「ワンパンマン」の名言まとめました

アニメ「ワンパンマン」の名言をまとめていきます。

ワンパンマン

1話 最強の男

「趣味でヒーローをやっているものだ」(サイタマ)

 

「また、ワンパンで終わっちまった!?」(サイタマ)

 

「あの時から俺は、ハゲるぐらい死にもの狂いで特訓して、無敵のパワーを手に入れた。なりたかったヒーローになれたはずだった」
「だがどうしてだ、何かが違う。俺はなぜこんなにも心が満たされないんだ」(サイタマ)

 

「だよな。圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」(サイタマ)

 

「しかし俺は今、悩みを抱えている。日々、感情が薄れていくのだ。恐怖も緊張も、喜びも怒りも感じなくなってしまった」
「力と引き換えに、人として大切な何かを失ってしまったのだろうか?」(サイタマ)

 

「それはこっちも同じだ。こんなに手応えのありそうな怪人は久しぶりだ、地底人!」(サイタマ)

 

「何だ、この気持ちは? この鼓動の高鳴りは? このピンチは? この緊張感は?」
「久しく忘れていた、この、戦いの高揚感は!?」(サイタマ)

 

「俺は強くなりすぎた」(サイタマ)

2話 孤高のサイボーグ

「ターゲット、捕捉」(ジェノス)

 

「言葉を話すから、人間程度の知能は持っていると思ったが、所詮は虫か」(ジェノス)

 

「完全に油断した。もう勝機は無い。こうなったら、自爆するしか……すまない、博士」(ジェノス)

 

「まぁ、冗談はさておき。お前ら、謝るなら今のうちだぞ」(サイタマ)

 

「連続、普通のパンチ」(サイタマ)

 

3話 執念の科学者

「はい? これが一番効率よく、一網打尽に出来ると判断したのですが」(ジェノス)

 

「ジェノスを現代アートみたいにしやがって」(サイタマ)

 

「ずいぶんと俺を期待させる演出してくれるじゃねえか」(サイタマ)

 

「まず大切なのは、このハードなトレーニングメニューを続けられるかどうかだ」
「続けることだ、どんなにつらくてもな」(サイタマ)

 

「つまり、ハゲるくらい死にものぐるいで己を鍛え込む。それが強くなる唯一の方法だ」
「新人類だの、進化だのと遊んでいる貴様らでは、決してここまでたどり着けん。自分で変われるのが、人間の強さだ!」(サイタマ)

 

4話 今時の忍者

「無論のこと。案ずるなら連中の命だ。あんたらは死体の山をどう処理するかだけを考えていればいい」(音速のソニック)

 

「初めに言っておく。俺は今まで、戦った相手を生かして帰したことはない。今後もそのつもりだ。仕事は完璧にこなす。今すぐ投降すれば死なずに済むが、お前らはどうする?」(ソニック)

 

「あわれな奴だ、乗ってやろう。正面から、まっすぐに、狩る!」(ソニック)

 

「がっかりだな~。バトルスーツってのに少しワクワクしてたのに。手抜きなデザインな上に、機能は怪力だけかよ!」(サイタマ)

 

「それに、どっちでもいいことだ。お前は俺の技を2度も見きった。それが問題だ」(ソニック)

 

「嘘つけ。お前はただ自分の技を試したいだけだろ。その無邪気な笑顔見りゃ分かるぜ」(サイタマ)

 

「俺は重大な問題に気づいて、ショックを受けてる最中だ」
「知名度が低い」(サイタマ)

 

5話 究極の師

「S級ヒーローに認定する、と書いてありますね」
「ランク付けなんて、何の意味も無いと思いますが」(ジェノス)

 

「彼の肉体には、神が宿っている」(メガネ職員)

 

「何か、俺がなりたかったヒーローと違う気が……」(サイタマ)

 

「強くなるためなら、どんなことでもやる覚悟はある。だが、俺が先生の強さに近づけるイメージが、まったくわかない。次元が違う」(ジェノス)

 

6話 最恐の都市

「考えろ! 何か無難な修行方法とか精神論的なのとかこじつけでもいい! あ~ダメだ、筋トレしか浮かばねえ!
「でもそれじゃジェノス納得しねえし、そもそもサイボーグだし!」(サイタマ)

 

「やべ~! 何言ってるか分かんなくなってきた!」(サイタマ)

 

「明日のことは、明日の俺に任せよう」(サイタマ)

 

「イライラしてんだから邪魔すんじゃねえ……殴るぞ」(サイタマ)

 

「悪い奴、ここにいた」(サイタマ)

 

「ほら! 最初から私が行けばよかったじゃない!」
「余裕よ。ホント、バカね!」(戦慄のタツマキ)

7話 至高の弟子

「なんせ、呼び出される時は大体、無理難題の厄介事の処理じゃからな」(シルバーファング)

 

「残念だが俺は命を賭けてる訳じゃない。それと俺はボフォイでは無く、メタルナイトだ。ヒーローは本名じゃなくヒーロー名で呼べ、常識だ」(メタルナイト)

 

「まあ、落ち着け。心に乱れが見える。お主は失敗を考えるには、まだ若すぎるの。土壇場こそ適当でいいんじゃ、適当で。結果は変わらん、それがベストなんじゃ」(シルバーファング)

 

「もしも結果が変わらないのだとしたら、自分の全力を尽くさずして、何がベストだ」
「失敗や二次的な被害などは考えない。この一撃に、俺の今を、全てを捧げる!」(ジェノス)

 

「俺の街に、落ちてんじゃ、ねえ!!」(サイタマ)

 

「もう気にすんなよ、最小限に防げたと思うぞ。だって、死人が出なかったんだぜ」(サイタマ)

 

「いや、当たり前だろ。ヒーローが逃げたら誰が戦うんだよ」(サイタマ)

 

「サイタマくん。君は間違いなくこの街の命を救った。それに対する周囲のこの反応、これが現実じゃ」
「君は強い。ワシが出会って来た中でもっともな。だから、ここはあえて口を出さん。君がこんな業界で腐っていく姿は見たくない。辞めるのも一つの道じゃ」(シルバーファング)

 

「いいか! 俺はてめえらの評価が欲しくてヒーローやってんじゃねえからな! 俺がやりたくてやってんだ! 恨みたきゃ勝手に恨め!」(サイタマ)

 

「俺は、サイタマ先生ほど優れた人間を、見たことがありません」
「たとえ世間に評価されなくても、俺は先生に着いて行きます」(ジェノス)
「そういうのいらねえから、別に」(サイタマ)

 

8話 深海の王

「これが災害レベル鬼とS級ヒーローの戦いか? 見ていて滑稽だな。俺に負ける要素は無い」(ソニック)

 

「連打っていうのはね、相手を確実に仕留めるように、一発一発殺意をもって打つのよ」
「こんな風に!!」(深海王)

 

「正義ごっこをしてるお前らでは、本物の強敵に勝てない。何も守る事は出来ない」(ソニック)

 

「うぉぉぉーーー!! 立ちこぎモーーード!! 吠えろ、ジャスティス号!!」(無免ライダー)

 

9話 不屈の正義

「また油断。俺も学習が下手だな」(ジェノス)

 

「期待されて無いのは……分かってるんだ。C級ヒーローが、たいして役に立たないなんてこと……俺が一番分かってるんだ!」(無免ライダー)

 

「それでもやるしかないんだ! 勝てる勝てないじゃ無く、ここで俺は、お前に立ち向かわなくちゃいけないんだ!!」

 

「よくやった。ナイスファイト」(サイタマ)

 

「な~に、てめえのパンチが貧弱すぎるだけだろ」(サイタマ)

 

「はぁ~、つまんねえな。今回は少し期待したんだけどな」(サイタマ)

 

「暇な奴がいるな」(サイタマ)

 

「やあ、ラッキーだった。他のヒーローが怪人の体力奪っててくれたおかげで、すげぇ楽に倒せた。遅れて来て良かった。俺なにもやって無いのに、手柄独り占めに出来たぜ」(サイタマ)
「サイタマ先生、本当にそれでいいんですね。それが、先生の進む道だというなら、俺は何も口を出しません」(ジェノス)

 

10話 かつてない程の危機

「そう、じゃあそうするわ」「もう3億年ほど眠ってれば!」(タツマキ)

 

「俺が求めるのは護身術では無く、絶対的な破壊力です」(ジェノス)

 

「いいぜ、暇だから!」(サイタマ)

 

「地球が、ヤバい!!!」(ジババワ)

 

「敵の船には、既に先生が殴り込みに行っている。これが予言だろうと何だろうと、先生に倒せぬ悪など無い。もし先生でも勝てない悪が存在したなら、人類など、とっくに滅んでいるだろう」(ジェノス)

 

11話 全宇宙の覇者

「ダメだ……この人たち、人の話を聞かないタイプだ」(イアイアン)

 

「あのな。小石飛ばすだけなんて、超能力の無駄使いだぜ。そんなもん、誰でも出来る」(サイタマ)

 

「どいつもこいつも私がいないとダメね、雑魚一匹に手間取ってるし。もう一回C級から出直したらどうかしら」(タツマキ)

 

「今、確信した! さあ、俺の生に刺激を与えてくれ。そのために来たんだ!」(ボロス)

 

「バカか、お前。退屈な人生に刺激が欲しくて他の星を襲うなんて、OLでも考えねえぞ」(サイタマ)

 

12話 最強のヒーロー

「ああ。強いよ、お前は」(サイタマ)

 

「ちょっと! 何やってんのよ! そこにいいブロックがあるのよ! 邪魔だからどっか行ってて!!」(タツマキ)

 

「これだけ何度も見ていれば猿でも要領つかめるわい」(シルバーファング)

 

「うるせえ! ペラペラ、ペラペラと、もう終わりなのか、戦いは!?」(サイタマ)

 

「だったらこっちも切り札を使うぜ。必殺マジシリーズ、マジ殴り!」(サイタマ)

ワンパンマン SEASON2

13話 ヒーローの帰還

「やべえ。ヒーロー辞めたい」(キング)

 

「俺は強くなんて無い。無職でオタクで引きこもりなだけの29歳だ! キングエンジンて何だよ! バカか! この通り人一倍、いや何十倍も臆病なだけだ!」(キング)

 

「で、何でさっき逃げたんだ?」
「もしかして、強くなりすぎて戦うことが嫌になったのか? 頼む、教えてくれ!」(サイタマ)

 

「こういう場合はどうする?」
「自分の家まで押し寄せられたら、戦うしかねえだろ」(サイタマ)

 

「キングを追っているようだが、俺は奴より、強い男を知っている」(ジェノス)

 

「キング、このまま嘘を通すのか? ヒーロー止めるのか?」
「だったら、強くなればいいんじゃね?」(サイタマ)

 

14話 人間の怪人

「おいおい、ちゃんと信念込めて殴ったのか、おっさん? そんなもん無くても強え奴は、強えんだよ!」(ガロウ)

 

「違う! ヒーローはいつも遅れてやって来るが、怪人はいつも先手、理由もなく突発的に現れるものだ。いいか。お前らは人間側、俺は怪人側なんだよ!」(ガロウ)

 

「断るに決まってんだろ。ヒーローに上下関係なんてあってたまるか」
「お前、それじゃ生き残れねえぞ、フブキ」(サイタマ)

 

「お前はヒーローを分かってない。世の中にはトンデモなく強くて悪い奴がたくさんいる。そいつらに立ち向かうのがヒーローだ。例え、たった1人でもな」

「自分より弱い手下を集めて、強くなった気でいるお前には無理だ、いつか泣かされる。派閥、新人狩り、ランキング、関係ねえじゃねえか。ヒーローなめんじゃねえぞ、このやろー」(サイタマ)

 

「俺がいつ実力を見せた? 貴様の負けだ」(ジェノス)

 

「お前しつこいから、たまにはマジで相手してやる。かかってこい!」(サイタマ)

 

「なぜだかお前を前にすると、全く勝ち目が無いように感じる。お前に勝ってこのイメージを払拭しないと、俺は前に進めないんだ!」(ソニック)

 

「先生は誰とも組まない、誰とも対立しない、ランキングなど見ていない。だが、強者を引き寄せる。なぜなら、強いから」(ジェノス)

 

15話 狩りの始まり

「シルバーファングねえ。いいヒーローネームだよな~。それに比べてハゲマントってなんだよ!」(サイタマ)

 

「俺は人間とケンカするためにタンクトップを着こなせるようになった訳じゃない」(タンクトップマスター)

 

「俺はまだまだ強くなる。出来るなら俺を退治してみろ。それまで調子に乗らしてもらうぜ!」(ガロウ)

 

16話 金属のバット

「人気者が勝って、嫌われ者が負けるなんて悲劇だ。だったら俺が、誰にも負けない、最強の怪人になってやる」(ガロウ)

 

「本当の闘いか? 覚えて無ねえな、その感覚」(サイタマ)

 

「考えても分からん! とりあえずぶっ潰す!!」(金属バット)

 

「気合がありゃ、たいてい何とかなるんだよ!」(金属バット)

 

17話 武術の大会

「俺はカツアゲとヒーロー狩りは見逃さねえって決めてんだ。てめえの腐った根性、俺が叩き直してやる!!」
「死ぬまでだ? 俺はそんなに甘くねえよ、勝つまでだ!!」(金属バット)

 

「まあいいんじゃねえか、言わせておけば」
「口喧嘩しにきた訳じゃないし。叩き潰してくれるっていうなら、楽しみにしてるぜ。あんまり強くなさそうだけど」(サイタマ)

 

「いつも通りの決着。下手したら先生は、このまま武術を体験できずに大会を終えるな」(ジェノス)

 

18話 怪人の蜂起

「俺が強さを求めた理由は、適当に楽して生きていくためだけど、俺の方が強くてゴメンな!」(スイリュー)

 

「居場所を答えるか、息絶えるまで激痛に苦しむか、選べ!」(ジェノス)

 

「相手の方が上回る分野の存在については、受け入れなければ成長することは出来ない」(ジェノス)

 

「もうお家にお帰りなさい、フブキ。全部、私が片付けるから」(タツマキ)

 

「こんなん攻撃の内、入らないわよ」
「あとこういうのは味方じゃ無くって、足手まといって言うのよ!」(タツマキ)

19話 S級のヒーロー

「あんた達、人手が足りない時に、こんな所で雁首そろえて何遊んでんの?」
「特にあんた、閃光のフラッシュだっけ? S級ならもう少しましな働き見せなさいよ!」
「たく、使えないんだから!」(タツマキ)

 

「みな、お前ほどバカじゃねえってよ!」(アトミック侍)

 

「不純物? そんなもん関係ねえよ。やりたいことやってんのはお前だけじゃねえぞ」
「スイリューって言ったっけ。俺からも一つアドバイスしてやる。楽しむのが目的なら、それ以上強くならない方がいいぜ」(サイタマ)

 

「武術とはようするに、何か動きが格好いいものだな」(サイタマ)

 

20話 強い奴の抵抗

「助けを呼ぶ声、聞こえたぜスイリュー。よく1人で耐えたな、後は任せとけ!」(サイタマ)

 

21話 最強の悩み

「知らん」「でもまあ、俺がなれたんだから誰でもなれるんじゃねえの」(サイタマ)

 

「いや違うか? 誰かにヒーローを名乗りたいから、怪人と戦う訳じゃ無いよな。大事な何かを忘れているような気がする」(サイタマ)

 

「伸び代が残って無いってことは、自分の成長を楽しむことがもう出来ないってことなんだ。いくら怪人を退治しても、俺の心の中は、退屈でしょうがないんだ」
「ヒーローがこんな孤独なものだとはな」(サイタマ)

 

「最高のヒーローに必要なものは何か。揺るぎない正義や戦う力、困難に立ち向かう勇気。その答えを見つけ出すまでは、退屈してる暇など無いはずだ。少なくとも俺はそう思う」(キング)

 

22話 正義の包囲網

「今日も怪人、多いな。こいつらもしかして俺に会いに来てんのか?」(サイタマ)

 

「てめえらこそ、ヒーロー名乗ったツケは大きいぜ!」(ガロウ)

 

23話 それぞれの矜持

「こいつらは階段だ。俺が、本物の怪人になるための。降りる気はねえぞ!」(ガロウ)

 

「限界は、何をもって誰が決める? 挫折してる暇があるなら、前に進んだ方がいいぜ!」(サイタマ)

 

「昨日は負けたが、想像を絶する怪人はまだまだ存在すると学習した。いつどんな脅威が現れようと、もう警戒を怠ることは無い。そして今日の俺は、昨日より強い!」(ジェノス)

 

24話 弟子の尻拭い

「こいつらに命乞いの演技をしても、鬼サイボーグが俺を見逃さない。つまりこのピンチを乗り切るには、3匹まとめてぶっ殺すしかねえってこと!」(ガロウ)

 

「このままでは、俺は、戦力外!!」(ジェノス)

 

「なんかちょっと、スカッとした気がする。お前にゲームでやられまくって、ストレス溜まってたからな」(サイタマ)

 

「えっ? パワーじゃね」(サイタマ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ワンパンマン Blu-ray BOX
ワンパンマン SEASON2 1[Blu-ray]

 

→ワンパンマン(サイタマ)
→ワンパンマン(ジェノス)
→ワンパンマン(無免ライダー)
→ワンパンマン(戦慄のタツマキ)
→ワンパンマン(シルバーファング)
→ワンパンマン(音速のソニック)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました