「宇宙戦争」の名言・台詞まとめ

まんがで読破「宇宙戦争(H・G・ウェルズ)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

宇宙戦争

「19世紀末──人類のなかで疑う者は誰もいなかった……」(ナレーション)

 

「人類が万物の霊長であり」
「地球の支配者として君臨することを許された唯一の存在であり」(ナレーション)

 

「この宇宙の…少なくとも目に見える範囲内で高度な文明を築きあげ成功した」
「唯一の種であると…」(ナレーション)

 

「…そして誰も気づいていなかった」
「それが傲慢にすぎないということを……」(ナレーション)

 

「…おそらくあれは、火星からの移動機械でしょう!」
「この円筒は地球旅行の先遣隊…彼らが知的生物である以上」
「我々にも知性があることを示さなければならない!」(オグルビー)

 

「英国軍対火星人…この未曾有の対決を!」
「あの戦闘マシーンが破壊される瞬間を…煙の色を、捕らえられた火星人のその様相を!」
「私は見なくちゃならない!」(ジョージ=ロズウェル)

 

「(連隊は)やられましたよ」
「きれいさっぱりとね!」(砲兵)

 

「私はカーディガン連隊の砲兵でした……」
「あの戦闘マシーンは60ポンド砲の直撃弾を受けても倒れなかったのです」
「化け物ですよ、アレは!」(砲兵)

 

「危険な場所だからこそ、急いで助けにいくんだよ」(ジョージ)

 

「倒せた…のか!?」
「連中は無敵ではない──!」(ジョージ)

 

 

「英国全土に降りそそいだ円筒は各地で…おびただしい数の戦闘マシーンをはきだした」
「恐怖の津波は人間のモラルまで破壊した」(ナレーション)

 

「最初の円筒が飛来してわずか3日間で──」
「人類が数千年かけて築きあげた…社会共同体は崩壊した──」(ナレーション)

 

「あれが侵略者──…なんという醜悪さ!」(ジョージ)

 

「奴やにとって我々は戦争の相手なんかじゃない……ただのエサだ!!」(ジョージ)

 

「先週読んだ雑誌に」
「人類の進化に関するある科学者の予言めいた記事があった…」(ジョージ)

 

「機械が完璧に発達すれば筋力は必要なくなり…化学研究が究極の域に達すれば」
「消化器官すら必要なくなる」(ジョージ)

 

「つまり知的生物究極の進化形態は──肥大した脳と手だけの姿になるというのだ」
「勝てるわけがない」(ジョージ)

 

「我々は連中のことをまったく知らないが、連中は人類のすべてを把握している」(ジョージ)

 

「狭い星のなかで領土をうばいあったり…」
「我々がのほほんと日常を浪費している間に奴らはずっと…」(ジョージ)

 

「地球から7千キロ以上離れた月の向こうから」
「人類の生態を観察分析していたのだから──…」(ジョージ)

 

「まるで、まるで我々人類が原始的な細菌を研究するように!」
「そして奴らは人類が食料になり得ることを発見したのだ」(ジョージ)

 

「神など──…神などいない…!」(ジョージ)

 

「巣穴に身を潜め捕食者から隠れて暮らす」
「ウサギの気持ちを私ははじめて知った…」(ジョージ)

 

「もはや我々人間は捕食される側の存在なのだ…」
「これからずっと捕食者におびえ、隠れて生きていかなくてはならない」(ジョージ)

 

「人間の威光は過去のものとなったのだ」(ジョージ)

 

 

「ひとつ…教えてくれ──…」
「何もかも失ってしまったこの世界で君は、何を支えに生きている?」(ジョージ)

 

「…たしかに人間は負けましたが、私はまだ諦めちゃいません」
「私にはあのタコどもを皆殺しにする計画がある」(砲兵)

 

「重要なのは敵を知ることです」
「(静かなのは)準備中なんですよ、人間を養殖するためのね」
「やがて英国全体が…『人間牧場』と化す!!」(砲兵)

 

「絶望的…ですか? ──でもそうとも限らないのですよ」
「ほとんどの人間は、支配されることが好きなんですよ」(砲兵)

 

「『安定』とひきかえに搾取に甘んじる輩ども……私は…あんなやつらを仲間とは認めない」
「弱い人間は死ねばいい!」(砲兵)

 

「私はバカだ。ただ逃げることだけを考え、藪のなかを這いまわって…」
「戦うことを放棄していた!」(ジョージ)

 

「絶望した人間は酒におぼれる」
「あの男は行動を起こさず神にしがみつき、この男は安全な場所で口先だけの」
「夢想にしがみついて──…享楽の日々を送ろうとしている!」(ジョージ)

 

「ロンドンへ!」
「自分の目で確かめたいんだ。英国が…人間がどうなっているのか」(ジョージ)

 

「…きみはあの牧師と同じだよ」
「クズ野郎」(ジョージ)

 

「ふと考えた…私はなんのためにひとりきりで」
「だれもいない死の町をさまよっているのだろう?」(ジョージ)

 

「このまま生きながらえたところで…私が孤独であることに変わりはない」(ジョージ)

 

「生きてたってしょうがないじゃないか──死んで終わりにしよう」
「タダじゃ死なない──」(ジョージ)

 

「おまえらにとって俺たちは──…科学力の劣る…頭の悪い低俗な生物なのかもしれない!」
「ためらいなく殺せる家畜かもしれない!」(ジョージ)

 

「…だが! その営みを…愛を!」
「人間をナメるなぁぁっ」(ジョージ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
宇宙戦争(まんがで読破) (Kindle)

 

→まんがで読破シリーズのインデックス