話 結びの伝説2000日目

「風太郎。せっかく林間学校に前向きになってくれたのに。1人で、こんな寂しい終わり方で、いいのかな?」

 

「でも、もう止めた。独り占めはしたい。この感情に、嘘は付けない。だけど、それは今じゃ無い」
「私は、風太郎が好き。だから好き勝手にするよ。その代わり、一花もみんなも、お好きにどうぞ。負けないから!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 第1巻 [Blu-ray]

 

→五等分の花嫁
→五等分の花嫁(中野一花)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました