「機動戦士ガンダムSEED(シード)」キラ・ヤマトの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダムSEED(シード)」キラ・ヤマトの名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダムSEED

2話

「アスラン?」
「いや、そんなまさか…」

 

「ここにはまだ人が居るんです!」
「こんなものに乗ってるんだったら、なんとかして下さいよ!」

 

「無茶苦茶だ!」
「こんなOSで、これだけの機体を動かそうなんて」

 

「武器…あとはアーマーシュナイダー…」
「これだけか!」

 

「こんな所で…やめろーーっ!」

 

「すみませんでした…」
「なんか僕、無茶苦茶やっちゃって」

 

3話

「お断りします!」
「僕達をもうこれ以上、戦争になんか巻き込まないで下さい!」

 

「あなたの言ったことは正しいのかもしれない」
「僕達の外の世界は戦争をしているんだって」

 

「でも僕等はそれが嫌で…戦いが嫌で中立のここを選んだんだ!」
「それを…」

 

「卑怯だ! あなた達は!」

 

「そしてこの艦にはモビルスーツはあれしかなくて」
「今扱えるのは僕だけだって言うんでしょ!」

 

「アスラン…まさか…」

 

「なぜ…なぜ君が?」

 

4話

「モビルスーツを動かせたって…戦争が出来るわけじゃない!」

 

「戦いたいわけじゃないけど、僕はこの船は守りたい」
「みんな乗っているんですから」

 

5話

「僕は地球軍じゃない!」
「けどあの船には仲間が…友達が乗ってるんだ!」

 

「君こそ、なんでザフトになんか!」
「なんで戦争したりするんだ!?」

 

6話

「僕はあなたに殴られる筋合いはないですよ!」

 

「もう僕達を放っておいてくれぇーーっ!」

 

9話

「(軍に志願?) 冗談じゃないですよ…」

 

「大丈夫だよ、フレイ」
「僕達も行くから」

 

10話

「僕は…僕は本当は戦いたくなんてないんです」
「僕だってコーディネイターなんだし…」

 

「アスランは…とても仲のよかった友達なんだ…」
「アスラン・ザラ、彼があのモビルスーツ…イージスのパイロットだなんて…」

 

「黙って行かせてくれ、サイ達を巻き込みたくない」
「僕は嫌なんだ、こんなの!」

 

「(お前は帰って来るよな?) 必ずね…約束する」

 

「僕だって…君となんて戦いたくない…」
「でも、あの船には守りたい人達が…友達がいるんだ!」

 

「(お前を討つ?) 僕もだ」

 

11話

「(なぜ?) 人質にするために助けたわけじゃありませんから」

 

「アークエンジェルは…沈めさせやしない!」

 

13話

「モビルスーツなんて無理だよ」
「君みたいな女の子が!」

 

「ストライクには僕が乗る、フレイの分も戦うから」

 

「あ、だから…フレイの思いの分もさ」
「もう逃げない」

 

「決めたんだ、しょうがないよ」
「この戦争を終わらせなきゃ、僕達だってさ」

 

15話

「もう…誰も死なせない…」
「死なせるもんか!」

 

「(砂漠で)接地圧が逃げるんなら、合わせりゃいいんだろ!」
「逃げる圧力を想定し、摩擦係数は砂の粒状性をマイナス20に設定!」

 

16話

「(地球軍?) いろいろあったんだよ」
「いろいろとね…」

 

「やらなきゃどうしようもないじゃないか」
「僕が頑張って強くなけりゃ、この船は!」

 

「やめてよね」
「本気でケンカしたら、サイが僕に敵うはずないだろ?」

 

「フレイは…優しかったんだ…」
「ずっと付いててくれて…抱きしめてくれて…」

 

「僕を守るって…」
「僕がどんな思いで戦ってきたか、誰も気にもしないくせに!」

 

17話

「死にたいんですか?」
「こんな所で…なんの意味もないじゃないですか」

 

「気持ちだけで、一体何が守れるっていうんだ!」

 

20話

「僕…僕は…殺したくなんかないのにぃーーっ!」

 

21話

「コーディネイターだって同じなのに…みんなと…」

 

26話

「(機体が悲鳴?) それでも…守れなかったものがたくさんある」

 

「でも…戦っても終わらないよ」
「戦争は…きっと」

 

「フレイ…もう、やめて…もうやめようよ」
「僕達…間違ったんだ」

 

「今(両親に)会うと、言っちゃいそうで嫌なんですよ」
「なんで僕を…コーディネイターにしたのって」

 

「(トリィ)昔…友達に!」
「大事な友達にもらった、大事なものなんだ…」

 

27話

「(両親に)今は…ごめんって伝えてくれる」
「今は、僕…」

 

「やめろ、アスラン!」
「これ以上、戦いたくない」

 

28話

「やめて下さい!」
「人を殺してきて…そんな、よくやっただなんて…」

 

「僕は…君の敵?」
「そうだね…アスラン」

 

30話

「僕は…アスランと戦って…」
「死んだはず、なのに…」

 

「どうしようもなかった」
「僕は、彼の仲間を…殺して…」
「アスランは…僕の友達を殺した」
「だから…」

 

32話

「ここに居て…いいのかな?」

 

「僕は…行くよ」
「地球へ、戻らなきゃ…」

 

「(戦いは終わらない?) でも…ここでただ見ていることも、もう出来ない」

 

「何も出来ないっていって、何もしなかったら…」
「もっと何も出来ない」

 

「何も変わらない、何も終わらないから」

 

「僕達は、何と戦わなきゃならないのか、少し分かった気がするから」

 

「Nジャマーキャンセラー?」
「すごい…ストライクの4倍以上のパワーがある」

 

「思いだけでも…力だけでも…」

 

「やめろ! 僕を行かせてくれ!」

 

33話

「ザフト、連合、両軍に伝えます」
「アラスカ基地は、間もなくサイクロプスを作動させ…自爆します」

 

「両軍とも直ちに戦闘を停止し、撤退して下さい」

 

「やめろと言ったろ!」
「死にたいのか!?」

 

34話

「間に合って、よかったです」

 

「僕はザフトではありません」
「そしてもう、地球軍でもないです」

 

「(フリーダムの)データを取りたいとおっしゃるのなら、お断りして、僕はここを離れます」
「奪おうとされるのなら、敵対しても守ります」

 

「あれを託された、僕の責任です」

 

「こんなことを終わらせるには、何と戦わなくちゃいけないとマリューさんは思いますか?」
「僕達…僕は、それと戦わなくちゃいけないんだと思います」

 

35話

「出来ることと、望むことをするだけです」
「このままじゃ嫌だし、僕自身それで済むと思ってないから」

 

36話

「でも正しいと思うよ、僕は」
「オーブの取った道、一番大変だとも思うけど」

 

37話

「彼(アスラン)は敵じゃない」

 

「このままじゃあ本当にプラントと地球は、お互いに滅ぼし合うしかなくなるよ」
「だから、僕も戦うんだ」

 

「たとえ守るためでも、もう銃を撃ってしまった僕だから」

 

38話

「でも…勝ち目がないから戦うのをやめて言いなりになるって」
「そんなこと出来ないでしょ?」

 

「大切なのは…なんのために戦うかで」
「だから僕も行くんだ」

 

「ホントは戦いたくなんてないけど、戦わなきゃ守れないものもあるから」

 

「一緒に行こう、アスラン」
「みんなで一緒に探せばいいよ、それもさ」

 

40話

「アスラン…」
「君はまだ死ねない」

 

「君も僕も、まだ死ねないんだ」

 

44話

「僕が傷つけた…僕が守ってあげなくちゃならない人なんだ!」

 

47話

「なぜそんなことを、平然と出来る!?」

 

48話

「僕は…それでも僕は…力だけが、僕の全てじゃない!」

 

「(それが人?) 違う!」
「人は…人はそんなものじゃない!」

 

「守りたい世界があるんだ!」

 

「僕達は…どうして、こんな所へ来てしまったんだろう?」

 

「僕達の、世界は…」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

機動戦士ガンダムSEED Blu-ray BOX

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ガンダムSEED DESTINY(キラ)
→機動戦士ガンダムSEEDのインデックス

→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→感想・あらすじのインデックス