「事情を知らない転校生がグイグイくる。」の名言・台詞まとめ

マンガ「事情を知らない転校生がグイグイくる。」の名言・台詞をまとめていきます。

 

事情を知らない転校生がグイグイくる。

1巻

「クラスメイトの西村さん、何故か皆から『死神』と呼ばれている」
「僕は転校生なので、理由は知らない」(高田太陽)

 

「死神、死神の西村さん」
「ちくしょう、なんて…なんてかっこいいあだ名なんだ…!!」(太陽)

 

「(理由?) そんなの知らないけど」
「たぶん目がぎょろっとしていて、死んだ魚みたいだからじゃない?」(西村茜)

 

「(呪いがうつる?) 何それ!?」
「かっけぇ──!! 何それ何それ!!」(太陽)

 

「死の呪い!?」
「そんな凶悪な物を、いち小学生が!」
「いいなー」(太陽)

 

「いやいや、軽くいじめられてるだけだからね!?」
「避けられたりしてさ!!」(茜)

 

「西村さんにタッチしていい?」
「(からかわれる?) 言われたい」(太陽)

 

「(ひどいこと言われる?) いいよ、むしろ言われたい」
「だからもっと西村さんと仲良くなりたい」(太陽)

 

「えぇ──っ、かっこいい!!」
「死神の仲間とかすごく言われたい!!」(太陽)

 

「僕は西村さんと一緒のほうがいいけどなー」(太陽)

 

 

「私は一人で平気だよ、慣れてるし」(茜)

 

「でも北川くんって、ただの人間だからなぁ…」(太陽)

 

「(西村さんがただの人間?) 別にふざけてはいないけど」
「西村さんは死神なんでしょ?」
「君たちがずっとそう言ってたじゃん」(太陽)

 

「僕だってそう思うよ!」
「西村さんは死神みたいにクールでかっこいいからね!!」(太陽)

 

「だから僕は、西村さんともっと仲良くなりたいんだよ」(太陽)

 

「わ…私だって死神じゃないかもしれないよ?」
「ただちょっと目つきが悪いだけかも」(茜)

 

「えっ、そうなの?」
「でも僕は好きだよ、その眼光」
「超クールだもん」(太陽)

 

「すっごく素敵だからね、西村さん」(太陽)

 

「高田くんはバカだよ」(茜)

 

「(勝ったと思うな?) 別に君と勝負してたつもりはないけど」(太陽)

 

「(呪いがうつるほうき?) すごいね!! 魔槍ダークダンサーみたい!!」(太陽)

 

「すっごくたのしいよ!」
「西村さんが一緒だと毎日が超たのしい!」(太陽)

 

「むしろ、西村さんがいてくれないとすごくさびしい」(太陽)

 

「(学校?) 別にふつうだよ」
「家では嘘をついている。もうずっと長い間」(茜)

 

「転校してきてからずっと不思議だったんだけど」
「このクラスの皆は、もしかして全員『バリア』を使えるのかな…?」(太陽)

 

「あれはね高田くん、ああいう遊びだよ」(茜)
「遊びでバリアを張るって、すごいと思う…!」(太陽)

 

 

「でも僕の前の学校じゃ、バリア張れる人間も張られる人間もいなかったよ?」(太陽)

 

「何で僕が西村さん相手にバリアを張るの?」
「友達なのに」(太陽)

 

「そっか、もう嘘じゃないんだ…!!」
「いつもついていたあの嘘は、もう本当なんだ…」(茜)

 

「ちち…っ違うの、高田くん」
「これはその…っ、嬉しくてつい…っ」(茜)

 

「僕の方が何倍も何倍も嬉しいからね!!」
「西村さんと友達になれて!!」(太陽)

 

「魔女…魔女かぁ──…」
「ちょっと西村さん、かわいすぎると思う」(太陽)

 

「皆は本当の魔女の怖さを知らないからなぁ…」(太陽)

 

「だから魔女の役って、もっと怖くしないといけないはずなんだ!!」
「こんなにかわいい感じの衣装じゃなくて!!」(太陽)

 

「(余った汚い布?) じゃあ普通にそれを着こなしてる」
「西村さんがかわいいんだと思うよ」(太陽)

 

「けっして心配になって、(保健室に)様子を見にきたわけではなくて…!!」(茜)

 

「いいさ、オレ達もう親友だろ?」(日野大地)

 

「そういえば、今日はあんまり人と喋ってないな」
「なんか変な感じ」(茜)

 

「今まではこれが普通だったのに」
「これが普通だったのになぁ」(茜)

 

「なんでなかなか来てくれないの、西村さん!!」
「ずっと待ってたのに──っ!!」(太陽)

 

「でも、私と二人きりだと噂になっちゃうかも…」(茜)
「なってもいいよ、噂に」(太陽)

 

「わ…私は…私も嫌じゃないよ」(茜)

 

「西村さんと喋るのってすごく楽しいから!」(太陽)
「私も、高田くんと喋るのは楽しいから…」(茜)

 

 

「やったぁ──ッ!!」
「だってかっこいいじゃん、『死神夫婦』!」(太陽)

 

「あっ、じゃあ子供は…?」
「二人の間にできた子供だったら、死神パワーを受け継いでるんじゃないかな」(太陽)

 

「高田くん、たまに純粋すぎて眩しい」(茜)

 

「この子はクラスメイトの西村さん」
「僕の一番大切な自慢の友達だよ!」(太陽)
「あ…あの…っ、ふ…普通の友達ですからっ」(茜)

 

「に…西村さんがめっちゃ赤くなってる──ッ!!」
「かわいすぎるだろ!! 天使か!」(高田雪子)

 

「太陽。お姉ちゃんな…そういうの見るの超好きやで…」(雪子)

 

「(仲直り?) さっき自分で言ったことを、そのまま西村さんに伝えてみなよ」
「ただし全力で気持ちを込めて伝えるんだぞ!」(雪子)

 

「(泣いてる?) 多分言われて嬉しいやつだから大丈夫!」(茜)

 

「夏休みの計画」
「お盆はお墓参りに、あとお父さんとお買いもの」
「…終わっちゃった」(茜)

 

「夏休みはクラスの子に会わなくても済むから、いいなって思ってたはずなんだけど」(茜)

 

「ほんとだ!! (計画表) 全然埋まってないね!!」
「よかった──!!!」(太陽)

 

「それって西村さんとたくさん遊べるってことだよね!」(太陽)

 

「(誘ってくれるの?) もちろん! …ていうか」
「合わせようよ、予定!!」(太陽)

 

「夏休み! 西村さんと一緒なら、きっとどこでも楽しいよ」(太陽)

 

「(嫌?) そんなことない…!!」
「私も、高田くんと一緒に遊びたい!!」(茜)

 

 

「大丈夫だよ、西村さん! 門限までに帰れば…!!」
「先生が来たら机の下に隠れよう!!」(太陽)

 

「悪いことしてるみたいでドキドキするね!!」(太陽)

 

「そっか。一緒に予定を作るのって、一緒にいる約束をするためなんだ」
「私の計画表は、高田くんの計画表とつながった」(茜)

 

「お前は何にもわかっていないな! 高田よ!!」
「そんなに楽しそうに心霊写真を撮ろうとしている奴の元に」
「果たして本物の幽霊が来たがると思うか?」(日野)

 

「日野くんはオカルトとタンクトップのことに関してはうるさいから…」(太陽)

 

「おかしいなぁ。真面目な顔してたはずなのに…」
「きっと西村さんと一緒だったからだ」(太陽)

 

「一緒にいるだけで自然と笑顔になっちゃう」(太陽)

 

「(死神?) かっこいいあだ名じゃん」
「それって(かわいい)服着るのに関係あるの?」(雪子)

 

「私は…自分を連想しちゃうから」
「暗い言葉はあんまり好きじゃないかも…」(茜)

 

「だからそれと真逆の言葉が好き」
「『光』とか『太陽』とか…」(茜)

 

「(ラブレター) 西村さんの魅力的なところをたくさん書くよ!」(太陽)

 

「やっぱり目つきがかっこいいところと」
「僕と友達になってくれたところは外せないかなー」(太陽)
「二つ目はこっちの台詞すぎるよ、高田くん…」(茜)

 

「手紙じゃ全然書きつくせない気がする!!」
「大好きなところがありすぎて」
「まとまったら口頭で伝えてもいい?」(太陽)

 

「(罰ゲーム) た…高田くんにはあんまり関係なかった気がする…」
「だって正直無敵だもん…」(茜)

 

「つまり僕が不幸になるよりもたくさんの幸せを西村さんがくれるってこと…?」(太陽)

 

「悪い、オレには違いがわからん」
「袖のある服はな…」(日野)

 

「じゃあ今の西村さんは、かわいい上に凄く強いってこと?」
「それってかっこよすぎじゃない?」(太陽)

 

「ただ『死神(わたし)』と一緒にいると」
「その子(猫)まで不吉だとか不幸だとか言われちゃいそうで」
「かわいそうかも…って」(茜)

 

「不吉じゃないよ、西村さん」
「西村さんと一番たくさん遊んでる僕が、こんなに毎日幸せなんだから」
「きっとこの子も大丈夫」(太陽)

 

「(西村さんは友達?) でも、友達相手にこんなドキドキするものなのかなぁ」(太陽)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
事情を知らない転校生がグイグイくる。 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※