「ワンピース」シャンクスの名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」赤髪のシャンクスの名言・台詞をまとめていきます。

ワンピース

4話

「これはいくつもの戦いを共にしてきた大事な麦わら帽子だ。ルフィ、お前にだってこれはやるわけにはいかねえよ」

 

「ああ大丈夫、問題ない」

 

「気持ちは分からんでもないが…酒を掛けられただけのことだ、怒るほどのことじゃないだろう?」

 

「命懸けろよ」
「ピストル抜いたからには命懸けろよ」
「そいつは脅しの道具じゃねえって言ったんだ」

 

「(卑怯?) お前らの前にいるのは海賊だぜ」

 

「いいか、山賊。俺は酒や食い物を頭からぶっかけられようが、唾を吐きかけられようが、大抵のことは笑って見過ごしてやる」

「だがな、どんな理由があろうと、俺は友達を傷つける奴は許さない!」

 

「どのみち賞金首だろ?」

 

「うせろ!」

 

「恩にきるよ、ルフィ。マキノさんから全部聞いたよ。俺達のために戦ってくれたんだな」

 

「おい泣くなよ、男だろ?」
「安いもんだ、腕の一本くらい。無事でよかった」

 

「ほお、俺達を超えるか」
「じゃあ…この帽子をお前に預ける。俺の大切な帽子だ…大事にしろよ」

 

「いつか、きっと返しに来い…立派な海賊になってな。約束だぞ、ルフィ」

 

8話

「(船を降りて)自分の船を持つんだ。信頼できる仲間を集めて、世界を見て回ろうと思ってる。ゆっくり時間をかけてな」

「もちろん、海賊としてだ」

 

「お前の部下だと? ふざけんな」
「考え方が違うんだから、別々の道を好きに行きゃいいんだ。それが海賊だ」

 

45話

「よお鷹の目、こりゃ珍客だ。俺は今、気分が悪いんだが、勝負でもしにきたか?」

 

「来たか、ルフィ」
「そうとなれば鷹の目…」
「このまま帰すわけにゃいかねえ」

 

空島編

151話

「面子よりお前の命が大事だ。もうお前じゃどうにもならねえ」

 

「なーに、政府は黙っちゃいねえだろうが、邪魔するなら、こっちも黙っちゃいねえさ」

 

エニエス・ロビー編

316話

「失礼。敵船につき、少々威嚇した」

 

「世界中の海を回ったが、肌に染みた水から作った酒を超える物は無い。俺の故郷の酒だ、飲んでくれ」

 

「これ(左腕)か……」
「新しい時代に、賭けて来た」

 

「白ひげ。俺は、いろんな戦いを超えて数々の傷を負ってきたが……今、うずくのは、この(目の)傷だ」

 

「エースを止めてくれ!」
「若くも、お前の船の2番隊隊長を任される男だ。エースは強い、そんなことは分かってる」

「だがその名声と信頼が話をこじらせる。今はまだあの2人をぶつける時じゃない。黒ひげ・ティーチから手を引け! たったそれだけの頼みだ」

 

「誰にも止められなくなるぞ、暴走するこの時代を!」

 

マリンフォード編

488話

「よくやった、若い海兵。お前が命を賭けて生み出した勇気ある数秒は、良くか悪くか、たった今、世界の運命を大きく変えた」

 

「この戦争を……終わらせに来た」

 

489話

「一目会いたいが……」
「今会ったら、約束が違うもんな、ルフィ」

 

「これ以上を欲しても、両軍、被害は無益に拡大する一方だ。まだ暴れ足りない奴がいるのなら……来い、俺達が相手をしてやる!」

 

「全員……この場は、俺の顔を立ててもらおう!」

 

「白ひげ、エース、2人の弔いは俺達に任せてもらう。戦いの映像は世に発信されていたんだ。これ以上、そいつらの死を、さらすようなまねはさせない!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのリストはこちらより

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました