「ワンピース」ガープの名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」モンキー・D・ガープの名言・台詞をまとめていきます。

ワンピース グランドライン突入編

68話

「仕方ねえ、わしと一緒に海軍本部に来い」
「お前達は嫌か?」
「逃げ出すなら今のうちだ。もっとも、嫌だなんて言わせる気はないけどな」
「いやはや、実におかしな1日じゃった」

 

69話

「友達(ルフィ)のことは大目に見てやる」
「ただし他言無用だ。気持ちだけ大事にしろ」

 

さよならメリー号編

313話

「愛ある拳は、防ぐ術なし!」
「随分暴れとるようじゃの、ルフィ」

 

314話

「ルフィ、お前!」
「わしに謝らにゃならんことがあるんじゃないか?」

 

「おいおい、人聞きの悪いことを言うな」
「わしがお前を千尋の谷に突き落としたのも」
「夜のジャングルへ放り込んだのも」
「風船にくくりつけて空へ飛ばしたのも」
「全て貴様を強い男にするためじゃ!」

 

「最終的には友人に託し、エースと共に修行をさせたが…」
「目を離してみればこのザマだ」
「わしはお前を、強い海兵にするために鍛えてやったんだぞ!」

 

「赤髪に毒されおって、くだらん!」

 

「じいちゃんに向かって、『言うな』とは何事じゃ!」

 

「起きんか、ルフィ! それが人に怒られる者の態度か!」
「大体貴様、じいちゃんに対しその言葉遣いはなんじゃ!」

 

「この壁直しとけ!」
「そうやって入った方がかっこいいじゃろ」

 

「そういえばルフィおめえ、親父に会ったそうじゃな」
「なんじゃい、名乗り出やせんかったのか。ローグタウンで見送ったと言うとったぞ」

「お前の父の名は、モンキー・D・ドラゴン、革命家じゃ」
「あっ、これやっぱ…言っちゃあまずかったかの」
「じゃあ…今のなし」

 

315話

「(別れが)軽すぎるわぁ!」
「惜しめ、バカ者! 久しぶりのじいちゃんだぞ!」
「(殴られただけ?) それでもわしは孫に愛されたいんじゃ! アホ!」

 

323話

「さあ初めようか、小僧共。このわしから逃げられると思うなよ、覚悟しろ!」

 

シャボンディ諸島編

385話

「安心せい、センゴク」
「ルフィは、モリアを倒したぐらいのこと、触れ回るような小せえ男じゃないわい!」

 

395話

「老兵とはいえ、下手にレイリーを相手にすれば軍はおもわぬ数の兵力を失うことになるぞ」
「今は特にいかん。おめえ、海軍に2つの伝説を一度に相手にしろというのか!」

 

女ヶ島編

417話

「おお、おお、無惨な姿に…」
「息はあるのか? エース」

 

421話

「お前のおかげで海軍本部…いや、世界政府も大騒ぎよ」

 

「殺せじゃと? パカもん! もはや何をしようとも無駄じゃ」
「今さらお前が死んだところで、白ひげが止まることはない!」
「もう誰にも止められん。わしらは海の王者を…怒らせたんじゃ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました