「五等分の花嫁」中野一花の名言まとめました

アニメ「五等分の花嫁」中野一花の名言をまとめていきます。

五等分の花嫁

1話 五等分の花嫁

「ガリ勉君のくせに、男らしいこと言うじゃん。困ったらこの一花お姉さんに相談するんだぞ。何かおもしろそうだし!」

 

「人の部屋を、未開の地扱いして欲しく、ないな」

 

「ああ、ダメダメ! 服着てないから、照れる」

 

「もう、勉強勉強って。せっかく同級生の女の子の部屋に来たのに、それでいいの?」

2話 屋上の告白

「このこじらせ方、手遅れだわ」

 

3話 問題は山積み

「同じ顔だし、四葉でもいけるんじゃない」
「小学生のころのパンツは、そろそろ捨てないとね」

 

「まあ、そうかっかしないで。私達昔は仲良し五姉妹だったじゃん」

 

4話 今日はお休み

「ダメだな~。女の子が髪型変えたら、とりあえず褒めなきゃ」

 

「それでね、さっきのことは秘密にしておいて。私は、みんなと一緒に花火を見られない」

 

5話 全員で五等分

「なんで?」「なんでおせっかい、焼いてくれるの?」

 

「本当は友達なのに、悪いことしてるみたい」

 

「いい絵が撮れるように試行錯誤する。今はそれが何より楽しいんだ」

 

「この仕事を始めて、やっと、長女として胸を張れるようになれると思ったの」

 

「まいったな~。風太郎くん一人騙せないなんて、自信なくなってきたよ」

 

「寄り道なんかじゃない。これが私の目指してる道だよ」

 

「上手く笑えてるかな? こんな時、みんなはどうやって笑うんだろう?」
「四葉なら、三玖なら、五月なら、二乃なら?」

 

「まだお礼言ってなかったね。応援してもらった分、私も君に協力しなきゃ、パートナーだもんね。私は一筋縄じゃ行かないから、覚悟しててよね」

 

「頑張ったね、ありがとう。今日は、おやすみ」

6話 積み上げたもの

「でもね、今日はいつもと違う気がした。二人には、仲良くケンカして欲しいな!」

 

「私にやれることはやってみるけど、風太郎くんにしか出来ないことがあるから、お願いね」

 

7話 嘘つき嘘たろう

「ごめんごめん。五つ子ジョークだよ」

 

「私達で先に始めてるから、忘れ物、取ってきてくれる」

 

9話 結びの伝説1日目

「寝顔見るのは二度目かな。これくらい平常心でいられなきゃ、友達……パートナーじゃないよね。大丈夫だよね」

 

10話 結びの伝説2日目

「後悔しないようにしなよ。今がいつまでも続くとは限らないんだから」

 

「風太郎くんが実行委員をしっかりこなせるかは、別の意味でドキドキしたけどね」

 

11話 結びの伝説3日目

「平常心。ここのセンサーも、反応させちゃダメだから」

 

「風太郎くんは頭が良いけどおバカだよね」

 

「何で泣いたか聞かないでくれるんだ、興味ないだけかな。ホント、何で泣いちゃったかな」

 

「やっと興味もってくれた」

 

「いいよ、キャンプファイヤーのダンス。私との約束は無かったってことで」
「その代わり……今、踊ろ! 今夜は2人だけのキャンプファイヤーだよ」

 

「センサーに以上なし。これなら大丈夫」

 

12話 結びの伝説2000日目

「2人にお願い、1人でいる五月ちゃんを見つけてあげて。本当は寂しいはずだから」

 

「五月ちゃんは、まだ追ってるんだね。大丈夫、風太郎くんはお父さんとは違うよ」

 

「ごめんね。ダンス断るべきだった。もっと早く気がついてればよかったのにね、伝説のこと、三玖の想い」
「そして……この気持ちにも」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 第1巻 [Blu-ray]

 

→五等分の花嫁
→五等分の花嫁(上杉風太郎)
→五等分の花嫁(中野二乃)
→五等分の花嫁(中野三玖)
→五等分の花嫁(中野四葉)
→五等分の花嫁(中野五月)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました