アニメ「転生したらスライムだった件」の名言まとめました

アニメ「転生したらスライムだった件」の名言をまとめていきます。

転生したらスライムだった件

1話 暴風竜ヴェルドラ

「家のパソコン、ハードディスクの中身。風呂に沈めて、完全に消去してくれ!」

主人公・三上悟は会社の後輩をかばって、通り魔に刺されてしまう。
そして死を覚悟した時、遺言としてお願いしたのがこれだった。

「アホか~! 認められるか~! でも、スライムだよな。人間じゃない」

違和感を感じながらも、意識を取り戻した三上。
しかしいろいろなことが分かって来る度、自分がスライムと認めるしかなかった。

「いいね! エクストラ!」

竜のような生物から、目が見えるために必要なスキル「魔力感知」を教えてもらったリムル。
そしてすぐに習得したのだが、「エクストラスキル」と上位スキルのため喜ぶ。

「やっぱ俺、スライムだ!」

スキルにより目が見えるようになったリムルは、さっそく水に自分を映してみた。
そして分かっていたことを改めて実感する。

「魔法使いがいる世界なのか! ますますゲームっぽい!」

ヴェルドラから魔法使いがいることを聞いたリムル。
自分が来た世界に対してテンションが上がる。

2話 ゴブリンたちとの出会い

「隠密って言ってたっけ、あのスキル? 覗き見し放題だ! けしからん奴だ!」
「後で友達になる必要がありそうだな!」

外へと続く扉を見つけたリムルだが突然扉が開き、冒険者らしきグループが入って来る。
冒険者がスキルで透明化し洞窟の奥に進むのを見たリムルは、友達になることを決める。

「うぁ!オーラを出したままだったのか! 大通りを社会の窓全開で歩いていたみたいだ!」
「これは、あかん!!!」

異常なまでにリムルを高く評価し、オーラが見えると話すゴムリンの村長。
リムルも大賢者のスキルを使って自分自身を見た時、すごいオーラを出していた。

「村長、1つ確認したい」「俺がこの村を助けるなら、その見返りはなんだ?」
「お前たちは俺に、何を差し出せる?」

リムルは村長に見返りを要求するが、これは体裁を整えただけで内容は何でも良かった。
人(魔物も?)は無欲すぎる人を、逆に怪しんでしまうため。

スポンサーリンク

3話 ゴブリン村での戦い

「気負うことはない。気楽にな! 最善を尽くす、そのことだけを考えろ!」

ゴブリン村を救うため、牙狼族との戦いに挑むリムル。
力の弱いゴブリンに被害を出さないため、無理をさせない戦法を考える。

「聞け、牙狼族よ! お前たちのボスは死んだ!」
「選択をさせてやる。服従か、死か!?」

ボスを倒したリムルは牙狼族に選択を迫るが、敵は判断に迷っていた。
その時にリムルは捕食者を使い...

「争う必要が無くなったのは、いいことだ! うん、うん。平和が一番!」

リムルのある方法が成功し、牙狼族は服従した。
逃げてもいいと考えていたリムルだが、丸く収まったことを喜ぶ。

「ルールは3つ。最低、この3つは守って欲しい」
「1つ、人間を襲わない。2つ、仲間内で争わない。3つ、多種族を見下さない。以上!」

ゴブリンと牙狼族の2種族がいるため、村は大所帯となる。
そのためルールを決めるリムルだった。

4話 ドワーフの王国にて

「エルフ!! エルフか~」

これから向かう国には、エルフがいることを知ったリムル。妄想は膨らむばかり。

「ん!? 何か今、盛大にフラグが立ったような気がしないでもないが?」

トラブルは起こらないと話すリグル。しかしリムルはそれこそがフラグと感じてしまう。

「キタァァァーーー!!!」
「この時、俺は天国にいた。ずっとこの谷間で過ごしたい!」
「何という豊かな、谷間のある人生!」
「しかし、楽しい時は、長くは続かない。それもまた、人生!」

エルフの店に入った途端、マスコット的にかわいがられるリムル。
テンションは初めからマックスになる。
エルフの店を堪能し、単なるエロスライムと化してしまう。

5話 英雄王ガゼル・ドワルゴ

「分からないけど、キレイな人にお酌してもらえたら、何でも美味しく感じるんだ!」

お酒のおかわりを頼んだリムル。言ってることはよく分かる。

「おぉぉぉーーー!!! これは、あの伝説の!」

お姉さんから「してみない?」と聞かれ、手付きから大興奮するリムル。
もちろん盛大な勘違い。

「しかし、そう簡単には行かないのが、世の中である」

カイジンが仲間になり喜ぶリムル。
しかしベスターを殴った罪で、カイジンはもちろんリムル達まで裁判に掛けられてしまう。

「あのスライムの動向を監視せよ。あんな魔物が解き放たれているとは」
「絶対に気取られるなよ。絶対にだ!」

「あれは化物だ。まるで暴風竜ヴェルドラのごとき!」

リムルの動向を監視する命令をしたガゼル王。
それは評価しているレベルではなく脅威を感じていた。

スポンサーリンク

6話 シズ

「新しく獲得したスキルを試してみたが、これは使い所を考えないと強力すぎるな~!」

新しい攻撃スキル「黒稲妻」を試してみたリムル。
しかし強力すぎるのも使い所が難しい。

「思ったより早く出会ったな。運命の人!」

冒険者といる仮面の少女・シズは剣に炎をまとい、モンスターの大群に1人で立ち向かう。
シズは敵を圧倒するが、急な体調不良によりピンチに陥った所をリムルに助けられる。
そして仮面の外れた顔を見ると、シズは占いで見た運命の人だった。

「初めまして! 俺はスライムのリムル。悪いスライムじゃ無いよ!」
「今のネタ、伝わったのか?」

冒険者に対して無害アピールのため、かわいい声で挨拶したリムル。
みんなが呆然とする中でシズだけが笑い、自分のネタが伝わったことに驚いてしまう。

「スライムさんは転生者なんだ。大変だったね!」「私は、召喚者だから!」

リムルが転生者だったことを知り、気遣うシズ。
そして自分が召喚者と話す時、少し寂しげな表情を浮かべた。

「俺はこっちの世界でも、みんなが平和に暮らせる街を造りたいと思っている」
「なるさ! きっと!」

戦争していた時代に召喚されたと話すシズ。
それを聞いたリムルは思念伝達を使い、その後の日本の発展をシズに見せていく。
現代の日本と同じような平和な街を作ると、リムルはシズに話していく。

スポンサーリンク

7話 爆炎の支配者

「ここまで旅が出来て、やっぱり仲間っていいと思えた」
「最後の旅が、あなた達とで本当に良かったと思っている」

「もう、うん十年も生きててね。見た目ほど若くないから!」

冒険者のエレンから、これからも一緒にと誘われたシズだが断った。
そして「最後の旅」と話すシズは、少しおどけた表情を見せる。

「任せて下さいよ! こっちだってね、命張って冒険者やってるんです!」

イフリートが出現させた使い魔に対して、魔法攻撃を仕掛けるエレン。
使い魔とは互角の戦いをしていく。

「楽勝モードだ! 結果オーライ!」
「いや、全て、計画通り!」

イフリートに対してあることが判明し、いきなり楽勝モードに入ったリムル。
反撃を開始する。

「今、何かしたのか?」
「俺もお前のことをなめていたが、お前も俺をなめすぎだったな!」

勝利を確信したイフリートは立ち去ろうとしたが、リルムは捕縛に成功。
そして勝利宣言をする。

8話 受け継がれる想い

「ありがとう!」
「私はまた、大切な人を、殺してしまう所だった...この手で」

イフリートに体を支配されていたが、リムルが倒したことにより元に戻るシズ。
しかし体は衰弱し寝ていたが、突然リムルにお礼を伝える。

「私という人がいたって、覚えていて欲しい」

続けて話を続けようとするシズに対して、体をいたわるリムル。
しかし死期が近づいているのを感じているシズは、静かに語り続ける。

「この世界が、嫌い。でも、憎めない。まるで、あの男のよう」
「だから...だから、この世界に取り込まれたく、無い」
「最後の、お願い。私を、君の中で、眠らせてくれないかな?」

語り続けたシズは最後のお願いをする。
それは亡くなった後、リムルの中で眠ることだった。

「運命の人よ、安らかに眠れ。俺の中で」

語り終えたシズは静かに息を引き取る。
それを確認したリムルは、約束通り捕食者を使用する。

「俺は、約束を守る男なのだ!」

シズの想いを引き継いだリムル。
明確な目的の一つを得る。

スポンサーリンク

9話 大鬼族の襲撃

「問題ない。負ける気がしない!」

狩りに出ていた仲間からの救援要請により現地に駆けつけと、オーガ6人と戦っていた。
ランガに魔法を使う1人だけを止めてもらい、残り5人の相手をすると話すリムル。
心配するランガに対して自信を伝える。

「だが、確かに俺は、お前たちを甘く見ていたようだ」
「少し、本気を見せてやろう!」

仮面を付けたまま戦うリムルは、敵の攻撃をかわすことが出来なかった。
ダメージこそ無かったが、本気で相手することを決める。

10話 オークロード

「俺は仲間を見捨てない!」

オーガ達に対して、部下になることを提案するリムル。
それはオーガ達を支配するためではなく、復讐に加担する訳でもない。
目的は自分たちの住むジュラの森の安全を確保するためだった。

「俺に出来るのは、その決断を悔いなきものにしてやるだけだ」

オーガのリーダーはリムルの提案を受け、部下になることを決定する。
しかしその決断は、己の不甲斐なさを認めるのと同じこと。
気持ちを理解しているリムルは、全力で応援することを誓う。

「仕方ありませんよ。主に見合わなけれりゃ、こっちだってゴメンだ」
「名を付けてもらうのも、誰でもいいって訳じゃありませんからね」

名前を付けると話す魔人に対して、過去に断ったことがあると話すベニマル。
名前を付けてもらうことについて語り、リムルを照れさせる。

11話 ガビル参上!

「いないと楽観視するよりは、警戒するべきかと思います」

オークの出現に対して、対策を協議するリムル達。
総勢約20万もの軍勢のため、オークロードの出現の可能性が高いと考えられた。
可能性の域を出ないがホブゴブリンの1人は、悪い方向で考える必要性を話していく。

「ドライアド!?」
「あれか! ゲームによくいる、木の精的なお姉ちゃんか!?」

協議中にドライアドが接触してきたことを伝えるソウエイ。
周りの仲間は特別な人物が接触してきたため、驚きを隠せない。
その中でリムルは、別の想像で興奮する。

12話 狂いゆく歯車

「返事は少し待ってくれ」
「鬼人たちの援護はするが、率先して藪を突くつもりは無いんだ」
「情報を整理してから答えさせてくれ」
「こう見えても、ここの主なんでな!」

ドライアドからオークロードの討伐を依頼されたリムルだが、返事は保留とする。
単独で判断せず、情報の整理と仲間との相談を優先する。

スポンサーリンク

13話 大激突

「勝手に仕事を取ってくるこの感じ、まさに秘書だな!」

戦いの地に進軍してる時、脱出したガビルの妹を救出したリムル。
リムルを強者として頭を下げ救援を依頼する妹を見て、シオンが前に出る。
勝手にOKを出す姿を見て、リムルは昔を思い出す。

「もう一度言う。道を開けろ豚ども!」
「灰すら残さず消えたく無ければな!」

戦いを開始するベニマル達。
静かに語るような話し方が、むしろ怒りの深さを物語る。

「よく見たか、オーク共よ!」
「これが貴様らがこっぱと侮ったお方の、力の一端だ!」

ガビルを圧倒したオークジェネラルは、リムルのことを侮ってくる。
それを聞いたランガは怒りの大魔法を発動し、既に消えた相手に向かって叫ぶ。

「見えてるな、オークを操る者よ」
「次は貴様の番だ。オーガの里を滅ぼし、鬼人を敵に回したこと、せいぜい後悔するがいい」

リザードマンの王様を救出したソウエイの前に、巨大なオークが現れる。
しかしそのオークを一蹴するソウエイ。
これから現れるであろうオークロードに向かって静かにつぶやく。

14話 全てを喰らう者

「だけど、俺はガビルを気に入った」
「助ける理由なんて、それで十分だ」

いろいろ問題はあるが、ガビルの本性を見たリムル。
助けることを決める。

「お前に食われる前に、俺がお前を食ってやるよ」
「俺は、スライムだ!」

リムルを捕まえることに成功し、勝利を確信する魔王ゲルド。
しかし捕食者とスライムの特性を利用して、リムルは反撃を開始する。

「それでも、お前は死ぬ。だが安心しろ」
「俺がお前の罪も全て食ってやるから」
「ああ。お前だけじゃなく、お前の同胞すべての罪も食ってやるよ!」

「罪」という言葉を使う魔王ゲルド。
捕食者を使うリムルは、その罪ごと食うことを約束する。

15話 ジュラの森大同盟

「最初に明言するが、俺はオークに罪を問う考えは無い!」

今回の戦いに参加した敵味方を集めた会議。
その議長になったリムルは、最初に敵側の罪を問わないことを明言する。

「魔物に共通する唯一不変のルールがある。弱肉強食」
「立ち向かった時点で覚悟は出来ていたはずだ」

オークの件について納得しないリザードマンだが、ベニマルは魔物のルールを話していく。
里を滅ぼされていたため、ベニマルの発言の意味は大きかった。

「本気で戦ってみるのが手っ取り早いであろう!」

勢力が大きくなりすぎたリムルの前に、ドワルゴンの王・ガゼルが現れた。
見極めると話すガゼルは、リムルとの一騎打ちを望むのだった。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク