「ぼっち・ざ・ろっく!」伊地知虹夏の名言・台詞まとめ

アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」伊地知虹夏の名言・台詞をまとめていきます。

ぼっち・ざ・ろっく!

1話

「うん、思い切って言っちゃおう!」
「お願い! 私のバンドで、今日だけサポートギターしてくれないかな!?」
「(返事はないけど)ありがとう! 早速ライブハウスへゴー!」

 

「この子、後藤ひとりちゃん。奇跡的に公園にいたギタリストだよ」

 

「大丈夫だから。リョウは表情が出にくいだけ。”変人”って言ったら喜ぶよ」

 

「流血沙汰もロックだから」

 

「上手くて話題の人もね、私達が見てないところで、たっくさんたっくさんギターを弾いてきたんだろうなって」

 

「大丈夫!」
「下手でも楽しく弾くことだけは心がけよう。音ってものすごく感情が表れやすいから」
「技術を求めていくのは次からで全然いいよ」

 

2話

「(ぼっちちゃんを)鑑賞するのやめたげて」

 

「おはよう! 今日はバイト初日だね」
「不安だろうけどちゃんとフォローするから、一緒に頑張ろ!」

 

「私ね…このライブハウスが好きなの」
「だからライブハウスのスタッフさんがお客さんと関わるのって、ここと受付くらいだし…」
「いい箱だったって思ってもらいたいって気持ちがいつもあって」

「そうじゃなくて…私、ぼっちちゃんにもいい箱だったって思ってほしいんだ!」
「楽しくバイトして、楽しくバンドしたいの、一緒に」

 

「いやぁ、ドキドキしたぁ。でも、すごい!」
「(ぼっちちゃん)カウンターからちゃんと顔出して接客できたね」

 

「ぼっちちゃんのおかげで、きっと今日のライブがもっと楽しい思い出になったよ」
「ぼっちちゃんも、一歩前進だね」

 

4話

「(持って)絵になるのはギターとベースだけで、ドラムはかわいそうなことになるんだよ」
「手に持つのはドラムスティックだけだよ」

 

「レコードショップもライブハウスも、どんどんなくなるねぇ」

 

「喜多ちゃん。リョウに振り回されすぎないようにね」
「その場のノリで話してること9割だから」

 

「ホント、どこから来るの、(リョウの)その自信?」

 

「ねえ、暇ならベースやって」
「だって私、リョウのベース好きだし!」

 

5話

「私の夢、叶っちゃうかもな」

 

「ああっ、ぼっちちゃん。土管の中ひきこもらないで!」

 

「ああ、ぼっち節が響いて…」

 

「私はさ、目標っていうか夢があるから。だからつい熱くなり過ぎるっていうか」
「だから、ぼっちちゃんに無理させちゃってたりするかなあとか」

 

「(武道館ライブ?) う~ん、本当の夢はその先にあるんだけど」
「でも、まだぼっちちゃんには秘密だよ」

 

6話

「でもどうしよう。ぼっちちゃん(ノルマで)追い詰めちゃってたら」

 

7話

「(リョウも)誘ったんだけどね…」
「おばあちゃんが今夜が峠なんだって」
「大丈夫、大丈夫。おばあちゃんの峠、今年で10回目だから」

 

「ぼっちちゃん、私らの前ではっちゃけてたんだ」

 

「(ぼっちちゃん) その格好で真面目な顔するのやめてぇ」

 

「(喜多ちゃんのデザイン) 体育祭で見るやつ!」
「待って、優勝って何? ライブにそんな概念ないけど」

 

「今日のぼっちタイム、CMまたぐぐらい長いね」

 

「ああ、これはあれだね。青春胸キュン映画を見て、また食らっちゃったんだね」

 

「そうだよ。ぼっちちゃんはかわいいんだよ」

 

「ぼっちちゃんがどんどんしおれていく!」

 

「(ぼっちの呪い) いつも明るさだけで乗り越えようとしてすみません」

 

「ぼっちちゃんの考えてること、だんだんと分かるようになってきたかも!」

 

8話

「ぼっちちゃん。今日は真面目なライブだからふざけちゃダメだよ」

 

「ぼっちちゃん、灰にならないで!」

 

「いいぞ! 喜多ちゃんパワーでお姉ちゃんのひねくれ体質を浄化しちゃえ!」

 

「ぼっちちゃん、現実を見て!」

 

「あのさ…今日の演奏見て気づいたんだけど、ぼっちちゃんがギターヒーローなんでしょ?」

 

「あのキレのあるストロークを聴いたら分かったよ」
「今更だけど、そういえばギターも一緒だし」

 

「(ショック?) ううん。むしろ(ギターヒーローが)ぼっちちゃんでよかったと思った」

 

「あのさ。あたし本当の夢があるって前に言ったよね」
「あたしの本当の夢はね、(私のためにバンドを辞めた)お姉ちゃんの分まで、人気のあるバンドになること!」

「”STARRY”をもっと有名にすること!」

 

「でもバンド始めてみたら、あたしの夢って無謀なんじゃないかって思う時もあって」
「今日だってみんな自信なくしちゃったし」
「でも、とんでもなくヤバい状況をいつも壊してくれたのが…ぼっちちゃんだったよね」

 

「今日のぼっちちゃん、あたしには本当のヒーローに見えたよ」

 

「でもあたし、確信したんだ。ぼっちちゃんがいたら夢を叶えられるって!」
「だからこれからもたくさん見せてね、ぼっちちゃんのロック」
「”ぼっち・ざ・ろっく”を!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ぼっち・ざ・ろっく! 1-4巻セット (コミック)

 

→ぼっち・ざ・ろっく!のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました