「かぐや様は告らせたい」白銀御行の名言まとめました

アニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」白銀御行の名言をまとめていきます。

かぐや様は告らせたい

1話

「俺と四宮が付き合っているだと? くだらん色恋話に花を咲かせおって、愚かな連中だ。が、まあ、四宮がどうしても付き合ってくれというなら考えてやらんでもないがな」

 

「許されない! 白銀の行く道に逃げ道無し! 逃げるのは貴様だ、四宮!」

 

「告白同然の行為!? 俺が四宮を好きだと言っているようなもの! それは、それは絶対に避けねばならない」

 

「ふざけるな!? だったら、俺がお前に告白……を仮にしたら、仮にだぞ。その男のことは忘れるのか?」

 

「どうだ、四宮。お前は冷や飯の旨さなど知らんであろう」

 

「四宮が暗殺者のような目を……」

2話

「恋愛百戦錬磨って何? 俺いつの間にそんなイメージ付いたの?」

 

「まあ正直、金持ちで天才でしゃくな部分はあるが、案外抜けてるし、内面怖そうだし、あと胸もお……でもそこがいいっていうかな!」
「かわいいよ、実際。美人だし、おしとやかで気品もあるし、それでいて賢いとか完璧すぎるだろ! いやぁーーー、四宮、まじ最高の女!!!」
(相談を受けた男子生徒に熱く語る)

 

「とにかく、告白しなきゃ何も始まらん。変に策略を練って駆け引きなんてしても、いいことないぞ。(あれ、何だろう、この台詞の重み?)」

 

3話

「嘘をつくのは簡単だ。だが、経験者に経験があるというのは、映画マニアに素人が映画に詳しいと言って、騙し通せると思うほどに無謀!」

 

「四宮家の教育方針は、ここまで異常だったのか? そんなのを常識だと思ってるとか、世間知らずってレベルじゃ……あっ?」
「四宮。一応聞いておくが、初体験って何だか分かってるか?」

 

「昔と比べて、随分と丸くなったよな、四宮」
「違う、性格的な意味でだ。ベタなこと言いやがって」

 

「これは……これは俺じゃね!? ちょっと落ち着け、確認しよう」

 

「うるさい! 道交法よりも、校則を優先するのが生徒会だ!」

 

4話

「ダメだ。四宮を見てると顔に力が入りすぎる。普通な方を見て心を落ち着かせよう」
(猫耳を付けたかぐやを見て)

 

「ブラフというのは、真実の中に一つまみの嘘を交えるから力がある。だとしたら、どこまでが嘘?」

 

「利己のために、他人を傷つける行為を許さないという、俺の信条に関わってくる問題。自身の都合を優先して、わざと負けるなど、それこそ利己、それこそ阻害だ」

 

「中止のメール、だが四宮からの初メール、だな。なら今日はこれで良しとするか」

 

「ちょっと待て……この中でフランス語しゃべれないの俺だけ!?」

 

「最初にも言ったが、俺はフランス語は付け焼き刃だ、聞き取れるはず無いだろ。だから、お前が何を言ってたのかなんて分からん」
ただまあ、俺の悪口に怒ってくれたことくらいは分かる。ありがとな」

スポンサーリンク

5話

「不慣れだが懸命な2人を見てたらな、微力ながら、サポートしてやりたくもなる。全く、こういう活動は柄じゃないんだがな」

 

「見られた……今のアホみたいな動きを見られた」
「終わった……文武両道、何でも出来るという白銀会長のブランドが。別に何かをしている訳でも無いのに、何でもそつなくこなしちゃう俺のイメージが」

 

「まあいっか。これ(千花)に何思われても大してダメージ無いわ」

 

「まだだ!」「俺はまだ、やれる!」
「かっこ悪い所を、見せたくないからだ。見せるなら、やっぱかっこいい所だろ!」

 

6話

「四宮がおしゃれしてる~!」
「どういう心境の変化だ。
いつもは、『白鳥が着飾りますか?』といわんばかりの飾り気の無さなのに。どうする? これは触れていいものか?」

 

「いや、これも言い訳か。これは俺の問題。四宮のネイルを褒めるのが、純粋に、照れくさいんだ、俺」

 

7話

「もう誤魔化すのもそろそろ限界だぞ。だいたい恋愛マスターって何だよ!? どこでその資格取れるの? ○○に受験資格あるなら、そのうち取っておくっての!」

 

「そうか、じゃあ、バイトしようぜ!」
「手に汗かくより、額に汗かく方が建設的だろ」

 

「いや俺、バイトで時間ないから部活やる余裕ないんだけど。でもこの状況、何かモテモテっぽくていいな。しばらくほっとこ」

 

8話

「当然だ。俺は自分の力を信じている。今まで積み重ねたものを出すだけだ」

 

「ああいう奴なんだよ、四宮は。あいつは自分に嘘をつかない。あいつが誓うといえば絶対だ。何をしてでも、守り通す気高さがある」
「俺も最初は冷酷な奴だと思っていた。だけど、そういうのに気づきだすと、どうもな」

スポンサーリンク

9話

「ちょっと待て!? 四宮は今起きたことも忘れてしまい、部屋には誰も入ってこない。このあまりに都合のいい状況、さすがに俺も自分を押さえられる自信が無い!?」
「いったい俺は、どうなってしまうんだぁぁぁーーー!!!」

 

10話

「そうでもないよ。俺にとってクリスマスは平日だからな」

 

「OK、ブレーキ、石上」
「いやまあ、それでも男は流されるべきじゃ無かったのも確かだろう。もっと穏便に済ませる方法はあったはずなのに、そうしなかった。いや、そうしたくなかったんだろう」

 

11話

「勉強してバイトして飯食って風呂入って寝るだけの日々。何かつまんねえ夏休みになっちまったな」

 

「意味ねえことしてんな、俺。でも、もしかしたらって思ったら、何か……」

 

「夏休み、早く終わればいいのに」

 

12話

「だったら俺が見せてやるよ」「来い、四宮! そんなに見たいなら、見せてやる!」
「四宮の考えを読んで、四宮を探せゲームのことか? 
いつものに比べれば、百倍簡単だったよ」

 

「知らん? だが挑戦する価値はある。四宮に花火を見せるんだよ!!!」

 

「あいたたたたたたた、俺、痛い! 俺、痛すぎる!!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~1 [Blu-ray]

 

→かぐや様は告らせたい
→かぐや様は告らせたい(四宮かぐや)
→かぐや様は告らせたい(藤原千花)
→かぐや様は告らせたい(石上優)
→かぐや様は告らせたい(早坂愛)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました