「チェンソーマン」岸辺の名言・台詞まとめ

アニメ「チェンソーマン」岸辺の名言・台詞をまとめていきます。

 

チェンソーマン

7話

「はい、それまとも。日々の積み重ねがネジを緩めんだ」

 

「毎月バディの墓参りに来てるようじゃネジは固いままだぞ」

 

10話

「お前達は、人と悪魔どっちの味方だ?」

 

「お前達…100点だ」
「お前達みたいのは滅多にいない。素晴らしい…大好きだ」

 

「俺は特異1課でデビルハンターをやってる」
「”先生”と呼ばれると気持ちよくなれるから”先生”と呼んでくれ」

 

「好きなのは、酒と女と悪魔を殺すことだ」

 

「お前達の筋肉と骨の仕組みは俺達と同じだ。首の骨を折れば動けなくなる」
「人間様と違うのは…」
「血を飲めば復活するとこだな」

 

「マキマにお前達を鍛えてくれと頼まれた」
「お前の心臓がなぜか知らんが銃の悪魔に狙われている」
「なのにお前が簡単にやられる雑魚だから困ってんだろうな」

 

「俺は人間を鍛えたことはあるが、お前達みたいな悪魔は一度もない」
「酔った俺はどうしようかと考えた」
「そして、アルコールにやられた脳でついにひらめいた」

 

 

「俺は最強のデビルハンターだ」
「最強の俺を倒せる悪魔は最強なわけだから、お前達が俺を倒せるようになるまで、俺はお前達を狩り続ける」

 

「男の方は不死身。魔人の方は半分不死身」
「とっさに人の頭をぶん殴れる脳みそを持っていて、2人に人権はない」

 

「俺はガキの頃から力が強くておもちゃをすぐ壊しちまう」
「だから壊れないおもちゃが欲しかったんだ」
「俺が、お前達を最高にイカした奴等にしてやるよ」

 

「今までで一番よかったぞ。追い詰められた獲物は頭を使うもんだな」
「もっと頭を使え」

 

「獣が狩人の言葉を信用するな」

 

11話

「ハイな時でもクールに脳みそを動かせ。常に自分の持ってる武器と状況を頭に入れとけ」
「指導を踏まえて、明日に実戦だ」

 

「姫野達を殺したサムライソードと蛇女を、俺達全員で捕まえに行く」
「新4課のお披露目式だ。その作戦で失敗したら4課は終わり」
「そうなりゃお前達は処分されて、俺とマジバトルだ」

 

「俺もうあいつら嫌になってきちゃったな」
「育てた犬が死ぬ度に酒の量が増える」
「おもちゃなら壊れても罪悪感はないと思ってたが…」
「この年になるとボケてきて、おもちゃにも情が湧く」

 

「今回の特異課襲撃…公安もバカじゃないだろ」
「(マキマ) お前、分かっていて見逃したな?」

 

「お前がどんな非道を尽くそうと、俺の飼い犬を殺そうと」
「人間様の味方でいるうちは見逃してやるよ」
「”うちは”な」

 

「嘘つき」

 

「作戦はない。特異課全員を、ビルにぶち込む」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
チェンソーマン 1-12巻セット (コミック)

 

→チェンソーマンのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました