「SSSS.GRIDMAN」の名言まとめました

アニメ「SSSS.GRIDMAN」の名言をまとめていきます。

SSSS.GRIDMAN

1話 覚・醒

「上、上! 向こうにでっかい怪獣! でっかい怪獣!」「霧の向こう!」
「いやいやいや、見えるでしょ! いるでしょ!」

六花と共に病院に行くため外に出た響裕太は、深い霧の向こうに怪獣の影を見た。
しかし先程のグリッドマンも今回の怪獣も、裕太以外には見えなかった。

「ねえ。記憶が無いってことはさ。今日のこと、全部覚えて無いってこと?」
「そっか。でも、もし記憶喪失のフリだったら、最悪だかんね!」

裕太に今日のことも覚えていないのかと聞く六花。しかし内容は話さなかった。

「分かんないけど。何か、やばい感じが!」
「そうじゃなくて。怪獣が聞こえる」

ジャンクショップに来た3人。
裕太の言動に呆れる将と六花だが、この後に本物の怪獣が現れる。

「そうだ。私と君は、覚醒しなければならない」
「説明は後だ!」

グリッドマンに呼ばれたため、パソコンの前に来た裕太。
そして覚醒を求めるグリッドマンだった。

「裕太がジャンクに食われちまった!」
「昔のパソコンって、こっわ~!」

グリッドマンと覚醒するため、光の粒子になりパソコンに取り込まれる裕太。
それを見た将と六花は、微妙にズレた反応を示す。

「うぁあ! ジャンクが!」「昔のパソコンって、すげえな!」
「もしかして、ジャンクとグリッドマンが連動してるのか!」
「あ~、ウルトラシリーズならな~! 怪獣に弱点とかあるのに!」

怪獣に苦戦するグリッドマンだが、その時にジャンクも危険を知らせてきた。
それを見た将はマニアックなことを言うが、六花は呆れてしまう。

「グリッド、ビーーーム!!」

将と六花のアドバイスにより、怪獣を追い詰めるグリッドマン。
そして必殺の「グリッドビーム」を放つのだった。

「ちょっと! ごめんだけど、ちょっと今日はもう」
「今、頭ん中ごちゃごちゃで。グリッドマンとか訳わかんないし。友達とかも心配だし」
「ちょっとごめんだけど」

戦いに勝利し、1人盛り上がる将。
しかし六花は学校への被害などが気になり、その空気に耐えれなかった。

「うっそ! 学校、直ってるじゃん!」

翌日、学校に来た3人。
しかし見たものは破壊されたはずの学校が、何事も無いように直っている風景だった。

2話 修・復

「チョット待って! 毎日、家くるき!?」
「何、グリッドマン同盟って? 気持ち悪!」

ジャンクショップは休みだが、開けるように依頼される六花。
勝手に「グリッドマン同盟」も結成され毎日くると言われたので、六花はうんざりする。

「怪獣が出た後じゃあ、宇宙人ぐらいは普通にあり得る。ウルトラシリーズなら定石だし!」

今後の展開について考える将。基準はウルトラシリーズだった。

「私たち、こんなとこにずっと住んでたんだ!?」

パソコンを最適化したおかげで、将と六花にも怪物の影が見えるようになる。
六花は改めて現実の脅威を感じる。

「行かなきゃ!」「また何人も死んじゃうんだ。グリッドマンと一緒に戦わないと!」
「そうかもしれないけど。俺たち、グリッドマン同盟なんだろ!」

怪獣が現れたので戦おうとする裕太だが、将は止めようとする。
しかし裕太は戦うことを決断する。

「アクセス、フラ~ッシュ!」

グリッドマンから左手に「プライマルアクセプター」を着けてもらった裕太。
自分の意志でグリッドマンとつながることが出来るようになる。

「身体が軽い! これがグリッドマンか!」

変身したグリッドマンは、前回とは動きも色も違っていた。
最適化の効果が出ていた。

「ビーム対策、完璧すぎ~!」

怪獣はミラーコーティングされていたため、グリッドビームを跳ね返す。
それを見ていたアカネは、画面の前で笑い転げる。

「電撃大斬剣グリッドマンキャリバー」

サムライ・キャリバーが実体化した剣を装備したグリッドマン。
怪獣に改めて戦いを挑む。

「だがお前がやらなけらば、もっと死んでいた。これからも、やれることを、やれ!」

戦いには勝利したが、全てを救えなかったことを悔やむ裕太。
しかしサムライ・キャリバーは、裕太の出来ることを話していく。

スポンサーリンク

3話 敗・北

「あ~。サボりてえ!」

家を出た時、大雨が降っていた。思わずつぶやく六花だった。

「お~! やっぱ生で見ると迫力が違うな~! 早く来ないかな~、グリッドマン!」

みんなは逃げたが、1人教室に残っているアカネ。
いつもは画面越しだが、今回は実際に見ているので興奮する。

「怪獣がしゃべった! じゃあ、この怪獣も」
「人間は、倒せない!」

怪獣が話したため、人間の変身である可能性を考える裕太。
そのため抵抗できず、一方的に攻撃を受けてしまう。

「怖いから、あたしは無理!」

裕太が生きているかを確認するため、部屋の前まで来た将と六花。
結果を知るのが怖い六花は、学校で聞くことも部屋のベルを押すことも出来なかった。

「違うじゃん。解散は、違うじゃん!」
「だってそしたら、響くんが帰ってくる場所なくなっちゃうじゃん!」

裕太が戻って来ないことで、ギスギスする将と六花。
グリッドマン同盟を解散するという将に対して、六花は解散だけは止めたかった。

「剛力合体超人・マックスグリッドマン!」

怪獣のスピードに対応できないグリッドマン。しかしマックスが協力する。
「剛力合体超人・マックスグリッドマン」に変身し戦いを再開する。

「お前は、人間なのか!」
「ならばもう迷いは無い。私がお前を倒す!」

改めて問いかけずにはいられない裕太だが、怪獣は話はするが人間では無いと否定する。
怪獣はグリッドマンを倒すことが使命と話すため、グリッドマンは倒すことを決意する。

「マックス、グリッドーーー、ビーーーム!!!」

敵がビームを撃とうとした時、迎撃としてマックスグリッドビームを撃つグリッドマン。
パンチへの連続攻撃で敵を撃退する。

 

4話 疑・心

「ダ~メだ! とける。バスで行こう」

家を出た六花は、あまりの暑さにうんざりした。そしてバスに変更する。

「一旦、切ればいいんじゃん!」

4人が参戦することによりパソコンの処理能力を超えてしまい、フリーズするグリッドマン。
それを見た六花は、何の迷いもなく電源を落としてしまう。

「超電撃、キーーーック!!!」

今回はロスが大きく、時間が残りわずかになってしまう。
しかしマックスグリッドマンに変形し、超電撃キックを炸裂させる。

「何で私の周りばかり、怪獣が出てくるんだろう?」
「私のせいかな?」

怪獣の出現について、思いを巡らす六花。
そして自分との関係性を考える。

5話 挑・発

「こういうの、有りなの?」
「こういう場合は有りなの!」

駅まで持ってきたジャンクを、そのまま屋外にセットする。
違和感のあるヴィットに対して、ボラーは気にしない。

「どんなに、相手が大きくても、負けはしない!」

敵との真っ向勝負を挑んだグリッドマン。
しかしサイズとパワーが違いすぎて圧倒される。

「武装合体超人、バスターグリッドマン!!」

バスターボラーと合体したグリッドマン。火力優先の装備になる。

「ザコには構うな! 無限の火力で、でかいやつを焼き尽くすぞ!」

再びアンチが現れ、2対1の戦いを強いられるグリッドマン。
しかしアンチは無視して、グリッドマンは本命に攻撃を集中する。

「ツインバスターーー、グリッドーーー、ビィィィーーーム!!!」

両肩のドリルを開き、強力なツインバスターグリッドビームを叩き込む。

「あ~! 全然ドリルっぽい活躍できなかったわ~!」

戦いに勝利し戻ってきたボラー。
ドリルにこだわりがあるが使えなかったので残念がる。

6話 接・触

「名前? 私、怪獣だよ!」

裕太の前に少女が現れた。「怪獣」と名乗るが、この後に驚きの展開が。

「あっ、レッドキング! やっぱレッドキングって、3代目の造形いいよね~!」
「好きだよ~」「だって格好いいじゃん!」

本屋にいる将に近づいたアカネ。
将が見ていた怪獣雑誌を見て、アカネは得意分野のネタを話していく。

「でしょ! 事情があるとは思うけどさ。怪獣が出ない回とか、作っちゃダメだよね~!」
「怪獣って、ホントは主役じゃん!」
「なのに、やられ役だと思われてるよね~、そういうの」

コーヒーショップで将と怪獣の話をするアカネ。
アカネにとってヒーローは、「そういうの」的な扱い。
ちなみに今回のグリッドマンに怪獣は登場しない。

7話 策・略

「ウルトラシリーズなら、それって定石なんだよな~!」

「アカネの心から怪獣が生まれる」ことについて、誰も信じようとしなかった。
しかしそのパターンはよくあることと話す将に対し、みんなは呆然とする。

「大空合体超人・スカイグリッドマン!」

今回はヴィットの協力により、スカイグリッドマンに変身。
飛び回る敵に対し、空中戦を挑むのだった。

「グリッドライトセイバー、スラッシュ」

左手から光の剣を出したグリッドマン。
敵を一刀両断にする。

「逃がすか! アンプレーザーサーカス!」

スカイヴィッターは一時的にグリッドマンと分離し、アンチを追尾していた。
無数の追尾型レーザーを発射し、アンチを撃墜する。

「新条さんの心が怪獣を生み出すなら、きっと、戦うだけが使命じゃない」
「俺たちとグリッドマンには、やらなければならないことが、まだあるんだ!」

戦い終えた裕太は、アカネの心を考えた。
そして倒すだけでは解決しない結論にいたる。

8話 対・立

「この怪獣を学園祭当日、この学校で暴れさせるから!」
「だからさ、止めてみてよ、私を!」

教室で裕太・将・六花を呼んだアカネは、自分が怪獣を作ってることを告白する。
そして学園祭当日、怪獣を暴れさせると予告する。

「戦うより、先にやることがあると思う」

アカネの予告に対して、どうやって戦うかを考える裕太と将。
しかし戦う相手がアカネと知ったため、六花は戦うこと自体に否定的になる。

「どちらの意見も正しい。だからこそ、ぶつかってしまうのかもしれない」
「すまない...」

将とアカネの言い争いに対して、グリッドマンに意見を求めた裕太。
それを話したが、ボラーに突っ込まれてうなだれるグリッドマンだった。

「だって嫌いなんだもん。別に学祭なんて、響くん達だってやりたく無いでしょ?」
「君たちも怪獣が戦っている姿の方が見たいんじゃないの、ホントはさぁ?」

裕太と将から日を変えて欲しいと、お願いされたアカネ。
しかし学園祭に興味の無いアカネにとって、受け入れる理由にはならなかった。

「神様と仲良くするのは嫌? 私が何をしても六花は私のことを嫌いになれないよ」
「私が六花を、そう設定したんだから!」

六花に対して、自分のことを嫌いになれないと話すアカネ。
そして六花を設定したと話し、この後に更に衝撃的なことを話していく。

「明日、内海くんに謝る」「先に謝りたいの」
「あの人、私から謝るのって考えて無さそうじゃん!」

アカネを止めることが出来ず、自分の無力さを裕太に話す六花。
裕太は自分も将も頼りにしてることを話していく。
その後に六花は自分から将に謝ることを話し、笑顔を見せる。

「今こそ全員の力、合わせる時だ!」
「超合体超人、フルパワーグリッドマン!」

学校への被害はある作戦を実行することにより、最小限にすることに成功する。
そしてジャンクへの負担を減らす方法を見つけた裕太たちは、4人全員が合体するフルパワーグリッドマンに変化することに成功する。

