「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」比企谷八幡の名言まとめました

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」比企谷八幡の名言をまとめていきます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1話 こうして彼らのまちがった青春が始まる。

「青春とは嘘であり、悪である」

 

「結論を言おう。青春を楽しむ愚か者ども、砕け散れ」

 

「まあ俺に関しては、ラブコメなんて現実には起きないのである。高度に訓練された俺が、こんなラブコメトラップに引っ掛かる訳がない」

「女子とはイケメンに興味を示し、清くない男女交際をする輩である。つまり俺の敵だ!」

 

「言っておくが、俺は別に会話が出来ない訳じゃない。無駄な話をしないだけだ、更生など断じて必要ない」

 

「何でもというのは、いわゆる何でもということですよね」

 

「その台詞は友達いない奴の台詞だわ、ソースは俺」

 

「努力は自分を裏切らない、夢を裏切ることはあるけどな」

2話 きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。

「おいおい、すげえ大変そうじゃん、封建社会かよ。あんな風に気を使わなきゃリアル充実しないなら、俺ずっとボッチでいいよ」

 

「知らない。こんな奴は知ってても知らない」

 

「危うく見てくれに騙されて血迷う所だった。永眠させてやりたい、この女」

 

3話 たまにラブコメの神様はいいことをする。

「暗くなりそうな気持ちを、俺は壁にぶつけた。青春に壁は付き物である」

 

「内輪のりとか内輪うけとか、嫌いに決まってんだろ。あっ、内輪もめは好きだ。なぜなら俺は内輪にいないからな」

 

「え、嘘、何、この気持ち。これが男じゃ無かったら速攻で告白して振られる所だった。振られちゃうのかよ」
(女子っぽいクラスメイト・戸塚彩加を見て)

 

「まあ、最悪本気だすよ。俺が本気だせば、土下座も靴舐めも余裕で出来る」

 

「自虐ネタってある程度の親密度が無いと、本気で引かれるんだな」

 

4話 つまり、彼は友達が少ない。

「あいつら3人きりの時は全然仲良くない。分かりやすく言えば、あいつらにとって葉山は友達で、それ以外の奴は友達の友達なんだよ」

5話 またしても、彼は元来た道へ引き返す。

「どこまでも優しい由比ヶ浜は、多分、最後まで優しい」

「俺は優しい女の子は嫌いだ」
俺に優しい人間は他の人にも優しくて、そのことをつい忘れてしまいそうになる。真実は残酷だと言うのなら、きっと嘘は優しいのだろう。だから優しさは嘘だ」

「いつだって期待して、いつも勘違いして、いつからか希望を持つのは止めた。訓練されたボッチは二度も同じ手に引っ掛かったりしない。百戦錬磨の強者、負けることに関しては俺が最強。だから、いつまでも、優しい女の子は、嫌いだ」

 

6話 ようやく彼と彼女の始まりが終わる。

「人生はリセットできないが、人間関係はリセットできる。ソースは俺」

 

「でも、理想は理想だ。現実じゃあ無い。だからどこか嘘くさい」
(人当たりのいい雪乃の姉・陽乃と出会った時)

 

7話 ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。

「スタンド使いとスタンド使いがひかれ合うように、ボッチはボッチを発見する能力に長けているらしい」

 

「いきなり気安くすんなよ、友達なのかと思っちゃうだろ」

 

「いい答えだ。好意的に答えれば、周りから調子乗ってると思われ、すげなく答えれば、何様調子乗ってるとなる。この場は戦略的撤退しか無い」

 

「あまり俺をなめるな。たいがいとかその他おおぜいの中ですら、1人になれる逸材だぞ、俺は」

 

「違う。問題の本質を理解していない。孤立すること、一人でいること自体は別にいいんだ。問題なのは、悪意によって孤立させられていることだ」

8話 いずれ彼ら彼女らは真実を知る。

「暇つぶし機能付き目覚まし時計としか扱っていない俺の携帯に、ついに戸塚のメールアドレスが」

 

「特殊で何が悪い、英語で言えばスペシャルだ。何か優れてるっぽいだろ!」

 

「1%なんて誤差だ、切り捨てていい。四捨五入という名台詞を知らないのかよ」

 

「ボッチはボッチであることを強要される。何かを頑張って目立てば、攻撃の材料にされるだけ。それが、子供の王国の腐りきったルール」

 

「問題、世界は変わりません、自分は変えられます、さて、どう変わりますか。答え、新世界の神になる」

 

「人間関係に悩みを抱えるなら、それ自体を壊してしまえば悩むことは無くなる。みんながボッチになれば、争いも揉めごとも起きない」

 

「でも、問題の解消は出来る」
(逃げちゃダメなんて、強者の考え方でしか無い。いつも自分が悪いなんてことは無い)

 

「誰かを貶めないと仲良くしてられないようなのが、本物な訳ねえだろ」
けど、偽物だって分かってて、それでも手を差し伸べたいって思ったなら、そいつは本物なんだろう、きっと」

 

9話 三度、彼は元来た道へ引き返す。

「あぶないあぶない。今のが並の男子だったら、うっかり好きになってるレベル。単なる偶然やただの現象に意味を見出そうとしてしまうのは、もてない男子の悪い癖だ」

「偶然も運命も宿命も、俺は信じない」

 

「むしろ敏感な方だ。敏感で過敏で、過剰に反応してしまう。世の男子の8割は、常にこいつ俺のこと好きなんじゃね、という思いを抱きながら生きているのだから」

だからこそ、自らを戒める必要がある。そんな訳ないだろと」

 

「こういう時は存在感を薄めて背景に徹した方がいい」

 

「まずったな。言ってみれば今この状況は、淑女の社交場のようなものなのだ。連れている男子というのは、一つのステイタスかもしれない」

 

「はあ。バカ、お前、めちゃくちゃ使えるよ。気い使ってるから、誰にも迷惑かけないように静かに隅っこにいるんだろうが」

 

「勝手に期待して、勝手に理想を押し付けて、勝手に理解した気になって、そして勝手に失望する」
雪ノ下雪乃ですら嘘をつく。そんな当たり前のことを許容できない自分が、俺は……嫌いだ」

10話 依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。

「葉山の言うことも、めぐり先輩の言うこともまったくもって間違っていない。最高だ、感動だ、麗しい仲間意識だ。だが、じゃあ1人でやることは悪いことなのか。どうして今まで1人でも頑張ってきていた人間が、否定されなきゃいけないんだ」

「そのことが俺は許せない」

 

「俺が楽できないのは、この際しかたがない。けど、俺以外の誰かが楽をしているのは許せない!」

 

11話 そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。 

「誰かを頼る、みんなで助け合う、支え合うってのは一般的には正しいことこの上ない。でも理想論だ。必ず誰かが貧乏くじを引く。だから人に頼れとか言う気は無い」

「でも、お前のやり方は間違ってる」

 

「自分が変われば世界が変わるというのは嘘だ。都合のいい嘘を押し付けられて、妥協させられているだけだ。本当に世界を変えるってことを、教えてやる」

 

「言い訳なんて意味ねえよ。人間大事な時ほど、勝手に判断するんだから」

 

12話 それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。

「自分の居場所を見失った人間が望むこと。それは、誰かに自分の居場所を見つけ出してもらうことだ。見つけて欲しいから学校内にいる。それも、ちゃんと目につく所だ」

 

「今俺がなすべきことは、相模南を委員長として、あの場に立たせること。そして、委員長としての栄光と、挫折と後悔をきっちりと与えてやることだ」

「そのためには、相模が欲しがってる言葉を、そのまま聞かせてやればいい。ただ、残念ながら、俺ではそれが出来ない」

 

「雪ノ下は雪ノ下のやり方を貫いた。なら、俺は俺のやり方で、正々堂々、真正面から、卑屈に最低に陰湿に」

 

「そう、俺と彼女はちっとも似ていない。だからだろうか、こうして交わす言葉が、いつも新鮮で心地いいと、そう感じていた。問い直して、新たに導き出した答えは、ちゃんと結論になっている。なら……なら俺と彼女は」

 

13話 だから、彼らの祭りは終わらない。

「派閥争い、そんな深刻なのかよ!?」

 

「祭りの後の祭りが終わり、全ては後の祭り。取り返しの付かないこともある。だが、泣いても笑っても日々は続くし、高校生活は終わっていく。だから、彼らの祭りは終わらない」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX

 

→俺ガイル
→俺ガイル(雪ノ下雪乃)
→俺ガイル(由比ヶ浜結衣)
→俺ガイル(平塚静)
→俺ガイル(比企谷小町)
→俺ガイル(雪ノ下陽乃)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました