「機動戦士ガンダム」カイの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム」カイ・シデンの名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダム

2話

「(他の人?) し…知らねえな」
「爆撃の跡を避けながらようやくたどり着いたんだい」

 

「お高くとまりやがって。あ…あんた、セイ…セイラとか言ったよな」

 

3話

「よろしくもよろしくないもないんだろ? いつでもいいよ」

 

4話

「それより、腹がすいちゃしょうがないぜ」
食べられる時に食べておかなけりゃ、いざって時に何も出来ないぜ」
逃げることだってな」

 

6話

「おやおやハヤト君、ご精が出ますねえ」
「しかしね、目の前に敵さんがいるのよ、間に合うの?」

 

「チェッ、気取りやがってよ。戦ったのは何もガンダムばかりじゃねえんだよ」

 

7話

「いつまで敵と根比べを続けてても始まらなねえでしょう」
「アムロの提案をやってみたら?」

 

「そう、俺は軟弱者だ。腹を立てるほどの人間じゃないのさ」

 

8話

「こういうの(だまし)なら、俺も好きなんだけどな」

 

「うわーっ! ね…狙ってやがる」

 

「ヘッ! 俺にだってこれくらいはな」

 

9話

「また棺おけ(モビルスーツ)入りかよ」

 

「やれやれ。戦力ったってこれだけかよ、え? ブライトさん」
「へいへい。セイラさんは気休めがお上手で」

 

13話

「ヘッ、裏切られたな。奴(アムロ)もエリート族かよ」
「地球に家があるだけでもエリートさ」

 

「よう、アムロ! 空中換装ってやつをやってみるかい?」
「アムロがやるってんだからいいじゃねえか。俺の都合じゃねえよ」

 

17話

「ば…爆発しちまう!」

 

19話

「うわっ! (グフが)こんな近くに!」

 

「好きにさせるかよ!」

 

「(頼む?) 冗談じゃないよ。グフとザクはどこに行ったんだ?」

 

「ハヤト! お前そこ(コックピット)から出た方が死なないで済むぞ」

 

「ほう。へいへい、ご立派でござんすね」

 

20話

「ブライトにはアムロがついてんでしょうが」

 

21話

「ちぇっ、ザク1機でホワイトベースをやろうってのか?」
「生意気、言っちゃって!」

 

「俺だって…俺だって、前の俺とは違うんだい!」
「引かねえぞ! 引かねえぞ!」

 

23話

「こいつ足が遅いからね」
「よう! 早いところガンダムになっちゃってよ」

 

「アムロ! 何をやってるんだ。早く来ねえとマチルダさんまでやられちまうぞ」
「もっとも、俺が撃ち落とせばいいんだろうがよ」

 

24話

「あのマチルダさんってよ、俺好みってとこかな。キリッとしてて優しくってよ」
「マチルダさんみたいなの恋人だったら最高だよな」

 

「なんてドジだよ、俺は…」
「敵の足を止めることさえ出来やしない」

 

27話

「冗談じゃねえよ」
「みんな一生この船にいるつもりらしいや」

 

「しゃあねえなあ。軍人なんてお堅いのは、性に合わねえんだから」

 

「そういう言い方好きだぜ、アムロ。まっ、元気でやれや」

 

「ブライトさんよ。無理のしすぎじゃ戦いは勝てないぜ。だから俺は降りるんだ」
「俺は限界を超えたのよね」

 

「俺だってお前の全部が好きってわけじゃねえけどよ、(これは)恩に着るぜ」

 

「(カゴに銃…) ホント、嫌だねえ」

 

「いいじゃないか。弟や妹の面倒を見ているあんたの気持ちは、よく分かるぜ」

 

「信じてやるよ。お前ら(弟妹)の言うことはな」

 

「俺にはもう関係ねえんだよな、ドンパチなんか」

 

「なんで今更ホワイトベースが気になるんだ!」
「ホント
、軟弱者かもね…」

 

「とにかく連中ときたら、手が遅くって見てられねえんだよ」

 

28話

「分かってるよ」
「あんなにきょうだい思いのあんたが、俺を思って来たなんていうの嘘だってこと」

 

「だけど、これ以上の情報は教えられねえよ」
「南米に着くまでにホワイトベースやられたりしたら、お互い生き残れねえだろ」

 

「いいか! これから後はあんたとは関係のないことだ」
「いいな! 俺の第六感ってやつが、あの民間機を怪しいって感じたんだ」

 

「救命具を着けていろ。死んじゃなんにもならねえんだから」

 

「お前の情報ぐらいで、こんなに攻撃されねえよ」

 

「一緒に来い。爆撃手はいるんだからな」
「ミサイル撃つぐらい出来んだろうが!」

 

「ミハル…」
「い…いなくなっちまって…」

 

「なんで死んじまったんだあ!」

 

29話

「俺は”身体強健康、精神に異常なし”だとよ」

 

「第2戦闘配置ったって、俺達ホワイトベースに行くしかないでしょう」

 

「ミハル、俺はもう悲しまないぜ」
お前みたいな子を増やさせないために、ジオンを叩く! 徹底的にな!」

 

30話

「うちのチビ達はね、そんじょそこらのとはちと違うのよ」
「今まで何度も何度もドンパチの中、俺達と一緒にくぐり抜けて戦って来たんだぜ」

 

「大人のあんたにだって想像のつかない地獄をね」
「このちっこい目で、しっかり見てきたんだよ」
「分かって? 俺達と離れたくないんだよ」

 

31話

「さてどこだ? 俺だっていつまでもふさぎ込んでいるわけにはいかねえんだ」

 

34話

「漫画だよ、漫画」
「いっそのこと敵さんをここへお迎えして、パーティーでも開きますか?」

 

35話

「じょ…冗談じゃないよ」
「たったこれだけじゃ、死にに行くようなもんじゃねえか」

 

41話

「大丈夫だろうな? 俺達の帰る所がなくなるんじゃねえだろうな」

 

42話

「そりゃそうだな。逆立ちしたって、人間は神様にはなれないからな」

 

43話

「外からドンパチやったって、らち明かないのよね」

 

「野郎! ここの一番乗りは俺だってのに!」
「ほら見ろ」

 

「うわっ! ホワイトベースのエンジンが両方共! (無い)」

 

「まるでアリじゃねえか、あっちこっちと」

 

「(ハヤト) バカ野郎! あれじゃ援護にならねえじゃねえか!」

 

「(こっからは)白兵戦かよ!」

 

「勝つとなりゃあ、ここを引き揚げてもよかろう」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
機動戦士ガンダム [Blu-ray]

 

→機動戦士ガンダムのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました