「忘却バッテリー」清峰葉流火(きよみねはるか)の名言・台詞まとめ

アニメ「忘却バッテリー」清峰葉流火(きよみねはるか)の名言・台詞をまとめていきます。

 

忘却バッテリー

1話

「圭はもともと、常にアホだった」

 

「(無理?) ダメだ。圭じゃなきゃ、俺の球は取れない」

 

「俺の球で思い出させてやるよ」
「野球の楽しさ」

 

2話

「でも…初めて圭が球捕ってくれた」
「多分、ヤマのおかげだと思う」
「また俺に協力しろ」

 

「(ああいうの?) 見ない」
「そんな暇があったら筋トレする」

 

「あんた達、昔俺に負けたのか?」
「俺は…俺が勝った相手に興味ないから、あんたらのことは覚えてない」

 

「けど…このままでいいのか?」
「負けたままで」

 

「藤堂葵、千早瞬平…覚えた」

 

3話

「兄貴は野球のプレースタイルさえ分かれば」
「そいつの趣味嗜好、全て提供できるらしい」

 

「圭、いいのか? 兄貴が新作を仕入れたらしい」
「過去最高にド◯ケベって言ってた」

 

「圭、俺の球を二度と後ろにそらすな」

 

4話

「だろうが…」
「”パイ毛”は面白いだろうが!」

 

5話

「圭が全部悪い」
「球が捕れないキャッチャーは、ただのうんこだ」

 

「(転校?) しない」
「俺ならどこでやっても1番だし、甲子園優勝するし」
「圭としか組む気ないから」

 

6話

「野球とは、俺が投げて圭が捕って…」
「俺が投げて圭が捕って、俺が打って勝つスポーツ」

 

「(戻ってほしいか?) 別に、圭は圭だから」

 

7話

「(イップス?) どうして出来ないんだ?」
「努力が足りないんじゃないのか?」

 

「ショートは藤堂だろ」
「代える気ないから、出来るようになれ」

 

8話

「いいから早く俺の球を捕れ」

 

9話

「記憶があってもなくても、圭は圭だから」

 

「圭。1球だけ、捕ってほしい」

 

10話

「(アドバイスは)いい」
「来た球、打つだけだから」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
忘却バッテリー 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→忘却バッテリーのインデックス