「何なの? もうただのロボットじゃん。そんなんに私の怪獣は負けないから!」

全合体したグリッドマンを見て呆れると共に、変身ヒーローとは呼べないと考えるアカネ。
そして自分の怪獣は負けないことを叫ぶ。

「ツインドリルブレイク!」

とうとう両肩に付いているボラーのドリルが活躍する。

「フルパワー、チャージ!!」
「グリッド、フルパワー、フィニィィィーーーッシュ!!!」

フルパワーチャージしたグリッドマンは黄金色に輝いていく。
そして圧倒的な破壊力を持つ、グリッドフルパワーフィニッシュを放つのだった。

9話 夢・想

「それが本来の形だから。私を好きになるために作られたんだから!」

裕太、六花、将と仲良く高校生活を過ごすアカネ。
しかしその全ては、アカネが夢の中に作り出す幻だった。

「夢だから目覚めるんだよ、みんな同じ。それは、新条さんも」
「俺はそっちには行けない。グリッドマンが呼んでるから!」

ある場所に来た時、自分が夢の中にいることに気づいた裕太。
グリッドマンが呼んでるとして走り去る。

「夢でも届かないの...」

裕太に続いて将と六花も夢と気づき、アカネの元を去っていく。
それを見ていたアカネも、いろいろと抱えていた。

「合体戦神、パワードゼノン」

今回の敵は夢と現実の2ヶ所に存在し、夢側はグリッドマンが相手する。
そして現実側は、4人のみの合体「パワードゼノン」で戦いを開始する。

「パワードアックス、ジャンボセイバー、スラッーーーシュ!」

必殺技を繰り出したパワードゼノン。敵をあっさり両断する。

10話 崩・壊

「その記憶ごと作られたものだったら?」
「こんなことが続いてるから、私は自分の記憶に自信ないし」
「街にずっといた怪獣だって、響くんが気づくまで誰も気にしなかったんでしょ」

アカネの存在を知り、自分の記憶が作られたものと疑う将。
そして六花も自分の記憶に自信が無いことを話していく。

「神様には神様の世界があるんじゃない。アカネは神様の世界から逃げて来たのかも?」
「弱いとかじゃなくて、アカネは繊細なんだよ」
「明日も怪獣でないといいね!」

アカネについて裕太は、「窮屈そう」とか「弱い人には見えない」と話した。
それを聞いた六花はアカネの繊細さを話し、これからの平和を願うのだった。

「勝ってどうするつもりだ?」
「その顔、考えたことも無いようだな。人間と怪獣の間でブレてる奴が勝てると思うな!」

アンチに対して、グリッドマンに勝った後のことを問いかけるサムライ・キャリバー。
しかしアンチには勝つことだけが目的で、後は存在しなかった。

「君はもう怪獣じゃないよ」「怪獣は人の気持ちを読んだりしないから」
「君は私を探してたでしょ。怪獣はね、人に都合あわせたりしないよ」
「いるだけで人の日常を奪ってくれる、それが怪獣」

雨の中で傘もささずに立っているアカネに対して、アンチは傘を差し出した。
それを見たアカネは、アンチをすでに怪獣とは違う存在と考えていた。

「ほぉ~! 中の人が出てきてしまったぞ! いいのかな~!」

グリッドマンは怪獣を倒したが、消滅せずにそのまま残っていた。
すると中から別の怪獣が出てきたのを見て、思わずつぶやくアレクシス。

「俺に与えられた命の意味を、俺は探す!」
「俺は、お前を倒すために生まれ、お前を倒すために生きて」
「お前を倒すために、俺は、お前と、共に戦う!」

中から出てきた怪獣はスピードと攻撃力で、フルパワーグリッドマンを圧倒する。
そして武装をはがされたグリッドマンは窮地に陥ったが、そこにアンチが救出にかけつける。
しかし怪獣には対抗できないと見えた時、アンチはグリッドマン自体をコピーした。
そして「グリッドナイト」として、改めて戦いを開始する。

「感じる。これは新条アカネの心そのものだ!」
「俺はアイツの心が読める。ならば!」
「俺には見えているぞ、新条あかね!!」

グリッドナイトに変化しても、怪獣のスピードには対抗できない。
しかしアカネの悪意から生まれた怪獣のため、動きを読むことで撃破に成功する。

11話 決・戦

「やっぱりアカネを探すしかない。理由が合ったって、こんなことはゆるされないから!」

今まで街を直していた怪獣が倒されたため、街は大災害の後みたいになっていた。
この状況を解決するため、六花はアカネに会うことを優先する。

「何でも悪い方に捉えるなよ!」
「言えないってことは、言わないってことを六花なりに考えたんだよ」
「まあ、友達だし!」

学校に来ていたが、怪獣が出現したので理由も言わずに帰る六花。
一緒にいたなみこは隠しごとを疑うが、はっすは「言わない」選択をしたと考える。
それは友達としての優しさだった。

「何も出来ないから、何もしないつもりか?」

アカネに刺された裕太は、命には別状無いが目覚めない。
またマックスたちも、裕太が目覚めないと戦えないと話していく。
その時にアンチが現れ、行動について問いかける。

「怪獣が暴れれば、多くの人が犠牲になる」
「でも、俺は、怪獣とグリッドマンの戦いを楽しんでいたのかもしれない」
「俺だって最低だ!」

戦いの時に人のことなど気にしないと話すアンチに対して、将は殴ろうとする。
しかし六花に止められた後、将は自分も観戦者になっていたことを思い出す。

「だから俺はこの場所に来た!」
「借りは返す。それが礼儀と教わった」

将は怒りもあるが、この事態に対処できるのはアンチだけと考えていた。
それを聞いたアンチは、自分が来た目的を話していく。
みんなが呆然とする時、突然サムライ・キャリバーは笑いだし、周りを驚かせる。

「ごめん、内海。私は行かなければならない!」
「そうかもしれない。私はハイパーエージェント、グリッドマンなのだから!」

目覚めた裕太は、自分が記憶喪失の意味を思い出す。
動き出す裕太を止める将だが、グリッドマンとして裕太は戦いに向かう。

「私は、アカネと違って神様じゃ無いけど、私はアカネを友達だと思っている」
「私はアカネの友達。私はそれ以外に生まれてきた意味なんて要らないよ」

アカネの所に来た六花だが、アカネは関係ないとして拒絶する。
それを聞いた六花は友達と叫ぶ。
しかしアカネは設定と話すが、六花は自分の想いを静かに伝えていく。
その問いかけにアカネは反応したのだが、アレクシスが現れる。

12話 覚醒

「悲しいかどうかは、私たちが決める!」

六花を作り物と言い、そしてアカネとの友達関係を悲しいと語るアレクシス。
それを聞いた六花は、全てを自分たちで決めると反論する。

「行こう、六花! みんなが待ってる!」

アカネの存在を自分たちが変えると宣言する六花。しかし方法は見つからない。
その時に裕太が現れ、みんなが待ってると手を伸ばす。
六花はその手を取り、アカネを変える戦いに協力する。

「おい! あっのさ~、内海くんは響くんの何なの!?」
「その友だちが、来てくれって言ってるんですけど?」

将を迎えに来た裕太と六花だが、将は役に立たないとして行こうとしない。
その時にボラーのように足を蹴った六花は、将に問いかける。
友だちと叫ぶ将に対して、六花は優しく話しかける。

「これが本当のアクセスフラッシュだ!」
「これが本当のグリッドマンの姿なんだ!」

全員がジャンクの前に立った時、裕太たち5人全員に「プライマルアクセプター」が現れた。
心を合わせ合体した時、本当のグリッドマンの姿として戦いを開始する。

「そんなものは命では無い!」

真の姿になったグリッドマンは、巨大化したアレクシスを圧倒する。
撃破に成功したと思った時、何事もなかったように再生し、逆に窮地に陥る。
そしてアレクシスは語った。「無限の命を持つ私には勝てないよ」
それを聞いたグリッドマンは、命の意味を叫ぶ。

「グリッドーーーフィクサービーーーム」
「フィクサービームとは、この世界を修復する力」
「この世界を作った、新条アカネの心を救う力だ!」

純粋な力勝負では、アレクシスに勝てないグリッドマン。
その時にグリッドマンは、もう一つの力を発揮する。
そして修復する力を持つ「グリッドフィクサービーム」を、アレクシスに叩きつける。

「それだけではない。人間が持つ可能性の力を、私は、私たちは信じる!」
「これが、命ある者の力だぁぁぁーーー!!!」

アカネの心を救ったグリッドマン。
その力を認めることが出来ず、叫ぶアレクシス。
それを聞いたグリッドマンは、命ある者として叫ぶのだった。

「知ってる。アカネのことなら私は知ってるから」

戦いの後、アカネと2人で話す六花。
そこでアカネは自分の弱さを話し出す。
それを聞いた六花は、全て知っていることを伝えていく。

「だから神様。最後にお願い聞いてくれませんか?」

別れが近づいた時、六花はアカネに最後のお願いをする。
それは友だちだからこそ、アカネのことを考えた願いだった。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
SSSS.GRIDMAN 第1巻 [Blu-ray]

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク