「ゾン100」天道輝(アキラ)の名言・台詞まとめ

アニメ「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜」天道輝(アキラ)の名言・台詞をまとめていきます。

 

ゾン100

1話

「(ゾンビによる地獄?) まあでも…会社に比べりゃあ天国だよな」

 

「もう寝とかないと、明日…」
「あ…明日…明日もまた、会社か」

 

「会社…行きたく…ねえな」

 

「入社当初の印象は、活気があって雰囲気のいい会社」

 

「華やかな業界に憧れ入った制作会社の現場」
「夢と希望と期待に燃えに燃えていた」

 

「(歓迎会のあとなのに)どういうこと? なんすかこれ?」
「えっ…これ(仕事)が普通なの?」

 

「入社初日から完徹」
「翌朝、そのまま出社」

 

「やっぱり、今日も帰る気ない感じですか?」
「結局、初めて会社から家に帰れたのは、そこから更に2日後」

 

「ああ…これ、あれだ」
「”ブラック”ってやつだ」

 

「次ここに帰って来られるのは、何日後なんだろう」
「いきなり会社…行きたくねえな」

 

「はい…今日も徹夜確定」
「ミサイルとか、落ちてこねえかな」

 

「もう、なんでもいいや…」

 

 

「なんだこれ…なんだこれ?」
「ゾンビ…ゾンビ?」

 

「ど…どう見てもゾンビだよな、これ」
「どうすんだ…どうすんだ?」

 

「っていうかこのままじゃ、会社に遅れちまう!」

 

「あれ? っていうか、もしかして…」
「これってもう…今日から会社、行かなくてもいいんじゃね?」

 

「や…やったぁーーっ!」

 

「昨日までの俺に見えていたのは、黒いもやに覆われたモノトーンの世界だった」
「青い空、緑の木々、真っ赤な血!」

 

「いつから忘れてたんだろう」
「世界ってこんなにも鮮やかな色に満ちあふれてたんだなあ」

 

「会社に行かなくていい一日って、なんて素晴らしいんだぁーーっ!」

 

「今日は…何しようか?」

 

「やりたかったことは、山ほどあるんだ」
「今日からは全部できる」

 

「鳳さんは、無事でいるかな?」
「愛人だろうが関係ねえ」

 

「3年分の想いを伝えずに後悔するくらいなら…」
「うん、ゾンビに食われた方がマシだ!」

 

「社長、大事な話があるのですが、少々お時間よろしいでしょうか?」

 

「日々の激務に忙殺され、人間らしい生活を忘れ」
「自分がなんのために働いてるのかが分からなくなってしまいました」

 

「そこで大変申し上げにくいのですが、今一度本来の自分を取り戻したく」
「本日付けで退職する決意をいたしました!」

 

「さようなら…俺の大好きな人」

 

「明日も明後日も来週も、もう会社行かなくていいなんて夢みたいだ」

 

「俺達の命があと、1日だろうが、60年だろうが」
「やりたいことをやれる時間は、あまりにも短い」

 

「だったら俺は…俺は!」

 

2話

「そうか俺、もう会社行かなくてよくなったんだ」

 

「おはようございま~す!」
「今日から3年分の休暇、遊んで遊んで遊びまくるぞ!」

 

「うっし! 3年分の掃除完了!」
「部屋の整理は、心の整理…か」

 

「いつぶりだろう?」
「こんなに心がスッキリしたのは」

 

「さてと…それでは、お待ちかねの…」
「かぁーーっ! 美味い! 美味すぎる!」

 

「会社に行かず朝から飲むビールがこれほどまでとは!」
「まさに奇跡の水。いや、神の水だ」

 

「本来なら働いてるはずの平日に飲む背徳感、仕事の激務や責務からの解放感」
「これを幸せと呼ばずして、なんと呼ぶのだろう」

 

「しかし、あれだな…やはり世界は大変なことになってしまったんだな」
「これからどうしたもんか」

 

「しかし、今日の俺はとにかくビールだ」

 

「昼間からビール片手にこの部屋を一歩も出ることなく、徹底的に自堕落な時に身を委ね」
「3年分の英気を養うと…決めたのだ!」

 

「なんか昨日よりすげえ数増えてねえか?」
「いくらチャリでも大勢に囲まれたら逃げ切れねえかも」

 

「でも…ここでビールを我慢するくらいなら、ゾンビに食われた方がマシだ!」

 

「なるほど、リスクヘッジ…か」
「こんなゾンビ映画あるあるみたいなこと、本当に起こるんだなあ」

 

「すげえかっこよくて、きれいなお姉さんだったな」
「また…会えるかな」

 

「子供の頃は、やりたいことが山ほどあった」
「なのに、いつからかなんだかんだ理由つけて、ほとんどやってこなかった」

 

「3年分の休暇、遊んで遊んで遊びまくるって決めたんだ」
「やりたいことをやらずに生き延びるくらいなら、ゾンビに食われた方がマシだ」

 

「やりたいこと…やりたいことね」
「会社を辞めて、俺の本当にやりたかったこと…」

 

3話

「久しぶりに来たけど、さすが新宿」
「やっぱ人(ゾンビ)の量がスゲえな」

 

「でも、お前が簡単にくたばるわけねえよな」
「待ってろよ、ケンチョ!」

 

「今日は何しよっかなあ」

 

「そっか…ネットの混雑が解消されて、スマホが使えるようになったってことは」
「それを使える人が減ってきたってことなのかな」

 

「友達と遊ぶ時間も惜しんで、なんのためにあんな残業ばっかしてたんだろ」

 

「おお、出た! ケンチョ、生きてた!」
「久しぶり、最後に飲みに行ったのいつだっけ?」

 

「ケンチョとは大学時代、ラグビー部で4年間苦楽を共にした」

 

「イケメンで口も立ち、モテるくせに体まで張れる、サービス精神旺盛なムードメーカー」
「誰よりも気の許せる友達だった」

 

「ケンチョ!」
「お前の言うとおり、あんな会社さっさと辞めればいいだけだった!」

 

「なのに俺は、アドバイスに耳も貸さずに」
「それどころか、楽しそうなお前に勝手に嫉妬して、イライラして八つ当たりして」

 

「友達なのに…ごめん!」
「本当に、ごめん!」

 

「無理かどうかは…飛べば分かる!」

 

「お前のサービス精神はいつだって」
「俺等を楽しませるために発揮してくれてたじゃんか」

 

「だったら!」
「そんな会社さっさと辞めちまって、今からなればいいじゃねえか!」

 

「俺の教訓だ」
「友達のアドバイスは聞いとくもんだぜ」

 

「芸人なら腹くくって、そんくらい飛んでみせやがれ!」

 

「仕事? 何それ? したことねえ」

 

4話

「会社辞めて目が覚めた」
「これからは、自分のやりたいことにブレーキはかけねえ」

 

「なんか…」
「コンパっぽくね?」

 

「やはり、これは…」
「コンパだ…CAさんとコンパだ!」

 

「ど…どうしよう」
「念願のCAさんとのコンパだというのに…明らかに盛り上がってない」

 

「ま…まずい。学生時代は部活一筋だったし、ブラック時代もひたすら仕事しか…」
「こんな時、どうすりゃいいのか全然分かんねえ」

 

「こ…このままでは終われねえ」
「俺だって、CAさんと仲よくなりてえ」

 

「モジモジしてこの機を生かせず後悔するくらいなら」
「ゾンビに食われた方がマシだ!」

 

「ありがとう!」
「一瞬でも夢を見させてくれてありがとうございます」

 

「今思えば結局俺が憧れたものっていうのは、ほかの誰かがなんとなく思い描くような」
「そんな、借り物の夢だったんだよ」

 

5話

「社会の悪は俺が許さん!」
「正義のスーパーヒーロー、アキライガーに任せとけ!」(子供時代)

 

「だったら、うちの実家も無事かもな」
「なんたって関東の秘境、グンマーだからよ」

 

「なあ、ケンチョよ」
「俺…スーパーヒーローになってみたいと思うんだが」

 

「いいかな? 一度きりの人生!」

 

「ゾンビから人々を守るヒーローに」
「俺! なっちゃってもいいかな!」

 

「なあ、なんかさ…水族館のバックヤードって異様にワクワクしねえ?」

 

「そこまでだ、ゾンビ共!」
「アキライガー参上!」

 

「シャークスーツってのはサメの歯から体を守るために作られたダイビングスーツで」
「サメやワニの水槽の潜水清掃なんかに使われてんだ」

 

「チタン繊維や高張力鋼繊維?で出来た鎖帷子みたいなメッシュ構造で」
「大型サメの歯も通さないらしい」

 

「つまり、このスーツがあればゾンビに噛まれてもノーダメ」
「無敵のスーパーヒーロー、完成だ!」

 

「あの時の、リスクヘッジお姉さん」
「こんな所で会えるなんて奇跡だ…なんなら運命の出会いだ」

 

「あの目…絶対引いてたよなあ」
「ヒーローって、難しいんだな」

 

「な…なんかスゲえ理屈っぽくて小難しい人だあ!」

 

「何って、これ助けに来た以外あります?」

 

「もういいじゃないすか、そういうの!」

 

「誰だって腹へったら目いっぱい食いたいし」
「かわいい女の子と出会えたら仲よくなりたい」

 

「眼の前で助けを求める人がいたら、ヒーローになりたい!」
「そこにいちいち、理由が必要なんすか?」

 

「ヒーローって…なんだ?」

 

「試してみれば、分かるぞ!」
「バリバリサンダー…パ~ンチ!」

 

「(赤の他人?) いや、でも…」
「俺にとってお姉さんはもう大切な人ですから」

 

「ヒーローにならなくたって、きっと助けてましたよ」

 

6話

「それはそうと…(空を)見ろよ、ケンチョ」
「大停電も悪くないな」

 

「バイバイ、俺の大学生活」
「バイバイ、俺の社会人生活」
「バイバイ、東京!」

 

「長旅になるから、どうしてもゲットしたいものがあるんだ」
「キッチン、トイレ完備」

 

「ゾンビを気にせず快適な空間が手に入り、日々の就寝も選ばないマイペースな旅のお供」
「まさに、夢とロマンの走る家」

 

「ゾンビ世界の移動手段といえば、キャンピングカーしかないっしょ!」

 

「いいかな? 一度きりの人生」
「そんなキャンピングカーで旅しちゃってもいいかなあ!?」

 

「二度ならず三度も偶然」
「これはもう、100%運命だ」

 

「やっぱ車は、夢とロマンっしょ」

 

「だったら今もどこかで、世界を救うために感染を止める解決策を見つけることを」
「仕事にしてる人もいるんですかね?」

 

7話

「リーダー」
「こんな俺のこと、気にかけてくれてありがとうございました」

 

「でも、やっぱりここでお別れしたいです」
「これ以上、関わりたくないです」

 

「あなたとは、もう二度と会いたくありません!」

 

「(ゾンビのエサ?) それでもいいじゃないですか」
「やりたいことの1つも出来ずに、ここでゾンビみたいに生きるよりは!」

 

「(関わりたくない?) そうだけど! ゾンビに食われそうな人を見殺しにするなんてのは」
「俺の”やりたいことリスト”にはねえーーっ!」

 

8話

「不安は…行動しないための言い訳でしかない」

 

「出来るかどうかじゃない」
「それでもやりたいという熱い思いが、ここ(ハート)にあるかどうかだ!」

 

「い…今のシズカさんは…とても素直ですよ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ゾン100 1-14巻セット (コミック)

 

→ゾン100のインデックス

→アニメの名言インデックス