「チェンソーマン」デンジの名言・台詞まとめ

アニメ「チェンソーマン」デンジの名言・台詞をまとめていきます。

チェンソーマン

1話

「木ぃ切って月収6万だろ、この間売った腎臓が120万、右目が30万、金○片方売って…」
「いくらで売れたっけ? 
10万もしなかったんだっけ?」
「残りの借金が…3804万円」

 

「ポチタ、分かってるって。さっさと殺しちまうか」
「悪魔を1体殺せば、大体30万。やっぱデビルハンターが一番儲かるな」

 

「(40万の)残りが7万。この7万から水道代を払って、他んとこにしてる借金を払うと…」
「不思議だなあ、もう残り1800円になっちゃった」

「家に食いもんねえし、今月はこの金で暗さなきゃいけねえから…」
「ポチタ、今日の飯、食パン1枚だぜ」

 

「(100円) これで3日は食えるな」

 

「この間聞いたんだけどさ、普通食パンにゃジャム塗って食うらしいぜ」
「まあ俺達ゃ普通なんて夢の話だけどな。死ぬまで借金返し終わる気しねえし」

 

「俺は死ぬまで女と付き合えねえんだろうな」
「こんなボロ小屋にゃ女呼べねえし、デートする金もねえ」
「夢叶うなら、女抱いてから死にてえなあ」

 

「悪魔だ…俺を殺すなら殺せよ。どうせ死ぬんだ」

 

「ケガ…お前も死ぬのか?」
「噛め! 悪魔は血ぃ飲めば傷治るって聞いたことがある。死にたくないなら噛め」

 

 

「俺の血はタダじゃねえ、これは契約だ」
「お前を助けてやるから、俺を助けろ。やっぱ俺も、死にたくねえ」

 

「腹減って眠れねえ。寝れねえと借金のこと考えてもっと寝れねえ」

 

「夢くらい、見させて欲しいよな」

 

「何も金持ちになりたいわけじゃねえ」
「ただせめて普通の生活がしたいだけなのに、んな事も叶えられねえのかよ」

 

「悪魔には死んだ人の体を乗っ取れる奴もいるらしい」
「ポチタにそれが出来るんだったら、俺の体をポチタにあげてえんだ」

「墓入った後だったら、ヤクザも追ってこれないだろ」
「そんでこの町を出て、そんで…うん…普通の暮らしをして、普通の死に方をしてほしい」

「俺の夢を叶えてくれよ」

 

「ポチタ…」
「俺の体、ちゃんと奪えたか?」

 

「なんでこいつらは十分恵まれてんのに、もっといい生活を望んだ?」
「俺も同じか?」
「ポチタがいる幸せだけじゃ満足できなくて、もっといい生活を夢に見たんだ」

「そうか、みんな夢見ちまうんだなあ。じゃあ悪いことじゃあねえ」
「悪いことじゃあねえけど…邪魔すんなら…死ね!」

 

「あんた達の方は、心まで悪魔になっちまったみてえだな」
「デビルハンターとして雇われてるからにゃ…悪魔は、ぶっ殺さねえとなあ!」

 

「そっか! てめえら全員殺せばよお、借金はパアだぜ!」

 

「餌って…朝飯はどんなの?」
「(食パンにジャム?) 最高じゃあないっすか」

 

2話

「汚え臭えと言われ、近寄られもしなかったこの俺が…初めて優しくされた」
「それもいいツラの女に…好き」

 

「先輩は優しい人なんだなあ、おい」
「俺は! 男とケンカする時ゃ! 股○しか! 狙わねえ!」

 

「俺は軽~い気持ちでデビルハンターなったけどよぉ、この生活続けるためだったら…」
「死んでもいいぜ」

 

「死んでもいいっつうの、やっぱなし。俺だけの命じゃなかった」

 

「まあ…俺の力使ってで悪魔を殺すとよ、すっげえ痛そうなんだわ。だから…」
「俺もこいつみてえな魔人になってたかもしれねえからな」
「それでなんか、楽に殺してやりたくて」

 

「友達になれる悪魔がいたらなりてえよ。俺友達いねえもん」

 

「とっくの昔に俺にゃ無理だと諦めてたけど、今のまともな仕事してる俺なら揉めるんじゃねえか?」

「いきなり女抱くのは俺には難しい」
「でも胸なら…胸なら強い意志と行動力がありゃ揉めるんじゃ…」

「そういうことだったのか。見つけたぜ、俺の本気! 俺のゴール!」
「それは…胸だ!」

 

「ある程度の理不尽なら、ツラよけりゃ許せる。問題はどうやって胸を揉むかだ」

 

3話

「胸を揉みたいと思っている場合じゃないかもしれない」

 

「ジュース飲めるなんてよお、俺にとっちゃ夢みたいなことだぜ」
「だけどこのままヘマ続けたら、ジュース飲めなくなるどころの話じゃねえぞ」
「だからって嘘つき女と協力なんて出来ねえけどな」

 

「猫? くっだらねえな。俺は胸揉めるっつうことなら、なんでも出来るけどよ」

 

「(猫を取り戻したら胸を揉ませる?) 悪魔がよお…」
「猫をよお、さらうなんてよお…」
「んなことは許せねえよなあ!」
「デビルハンターとして許せねえ!」
「そんな悪魔…俺がぶっ殺してやるぜ」

 

「俺もポチタっつう悪魔飼っててさあ、もう撫でるこたあ出来ねえんだけど、いいんだ」
「俺のここで生きてるからな」

 

「俺の胸、返せ!」

 

「ポチタがいなくなった時があった」
「朝起きたらポチタはいなくて、街中を捜しても見つからない」

「悪魔に食われちまったって思ったけど…家に帰ると、ポチタは泣きながら俺を待っていた」「ホッとして、そのまま一緒に寝たのを覚えてる」

「あいつはニャーコを悪魔に奪われて、どんな気持ちで眠ってたんだろう」

 

「てめえん腹裂いて…(パワーの)胸揉むんだよ!」

 

「誰が助けたって?」
「野郎の…命なんざ…知るか!」

 

「散々な目ばっか遭ってよお…我慢しかしてねえのに…」
「まだ、ひと揉みも、してねえんだよぉぉぉーーー!!!」

 

4話

「胸揉む前に死ねっかよ」

 

「みーんな俺のやること見下しやがってよお…」
「復讐だの、家族守りたいだの猫救うだの、あーだのこーだの、みんな偉い夢持ってていいなあ!」

「じゃあ夢バトルしようぜ、夢バトル!」
「俺がてめえをぶっ殺したらよお…てめえの夢、胸揉むこと以下なぁ!」

 

「パワーは、いい奴だぜ」

 

「安心してくれ。あんたらみてえにご立派な目標はねえし、ショボい夢しかねえけどよ」
「てめえと同じくらい俺マジでやっからさ、ドーンと期待しといてくれ」

 

5話

「いろいろ言いてえことあるけど…あれ?」
「(ゴールって)こんなもん?」

 

「俺は…俺はずっと追いかけていたもんをやっとつかんだんです」
「でもいざつかんでみるとそんなもんは…俺が思っていたより大したことなくて…」

「もしかしたら…これから俺がまた何か違うもんを追いかけてつかんだ時も、追いかけてた頃の方が幸せだったって思うんじゃねえのかって…」

「そんなの…クソじゃないですか?」

 

「まあ、なんていうか…俺がすっげえドカンと頑張れば、大丈Vでしょう」

 

「キスは俺もいいや。大丈夫、やる気はあっから」
「俺は初めてのチューは誰にするか決めてんだ」
「その人のために肉片だかなんだかを集めてよお、銃の悪魔をぶっ殺すまでキスはしねえ」

 

「それに俺は、大切なことを教わった」
「エッチなことは理解し合った人間同士でするから気持ちがいいんだ」
「名前も知らねえあんたの唇にゃあ興味ないね」

 

6話

「(時間が止まってる?) すげえ! じゃあ寝放題じゃねえか!」

 

「そうなるかもしれねえし、ならねえかもしれねえだろ?」
「分かったら起こして。こんないいベッドがあんだ、寝なきゃ損だね」
「俺は悪魔に感謝して眠るぜ」

 

「ああ、はいはい…じゃあ食われてやらあ」
「でも俺も抵抗すっからよお…もし俺が悪魔をぶっ殺すようなことがあったら…」
「チュー、まだ忘れてねえからな!」

 

「あの悪魔、攻撃を受けた時に痛いって言ってやがった」
「だったらよお、あいつが死にたくなるまで痛めつけて…自殺させりゃあいい」

 

「てめえ…俺をかばいやがって。余計なことすんじゃねえよ、クソが」
「俺は誰かに借り作んのは、もううんざりなんだよ」
「外出れたら貸し借りなしだからな!」

 

7話

「ドブみてえにまじい血でもよお、てめえのそん苦しい顔見ながら飲みゃあ…」
「いちごジャムみてえだぜえ!」

 

「ひらめいたぜ…」
「てめえが俺に切られて血流して、俺がてめえの血飲んで回復!」
「永久機関が完成しちまったなあ!」
「これでノーベル賞は俺のもんだぜえ!」

 

「もう終わるのか! プール入ってるみてえで気持ちよかったのによお!」

 

「(メニュー) 読める漢字が少ねえ」

 

「姫野さんとキスするとこ、マキマさんに見られたくない」
「でも同じくらい強い気持ちで、やっぱり○○キスしたい」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
チェンソーマン 1-12巻セット (コミック)

 

→チェンソーマン
→チェンソーマン(マキマ)
→チェンソーマン(早川アキ)
→チェンソーマン(パワー)
→チェンソーマン(姫野)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました