「ダイヤのA(エース)」の名言まとめました

アニメ「ダイヤのA(エース)」の名言をまとめていきます。

ダイヤのA(エース)

1話 運命の一球

「こいつは俺達、赤城中の魂だ」「よいしょぉぉぉーーー!!!」(沢村栄純)

 

「監督のお怒りはごもっとも。あんなにやけたチームに負けた自分が、本当に情けない」(栄純)

 

「大丈夫でしょ。バットとボールがあれば野球は出来るし。今まで俺達、そうやってきたじゃん」(栄純)

 

「廃校が決まった我が校の名を残したい。そういって、毎日遅くまで練習していたあの子を、私は本当に誇りに思いますよ」(校長)

 

「だってそうだろ。学校が統合されて無くなったって、俺達が集まる限り、赤城中の魂は無くならねえんだ。中学で果たせなかった夢、もう一度みんなでリベンジしようぜ」(栄純)

 

「野球はテレビで見るより、自分らでやる方が100倍おもしれえじゃん」(栄純)

 

「どうせ目指すもんは同じなんだ。だったら俺は、こっちの仲間と甲子園を目指したいよ」(栄純)

 

「グラウンドは選手の心を映す鏡。真実は常にそこにあるのよ」(高島礼)

 

「現在高校野球のレベルは、日本が世界一と言われ、メジャーのスカウトが甲子園にまで来る時代。誰よりも野球が上手くなりたい、その一念で、わずか15歳の少年が、親元を離れ、己の能力を鍛え上げている」

「私はそういう覚悟と向上心を持った選手達を、心の底から尊敬しているわ」(礼)

 

「たとえ世間が認めても、俺は絶対認めねえ。たった1人じゃ、野球は出来ねえんだ」
「名門と呼ばれるこの学校じゃ、そんな大切なことも忘れてんのかよ!」(栄純)

 

「ここは野球のグラウンドなの。言いたいことがあるなら、プレーで見せてもらえる」(礼)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ダイヤのA  Blu-ray BOX 1 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました