「五等分の花嫁」中野一花の名言・台詞まとめ

アニメ「五等分の花嫁」中野一花の名言・台詞をまとめていきます。

五等分の花嫁

1話

「ガリ勉君のくせに、男らしいこと言うじゃん。困ったらこの一花お姉さんに相談するんだぞ。何かおもしろそうだし!」

 

「ああ、ダメダメ! 服着てないから、照れる」

 

「もう、勉強勉強って。せっかく同級生の女の子の部屋に来たのに、それでいいの?」

 

2話

「このこじらせ方、手遅れだわ」

 

3話

「同じ顔だし、四葉でもいけるんじゃない」
「小学生のころのパンツは、そろそろ捨てないとね」

 

4話

「ダメだな~。女の子が髪型変えたら、とりあえず褒めなきゃ」

 

「それでね、さっきのことは秘密にしておいて。私は、みんなと一緒に花火を見られない」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

5話

「本当は友達なのに、悪いことしてるみたい」

 

「いい絵が撮れるように試行錯誤する。今はそれが何より楽しいんだ」

 

「この仕事を始めて、やっと、長女として胸を張れるようになれると思ったの」

 

「まいったな~。風太郎くん一人騙せないなんて、自信なくなってきたよ」

 

「寄り道なんかじゃない。これが私の目指してる道だよ」

 

「上手く笑えてるかな? こんな時、みんなはどうやって笑うんだろう?」
「四葉なら、三玖なら、五月なら、二乃なら?」

 

「まだお礼言ってなかったね。応援してもらった分、私も君に協力しなきゃ、パートナーだもんね。私は一筋縄じゃ行かないから、覚悟しててよね」

 

「頑張ったね、ありがとう。今日は、おやすみ」

 

6話

「でもね、今日はいつもと違う気がした。二人には、仲良くケンカして欲しいな!」

 

「私にやれることはやってみるけど、風太郎くんにしか出来ないことがあるから、お願いね」

 

7話

「ごめんごめん。五つ子ジョークだよ」

 

9話

「寝顔見るのは二度目かな。これくらい平常心でいられなきゃ、友達……パートナーじゃないよね。大丈夫だよね」

 

10話

「後悔しないようにしなよ。今がいつまでも続くとは限らないんだから」

 

「風太郎くんが実行委員をしっかりこなせるかは、別の意味でドキドキしたけどね」

11話

「平常心。ここのセンサーも、反応させちゃダメだから」

 

「風太郎くんは頭が良いけどおバカだよね」

 

「何で泣いたか聞かないでくれるんだ、興味ないだけかな。ホント、何で泣いちゃったかな」

 

「いいよ、キャンプファイヤーのダンス。私との約束は無かったってことで」
「その代わり……今、踊ろ! 今夜は2人だけのキャンプファイヤーだよ」

 

「センサーに以上なし。これなら大丈夫」

 

12話

「2人にお願い、1人でいる五月ちゃんを見つけてあげて。本当は寂しいはずだから」

 

「五月ちゃんは、まだ追ってるんだね。大丈夫、風太郎くんはお父さんとは違うよ」

 

「ごめんね。ダンス断るべきだった。もっと早く気がついてればよかったのにね、伝説のこと、三玖の想い」
「そして……この気持ちにも」

 

五等分の花嫁∬(2期)

1話

「学校なんてつまらないとこ、すぐ辞められると思ってたけど……もう少しこのままで、未練が出来ちゃったから」

「無愛想で気がつかなくていじわる。何で……君なんだろうね?」

 

3話

「どれだけ大きくなっても四葉は妹なんだから、お姉ちゃんを頼ってくれないかな?」

 

5話

「みんなには誤魔化してるけど、貯金が心もとなくてね」
「だから、どんな小さな仕事も引き受けるって決めたんだ。あの子達のためにも、私が頑張んなきゃ。だから止められても……」

 

「こんな時まで演技だなんて、これじゃ本当に嘘つきだよ。でも、こんな顔、見せられないよ……」

6話

「ノーデリカシーの名を欲しいがままにしてるね~」

 

「きっと、こういうとこなんだろうな。これ以上好きになっちゃいけないのに」

 

「だけど、私も手を抜いてられる余裕なんてないから、頑張ってね」

 

「三玖がどんどん変わっていく……」

 

7話

「上手く隠せてたかな? 三玖を応援してた気持ちに偽りは無い、はず……でもあの時一瞬、三玖は一番になったら告白するって言ってたけど、今回は私が一番だった」

「ならしても、いいのかな……」

 

8話

「二乃お願い、それ以上言わないで」

 

「私だって風太郎くんのことを……だからまだ、このままでいさせて」

 

「と、止まらない、愛の暴走機関車だ! 話も聞いてくれない! 相談って言ったのに!?」

 

「きっと二乃は風太郎くんと密会する。そして、もしかしたらキスを……」

もう止められない。私みたいにズルくない。誰の目も気にせず、全力で、本気で恋してるんだ。私には入る余地も無い、資格も無い……」

 

「それは……お母さんが死んじゃった後の、あの痛々しい五月ちゃんの姿を見てたらね。当然だよ、お姉ちゃんらしくしないと」

 

「私がしたいこと……ずっと今が続いて欲しかった。この一番居心地のいい空間が、変わって欲しくなかった。でも、本当は……誰にも取られたくなかったんだ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

9話

「まあギリギリどうにかなるんだけど。今日まで家賃のために確実な仕事しかしてこなかったから。そろそろ私も、やりたいことに挑戦してみようかなって」

 

「でもさ、私が言い出したことなんだけど、少し寂しくもあるんだ。みんなそれぞれ忙しくなる。きっと全員がそろうことも少なくなるよね」

「私達、このまま大人になっていってバラバラになっていくのかな?」

 

「あ~あ、やっちゃった……貢物作戦も失敗。かといって、二乃みたいな直球勝負は絶対無理。だけど……このポジションは、絶対譲りたくないんだ」

 

「もう止めて……他の子のこと話さないで……」
「待って! (私だけを見て欲しい)」「ねえ、このまま2人でサボっちゃおうよ」

 

「こんな単純でいいのかな?」
「君が私を気にかけて、憶えていてくれた。たったそれだけが、クラスメイトのどんな賛辞より、胸に響いてしまうんだ」

 

10話

「自分のしたことに後悔しちゃダメ、私はこう戦うと決めたんだから。全員に釘を刺した今がチャンス。私だけがプレゼントを送る、もう迷ってる余裕なんて無い!」

 

「忘れてた……二乃のブレーキは壊れてるんだ!」

 

「私達、五つ子なのに好みはバラバラだよね」
「二乃。二乃は風太郎くん、好き?」

「私も」

 

「何でこんな時だけ一緒なのかな? 二乃には悪いけど、譲るつもりは無いから」

 

11話

「またやるしかない。一度ついた嘘はもう取り消せないなら……三玖を止めるため、私は嘘つきを演じ続ける」

 

「四葉、いいから。結果はどうであれ、私がしようとしてたのはこういうことだから」

 

12話

「さっきの話、風太郎くんは知ってるんじゃない? 6年前のその子が、私達5人の誰かだって?」
「私だよ、私、私だよ。私達、6年前に会ってるんだよ。嘘じゃ無いよ……信じて……」

 

「私のしたことは許されないとしても、最終日が終わる前に、少しでも罪ほろぼしをさせて欲しいんだ」

 

「私、謝られてばっかりだ……一番謝る必要があるのは私なのに……」

 

「三玖、ごめんね。ずっと邪魔してごめん。風太郎くん、嘘ついてばかりでごめんなさい。だけど、あのことは……」

 

「ほんの少しの、わずかな間だったけど……きっとあの瞬間があったから、君を好きになったんだ」
「風太郎くん、もう信じてくれないだろうけど……あれだけは、あの思い出だけは、嘘じゃないんだよ」

 

「抜け駆け、足の引っ張りあい、この争いに何の意味も無い。私達は、敵じゃないんだね」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 全14巻セット (コミック)

 

→五等分の花嫁
→五等分の花嫁∬(2期)
→五等分の花嫁(風太郎)
→五等分の花嫁(二乃)
→五等分の花嫁(三玖)
→五等分の花嫁(四葉)
→五等分の花嫁(五月)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました