「ウマ娘」トウカイテイオーの名言・台詞まとめ

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」トウカイテイオーの名言・台詞をまとめていきます。

ウマ娘 プリティーダービー

2話

「負けたら悔しいでしょ? そんな気持ちは、あそこで発散!」

 

「僕ね、会長みたいになりたいんだ」
「皇帝って呼ばれてる会長みたいに、それが僕の夢、目標なんだ!」

 

3話

「スピカに歌とダンスを教えるのは会長命令だしね」

 

「僕、会長に追いつきたいんだ。だからスピカで力を付けて、会長とレースに出てみせる!」

 

4話

「あの2人分かってないな。厳しいだけじゃ続かないんだし、楽しくやらなくちゃ」

 

5話

「丁度よかった。あのさ(マックイーン)、スピカに入ってくれない?」

「僕だってライバルを同じチームに入れたくはないんだけど。ゴールドシップがメジロマックイーン連れて来ないとパイルドライバーだっていうからさ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

9話

「スペちゃん。スズカのことが気になるのは分かるけど、今は集中しないと」

 

「マックイーンには負けられない!」

 

EXTRA話

「あのね、僕不安なんだ」
「会長が……僕のスピードに着いてこられなくて、悔しくて泣いちゃうじゃないかってね!」

 

ウマ娘 プリティーダービー Season2

1話

「僕は……僕は……僕は、シンボリルドルフさんみたいな強くてかっこいいウマ娘になります!」

 

「そうだよ。夢と希望を与えるのも、僕達ウマ娘の役目だからね! 気合い入れてやっるぞ!!」

 

「じゃあ頑張ってトレセン学園に入ってきてね。君達の名前は?」
「よし! 覚えておこう!」

 

「(ダービーは)勝てそうじゃなくて、勝つんだよ!」

 

「だって、約束したからね!」
「シンボリルドルフさんみたいな、強くてかっこいいウマ娘になります!」

 

「小さい頃から目標にしていた夢の舞台だもん。それに、天皇賞ではマックイーンが勝ったからね。ライバルが勝ったのに、僕が負けちゃったら、超かっこ悪いでしょ」

「だから絶対に勝つんだ!」

 

「前には誰もいない、よーし!」
「トウカイテイオー、行っちゃうよぉぉぉーーー!!!」

2話

「だから、(骨折してても)菊花賞出るってば!」
「全治6ヶ月、復帰は来年の春、だから何だっていうの!? そんなこと言われて菊花賞、諦める僕だと思う!?」

 

「絶対出る! そして絶対勝つから!!」

 

「僕だったらこのスピード、いいポジションについたら、そこは譲らない」
「スペちゃんもゴールドシップも追い上げが凄い。でもその圧を感じながら、最後まで背中を見せ続ける」

 

「約束、守らなきゃね」
「ギリギリまで粘る。でも、その時医者に止められたら諦める、だったよね?」

 

「もういいよ……もういい」
「まだ全力で走れない。なのに無理やり菊花賞に出て、全力のみんなと戦うなんて、僕には出来ない。ありがとね、色々」

 

「ずるいよ、みんな。かっこよくなっちゃってさ」

 

「僕、気づいたことがあるんだよね。3冠は叶わなかった、でも僕、負けてないんだ」
「無敗のウマ娘にはなれる、でしょ!?」

 

3話

「僕、春の天皇賞に出たい」
「僕の目標は無敗のウマ娘であり続けること。でも、それは強い相手と勝負してこその無敗じゃないと意味が無いと思うんだ。だから!!」

 

4話

「僕は見られてた方が頑張れる方だからね!」

 

「そうだよね。今日から(レースまで)マックイーンとは、話さない!」

 

「プレッシャーは……あるよ」
「でもさ、プレッシャーの無いレースなんて面白くないよね」

「僕、今度の天皇賞は、ダービーの時より、プレッシャーを感じてる。だからこそ、今までで一番楽しみなんだ!」

 

「僕は今までに負けたことが無いからね。マックイーンが相手でも、絶対に勝つよ!」

 

「でも、僕は長い距離のレースに出たことが無いだけ。距離が合っていないかどうかなんて分からない」

 

「僕は無敗の三冠ウマ娘になれなかったけど、無敗のウマ娘であり続けるんだ!」

5話

「諦めないことが大事だからね。だから頑張らなきゃ」

 

「ウイニングライブ、僕の後ろで踊ってもらうから」

 

「さえぎるものは何も無い。いける、会長見ててね!」

 

「へぇー、やるなマックイーン。でも、勝つのは僕だぁ!!」

 

「足が前に行かない? 何で? 何で!?」
「あんなに練習したのに……」

 

「負けられない、僕は無敗のウマ娘になるんだ! 会長と約束したんだ!」

 

「マックイーン。天皇賞連覇、凄いよ」

 

「僕、負けちゃったんだね」

 

6話

「何にも無くなっちゃった。三冠も、無敗も……そしたら僕、何のために走ればいいんだろう?」

 

「もっと前に行けば、分かるのかな? みんなが何のために走ってるか? 僕が、何のために走るのか?」

 

「全部無くしたって思ってた……でも、よかった。僕、まだ悔しいって思えるんだ」

 

「マックイーンはどうして……どうしてそんなに頑張れるの?」

 

7話

「分かった。やっぱり僕、ライスが出走するように説得してみる」
「いい? 後悔しないでね!」

 

8話

「大丈夫に決まってるじゃん! 僕は信じてる。マックイーンなら大丈夫!」

 

9話

「僕もそろそろかっこいいとこ見せないと」
「宝塚記念。勝つのは僕だから」

 

「ごめん!」
「その、会長のこと避けてたから……」

 

「僕、何のために走ればいいのか分からなくなってて……ホントに分かんなくて……会長に、そんなかっこ悪いとこ見せられなくて……申し訳なくて……」

「でもね、今は会長と同じくらい、かっこ悪いとこ見せたくない相手がいるんだ」

 

「絶対にいいレースにする。僕、これがトウカイテイオーだって、みんなに伝えるよ。そしたら会長を追っかけるんじゃなくて、横に並べるウマ娘になれるかもしれないでしょ」

「それで、いつか会長のことも追い抜くから。宝塚記念は、そのための第一歩なんだ」

 

「足が軽い。体が前に進みたがってる!」
「何度くじけたって、その度に夢は見られるんだ。だから今度は、マックイーンとの勝負、絶対に負けたく……」

 

「ごめんマックイーン、また最初からやり直しだよ」
「で、いつからレースに出られるの?」

 

「なに謝ってるのさ。僕は大丈夫、大丈夫だよ……」

 

「誰かの言葉なんて気にしない。しょげてても仕方ないよね」

 

「ああ、速いな……まるで飛んでるみたい。なんて綺麗なんだ」

 

「そっか、そうなんだ……」
「僕はもう……あんな風には、走れないんだ……」

「ごめんね、マックイーン」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

10話

「やっぱ元の通りに走れないって考えてると、想像以上につらくてさ」
「会長には一方的に約束しちゃってたから、きちんと言っておかなきゃって思って」

 

「そっか。もう僕、走らなくてもいいんだもんね」
「よ~し、なら遊んじゃおう!」

 

「1日って、こんなに長かったっけ?」

 

「ダメなものはダメって認めるの、すっごくすっごくつらいんだよ!」

 

「みんな来てくれてありがとう。全然走れてない僕なんかのために、こんなにたくさんの人が来てくれて、とっても嬉しいよ」

「みんなも知ってるように、また骨折しちゃった! 3回目だよ3回目、逆にすごくない」

「3回目にもなったらすっかり慣れっこ、のつもりだったんだけどね……でも……だからさ……もう僕……レースには……レースには……」

 

「そこまで言われちゃ、しょうがないな……みんな見てて。僕、もう一度がんばってみるから!」

 

11話

「(メニューは)基礎トレに基礎トレ、そして基礎トレ。デビュー前みたいだね」
「基礎が大事だもんね。一からやり直すつもりで、僕がんばるよ!」
「それに今はまた、ターフの上で走れるってだけで嬉しいしさ」

 

「僕が戻れたのは、みんながいたからだよ。いろんな人の気持ちが、心に届いたんだ」

 

「ねえトレーナー、ありがと」
「いつものお礼の気持ち。これからも一緒に頑張ろうね」

 

「みんな、ありがとね」
「この間のステージ、おかげで気持ちが吹っ切れたよ」

 

「あのね、この間っていうか、いつもあり……」「あり……」
「あれ、変だな? 他のみんなには普通にスッっと言えたのに? 何でだろう?」

「そ、その……えーっと……」

 

「そっか……分かった、もっと単純なことだったんだ。僕にとって、マックイーンは!」

 

「いやいや、僕のタイム知ってるでしょ? 出た所で勝てっこないよ、奇蹟でも起きなきゃね。だから今回は出ない」

 

「今日はね、マックイーンに言っておきたいことがあったんだ」
「ずっと考えてた、他の子とマックイーンと何が違うのかなって。マックイーン、僕はね、ずっと君に憧れてたんだ」

「強くてかっこよくて、いつも堂々としてて、そんな君に本音を見せるのが照れくさくって、ちょっぴり悔しい感じもして」

「僕にとってマックイーンは、特別な存在なんだ。今も、これからも。だから、ありがとう、マックイーン」

 

12話

「マックイーンは、もう走れないってこと……」

 

「運命ってさ、意地悪だよね。どうしても僕とマックイーンは勝負させたくないみたい」

「宝塚記念で一緒に走れると思ったら、また骨折しちゃって。もう元のようには走れないなんて言われて。それで今度はマックイーンまで……」

「きっとさ、もう諦めちゃった方が楽なんだよね。でも、僕はまだ諦めたくない。もう一度君と走りたいよ。マックイーンは違うの?」

 

「うん、そうだよね。奇跡が起きなきゃ無理だ。だから起こすよ、奇跡」

「僕が証明してみせる。僕とマックイーンはもう一度絶対走れるようになるって。今度の有馬記念見てて。僕はそこで誰よりも先にゴールする」

 

「それでも僕は勝つんだ。奇跡を望んで頑張れば、必ず出来る!」

 

「僕が走るのを諦めかけた時、引っ張ってくれた。挫けそうな時、そばにいてくれた。僕の目標になる強いウマ娘でい続けてくれた。待ってるって言ったのはマックイーンだった」

「今度は僕の番だ。だから見てて、マックイーン」

 

13話

「やれるかやれないかじゃない。僕は勝つよ、必ず!」

 

「みんな、ありがとう! 僕、頑張るから!」

 

「全力の、限界のその先……全部出しきって初めて、今の僕はようやくスタートラインに建てる。だけど……勝ちたい!」

 

「うん。今日はこれ(勝負服)で走りたくって」

 

「ねえ、変なこと聞いてもいい?」
「会長はさ、どうしてた? 絶対に勝ちたい、そういう気持ちの時?」

 

「戻って来たんだ……」

 

「うん。僕も誰にも負けないから」

 

「(マックイーン)見ていてくれるよね」

 

「本番のレース、やっぱり全然違う! みんなの息遣い、勝ちたいって気持ち、いろんなものがビリビリしてる」

 

「けど、負けられない! 負けるもんか!!」

 

「離されるもんか!!」

 

「肺が苦しい……だけど破れたって関係ない。足が重い……でもまだ動く! 僕は、何度もくじけて来た!」

「あの時も……あの時も……誰よりもくじけて来た。誰よりも悔しい気持ちになったのは僕だ! 誰よりも勝ちたい気持ちが強いのは僕だ!」

「絶対に譲らない。絶対に、絶対に……絶対は僕だぁぁぁーーー!!!」

 

「勝負だぁぁぁーーー!!!」

 

「やった……」

 

「ありがとう、みんな」

 

「見ててくれた?」

 

「ううん、全然。やっと一緒に走れるんだね」
「負けて泣いちゃっても知らないから? 僕、最強のウマ娘だからね」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ウマ娘 シンデレラグレイ 1巻 (Kindle)

 

→ウマ娘
→ウマ娘(2期)
→ウマ娘(スペシャルウィーク)
→ウマ娘(サイレンススズカ)
→ウマ娘(メジロマックイーン)
→ウマ娘(ゴルシ&ダスカ&ウオッカ)
→ウマ娘(エルコンドルパサー)
→ウマ娘(セイウンスカイ&グラス)
→ウマ娘(ルドルフ&マルゼンスキー)
→ウマ娘(ライス&ブルボン)
→ウマ娘(ツインターボ)
→ウマ娘(ナイスネイチャ)
→ウマ娘(イクノ&マチタン)
→ウマ娘(キタサン&ダイヤモンド)
→ウマ娘(トレーナー)
→ウマ娘(ブロワイエ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました