「邪神ちゃんドロップキック」の名言まとめました

アニメ「邪神ちゃんドロップキック」の名言をまとめていきます。

邪神ちゃんドロップキック

1話

「やられる前に、やる! お前に召喚されて魔界へ帰れなくなった私の恨み、全部まとめてこの一撃で、終わらせてやる~!」
「邪神ちゃんドロップキッ~ク!!」(邪神ちゃん)

 

「それにメデューサ。これ以上もなにも、私はまだ一度も、罪を重ねてなどいないぞ!」(邪神ちゃん)

 

2話

「暑い! 人間界の夏ってやつは、暑すぎますの……」
「む~り~で~す~の~! わ~れ~わ~れ~は~う~ち~ゅ~う~じ~ん~で~す~の~」(邪神ちゃん)

 

「これは、地獄だ」(邪神ちゃん)

 

「こんな国で2020万国大運動会やったら、坊主丸儲けの『お・も・て・な・し』ですの~!!」(邪神ちゃん)

 

「お腹すいた。天使は死なない。ですが、なぜ人間はこんなにも無関心なのでしょう」
「今のぺこらは、あからさまにやばいのに」(ぺこら)

 

「じゃがいも、おいしいです。でも、なぜカレー屋さんでじゃがいもが出るのですか?」(ぺこら)

 

「彼女は私の隣人なのでしょうか? 魔女なのに? 世界は矛盾に満ちています!」(ぺこら)

 

「ただいま、お腹すいた。今日トライデントが半額だったから買ってきちゃった」(花園ゆりね)

 

「まとめると、邪神ちゃんはやっぱりクズね」(ゆりね)

 

「でも、かわいい所もあるんですよ」
「困ったり弱気になったりすると、私のこと、すっごく頼ってくれるんです」(メデューサ)

 

「あれ? 一見ハッピーエンドに見えるけど、ダメだわ。私こんな感じの、見たことあるわ」(ゆりね)

3話

「お腹がぺこぺこら!」(ぺこら)

 

「うっめ~! 奪って食べる食料、うっめ~! もそもそするけど、最高にうめえ!」(邪神ちゃん)

 

「だよな~! 金は貸したら返ってこないもんだと思った方がいいわな~!」(邪神ちゃん)

 

「ちょっと、言い過ぎましたの。メデューサ……メデューサに、嫌われてしまいましたの。メデューサは私にとって、私にとって、大切な、大切な……ATMだったのに」(邪神ちゃん)

 

「あ~あ。加速する~! 邪神ちゃんのクズが、加速する~!」(ゆりね)

 

4話

「あたしがあれだけ回しても手に入らなかったツチノコを、いとも簡単に! はぁ~、欲しい! 手に入らないと余計にあのツチノコが、素晴らしいものに見えてくる」(邪神ちゃん)

 

「冷静になると、奪うほどの物だったのか? そして今後これが、視界に入るたびに少年に殴られ、罵倒された記憶が蘇るということか」(邪神ちゃん)

 

「パトロール中にこの子を見た時、あまりのフォルムの美しさとかわいさに一目惚れして、声を掛けて、捕まえちゃったの!」(橘芽依)

 

「本当に面白いと思って、やったんですか?」
「今のは、イタズラの範囲を越えていますよ。あなたがいなくなったら、私がどれだけ悲しむか、分からないんですか?」(メデューサ)

 

「や、やばい! これは……敬語メデューサだぁーーー!!!」
「何千年かに一度あるかないかの、メデューサのマジギレモードですの」(邪神ちゃん)

 

「うそだよ~! さっきのお返し。帰ったりしないよ!」(メデューサ)

スポンサーリンク

5話

「イヤよ! 私ね、一口ちょうだいとか、交換する行為嫌いなの。自分で注文した物は全部自分で食べる」(ゆりね)

 

「邪神ちゃんはクズだけど、メデューサといいミノスといい、友だちはいい子よね」
「邪神ちゃんはクズなのに」(ゆりね)

 

「働く場所が選べないとは言え、ガチでやばい場所に来てしまったようです」(ぺこら)

 

6話

「邪神ちゃん。勝ったあんたに、マヨネーズを取りに行く権利を与える」(ゆりね)

 

「う、うまい! どうして、どうして美味しいの?」
「答えになっていないが、とにかく美味いのは美味い、間違いない。カレーにマヨネーズ、モハメドだな……アリだ!」(邪神ちゃん)

 

「ジャマダハルとチャクラムだったら、どっちが切れ味いいと思う?」(ゆりね)

 

「浩二の奴! あだ名を『ミモリ』に変えて、キャラが定着しないようにしてやる~!」(邪神ちゃん)

 

「天使にふさわしいから、天使やってる訳じゃないの。天使になるために生まれちゃったから、天使やってるの!」(ぽぽろん)

 

「私のカレーに何してくれてんだ、このガキャー! 人の命は粗末にしてもいい。だが食べ物だけは粗末にするな!」(邪神ちゃん)

スポンサーリンク

7話

「天使のくせに狡猾な奴でしたの。あいつ見てると、誰かを思い出すな?」(邪神ちゃん)

 

「邪神ちゃん。あんたって本当に最低な奴なのね。最低というかむしろ可哀想だわ」
「悪魔とはいえ、そこまで落ちちゃったか……」(ゆりね)

 

「何だ、この気持は? あのゆりねの全てを諦めたような私を見る目。今日の私は、お仕置きする価値すら無いといった感じだったな」(邪神ちゃん)

 

「泣くな、メデューサ! 私は、私は、迷惑とか思ってませんの。コンタクト以外にも、何か方法があるかもしれないし、元気だしますの」(邪神ちゃん)

 

「あんたもちょっとだけ、いいとこあったのね。ほんのちょこっとだけど」(ゆりね)

 

8話

「女神が微笑んでますの!」(邪神ちゃん)

 

「新しいツキが来た、打てば勝てる! いつ打つの!?」(邪神ちゃん)
「今でしょ!」(妄想)

 

「えっ! 天使の輪って食べられるのですか? おいしかったですか? 何味ですか? 何を付けて食べたんですか? 食感は?」(ぺこら)

 

「何で労働してお金を稼ぐって発想が出てこないのかしら?」(ゆりね)

 

「いや、何のために戻って来たんだ。勝てるかもしれないじゃないか。いや、勝てる!」
「私は全てを覆す! 私は歴史を変えるんですの!」(邪神ちゃん)

スポンサーリンク

9話

「外しちゃったらどうするの? 殺されちゃうじゃん! いくら悪魔だからと言っても、ハジキで頭撃たれたら死んじゃいますの!」(邪神ちゃん)

 

「よし、分かった」
「そういうのは守りたい奴がやれ。私は死にたくないから、ここで見てますの」(邪神ちゃん)

 

「いや~! 私にかかればこんなこと、何でもねえですの~! 私とお前のコンビネーションが炸裂したな!」(邪神ちゃん)

 

「クラフト紙のやつが、肌触りとか、フィット感とか、匂いとかが、一番いいんだよね~!」(メデューサ)

 

「注文していた、あれが届いたわ」
「アイアンメイデン」(ゆりね)

 

10話

「もちろんです。お金もいただく訳ですし、今日のあなたは人間として人前に立つのですからね」(ぺこら)

 

「ぽぽろん、何してるんですか。早く逃げなさい!」(ぺこら)

 

「そうだけど、大切な人には手作りの渡したいかな~て!」(メデューサ)

 

「はい、邪神ちゃんにプレゼント! 大切な人にあげるって言ったでしょ!」(メデューサ)

 

11話

「えっ!? 当たった、だと……」(邪神ちゃん)

 

「痛いじゃない。1発は1発だからね」
「外しちゃったか? まぁいいわ、許してあげる。夕飯の支度よろしくね」(ゆりね)

 

「なんでゆりねにこんなことしてやらなきゃなんねえんだよ? そもそも私が未だに魔界に帰れないのも、こいつのせいじゃないか」(邪神ちゃん)

 

「あっ、これ死ぬ? ほっといたら、ぜってえ死ぬパターンなんじゃねえ?」(邪神ちゃん)

 

「バカなこと言うんじゃねえ! 私は悪魔だ、殴るぞ!」(邪神ちゃん)

 

「もしゆりねをほったらかして何かあったら、私がお前らに軽蔑されるだろ」
「魔界にも帰りたいけど。私は、お前らを失う方が困るんですの」(邪神ちゃん)

 

「私もあなた達みたいに、何千年も生きるのなら、歴史の教科書に載っているようなことも実際に見れたのかな?」(ゆりね)

 

「悪魔なのに最近、悪さをしてないから禁断症状が~!」(邪神ちゃん)

 

「ゆりねが知らないだけで、今日に限らずいつもこっそりイタズラしてるの、かもよ!」(邪神ちゃん)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
邪神ちゃんドロップキック BOX 上巻 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました